潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS 西カリブ海クルーズ〜ジャマイカ・その4

<<   作成日時 : 2008/04/07 00:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 
画像

前回に引き続き、オーチョ・リオスの街の郊外にあるコヤバ・リバー・ガーデン・アンド・ミュージアム(Coyava river Garden and Museum)。

園内では、さまざまな花が咲き誇っていました。

画像画像
画像画像
画像画像
画像画像
画像画像
画像画像
画像画像
画像画像
画像画像


画像

花の名前は、良く知りません。日本やハワイで見かける、比較的に馴染んだ花なら、知っているモノもあるのですが。
知らない花はパスして、知っている名前だけ並べると。。。

ホウオウボクにレッド・ジンジャー、サンダンカ、白花ゴクラクチョウカ、ポインセチア、アナナス、ベニヒモノキ、イエロー・アラマンダ、セイヨウキョウチクトウ、ゴールド・シュリンプ、クロトン、オーキッド・ツリー、、、。
あとは、知りません。

画像

ひととおり観光を終えたあと、オーチョ・リオスの街郊外のショッピング・センターで、チャーターの観光バスは、希望者のみ下車OKとなりました。代わりに、自己責任で帰船すること、との条件つきですけれども。

画像

港までは、徒歩10分ほど。で、ジャマイカならではのコーヒー豆をいくらか買い込んで、港近くまでたどり着くと、、、。

画像一転、俄かに空はかきくもり、土砂降りのスコール。

傘は持っていたんですが。。。

バッグから傘を取り出す暇もなく、全身ずぶ濡れ。
こうなれば、今から傘を差しても同じと、、バケツをひっくり返したような雨の中を、そのまま歩き続けました。

画像途中、バス停の小さな屋根の下で雨宿りしていた、同じ船の乗客仲間と思える、アメリカ人家族連れのご主人と目が合いました。ずぶ濡れで歩いているのが少し恥ずかしく、思わず、雨の中で水泳のクロールのように腕をグルグル。そして「Let go swimming」。

何と彼は、ニヤリと笑って、ご夫人や高校生世代と思われるお嬢さん二人を促してこちら同様、雨の中を歩き始め、間もなくこちらを、腕を振り回しながら追い抜いて行きました。
アメリカ人って、愉快ですねぇ。

相棒の濡れた背中越しに、目指す船は水幕で煙っています。
道路右の沖に見えるナビゲーター・オブ・ザ・シーズ」も。
そして、雨はまた驚くほどの早さで、青空、暑い陽射しに交代していきました。


画像


戻ってきました。
いかにも、雨季の熱帯らしい一日でした。

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
hiroshi さ〜〜ん  

>コヤバ・リバー・ガーデン・アンド・ミュージアム

これですね!! 南国の花 名前が沢山判ってますのね!!
日本の熱帯植物園や花屋さんで見かけるお花も有りますが〜 見た事無いのが一つ有ります。
キットもっと写されたでしょうか?
お花は良いです!

強烈なスコールでしたか? 靴も1足追加しょう〜と思った次第です。

雨の中・ナビゲーター・オブ・ザ・シーズを写されてカメラ濡れて故障が心配です。 ハハハ〜
要らぬお世話? だからカメラは濡らさないように最大の注意ですよ〜。 予備も持って行こう~~ 
お陰さまで、とっても参考に成りました!!!

有難う!  hiroshiさ〜ん!!
たえこ
URL
2008/04/07 11:14
hiroshiさん、おはようございます。
本日はお休みで、まったりと怠惰な時間を過ごしています。といっても、車のタイヤをまだ替えていないので、さすがに今日は交換に行かなければと思っているのですが…

南国らしい花がたくさん並んでいますね。私も花の名前はサッパリで、、、わかるのはゴクラクチョウカぐらいでしょうか(^^;
ここは、やはり、たえこ先生にお出ましいただくしかありませんね。

スコールに遭われて全身ずぶ濡れですか?それも旅先での楽しい思い出ですね?もう、笑うしかない…みたいな。
>「Let go swiming」
いえいえ、hiroshiさんも、相当ユーモアのセンス抜群!お茶目な方です。

ところで、コメントを読ませていただいていたら、何やら地域のお世話係にさせられてしまったとか。。それもかなり重責のご様子。ご愁傷様です(笑)。私など何年かに一度回ってくる班長などの係りでも憂鬱で逃げ出したいくらいですのに。それにしても、そのおかげで、ご旅行まで行けなくなるなんて、辛いですね。
まゆき
2008/04/07 11:17
たえこさん、

写真をごらんいただくとおわかりのとおり、コヤバでの写真は大半、ビデオ・カメラの画像です。バスを降りるときにデジカメを車内に忘れていきまして。後刻、帰路の出発間際にホンの一部、デジカメで撮影し直しに戻りましたが、途中で面倒になって、ま、いいか、と諦めてしまいました。で、ちょっとお恥ずかしい写真です。

たえこさんご夫妻がいらっしゃるころは雨季を脱出していますので、スコールのご心配はないのでは? お天気のことは紙まかせ、と昔からいいますから、実際はどうなるかわかりませんが。あまりご心配の必要はないのかな、と。
おっしゃるとおり、デジカメとビデオ・カメラが心配で、キレイに吹いてキャビンで丸一日乾燥させようと、翌日は別のデジカメだけを使いました。使い慣れた方でなかったので、その日はあまり写真を撮りませんでしたけれども。

いよいよ今週末ですね。今度も、携帯での記事掲載はあるんでしょうか。まったく事情は知りませんが、カリブは難しいのかな? どうなんでしょう。もしあるのならば、楽しみです。
hiroshi
2008/04/07 20:13
やぁ、やぁまゆきさん、今晩は。

>スコールに遭われて全身ずぶ濡れですか?それも旅先での楽しい思い出ですね?もう、笑うしかない…みたいな。

ハ、ハ、ハ。。。おっしゃるとおり。ホント、もう笑うしかない、がピッタリ。うまいことおっしゃる。さては、似たようなご体験をお持ちですね!!

アメリカ人ご一家のことも、嫌なことに、偶然、目がピタリ合っちゃいまして。「ワォ、シ、シマッタ」ってなモンです。もう恥ずかしくて、何か言う以外に逃げ道はない。客観的に自分の醜態が見えますからね。すると相手はまた、見事にこちらの醜態を救ってくれたワケです。慈悲深い?!アメリカの男性でした。船でまた会えないかと気にしていたんですが、2,600人もいてわずか7泊8日のクルーズだと、さすが、二度とお目にかかることは出来ませんでした。

いま、我とわが身に、まゆきさんのブログへの書き込み禁止の「実刑」を科しています。騒ぎ過ぎ、騒音公害現行犯で逮捕、です。刑が解けて、早く「出所」してまゆきさんのブログにまた書きたいですが、もうしばらく我慢、我慢。必死に堪えております。ウウウ。
hiroshi
2008/04/07 20:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

西カリブ海クルーズ〜ジャマイカ・その4 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる