潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS 西カリブ海クルーズ〜コスメルからユカタンへ

<<   作成日時 : 2008/05/14 17:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 
画像メキシコ・コスメル島。シュノーケリングやダイビングのメッカです。
午前7時前に、メイン・タウン、サン・ミゲルの南、4〜5キロの位置にあるプンタ・ランゴスタ・ピアの沖合いに錨泊しました。

クルーズ船の埠頭は、フェリー・ターミナルのあるダウン・タウンの少し南にあるんですが、2005年秋のハリケーンの影響で埠頭が破損し、現在工事中で着岸できないようなんです。埠頭の大型重機は、朝、まだ早過ぎるのか、動いていませんでした。

こちら、サン・ミゲルの沖合いは、西から東への海流が、少々キツイ海域なのだ、とか。で、ひょっとすると錨泊ではなく、漂泊であったのかも。帰国した今となると、確かめようもありません。

画像

上写真は、コスメル島ではありません。サンン・ミゲルから距離約20km、フェリーで約40分の、対岸、ユカタン半島の街、プエルタ・デル・カルメン。この日のショア・エクスカーションで巡ることになっていた場所の、一つです。

画像プエルタ・デル・カルメンは、ヨーロッパの人々のリゾート・タウン。

日本人がハワイを訪ねるほどの感覚の、そこそこの距離にあるリゾートであり、観光地なのだそうです。アメリカ人にとっては、さらに手近なそれ、であることは間違いありませんが。

画像白砂のビーチと、チチェン・イッツアやトゥルムなど、この街の北や南にいくつかあるマヤ文明の遺跡を訪ねる、観光の基地の街でもあります。
日本でもお馴染みの、著名なメキシカン・リゾート、カンクン。新婚旅行のメッカの一つでもありますよね。そちらへは、北へおよそ65km、車で約1時間。

画像昔、カンクンからこのプラヤ・デル・カルメンへ、さらにコスメル島へと、一度だけですが、来たことが。今回は逆向きで、コスメル島からプラヤ・デル・カルメンの街へ向かいました。
船上から、コスメル側のサン・ミゲルとユカタン半島のプラヤ・デル・カルメンを結ぶフェリーが何隻も見えました。2枚上写真です。

画像船のテンダーも、間もなくコスメル島へ行き来し始めました。
が。
こちらは今回は、コスメル島行きはナシ。地元のフェリー会社の大型フェリーを、船会社がチャーターしたのでしょう。テンダー・ボート用のポンツーンに直接横付けした、200〜300人は乗れそうなフェリーで、何組かのショア・エクスカーション仲間とともに、船からプラヤ・デル・カルメンへ直接向かいました。

こんな具合です。ビデオ・カメラの映像を、上の写真から以下、下段の写真8枚まで、静止画像にして抜き出しました。

画像画像
画像画像
画像画像
画像画像

大型フェリー。下船して振り返って眺めると。下写真。こんな船でした。
下船するまでの間、同じく沖止めするカーニバルの船やロイヤル・カリビアン・クルーズの船、コスタの船など、メガ・シップを何隻も、窓の外に見ることができました。

画像


画像

埠頭。左右はもう、遠浅のビーチです。すっかりお馴染みになったペパーミント色の海。太陽の陽射し、光の加減と海底の素材の色とで、時折、サファイヤ色側にふったり、エメラルド色に染まったり。表情は変えるけれど、カリビアン・ブルーの基本色の美しさは、おんなじ、です。

画像


画像

小さなメイン・ストリート。かわいいお店やプチ・ホテルが並んでいます。
写真右端、遠くの薄黄色のゲートは、フェリーのターミナル。

画像この街並みを取り囲むように、南北両サイドにホテル街。遠浅のビーチは、そのホテル街沿いに、長く続いていました。

ひたすら、のんびり。時の止まったような、リゾート・ビーチでした。
時折、ボディー・マッサージ・ショップの女性たちが客引きに巡ってきて。その場で、無料お試し、と称して、サービスを。なぜか気に入られて、わが相棒は、本格的なマッサージ・サービスを、その場でタダで受けていました。

画像画像
画像画像
画像画像
画像画像


画像


画像


画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
hiroshi さん  

沖に錨泊でしたか?クルーズ船が多いのですね!!
カーニバル二隻 コスタも ノルウェージャンは居ましたか?  
ケイマン島では 黄金色のノルウェージャン?かロイヤルカビリアン?
夕刻の船の美しい事!! アチコチで会えましたね!!
お船に会えるのが最高に嬉しい時ですネ〜〜

>ユカタン半島の街プエルタ・デル・カルメン
でしたか?

カンクンやチチェン・イッツアやトゥルムなど、懐かしいです。陸旅でしたが〜 もう〜二昔・20年前頃行きました。
足の小指剥離骨折なのに添え木(金具)して行ったので、記憶に残っています。この時も良い旅でした♪
カンクンの宿はコンドミニアムだったか? 大きなお部屋でした。(今思い出しました。)

メキシコは今度も明るくて〜〜
華やかな可愛い品がいっぱい溢れていました。赤と黄色が似合う所かな? 不景気なんかでは無い様でしたが〜〜
たえこ
2008/05/14 19:49
たえこさん、今晩は! アロ〜ハ!!

そうですか? たえこさんもユカタン半島をお巡りに? こちらも陸旅で、多分似たようなコースを。小指剥離骨折? おぉ、それは大変だったですね!! が、「良い旅」だったのならば、良かったですね。

船は、シーズン真っ只中とあって、あちら、こちらで数多く合いました。ノルウェージャンはパールにこちらで合い、セレブリティは、以前、英国・アイルランド一周のクルーズで利用したセンチュリーに遇いました。ロイヤル・カリビアンは、ボイジャーやウルトラ・ボイジャークラスではなく、もう少し小さな船ですが、2隻に遇いました。遠くに、ですが、この島へ向かっている明け方、あの濃紺のディズニー・クルーズにも。遠く離れていて船名まではわかりませんでしたが。

メキシコは、ほんとに、お店は楽しいですヨね。華やかで。最後に、そんな写真も載せようかと思っています。
hiroshi
2008/05/14 20:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

西カリブ海クルーズ〜コスメルからユカタンへ 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる