潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS セレブリティ クルーズ〜最終回〜アムステルダム

<<   作成日時 : 2007/10/15 05:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

画像


再び、11日ぶりにアムステルダムの街です。
成田への飛行機は、この日夕刻発。しばらく時間があります。

画像
で、街中をぶらぶら。
ご存知のとおり、旧市街だけならば、小さなエリアです。
運河沿いを、歩き回りました。

画像
出発前にも書きましたが、
アムステルダムは人工の街です。
海を埋め立てて街が出来上がりました。

画像
『宇宙と地球は神が創りたもうた。
しかしオランダは、オランダ人が創りつつある』。

なお、現在進行形の文章を織り込んだ、
そんな格言さえあるくらい、です。
営々と土地を築いてきた、
そして今も築いている、人々の住む土地なのです。

画像
北海と結ぶ湾を埋め立て、
淡水湖アイセル湖を作った長さ30キロの大堤防のハナシは、
出発前に書きました。

画像いつ、造られたのかは、書きませんでした。
1920年、大正9年着工、12年後の完成です。
日本の大堤防は、コンクリートで覆い固めてしまいますが、
この堤防は、自然石と、柳の枝の組み合わせ。
自然にやさしい工法で、
プランクトンが死なないから、淡水湖はキレイです。
今ではさらに新しい、自然保護工法が編み出されていますが。

画像
使わなくなったとはいえ、
柳の木はオランダの命でした。

だから運河沿いには、
オランダの人々が大切に育ててきた、
柳の大木が、今もまだ、数多く残っています。

画像
その柳の木と、ポプラ。
オランダの土産の代表選手の木ぐつは、
この2種の木が原材料です。

画像カラフルな木ぐつが並ぶ、
お店の前を抜けると、
「アンネの家」のある通りでした。

旧市街だけなら、
ホントに小さな街。
日本の観光のメッカ、京都の旧市街ほどもありません。

画像
また、やってきました。
西教会の鐘楼の見える角を曲がると、
プリンセン運河が見えました。

画像
この日も大行列です。
船に乗る前、初めて中に入ったのですが、
あまりの人の多さに、途中でパスして、出てきちゃったんです。

画像
今度こそ見終わって帰ろう。
覚悟して、行列の最後尾に、並びました。
タイミングよく、西教会のカリオンの美しい音色が流れ始めました。

画像
遡って。
船を下りた後、真っ先に訪ねたのは、
シンゲルの花市です。

画像
人でいっぱいで、
とても写真を撮る余裕など、
ありませんでした。

画像
で、またまた、
乗船前に撮影した、
各花の店が開く前の、

画像
シンゲル運河沿いの写真を。
そして、このクルーズ旅の初回、デルフト焼の陶板の「夜警」を載せましたが、
最後は、シンゲルの花市からほど近い、レンブラント広場の「夜警」の銅像群像です。

空港に向かう中央駅は、引き続き、地下鉄工事、真っ最中でした。


〜「セレブリティ クルーズ」を終わります〜

生まれて初めて、ブログなるものに挑戦した、つたない、この「覚え書」に、お忙しい中、お訪ねいただいた方々に、感謝申し上げます。
                                      By hiroshi








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
アムステルダムの街並って綺麗なんですね。
hiroshiさんのしゃしんを見せて頂いて、何時か行ってみたい街の一つになりました。
こうやって気持ちが通じ合う方のブログを読ませて頂いて
行ってみたくなる街が増えるのはとても嬉しいです。
クルーズが終わってしまって物凄く残念です。寂しいよ〜。
hiroshiさん、このクルーズからブログお始めになられたんですよね。でも、もう、ずっと続けてらっしゃるベテランな感じですよ。逆に『生まれて初めて』って言う方が不思議な位、わたしhiroshiさんのブログに親しんでました。
ご旅行も有りますし、落ち着かれましたら、次のお話を楽しみにしておりますね。
murmur1
2007/10/14 23:46
murmur1さん、ようこそ!

身に余るお言葉、ありがとうございます。
はい、今回のクルーズで、初めて、書き始めました。murmur1さんのブログを拝見したのが、始めてみようと思ったきっかけでした。いわば、murmur1さんは「師匠」に当たります。(こんなヘタクソな、一方的な弟子で申し訳ありません)。その師匠から、ありがたいお言葉。これを契機に、また励みますルでアリマススる。、、、と、始めてみて、さらに良くわかりました。あなたのブログは、大変立派なブログであることを。

アムステルダムは、運河の、かすかに潮風の香る街の一つです。こういう街は、比較的に、個人的には好きです。街のサイズも、パリやロンドンやニューヨークほどは大きくなく、旧市街だけならば歩いて回れるほどの手ごろサイズです。このくらいの街は、やはり魅力的です。

繰り返しますが、本当にありがとうございました。
hiroshi
2007/10/15 10:25
hiroshiさん  コンニチハ〜

オランダで下船でしたか?
素晴らしい観光が待ってたのですね!! デンマークの美しい町並みはコペンハーゲンのニューハウンと似ています。美しい画像です。
ドイツを挟んでるのにとっても似ていますネ〜

>堤防は、自然石と、柳の枝の組み合わせ。自然にやさしい工法で、・・・ そうでしたか? 日本のコンクリートで作られる川は見直して行かないとイケマセンネ。韓国でも道路を元の川に変えたんですものね。お隣も良い考えで感心してました。

私たちは2000年にベネルックス三国でした。オランダはキューケンホフ公園が観光がメインでした。
その折に一番目と同じ感じの運河沿いをあるきました。怖いよ〜! と思いながら〜「飾り窓」の有る所を、旅仲間4人で行きました。ドキドキ〜 あの辺りでカフェには入るな! 大麻の匂いが付くと帰国出来なくなると言われ足早に通過しましたが〜街は綺麗でした。あの売春街も3分の1に減るらしいです。
まもなくドイツに行くんでしたか? イイナア〜 ロストフも行かれますか??
たえこ
2007/10/15 11:35
たえこさん、ようこそ!

そうです。乗下船ともアムステルダムでした。アムステルダムは何度か行っているのですが、「アンネの日記」のアンネ・フランク一家が隠れ住んでいた住まいには、以前から行きたいと思いながら行ったことがなかったんです。で、今回、訪ねることにしていたんです。乗る前と合わせて、都合2回も行きました。
地元の人ばかりでなく世界の観光客で大混雑。行列、行列のありさまでした。

そうですね、オランダは日本で麻薬扱いされている各種商品は、コーヒーハウスで販売しています。自己責任のしっかりした国ですから。カフェとはチョット違い、間違って日本人の方々でお入りになる方も、まま、いらっしゃるとか。

ドイツは5年ぶりなんです。当初数日は知人宅に滞在して、その後、彼らと別れ、どこかに観光を、と考えています。どちらに行くかは彼らの助言を参考にしますが、たえこさんのブログを拝見して、ロストックに行ってみたいと思っています。
たえこさんに写真の勉強をさせてもらったので、今度の旅では少しは頑張ってみたいと。と言いながら、どうなることやら。元々センスがないですから。
hiroshi
2007/10/15 15:23
hiroshiさん、こんばんは。
アムステルダムはほんとうに美しい街ですね。
緑が目に優しく映ります。
人工の街なのに自然が溢れている。そうですか、工法が違うのですね。
日本は学ばなければいけないことがたくさんありますね。

ずっと思っていたのですが、こちらのブログは各記事ごとに画像が変わるんですね!最近の記事は、大好きな空と雲の写真なので特に楽しみでした。

もうご出発ですね。また旅先の写真やお話を楽しみにお待ちしておりま〜す。
まゆき
URL
2007/10/15 23:47
まゆきさん、ようこそ!

アムステルダム、確かに美しい街ですね。人工の街だけに運河の掘割もキチンと模様を描いていています。この人工のニオイが少し鼻につく時もありますが。
>ずっと思っていたのですが、こちらのブログは各記事ごとに画像が変わるんですね!
そうなんです。変わる最大の違いが、ビデオカメラの静止画と、コンデジとの画像の差。スチール・カメラの一眼を止めた以降、コンデジ時代に入ってからは、つい先までは家庭で旅を振り返ることにしか画像や映像は使っていなかったのでビデオの方が面白く、コンデジは記念撮影以外使いませんでした。今回の旅でも使用率3割くらい。残るは粒子の雑なビデオカメラの静止画です。
ブログを始めてみて、ブログの写真としてはほとんど使い物にならないことがわかりました。次回のクルーズからは、比重を置き換えようと思っています。
といいながら、ま、センスのなさが「光り」ますので、大した写真はとれないですけれども。
まゆきさんやたえこさんのブログをしばらく拝見できないのが残念です。


hiroshi
2007/10/16 08:59
はじめまして o(^-^ )
まゆきさんちから流れて、お邪魔致しました。

思わずLinkを、ぽちっっと押してしまったのですが(汗)、
hiroshiさんの、深い観察眼と、楽しい文章で、
思わず仕事中に読み入ってしまいました (^^A;

僕自身はクルーズにも、ましてや海外にも殆ど
縁のない生活ですが、旅行記を拝見して、色んな
訪問先に思いを馳せるのは、楽しいものです。

またクルーズ記を読ませて下さいね。
では〜
消防隊長
2007/10/16 13:24
やぁ、やぁ、消防隊長さん、ようこそ!

初めまして、というのが礼儀なのでしょうが、失礼ながら、ソンナ気がしません。旧知の間柄のような。

そうです。まゆきさんのブログで、盗み見、聞き耳、を立てておりますので、良く存知あげています。よく、こんなムサクルシイ、何かの「付録」のようなブログにまで、お立ち寄りをいただきました。アリガトウございます。

先般は、4分差でした。
「いちばん。イチバン♪ コメント書き込み、今日は一番!!!

2番目だった、、、。こんなこと書いてなきゃ、、、。反省。」、、、。
十分に反省しました!

と冗談はともかく、過分なオホメの言葉、恐縮です。
金はともかくヒマだけは、叩き売りしたいほど十分にあるもので、好き勝手を書いています。

18日からしばらく留守にしますが、どうぞ、また、いつでも、お暇ができたらば遊びにお出でください。飲物も茶菓類も、出したくても出せませんが、大歓迎です。
hiroshi
2007/10/16 14:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

セレブリティ クルーズ〜最終回〜アムステルダム 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる