潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS 西カリブ海クルーズ〜アクティビティー

<<   作成日時 : 2008/05/12 08:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 13

 
アクティビティー、などと、ナマの英語をそのまま日本語にして、使っちゃいました。
置き換える日本語を、知りません。

「イベント」とか「催し」とか、「活動」とか「講座」とか。そんな意味なのでしょうけれども。。。意味する中身を、ひと言で表現する日本語は、見当たらないのではないでしょうか。
クルーズの楽しみは数多いですが、その柱の一つでも、あります。

画像カリブ海の一般的なクルーズ・コース。7泊8日程度のクルーズでは、終日航海日は西カリブにしろ東カリブ、南カリブにしろ、大半が、わずか1日か2日だけです。結果、船内アクティビティーは、終日航海日の多い長距離クルージング、航海スパンの長い海域よりも少なめです。

乗客みんなが船の中にいる終日航海日には、数多い催しが開かれなくては乗客は退屈しますが、上陸観光日は催しは、それほど数多く必要ないですから。

左写真は、子供たちのためのケーキ作り教室。子供のためのイベントなのに15階、キッズ・ルームで開かれずに、アトリウム、グランド・プラザで開催されていました。なぜ? 多分、親たちのため。大人立ち入り禁止のキッズ・ルームでは、パパ、ママたちは写真を撮れないから。だと思います。多分。

今回は、カリブ海を行く7泊のコースです。で、ご多分に漏れずグランド・プリンセスでも、一日平均40種前後しかアクティビティーは、ありませんでした。変わりに、ショア・エクスカーションは多彩でしたけれども。

船内アクティビティーのいくつかに、参加したり、眺めたりしました。華やかさや優雅さは影ほどもないですけれども、カジュアルで気楽で、愉快な雰囲気は船内に満ちていました。

画像

人気があったのは、この手のイベントです。今から、ここで始まります。
この手の? どんな手?

上部甲板、プール周りで行われる、涼しいイメージの催し。たとえば、このプール周りである日、始まったこのような。。。避暑地のホテルなど夏の涼線地帯では日本でも良く見る光景ですが、潮風と海に囲まれた船の上では、なかなか、いえ、かなり魅力的なんですね。この手の催し。出来上がった「作品」をなでたり触れたり、が愉快ですから。

画像


画像


画像

大スクリーンでは、生中継も。

画像


画像画像
画像画像

夜に入ると、ディスコ・パーティーやトロピカル・アイランド・デッキ・パーティーという名のダンス・パーティーなども、6階、7階の常設の各クラブやラウンジ、バーのほか、潮風が吹き渡り星空がきらめくリド・デッキで、連夜、開かれました。そしてカジュアルな雰囲気のそれがまた、カリブ海ではことのほか、気軽で愉快で、ムーディーで楽しかったです。

画像


画像


画像画像
画像画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
hiroshi さん コンニチワァ~~

アクティビティーを満喫の、明るい楽しそうな画像!!
めいっぱい楽しむ様子は迫力有りますねエ〜〜〜
日本人は居られましたか? 綺麗な後姿の白人さんはヤッパリ船に似合います。
この画像は、新しいカメラでしたか? 
明るく綺麗な画像ばかり〜〜〜!!

私達の仲間の多くは日焼けを恐れて長袖です。
下船観光で、一人の方は帽子の上に黒いレースのスカーフで日本人旅仲間も驚いた方が居ました。アハハハ〜 
北欧での知り合いで〜トホホーでした。
彫りの深い顔はイギリス人とロシア人の血か四分の一の女性でしたが〜 ダンスの先生でしたよ〜!
たえこ
2008/05/12 15:06
やぁ、やぁ、たえこさん、今晩は。

>めいっぱい楽しむ様子は迫力有りますねエ〜〜〜

ホントに、ほんとに。アメリカ人は、子供に帰ったみたいに無邪気に楽しみますね。
おっしゃるとおり。デッキ上の会場には、昼も夜も日本人はまったく。こちらと相棒くらいのバカな日本人以外は、こんな場所には近づかないんでしょうね。お恥ずかしい!!

>私達の仲間の多くは日焼けを恐れて長袖です。下船観光で、一人の方は帽子の上に黒いレースのスカーフで日本人旅仲間も驚いた方が居ました。アハハハ〜

ショア・エクスカーションで、遠く離れている一行の中から、日本人がいるかどうか探すのは簡単ですね。帽子をかぶっている女性がいるかどうか。日本人女性は、わが相棒を含めて皆さん帽子をかぶっていらっしゃる。外国の方は10人中9人まで無帽ですネ。しかし、帽子の上に黒いレースのスカーフとは重装備ですね。これならば、まず日焼けの心配は無用でしょうね。
hiroshi
2008/05/12 19:52
hiroshiさん、こんばんは〜

>デッキ上の会場には、昼も夜も日本人はまったく

え〜っ、そうなんですか?どうして?日本人も結構乗船してらしたんですよね。
こんな楽しい場所にどうして行かないのでしょ。だったら何をしてるんですか?他の人たちは。
日焼けが嫌だから?だったらカリブ海になんて行かなければいいんじゃないのでしょうか?
でも、夜なら日焼けの心配もないでしょうし、、、ハテ?

私だったら、もちろん参加しますよ〜
hiroshiさんも、踊られたんですよね?
まゆき
2008/05/12 22:53
やぁ、やぁ、まゆきさん、今晩は。

>こんな楽しい場所にどうして行かないのでしょ。

ほんと、そうですよね。今回は日本人の乗船は少なく、グループや個人の方全員で多分18人だと思います。ひょっとすると我らアホバカ夫婦以外にもいらっしゃったかもしれません。が、アメリカの方が多いから、わからなかった、というところです。とはいうものの、上部デッキでの催しには、数多く日本人が乗っていた場合でも参加は少ないですね。2年前のダイヤモンド・プリンセスには200人以上の日本人が乗ってたのですが、それでも上部甲板での催しは少なかったです。
勝手な想像ですが、昼の日焼け、夜のバカ騒ぎの煩さ。また外国人の雑な開けっぴろげさが日本人の奥ゆかしさと相容れない。話しかけられると言葉の関係で返事に困る、などではないでしょうか。身振り手振り、ボディーランゲージで十分。日本人と本格的に意思疎通を図りたかったら日本語で話せ、ぐらいの元気さで付き合えば案外面白いのですけれども。
hiroshi
2008/05/12 23:34
〜上から続く〜

そうそう、まゆきさんやたえこさんは絶対に参加されるに決まっています。日本人離れしてらっしゃるから。踊り? 恥ずかしながら写真を撮ってました。いつかお話しましたが、踊れませ〜ん!! 相棒が引っ張るもので、ジルバとブルースとチャチャチャ(もちろん、すべて簡単な基本ステップだけ)は付き合ってました。
hiroshi
2008/05/12 23:35
こんばんは、hiroshiさん
楽しそうなお写真につられて出て来ました。
楽しい雰囲気が物凄く伝わって来ます。
hiroshiさんは真夜中のイベントも出られたのですね。あれは中々体力がいりますよね。今日は1:00からデッキでミッドナイトビュッフェ、とか出てると先ずは昼寝ならぬ夜寝をしてから出掛けてました。ラテンの国の方達の夜も遅いですね〜。
それに比べて、ボイジャーのしず〜〜かだった事。あまりの落差に驚きました。
hiroshiさん、踊られないとおっしゃりながら基本ステップはお出来になるんですもの素晴らしいです。hiroshiさん、御買いになられたカメラの写真、早く見せて下さい。わんわん!
murmur1
2008/05/14 18:49
murmur1さん、アロ〜ハ!
 シャカ、しゃか、シャカサイン!!

場違い? 午後からずうっと、ハワイアンを聴き続けていましたぁ。ながら、ですけれども。

>それに比べて、ボイジャーのしず〜〜かだった事。あまりの落差に驚きました。

そうでしょうネ。しかし、どちらも魅力的なんでしょ? コスタのあの陽気さも、セブンシーズの優雅(多分。想像です)さも。

多分(また多分?!)murmur1さんは、ご性格は、オードリー・ヘプバーンが銀幕(おぉ、なんと古典的な語彙を知っていることか!)のスターとして不動の人気を獲得した映画「ローマの休日」の、アン王女のような方(ブログを拝見していて、その感受性の豊かさなどが)のようですから。それぞれ、庶民性にも貴族社会にも、違和感なく瞬く間に馴染める、双方の感性をお持ちのようですから。。。日本式にたとえれば、チャキチャキの江戸っ子気質のお姫さま、のような。
hiroshi
2008/05/14 19:40
〜上から続く〜

踊りは、多分ご存じないと思いますが、お父さまや自分の若いころは、学生の間で、ダンスがかなりのブームに。戦後間もなくから昭和30年代末ごろまで、比較的に長く続きました。で、自己流、あるいは仲間同士の学習で、現在の熟年世代は、かなりの方が、一応踊れはするハズです。勉強一筋の超秀才組と進学せず早くから社会に出てご苦労された方は別ですが。適当に遊びながら卒業したこちらのような種族は、ほぼ例外なしに。

で、タンゴやルンバなどの少々難しいダンスと、その後流行った、たとえばカリブ系のダンスなどを除くと、一応、ステップは踏めます。リズム感がないから、見ていてキレイではないですけれども。

murmur1さんは、お書きになっている言葉から推測すると、ダンスはおできになるンですね?
hiroshi
2008/05/14 19:41
〜上から続く〜

買ったカメラは、同じです、murmur1さんと。レンズ2本付きのセットを、同じように、入手しました。ニコンやソニー、藤原さんのお持ちになっているあのお高いカメラも含めて全部、比べてみたいんですが、kissX2が一番軽かったです。重いのがイヤだったもので、軽いもの、軽いものと選択しました。もう一度、「実験」写真を載せました。「美の競売」編のツツジの写真の中に。目立たないような位置でたった1枚だけですけれども。

今日は、イラヌお節介は書きませんが、ひと言だけ。辛い時は、自分は、帰宅した後、相棒に愚痴をぶちまけてフラストレーションを発散していました。聞く相棒はたまらなかったでしょうが、こちらにはとても貴重な場でした。精神的に救いを求めることは、恥ずかしいことではない。多分、お妹さん、ご両親がとっくにそういう役割を果たしていらっしゃることと存じますが。〜ア、ア、いらぬお節介でした。お許しを!!
hiroshi
2008/05/14 19:42
hiroshiさん、ハワイアン御聞きになってたのですか。私も夏が近くなると聞きますよ。大好きです。HAPAの作品が大好きです。
どちらの船も素敵でした。どっちも大好きですよ。
hiroshiさんはそんな風に自然に身近にダンスがお有りだったのですね。だから奥様の手をお取りになれるんですね。素敵なお二人のお姿が目に浮かびます。
私はだめで〜す。くるくる回してもらえれば何だかそんな感じのステップに見えない事はないかもしれない・・・って、そんな所です。
hiroshiさん、握手、握手、大握手!!嬉しいです。そうですか、御買いになられましたか。なんだか楽しいですよね。まずシャッターの音が感動しました。hiroshiさん、ツツ、これだなって言うのが有りました。でも、どれも綺麗ですよ。X2軽いですよね。持っても苦になりません。先ずはそれが一番です。重いと持ちたくなくなっちゃいますものね。これからのhiroshiさんの作品がますます楽しみです。
murmur1
2008/05/14 20:50
>精神的に救いを求めることは、恥ずかしいことではない。
hiroshiさん。とってもすぱっと、私の欠点を言い当てて下さって、さすがです。私、仕事の事で、他人に言うのって、家族に言うのも良しとしない性格でした。自分がしなくちゃ行けない事だから、自分で処理しようって。でも、どうしても自分だけで抱えきれない事って有るんですね。hiroshiさんの言葉、私にとってとても大切な一言になりました。hiroshiさん、いつも適切なさりげないアドバイス、本当にありがとうございます。
すみません、hiroshiさんのブログにお邪魔してこんなお話をして。
murmur1
2008/05/14 20:50
ハワイアン、同じですネ。夏が近づくにつれ、聞く機会は増えますヨね。

実は、相棒が昨年夏過ぎからフラ教室に行き始めました。といっても、旅に出て中断、中断が続きましたので、通った日数はまだわずかですが。で、彼女が本日午前、CDをかけて練習し始めて、それで何となく、好きな曲など、聴きたくなりまして。HAPAのこと、ブログに書いていらっしゃいましたね、確か。いい曲ですね。こちらはチャントから昔ながらのハワイアン・バンド・スタイルの曲まで何で聴きます。が、古い世代ですので、ハイラム・オルセン・トリオとかベニ・カラマとか、好きですね。

一眼デジは、まだまだ良くわかりません。本を読みながら勉強しています。シャッターの音は、たしかに、気持ちいいですヨね。パシャーッというあの感じは、お、いい写真撮れたゾ、と、まだプリントもしていないのに錯覚させてくれるいい音ですね。
hiroshi
2008/05/14 21:22
〜上から続く〜

少しづつ勉強していきます。「作品」というほどの重いものはダメでしょうが、「好きな写真」と胸を張っていえる程度のものは、撮れるようになりたいと思っています。

>お邪魔してこんなお話をして。

いえいえ、murmur1さんのお話は、楽しくて愉快で、大好きです。いつでもどうぞ!
hiroshi
2008/05/14 21:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

西カリブ海クルーズ〜アクティビティー 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる