潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS 西カリブ海クルーズ〜ジャマイカ〈終)

<<   作成日時 : 2008/04/09 00:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 
画像

個人的なハナシを少々。
映画好きなんです。

画像で、ジャマイカにも、、、

(そうです、「も」、です。
思い出深い映画にまつわる土地は、ほかにも、世界中にたくさんあります。
そして、その中で訪ねていない土地は無数にあり、多分、死ぬまで、行ってみたい、と思いつつ、憧れだけで終わって、息絶えていくのでしょう)。

思い出に残っている映画がいくつか。


画像そのハナシの前に、何種類か買ったうちの、上写真のブルー・マウンテン・コーヒー。

左写真の、プリンセスの船の船首の向こう、青い橋のさらに彼方に見える、ショッピングセンターで買いました。

試飲させてくれた時、何と、練乳をミルク替わりに入れてくれました。。。


画像画像
36歳の若さで亡くなったこの国のヒーロー、ボブ・マリーの髪型。
彼が生きていれば。
多分、マリーとほぼ同世代と思われるガイドさん。彼も、この髪型でした。
この髪型、宗教的な「ラスタ・ファリズム」運動の、象徴ですヨね。
ボブ・マリーの音楽ジャンル、レゲエ・ミュージックを愛でていらっしゃる若い方々は、とっくにご存知のことでしょうけれども。

今では世界中にこの髪型はひろがり、若い方々に愛されています。

画像画像
つい先のトルコ旅行でも、イスタンブールで出会った、上、右写真の、ドイツの男子高校生がブラウン・ヘアでこの髪型でした。学期末を利用した両親と3人での家族旅行、とか、でしたが。

相当目立つ髪形の当の高校生と偶然、ハレム見学時に何度か出会っては離れ、を繰り返しているうちに、いつも好奇心剥き出しの相棒が、ついに我慢できなくなって、当の高校生に「どうして、そんな髪型なの?」「シャワーを浴びるときは解くの?」などなど。質問をぶつけていました。

ドレッド・ヘアは、白人社会への反抗のシンボルでもあったわけです。なのに。。。
門外漢の黄色人種、熟年世代の我々には、まさに「??」でした。
だから。。。
尋ねずにはおられなかったのでしょう。

画像

結果、当然、「音楽」だけに絞った、予期された答えが帰ってきたワケですが。
さらに、さらに。
彼の母親に「ご子息の髪型、どう思っていらっしゃる?」。
厚かましくもまた、また。
笑顔の両親は、自由にさせているとのニュアンスで、ご子息の所属するアマチュア・グループの音楽談議をチラリ、ホラリ。これもまた、予想通りの回答でした。。。

後ほど知るのですが、何と、このご一家とは、ホテルもご一緒でした。

画像

本題に戻して。
映画のハナシでした。

ジャマイカに関わる映画。そのトップ・バッターは、雪の降らない国、ジャマイカの若者たちが、冬季五輪のボブスレー競技に挑む「クール・ランニング」。
1988年のカナダ・カルガリー冬季五輪での実話ではなかったですか? 

画像

もう12〜13年前ぐらいになりますか〜。
カルガリー郊外のカナダ・オリンピック・パーク近くのお土産店で、ナンバー「18」を載せたあの映画通りのソリ、っていうのでしょうか、それともマシン、っていうのでしょうか、多分複製模型のそれが展示してありましたが。。。あのソリは、今も並んでいるでしょうか。

こちらジャマイカでは、モンテゴ・ベイの空港に、ホンモノか複製かわかりませんが、あのソリが並べられている、とか。ガイドさんが話していました。

画像

映画ではほかに、「007」の第一作、ショーン・コネリーの「ドクター・ノオ」。
日本では「殺しの番号」のタイトルだったですよね。封切時は。
まだ若い頃に公開された映画だったもので、若気のいたり、あの「ダブル・オー・セブン」流の自己紹介言葉を、真似しみていた時期も、あります。

どう、自己紹介したかって? こうです!

「Bond、、、。
James Bond」。

カッコイイ、と思ったのは、自分だけではなかったのでは?

ほかにも「青い珊瑚礁」「カクテル」など、印象深い作品もあったですヨね。

(ジャマイカ寄港、終わり)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
hiroshiさん、今晩は。

100%ジャマイカのブルー・マウンテン・コーヒーですか?
飲んでみたいですね。
hiroshiさんの様なコーヒーツーの方は、やはりブルマンですか!

甘党のhiroshiさんには、練乳入りのコーヒーはいかがでしたか?

>ボブ・マリーの髪型。
たしかにジャマイカでレゲイミュージックをやっている人の髪型というイメージが強いですね。
う〜ん、シャンプーは週1回ぐらいでしょうか?それでは、場所中の相撲取りになってしまいますね。

>Bond、、、。
James Bond」。
カッコイイ、と思ったのは、自分だけではなかったのでは?

日本映画で例えると、高倉健といったところでしょうか?高倉健の映画を見た後、映画館を出ると「肩で風を切るように歩く」そんな話を聞いたことがあります(笑)







nao
2008/04/09 01:33
hirochi さん  コンニチワァ♪・☆゚

ジャマイカの様子ご苦労様でした。 終わりますか?
ボブ・マリーの髪型とこのロープ状の珍しいお花は楽しい比較!
しかし!! ホームレスも連想のレゲエのガイド♪ ククク   ゴメンナサイ! ガイドサン!

本当に南国はお花の宝庫です。益々楽しみになって来ます。

hiroshiさんは映画お好きなんですね。 この所パソコンに時間取られて、映画見てないです。
次男は無類の映画好きですが〜TSUTAYA で買ってコピーしてくれて〜なのに見ないで積んで有ります。 
パソコンに時間取られるのもったいないかな?? ハハハ〜 でも〜止められないです。
画像加工は楽しい時間!!
たえこ
URL
2008/04/09 15:42
やぁ、やぁ、naoさん、今晩は。

>100%ジャマイカのブルー・マウンテン・コーヒーですか?
飲んでみたいですね。
そうですか? naoさんは、ブルマン・ファンですか? 向こうでは、そこそこ、おいしかったです。練乳入りでも。少し脂っぽさと甘さが気になりましたけれども。

こちらは実は、それほどのブルマン・マニアではありません。むしろ、コナ・マニアです。コナの方が好きですし、手に入りにくい高値のブルマンよりも、比較的に入手しやすくお値段も安めですし。。。
>日本映画で例えると、高倉健といったところでしょうか?
なるほど、そんなところでしょうか。あの手の映画だと、鶴田、あれ?、「こうじ」って、どんな文字を書きましたっけ? 彼なんかも、そうですかネ? naoさんと世代が違いますので、カッコ良さの尺度も違うかもしれませんが。
邦画だと寅さんも好きで、あの台詞を一生懸命に憶えた時期もありました。「生まれも育ちも葛飾柴又、、、」で始まる例の台詞。
この映画も、一歩戸外へ出ると、上着を肩に、肩で風を切って歩き始める人が結構いましたねぇ〜。
hroshi
2008/04/09 19:30
やぁ、やぁ、たえこさん、今晩は。

いよいよ、迫ってきましたねェ、ご出発が。もうお決まりでしょうけれども、乗り継ぎ空港は便利な空港にきまりましたか? 短時間で乗り継ぎ画出来ると、疲れもあまりでないのでいいですが。船の方は心配をしなくてもいいのがいいですね!! 2度目のセレブリティで、「勝手知ったるわがお船」テナモンですネ。コヴァでのケーキとチョコレートも楽しみですね♪ またまた、あのおいしいコーヒーを飲めるなんて、ウラヤマシィ〜!

そうですか、ご次男は映画ファンでいらっしゃる? いいですねェ。映画は楽しいです。夢があって。こちらは、クルーズと旅の次に好きです。パソコンを触っているよりも好きです。

下働きの仕事、結構忙しく、本日は、今ごろになって初めてPCの電源を入れました。あまり触ることが出来ないのが残念ですが。2〜3カ月して少し落ち着けば、またゆっくりと触れる時間も出きるかな?と、期待をしています。果たしてどうなることやら?

hiroshi
2008/04/09 19:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

西カリブ海クルーズ〜ジャマイカ〈終) 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる