潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS 西カリブ海クルーズ〜客船たち

<<   作成日時 : 2008/04/11 12:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

 
画像

西カリブ海は、予想を上回る、クルーズ船の「メッカ」でした。
随分、数多くの船に出会いました。

画像

おなじみ、ザトウクジラのシッポをファンネル・マークとする世界最大の船会社「カーニバル・クルーズ・ライン」の、「カーニバル・レジェンド」(88,500トン、乗客定員2,124人)。

画像

「カーニバル・レジェンド」=手前=と奥の「ロイヤル・カリビアン・インターナショナル」の「ナビゲーター・オブ・ザ・シーズ」(138,000トン、3,114人)。
今回のクルーズ・コースの前半部分では、先になり、後になり、この2隻とトリオのように、ほとんど同じコースを航行しました。

写真ではつながるように近づいて停泊しているように重なって見えますが、望遠レンズでの目の錯覚です。実際は、かなり離れて錨泊しています。

画像


画像この角度から見ると良くわかります。

この画像は、グランド・ケイマン島のジョージタウン沖に停泊する光景。

停泊した日の早朝。この一角では、こちらが乗っていた「グランド・プリンセス」との3隻が停泊しました。
が、南へ2〜3キロ離れた一角には、船名を読むことは出来ませんでしたが、「セレブリティ・クルーズ」の1隻と「ノルウェージャン・クルーズ・ライン」の1隻の姿も、朝日の中で陽炎のように見えていました。


画像

帰国後、クルーズ・コースや船型などから、
「セレブリティ」は「センチュリー」または「コンステレーション」、「ノルウェージャン」は「パール」ではないかと、推測しています。

画像


画像


画像


画像

グランド・ケイマン島で、停泊した日の午後。
ひと足早く、船首を沖合いに向けなおして出港する「カーニバル・レジェンド」。

画像

「カーニバル・レジェンド」は「ナビエーター・オブ・ザ・シーズ」の横を通って外洋へ。

画像

入れ替わるように入ってきた「カーニバル・ファッシネーション」(70,367トン、2,052人)。
こちらが出港する際、「ファッシネーション」は、きらびやかに点灯して、まだ停泊し続けていた。

画像


画像


画像


画像

入港する「ノルウェージャン・クルーズ・ライン」の「ノルウェージャン・ジュエル」(92,000トン、2,376人)。遠くに出港する1隻が遠望できるが、船名はもちろん、所属船会社さえわかりません。

画像

その「ジュエル」の間へ、今度はRCIの「マジェスティ・オブ・ザ・シーズ」(73,941トン、2,356人)が入港。

画像

出港する「ノルウェージャン・ジュエル」。

画像

グランド・ケイマン島のジョージ・タウン近くのビーチから見た、右は「カーニバル・ファッシネーション」、左は「ノルウェージャン・ジュエル」。

画像

出港する「ナビゲータ・オブ・ザ・シーズ」。

画像

ビーチから見た「グランド・プリンセス」(109,000トン、2,600人)。

以上、写真はすべて、グランド・ケイマン島で目撃した船の一部。

画像

バハマのエルセラー島のプライベート・ビーチ、「プリンセス・ケイズ」の沖合いに停泊する「グランド・プリンセス」。

画像出合った船はすべて、船の格式、というか、様式では、アメリカでのクラス分け方式でいえば「スタンダード・クラス」または「プレミアム・クラス」です。
いわば、手ごろなお値段の船で、かの国では庶民の楽しみの場となっています。

しかし日本では、マスコミも旅行社も、クルーズ船をすべて「豪華客船」という言葉で、荒っぽくひと括りにして紹介します。結果それが、クルーズに対する誤解を生んでいます。金持ちの道楽、という、事実無根の誤解を。

画像その誤解を解こうと、努力するこの道の先達たちがいらっしゃいます。
そして、誤解を解くために、「スタンダード・クラス」や「プレミアム・クラス」の船に、時折「大衆船」という言葉をお使いになる方も。

が。
自分は、この「大衆船」という言葉も、好きではありません。
確かに、そういう趣旨の船であることは間違いないのですが。。。

画像「大衆」と言う言葉のイメージは暗く、没個性的で、夢がなさ過ぎませんか。
「大衆魚」「大衆酒場」「大衆食堂」「大衆小説」。。。

クルーズ船は、夢のある言葉がふさわしい。安直に「豪華」と使うのは当然反対ですが、かといって「大衆船」、はどうも。

画像

クルーズ生みの親の国の言葉をそのまま拝借すれば、「カジュアル船」ぐらいが、好みですが。。。
日本語では、どう言えばいいのでしょう?
夢ある言葉を、創造するべき時代を迎えているのでしょうか。そろそろ。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
hiroshiさん コンニチワァ♪
「カーニバル・ファッシネーション」ですか?
夕景の光るライトが美しい!!
良い時間でしたね! 素晴らしい画像です。
「大衆船」???のハーニバル ネ〜 そんな言い方 カーニバルが良かったから悔しいですよ〜〜。
少しの体験ですから〜 恥ずかしいですが〜

「グランド・プリンセス」「マジェスティ・オブ・ザ・シーズ」「ノルウェージャン・ジュエル」「カーニバル・ファッシネーション」

沢山のふねの画像がドキドキします。
どの位の船に会えるかしら? 写して来たら〜船の名前は hiroshiさんにお聞きしましょう〜〜 お願い致しまして〜 安心して行って来ます。 
たえこ
URL
2008/04/11 15:48
やぁ、やぁ、たえこさん、お忙しいのに、ようこそ!

慌しい時なのにわざわざお立ち寄りいただき、ありがとうゴザイマス。とても嬉しいです。♪♪

もう、ン、時間しかありませんねぇ。ご出発まで。3週間近い日数だから、お荷物のパッキングも大変だったでしょうね? 特にご主人にご同情申し上げます。何台ものカメラや交換レンズ、さらには、ひょっとするとPCも手荷物でご持参でしょうから。

お帰りになってからの記事、楽しみです。
船の名前は、どうぞ、おっしゃってください。知っている限りの努力を致します(かといって、自慢できるほど知っちゃァいませんが)。

お天気は、良さそうですね。どうぞ、良い旅を。ボン・ボヤージュ!!

hiroshi
2008/04/11 16:51
こんばんは、hiroshiさん。
圧巻ですね、クルーズ船。
写真が素敵です。夕刻のライトの灯った船体も
夕焼けの雲と船も素敵です。
カジュアル船って言い方は自然なのに、大衆船、って言われちゃうととても違和感が有ります。・・・って感じがしてしまいます。
大衆と言う言葉自体は意味の有る言葉なのだと思いますが、クルーズ船に用いると、物凄く違和感が有って変な感じがしていました。
その位なら日本語に訳さなくても良いのでは内科と思ってしまいます。
hioshiさん、こんな素敵な御写真をもっと、御撮りになられるためにはキスイオ、買うしかないと思いますです♪♪
murmur1
2008/04/11 23:32
やぁ、やぁ、murmur1さん、今晩は。
写真、オホメいただいてウレシイです。 
「大衆船」の話。murmur1さんと違ってこちらはまさに「大衆」なのですけれども、非日常を求めて、普段の生活から抜け出して、楽しいもてなしと同乗の方々との面白い会話、美味しい食事などをひととき、満喫したくて船に乗り込むのですが、それは「大衆食堂」と同じだと言われると、気持ちがいささか冷え込みます。使っていらっしゃる方は、そういう意味でお使いでないことは分かりますので、その場で反論の書き込みも出来ず、わがブログに書き込んで、ウサを晴らしている?ワケです。
一眼レフ、迷っています。ブログを始める前は握りこぶしほどのビデオカメラと名詞ほどのコンデジとでしか旅しませんでした。ブログを始めてから、ビデオとコンデジ2台になりました。今度は交換レンズを入れて1キロ前後を持って船に乗り込んで、それで楽しいのか。今、自問自答しているさなかです。murmur1さんの見事なお写真を拝見すると、わが腕のほどを度外視してぜひ持ってみたいという気もしますし。♪♪迷ッチャウナァ〜♪ あの歌の心境です。
hiroshi
2008/04/12 00:23
>murmur1さんと違って
いやあ、コスタは大衆船の中でも一番したのランクですよ。でも、大衆船って言われると、なんだかコスタが不憫です。
>それで楽しいのか。
いや〜、楽しいと思います。去年の私は重そうで面倒くさそうで、こりゃだめじゃ、って思いましたがちょっと大きめのコンデジで、一年なれたら、な〜〜んでもないです。
全然重くもないです。
hiroshiさん、『デイトに誘われてぇ〜〜♪』の気分で、思い立ったが吉日ですよん。
それに、好きな度が高くなったら、なんだかカメラが全然重くなくなっちゃったんですよ。以前は9ミリ幅の薄くてかる〜いサイバーショットを普段もって、何か撮る日はCanonの大きめのコンデジを持って外出で下が、この頃結構大きい方のコンデジをかなりの頻度で持って歩いてます(笑)こんな、通勤時でも思い荷物は嫌いな私が、人間変われる物だと、不思議です。ご参考にもならない事を呟いてすみません。。。
murmur1
2008/04/12 01:42
murmur1さん、お早うゴザイマス。
>なんだかコスタが不憫です。
うん、お気持ち良くわかります。船は、それぞれ楽しみ方が違いますから。
murmur1さんは、ご先祖が爵位をお持ちなのかどうかまでは知りませんが、ブログを拝見しているとやはり「ラグジュアリー船」がお似合いに見えます。セブンシーズのような。こちらも一度だけクリスタル経験はあるんですが、自分の船ではないナァと思いながら乗ってました。
一眼デジの重さ、そうですか? 慣れの問題ですか。いまデジカメは、買った当時世界最薄、厚さ3・35ミリをうたい文句にしたコンデジと同じく世界最小をうたったモノを使っていて、上着はもちろんズボンのポケットにも入るので便利なのですが。そうですねぇ〜。う〜ん。



hiroshi
2008/04/12 10:18
〜上から続く〜

>この頃結構大きい方のコンデジをかなりの頻度で持って歩いてます(笑)
そうナンですか? あのカメラもレンズ抜きで500グラム近いのではないですか? あれを通勤時に? murmur1さんは、ひょっとするとラッシュの地下鉄通勤のご経験はなく、優雅な「お迎え車」のご体験しかないからでは?
と冗談はともかく、少し迷いが吹っ切れそうです。「牽かれて善光寺参り」してみようかな、という気持ちに。


hiroshi
2008/04/12 10:18
hiroshiさん、今晩は。

う〜ん、今回もまたまた、興味深い画像ばかりでため息です!

超大型客船をまるで、観光地での観光バス群を見るかのように見られるなんて、本当にhiroshiさんに嫉妬してしまいますよ(笑)
この光景を自分のキャビンのベランダで見られたなら、こんな贅沢はないと思います!
こんなことを思う自分はやはり、本当に客船好きになってしまったと自覚します。

>バハマのエルセラー島のプライベート・ビーチ、「プリンセス・ケイズ」の沖合いに停泊する「グランド・プリンセス」

このグランド・プリンセスの画像はプリンセス・クルーズのパンフに採用されるのではないですか!!
僕もやはりプリンセスの船体は、バランスが美しく好きですね〜〜

hiroshiさんに教えていただきたいことがあるのですが、画像を小さく並べて(例えば並べて横に2つ)貼る際の設定はどの様にするのですか?
「等倍で表示・・」を変えるのですか?
教えてください。お願いいたします。





nao
2008/04/12 19:35
やぁ、やぁ、naoさん、今晩は!

>超大型客船をまるで、観光地での観光バス群を見るかのように見られるなんて、

ホント、これは西カリブならではのことだと、船の上で小躍りしていました。東カリブも船の数は多いのですが、バハマのナッソーだけで集中して見られて、残るほかの島々ではせいぜい、3〜4隻止まりです。航海途上や停泊港でこれだけの船に逢えるのは、やはり、シーズン真っ盛りの西だからでしょうね!
どうぞ、どうぞ、大いに妬いてください。ウォオホン!!!
写真の横に2枚、並べ方は。
@まず、写真を左端に配置設定
A次いで、ウェブリ・ブログでは横幅いっぱいで「440」、しかし440に設定すると実際は写真がはみ出してしまうので、自分は、widthを最大420に設定します。2枚の場合はそれを2で割って、各1枚をwidth212に設定します。
Bそれにあわせて、元画像の縦横比から掲載する場合の縦横比を計算して、heightの数値を出し、修正します。

hiroshi
2008/04/12 20:26
〜上から続く〜

C2枚をそれぞれ並べます。
D並べ後割ったら、写真の後ろに文字や別の写真が回りこまないように、の指示
<br clear="left">
を入れ込みます。
これで、出来上がりです。
参考までに、「ジャマイカ・その4」のうち、2枚横並びの花写真のうちの最上段の指示表示のコピーを、以下に入れておきました。

<a href="http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/、、、、、、、width="216" height="163" align="left"class="up-image" alt="画像" title="画像を等倍で表示します" /></a>
<a href="http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/、、、、、、" width="216" height="163" align="left" class="up-image" alt="画像" title="画像を等倍で表示します" /></a><br clear="left">
hiroshi
2008/04/12 20:29
hiroshiさん、ご丁寧な御説明ありがとうございます。
良く解りました!これから活用させていただきます。
これってウェブリブログの取り扱い説明にも書かれて無いですよね。
さすがhiroshiさん、パソコンを使いこなしていますね!
nao
2008/04/12 22:45
naoさん、お早うございます。

いえいえ、使いこなしてなど、とても、とても。分からないことばかりです。現役時代は、組織内の人の書いたモノを見るか読む、自分で文字を書き込む、ネット上のほぼ決まったニュースや情報を読む、以外にPCは使ったことがなく、リタイアして初めてブログなるものを知ったほどですから。つまりPCには縁遠い世代なので、いまだに分からないことばかりです。
naoさんのブログで初めて知ったことも多く、たとえば、写真は大きく載せることができることなど、それまでは知らなかったくらいです。いまは、naoさんのブログのあの時計をどうやって貼り付けるのかなど、知らないことを勉強中です。飲み込みも遅く、ゆっくりですけれど。
hiroshi
2008/04/13 09:18
hiroshiさん、今日は。

早速、昨日教えてもらった方法で、ブログUPしてみました。ありがとうございました。

>・・・あの時計をどうやって貼り付けるのかなど・・・・

ブログパーツで探しても時計のバックに好きな写真をアレンジできるものは、今のところこれくらいしかありません。
もしよろしければ、僕が利用している時計のパーツです。以下URLからブログに貼れます。
http://www.blog-parts.com/link/2423.htm

時計のバックに貼りたい画像のURLの用意も必要です。手順に従い行えばお気に入りの時計の完成です!
nao
2008/04/13 15:15
naoさん、ありがとうございます。

時計のバーツ、ありがとうございます。
さっそくトライしてみたいと思います。

が、PC音痴だけに、少々時間がかかると思います。まず、写真の用意からですね!
hiroshi
2008/04/13 17:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

西カリブ海クルーズ〜客船たち 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる