潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS セレブリティ クルーズ 〜27〜 ベルファースト(終)

<<   作成日時 : 2007/08/20 09:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8


画像


5月22日。クルーズ6日目。
ベルファースト。
地上観光のトップは、ジャイアンツ・コーズウェイでした。
港から約70キロ。六角柱の不思議な景観が広がる、世界遺産の一つです。

画像
科学的に言えば、柱状節理。日本の城崎温泉近くにある玄武洞などの、規模とサイズをべらぼうに大きくしたら、こうなる、という場所。まさに奇観、奇景の「巨人の造った土手道」でした。

画像
有名です。良くご存知の場所でしょう。で、コメントはうるさいだけでしょう。
ハイ、今回は、遠慮しておきます。長々、書き込むのが好きなのですが。
その代わり、うるさいくらいに写真を載せます。
画像

〜ジャイアンツ・コーズウェイは、高さ約60メートルから70メートルの崖上から、約500メートルほどの長さの遊歩道を伝って海岸へ降っていく。車道にはコーズウェイコースターと呼ぶミニバスが走っている。崖下へ行く案内表示〜
画像

〜岩場には、その形から「オルガン」などとさまざまに名前が付けられている。その見どころやコーズウェイコーストの名所を案内する看板〜
画像


画像


画像


画像

〜波浪に洗われる岩場にも、小さな花が。花はハマカンザシ(アルメリア・カエスピトーサ)。たえこさん、ありがとう!〜

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像

〜みやげ物店は計3軒あったが、うち、ナショナル・トラストが経営する、この写真とは別の大型店は、クルーズ客が数多く来ているにも関わらず、午後3時で閉店してしまった。日本の観光地では考えられないこと〜

画像

〜コーズウェイコーストに残っている古城のうちの一つ、ダンルース城〜
画像

〜ゆらゆら揺れるつり橋が怖い、キャリック・ア・リード吊り橋〜
画像

〜世界最古のウイスキー蒸留所、ブッシュミルズ蒸留所〜
画像

〜バスの前の道路を横断する牛の群れ。通り過ぎるまで、バスの運転手は待ち続ける。のどかな風景〜
画像

〜現地ガイドさんによると、北アイルランドも、アイルランド共和国同様、若い世代と子供たちが人口の主力。とっぷりと高齢化社会に浸かっているどこかの国とまったく違う。またケルトの人々は、このガイドさんによると、背は比較的に小さく、髪はダーク、肌は浅黒く、目や口などは顔の中心に寄せ集まっているようなカワイイ造作で、大陸のスペイン系のような人。「こちらでは、たくさんいらっしゃいます」。途中で通過したバリー・キャッスルの街でも、彼女がいう「ケルト人」を数多く見た〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
hiroshi さん おはよう〜〜

六角柱の不思議な景観に感動です。「巨人の造った土手道」なんですネ!
この景色こそ、見たい所です。 本当に凄いです。何だかドキドキしてしまいます。
小さいのは日光で見たような? 自然に出来た太古からの造形と思えないです。遺跡かと思えますねエ〜

あのカワイイ花は〜ハマカンザシ(アルメリア)でしょうか?

>ダンルース城〜 風雨に晒されたお城は味わい有ります。 修復さてたきらびやかなお城も良いですが〜〜
>キャリック・ア・リード吊り橋・・・・怖いのが好きです。 通って見たいです。
良いですね! オークニ諸島!
たえこ
URL
2007/08/20 10:22
やぁ、やぁ、たえこさん、
いつもいつも、ありがとうございます。わざわざお訪ねいただいて。お忙しいのに。

そうですか? ハマカンザシ、というのですか?
まったくわかりませんでした。ありがとうございます。さすが、たえこさん、お花にはお詳しい!

写真は、今回、しみじみわかりました。大変にヘタクソであることを。たえこさんの二つのブログと藤原さんのブログで、勉強させていただいております。といいながら、当然のことですが、今回の書き込み中のブログでは間に合いませんので、次回のクルーズ以降に生かしていきたいと。

頑張ります、写真のセンセー。
hiroshi
2007/08/20 10:56
いえいえhiroshiさん!写真は的確に伝えたいことをつたえていると思いますよ。ご使用のデジカメが一眼レフでもしなければ、最近のコンパクト・デジカメは優れていますから、一眼デジカメの人はよほど勉強しないと負けます。コンパクト・デジカメの豊富な機能に習熟することが大切ですね。

あとは感性の問題ですから、たえこさんですね。私は感性はさっぱり。hiroshiさんのブログを拝見していますと、芸術に対する感度抜群ですので、写真でも大いに素晴らしい感性を発揮して下さい。
藤原雄一郎
2007/08/20 11:15
藤原さん、ようこそ!

写真、お言葉ありがたいですが、どうながめても、やはり、ヘタクソです。で、新たな勉強の場が出来て、逆にうれしいです。ファイトが沸いてきますので。

おっしゃるとおり、一眼レフまで凝ろうと思いませんが(フィルムの一眼レフカメラならば、ソニーに買収されたミノルタ、ニコンなど、今も使おうと思えば使えるカメラ3台、レンズはそれぞれ、28〜70、32〜80、70〜300など計7本を持っています。と言っても、写真に凝ったわけではなく、昔、いいよ、と、通の人に言われると何となく欲しくなって、ただ買い求めただけ。旅行に持参して記念写真を撮ったくらい。そのうちデジタル時代に入りましたので、使用頻度は、新品同様、程度。もったいなくて廃棄できずに、そのまま持ち続けているだけの体たらくですが)

感性の部分に入ると、たえこさんは素晴らしいですね。写真の世界は良くわかりませんが、温もり間、美しさ、やさしさなどで驚愕することがたびたびあります。
hiroshi
2007/08/20 11:48
hiroshiさん、こんばんは。
面白い景観ですね。
自然の造詣というにはあまりに不思議な、そしてスケールの大きさに圧倒されます。なるほど「巨人が造った」と言われれば納得できますね。
日本にもあるんですか。城崎温泉には行ったことがなくて。でも、どうせ見るのなら、ここへ行って見たいですね。
その、石の隙間からたくましく花を咲かせている植物に目を向けられるとはさすがです。「私もこの花のように健気に強く生きたい」と言ったら、きっとあちこちからツッコミが入るでしょうね〜。これ以上強くなってどーする?って。
まゆき
URL
2007/08/20 19:23
まゆきさん、こんばんは!
ようこそ、ようこそ。

そうですね。自然の造形は摩訶不思議ですね。地球と言う大きな船には、知らない世界がいっぱいにあるのでしょうね、お互いに。

柱状節理は、たえこさんもお書きになっていますが、日本にもあちらこちらにあるらしいです。城崎温泉や日光・華厳の滝のほか、層雲峡とか、富士の裾野の白糸の滝とか。

いくつかは見たことがあるのですが、ジャイアンツ・コーズウェイの規模は、雲泥の差でした。

花の写真、ホントに、けなげに良く咲いているな、と言う感じでした。
そうなんですか? ツッコミが入るほど、と自負なさっている? 冗談でしょ? ブログを拝見していると、ちょっと考えられないほどに、、、。

イヤ、まともに考え込まないでください。冗談、ジョーダンです!!
hiroshi
2007/08/20 20:48
文字の間違い見つけました。
自然の「造詣」でなくて「造形」でしたね。

えー、まぁ子育てしながら何十年と仕事を続けていれば、それなりに強くなろうというものです。
でも気持ちとしては、このハマカンザシのように、けなげながらも芯の強い人間になりたいなぁ・・・と、たまには言ってみたい(^^;
まゆき
URL
2007/08/20 23:25
まゆきさん、お早うございます。

文字の間違い、こちらは日常茶飯事です。
造詣深くいらっしゃる方々は、すぐにお気づきになるようですが、そして二度、三度とチェックしてお書き込みになるようですが、こちらは書きっぱなしのせいもあるのでしょうが、いつも間違いばかりです。

で、お書き込みになるまで、まったく気がつきませんでした。頭ではキチンと「造形」と読んでいたのだと思います。

そうですね。昔から言いますよね。「女は弱し、されど、母は、、、」。わが家でも、間近に例をみていますので、良くわかります。

ハマカンザシ、名前をたえこさんに教えてもらったのですが、まさに、荒々しい岩場に「簪」一筋、飾りつけたような可愛さでした。
hiroshi
2007/08/21 09:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

セレブリティ クルーズ 〜27〜 ベルファースト(終) 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる