潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS セレブリティ クルーズ 〜a Resume〜 再開

<<   作成日時 : 2007/07/07 20:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

今回は、風はなく、水面が鏡状態になって逆さマッターホルンのチャンスになったのですが、
今度は、山頂部の雲がなかなか晴れず、結局、こんな写真になってしまいました。
タイミングは大切ですね。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
スイスからお帰りですね。
おかえりなさ〜〜い!
hiroshiさん、このお写真と、前のお写真ポストカードみたいですよ。そしてこんな素敵な景色を目の当たりに出来る幸せ。沢山山を歩かれたのでしょうか。また、楽しいお話を聞かせて頂けるのが楽しみです♪
murmur1
2007/07/07 22:08
お帰りなさい!!
チョット留守がスイスだったとは、凄い!私たちもそのような強い体力を持ちたいものです。また写真も綺麗ですね。レポートが楽しみです。
今はゆっくりお休み下さい。
藤原雄一郎
2007/07/08 05:44
わ〜 凄い!!
こんなす素晴らしいところへ行ってらしたのですか!
この山のどのあたりまでいらしたの?
トレッキングで裾野を歩かれたのでしょうか?
いいな〜 これほどの体力がおありなんて。
クルーズは楽しいけどやっぱり自分に活を入れるためにも しんどい思いをすることも必要でしょうね。
これからの楽しい報告を待っています。
みえこ
2007/07/08 08:11
やぁやぁ、murmur1さん、ようこそ、ようこそ!
行ってきました。ただし、パッケージ・ツアーで。初心者用のコースを、1時間半から2時間ぐらい歩くのが2回だけ。山歩きなどと、生意気を言える柄ではない旅でした。
海や街もいいけれども、山もイイデスね。神と向かい合っているような、荘厳な気持ちになります。いずれ、ご報告を、と考えています。


hiroshi
2007/07/08 11:47
藤原さん、ご訪問ありがとうございます。
ご承知の通りスイスは、極端な話、ハイヒールでも4000m級展望台へ行けるほどの登山電車の充実ぶりで、私程度でも参加できます。体力がいるのは、行き帰りの飛行機だけ。ところが、仰るとおり、これがシンドイですね。うちの奥さまと、まだ元気なうち、行ける時に行っておこうと決めて、今はなるべく旅しています。(ついフラフラと出かけてしまう性根のなさ、で、お恥ずかしいです)。
hiroshi
2007/07/08 11:58
みえこさん、お出でいただいてうれしいです。
山歩きは、なだらかな下り道だけ。山を眺めながら散歩、と言う感じで、気楽なものです。シーズン真っ盛りで日本のパッケージツアーもいっぱいに入っていて、ある展望台で、84才という元気なオバアチャンにお目にかかりました。びっくりするほどのご闊達さに、思わず、みえこさんと藤原さんのお母様を思い出しました。
hiroshi
2007/07/08 12:05
そうなんですか!
わたしにも行けるのですね。
せめて地中海クルーズにいける様にヨーロッパまでの体力をつけようと頑張っています。
もう十年ほど前になりますが娘とスペインへ行ったとき モスクワ経由 ジュネーブ乗り継ぎで そのときでも体力的に限界を感じました。
人生を楽しく過ごせるよう元気なオバーチャンになりたいです。
みえこ
2007/07/08 12:49
みえこさん、
大丈夫、大丈夫! お互いに元気で頑張りましょう!! 私たち夫婦は、飛行機をYクラスで行く時は、無理を言ってなるべく、通路を挟む2席を取るようにしています。そして2,3時間に1度、機内を5分〜10分ほど散歩するだけで、随分、楽になります。
この前のダンスの写真、覚えていますよ。スラッと姿勢のいいみえこさんは、十分お元気、もりもりです!
hiroshi
2007/07/08 15:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

セレブリティ クルーズ 〜a Resume〜 再開 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる