潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょっと休憩、桜の季節

<<   作成日時 : 2008/04/05 11:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10


画像

写真は、トルコの地中海側、アンタルヤに近いペルゲ・ローマ遺跡で。

西カリブ海クルーズさなかですが、世の中、桜の季節です。
で、今回は一時、クルーズをストップ。
つい先、訪ねた国の、春、爛漫の桜を。

あの国は、日本よりもひと足早く桜、まっ盛りでした。

といっても、日本の「桜花」ではなく「西洋実桜」、いわゆる「さくらんぼ」ですが。
トルコでは、桜も、桃も、杏も、オリーブも、ほぼ同時に、いっせいに花開いていました。

画像


画像

写真は、2点ともトロイ遺跡で。樹種は別

画像

写真は、ヨーロッパ・バルカン半島側のテキルダーの街で。

画像

写真は、オリーブで有名なエデルミットの街で。花は桜ではなく、桃。花桃ではなく、もちろん果実用の桃

画像

写真は、果実の里、エフェッソス近くのナジリの街ハズレで、バス車中から撮った桃畑。

画像

同じく、ナジリのレストランの敷地に植えてあったサクランボの木

画像

イスタンブール、ドルマバフチェ宮殿の庭の紫木蓮

画像

カッパドキヤで、トルコ土産の定番、魔よけの目玉、ナザール・ボンジュの花が、枯れ木に咲いていた。緑のないキノコ岩の大地では、これも花?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
沢山コメントを入れさせて頂きたいのですが、先ずはこんなに素敵な桜達を見せて頂いたら、まずはこちらから失礼させて頂きます。もう、二度もお花見が出来てしまうなんて幸せですね!お花があちらは大きいのですね。はらはらと舞い落ちる花びらは牡丹雪みたいなのでしょうね。上から4番目の写真、大きくしてみたら、花びらにぶち模様が!!っておもったら、これは雄しべなんですね。ダルマシアン模様かと思っちゃいました。所変わればお花も変わるけれど、どのお花も綺麗ですね。沢山楽しませて頂きました。hiroshiさん、ありがとうございました。ナザール・ボンジュって言うのですか。。私も持っています♪でも、名前を知りませんでした。奥様のお人柄、とっても素敵ですね。ファンになってしまいそうです♪
murmur1
2008/04/05 18:13
murmur1さん、今晩は。

お忙しいのに、ようこそ、ようこそ!

>二度もお花見が出来てしまうなんて幸せですね!

ホント、幸せですね。この後、6月の川クルーズを最後に、事情が合って来年4月まで旅に出れそうにないので、いま、しみじみ、旅出来ることの幸せを思っています。行けなくなったら、寂しいです。

トルコでは、現地のツアーのガイド〈男性、35歳か36歳)の方の話だと、サクランボにも種類はいくつかあって、花もそれぞれ違うそうです。そしてまた「ヨーロッパには凡そ12,000種の植物が生きていて、うち9,000種がトルコにある」、と、トルコの自然の豊かさ、花の種類の豊富さを誇っていました。

hiroshi
2008/04/05 20:42
〜上から続く〜

桜に対する思い入れは、murmur1さんは、大変深いようでらっしゃいますね。お父上のお言葉も拝見しました。美しさと、はかなさが対を成しているように見えるところや、武士のような潔さ。古来から良く言われるような部分が自分にも魅力的ですが、murmur1さんのブログを拝見していると、加えて、もっと何か、崇高であってなお、温もりに満ちた、ご自身のご体験や熱い思いを込めて、桜の花びらにのめりこんでいらっしゃるように感じます。ある意味、大変、羨ましい、ご心境かと。。。

ナザール・ボンジュ、やはりお持ちですか。魔よけの効能があるそうで、こちらも、初めてあの国へ行って以来、小銭入れに小さな小さなモノを仕舞いこんでいます。が、残念ながら、宝くじ当選、などのラッキーな事柄はいまだに。ハ、ハ、ハ、です。魔よけ、だから当然なのかも、と幸運到来は諦めていますが。

hiroshi
2008/04/05 20:46
〜上から続く〜

相棒の人柄、、、そんなおホメいただくほどのモノではありませんが、〈内緒ですが、自分もファンの一人です♪)、旅に出ると、面白いことは確かです。経済とか国際情勢とか、PCやインターネットとか、小学生にも劣る無知蒙昧のジャンルが結構あって
(今回の旅でも、ある時スルーガイドさんとこちらがクルド問題で話をしていて、彼が「トルコの第2代大統領はクルド人」と話したら、近くで小耳に挟んだのか、いきなり話に割り込んできて「あら、トルコでは、ヨソの国の方も大統領になれるんですか?」とトンチンカンな質問を。そんな具合が、逆にスルーガイドも気に入ってくれたのか、終始、「奥さんはカワイイ、カワイイ」と言って、彼女に親切にしてくれていました。)

時には恥ずかしいこともありますが、あの開けっぴろげなところは、とても面白いです。
あ、長々と、のろ気ているみたいですね。困ったもンです。アハハ、、、。

hiroshi
2008/04/05 20:48
〜上から続く〜

murmur1さんの桜のシリーズ第5弾、あちらは桜も見事でしたが、お昼にパスタなどのランチをお安く、美味しく提供している気軽なお店も結構そろっていて、なるほど、murmur1さんお気に入りの街だったのだ、と感じました。現在お住まいの街は、再開発以降、行った事が(あ、何回かお写真をお載せになった○×○だけは、最近では2年前かな? 3年前かな? ちょうど、近くの川で魚異常発生、烏がそれを狙って大挙来訪、と話題になった前後に1回だけ行きましたか)ありませんが、雰囲気は一変したでしょうね。昔と比べて。
あの公園の、いつかお載せになった6本の桜、そろそろ散り始めでしょうか? それとも、まだ残っているのかな?

長くなってしまいました。アハハ、です。
hiroshi
2008/04/05 20:50
hiroshiさん、今晩は。

「さくらんぼ」の花は桜と見分けがつきませんね。トルコも四季があるのでしょうか?

木々の花が綺麗です!
トルコの皆さんもお花見するのでしょうか?

キノコ岩の大地は面白いですね!

大地が隆起して出来たのでしょうか?
今回も珍しいものを拝見できました。
hiroshiさんありがとう。



nao
2008/04/05 23:53
やぁ、やぁ、naoさん、お早うございます。

>「さくらんぼ」の花は桜と見分けがつきませんね。トルコも四季があるのでしょうか?

はい、もちろん、四季はあるようです。ただ、日本のおよそ2倍の面積の国だけに、地方ごとに気候の差は大きいようです。南側の地中海側と、西側(ギリシャ側)のエーゲ海に面した地方は特に暖かく、春の訪れが早いようです。代わりに、初夏は、もう暑くて真夏の様相です。一度5月下旬に、クルーズの途中、エーゲ海に面したクシャダスに寄港し、世界遺産のエフェッソスへ行った事があるんですが、暑くて暑くて、海ではもう、泳いでいる人たちがいました。内陸のカッパドキアやコンヤ一帯は、変わりに、春でも少々寒めでした。
hiroshi
2008/04/06 10:52
〜上より続く〜

トルコの皆さんのお花見というのは、見たことがありません。多分、ないのでは? 向こうの人たちは季節に関係なくピクニックを良くなさるようで、草原や道路沿いのなんでもない場所に車で乗りつけて、バスケットを広げている家族連れやグループの姿は、今回ばかりでなくこれまでも何回か見ていますけれども。
キノコ岩の土地は、いくつかある町の正式名称とは別に通称「カッパドキア地方」と呼ばれていて、もちろん世界遺産です。おっしゃるとおり隆起して寝食され、出来上がった土地で、あちらのガイドさんの話だと、あと400年ほどで消えてなくなるのだそうです。
hiroshi
2008/04/06 10:53
horoshi さん  オハヨオォ〜☆゚

まあ〜〜 トルコにこんなに沢山の種類のサクラに桃が有るなんてオドロキです!!
また〜そう言えばサクランボは大切な果実ですもの!

魔よけの目玉が笑える画像です。あんなに吊るされてるなんて! 〜〜凄いです。
私達もお土産用にいっぱい買って来ましたよ〜
今も玄関に下げて有ります。麻縄で加工して有ります。
悪魔は来ないから〜〜 魔よけに成ってるかも!! ハハハ〜
たえこ
URL
2008/04/07 11:00
やぁ、やぁ、たえこさん、今晩は。

トルコに桜の木がこんなにあるなんて、訪ねる前はこちらも知りませんでした。ホントに、驚き、でした。
果物類はかなり生産量が多いようで、ガイド氏の話ではヨーロッパにも一部輸出しているとのことでした。オリーブも、生産していることは知っていましたが、何とイタリア、スペインなどに続いて世界第4位だとは知りませんでした。ほかにブドウ、イチジク、オレンジなど果物の生産量は豊かだそうで、ちょうど、花の時期と重なって、なかなか美しい光景でした。日本と違って、桃など早咲き種と桜や杏類などの遅咲き樹種との間で開花時期の差がほとんどなく、一斉に花開いている感じでした。3月に訪ねたのは初めてだったですが、いい季節に訪ねて良かった(はじめは4月で予約していたのですが、事情で、1カ月、旅立つホンのわずか前にに早めてもらったのです)。

魔よけ、そうですか、たえこさん宅でも効果あり、ですか。こちらも財布に小さなモノは入れているのですが。悪いこともない代わりに、さしていいこともナイです。アハハ、です。
hiroshi
2008/04/07 19:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

ちょっと休憩、桜の季節 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる