潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS セレブリティ クルーズ 〜6〜 羽あり!

<<   作成日時 : 2007/06/19 21:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


出港後、一夜明けて5月18日。午前5時過ぎ。
未明に配達された船内新聞「セレブリティ・トゥデイ」によると、今朝の日の出は午前5時36分、日の入りは午後10時4分。
まだ間に合う、と、11階サンセット・ベランダに急ぎました。
北海の日の出の観賞、が目的です。

「サンセット・ベランダ」と名づけられた、
海を眺め、潮風に吹かれながらグラスを傾けられる仕組みになっているデッキのオープン・バーで、
サン・セットではなく、サン・ライズを見ようという、少しへそ曲がりな計画です。
しかしこの計画、昨夜からの天候に気配りしなかったノーテンキな思い付きであったため、見事、出鼻をくじかれました。
船べりのスツールは、ご覧のように、ずぶ濡れ状態。
今朝方まで雨が降り続いていたのでしょうか。クルーの勤務開始時間まで、もうしばらくはこんな状態なのでしょう。

画像


というわけで、立ったまま朝日観賞となったのですが、
これはこれでまた、期待を上回る見事な情景でした。で、スタンディング・オベーションで、賛辞を送ったわけです。

画像


朝食を摂って、一度部屋に戻りました。
部屋のデッキから眺めた海は、昨夜来の雨がウソのように朝日の中で青さを増しています。

画像


再度11階へ。そして12階、スポーツ・デッキへ。

大きなファンネル・マークが、目の前です。
あれ? こんなだったっけ?
「羽がある!」「バッテン・ジルシに、こんな大きな羽がついていたんだ!」。

画像


大変な発見をしたような、愉快な気持ちでした。
「X」は、未来へ向かって飛び立つ勢いのように見えて、心弾むひと時でした。
違った角度から見ると、こう見えます。

画像


船の外から見ると、こうも見えるのです。
この写真は、チャネル諸島のガーンジー島の、セント・ピーターポートの港から、沖合いに停泊する「センチュリー」を撮りました。

調べてみると、セレブリティ・クルーズの残る91,000トンミレニアム・クラス4船、さらに77,000トンクラスの「マーキュリー」「ギャラクシー」にも羽があるんですね。

スペインのプルマンツール・クルーズへ<移籍>した「ゼニス」(47.255トン)には、
「X」だけで「〜」は、ありませんでした。
ガラパゴスを巡る「エクスペディション」(2,329トン)にも、羽はないようです。

かつて一世を風靡した北欧の今は無きクルーズ会社、ルネッサンス・クルーズ生まれ。
そして今年、セレブリティへ移籍してきて、
新たな高級ブランド「アザマラ」を名乗る「ジャーニー」(30,277トン)、「クエスト」(同)は共に、
純白の船体に変貌し、新ブランドのファンネル・マークを付けているようですので、羽は、やっぱり、ないのでしょうね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
サンライズの写真、素晴らしいですね。脱帽!!
読者の400人台!良く読まれているではありませんか。
藤原雄一郎
2007/06/20 16:03
藤原さん、良くお訪ねくださいました。
そうですか、よく読まれている数なのですか、400と言う数字は。良く分かりません。
日の出の写真は、デジタル・ビデオ・カメラです。プリントすると、はがきサイズくらいにしかならない(1280×960画素)低画質静止画なのですが、ビデオ画像から静止画に移し変えることができるので、数打てば当たる、式のタイミングで静止画をキャッチできるメリットがあります。

ただ、画質は非常に悪く、藤原さんに脱帽などと言われると、穴があったら入りたい心境です。とてもとても、クルーズ情報日本一のクルーズワールドの写真の質の、足元にも及びません!

hiroshi
2007/06/20 20:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

セレブリティ クルーズ 〜6〜 羽あり! 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる