潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS 西カリブ海クルーズ〜プリンセス・ケイズ

<<   作成日時 : 2008/06/02 10:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

 
西カリブ海クルーズ、最後の寄港地でした。
プリンセス・ケイズ。プリンセス・クルーズのプライベート・ビーチです。
が、地図を見ても、グーグルの世界地図で検索しても、「プリンセス・ケイズ」という場所など、載ってもいません。

画像


画像


画像最下段に、そのグーグルの、上空からの写真を入れました。もちろん、地名表記も案内標識も、目印や看板もなし。

ただし、あゝ、ここなのかと、お分かりいただけます。

画像なぜか? プリンセスの船が写っています。

浜には、ビーチバンガローやカバナ、ビーチチェアなどが並んでいる様子がかすかに写り、船と港を往復するテンダーボートも写っています。

画像場所は、バハマ、ナッソーの東側、エルーセラ島(地図によってはエリューセラ島と表記、英語ではEleuthera I..)。
この、島の名前までは地図に載っています。その南端の、島の西側にあるのがプリンセス・ケイズです。見どころなどは、もちろん、ありませんでした。

画像あったのは、パームツリーと砂浜と、寄せては引く波と磯の香と、数多くのサカナたちだけ。マリンスポーツと、風に吹かれてのんびり出来るビーチと、多少のもてなしの施設と隣島に住む土地の人たちの出店を見学したり楽しんだりするだけの場所でした。

画像船のスタッフが大量にこちらへ移動し、バーベキューや飲物、各種アクティビティー・サービスが船上と同じように。マリンスポーツ機材のレンタル料を除くと、もちろん、すべて無料。あ、お酒も有料。要するに、船の上が丸々、引越ししてきたようなものでした。

画像「ケイズ(cays)」の名の示すとおり、こちらは小島の連なりでした。
海は透明で、波打ち際から沖合いは、はるか遠くまで平坦。遠浅なのです。

そして、小魚のほか、名も知らぬ体長50cm前後の「大物」も手づかみできるほど無数に。

画像しかし、周囲は、海と浜以外は、な〜んにも、ない、大自然だけの風景。

このためか、5枚上写真でごらんのような、イタズラ看板も。スタッフのジョークが、上陸した乗船客たちの笑いをとっていました。矢印の先は、アメリカとカナダと英国だけ。「日本」のなかったのが残念でした。日本は、ほぼ、地球の裏側。地面に向かって、矢印をこのように突き刺して置くほどのもう一つの冗談を見せてほしかったなぁ。

 
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
地区の役員 ご苦労様!
皆さまの意見をまとめるって本当に大変 でもhiroshiさまなら大丈夫。

南国の色って鮮やかで本当に綺麗で 行ってみたい。
カリブは遠いですから地中海にしようかな・・・
理論編への書き込みありがとうございました。
みえこ
2008/06/02 12:29
やぁ、やぁ、みえこさん、今晩は。

>カリブは遠いですから地中海にしようかな・・・

お、お〜、決まりましたか? 船はどちらの?
やはりイタリアン・シップですか? MSCかコスタか。。。迷うところですねぇ。コースもまた、細かく挙げるといろいろありますから。どちらにお決まりになったんでしょうねぇ〜。興味津々です。
自分は、ヴェネツィア発、チビタベッキア発、サヴォナ発の3コースを乗りましたが、やはり、個人的にはヴェネツィア発着がベストでした。船やコースよりも、初めてのクルーズであるということと、好きな街発着であるということの、勝手な思い入れだったのだろうと思っていますが。

藤原さん、みえこさん、スパム・メール(?)では大変だったですね。藤原さんのお書き込み当初、船会社関係者にしては妙だなと不思議には思ったのですが。
hiroshi
2008/06/02 18:04
〜上から続く〜

いたずらだとすると、納得です。偏見のなせるワザでしょうね。誤解されているのでしょう。マスコミの影響でクルーズは一部特定層のお遊びだと思っている人は多いですから。それを正していく道、半ばにいろいろある、というところでしょうね。根が黙って折れない性質なもので、これからも書き込みをさせてくださいね。あんな出来事の際には。
hiroshi
2008/06/02 18:04
hiroshiさん

本当にありがとうございました。実際の内容はご紹介したような生易しいものではなくて、船会社からと思われるそれはひどい内容でした。船会社からこのように思われているのかとすっかり落ち込んでしまいました。でも仰るとおり、これが船会社としたらバレたら首ですからそのようなはずはありません。
しかも相手はまもなく馬脚をあらわしました。私にとっては一安心です。でも落ち込んでいる時に、hiroshiさんはじめ、皆さんの暖かい励ましに、本当に涙したものです。心から感謝しています。
藤原雄一郎
2008/06/02 18:37
hiroshiさん みえこさん 藤原さん コンバンワ〜

>船会社からこのように思われているのかとすっかり落ち込んでしまいました。
では無かったのですね? 良かったです!!

旅行社の人も時々見て参考にしてる大切な掲示板だと言って居ました。ガンバ!!

もしやメールは あの落書張に来てた通×××× と言う「バカなヤツ」でしたか?(アアッ 下品でした。) だったら全然気になさらないで〜〜アレは心の病の人です。
まともでは無い可哀相な人でしょう〜〜

hiroshiさん お借りしましたよ〜 ハハハ〜
綺麗なカリブ海 美しい画像ですよ〜
お魚も写しましたか? ワタシはイルカを写しましたが遠くで跳ねてるだけの画像でした。
hiroshiさんのは水中カメラと思える良い画像です。

たえこ
2008/06/02 19:52
藤原さん、こんばんは。

お疲れ様です。
藤原さんのサイトは、船会社や業界関係者の中で、あだやおろそかには出来ないくらいの高い位置を占めている、と誰でも推測できるのに、妙だな、と思っていました。船会社関係者は、敵対する理由がないし敵視してみても何のメリットもないハズ、ですし。言葉は悪いですが、むしろ、いかに船会社サイドの拡販に利用していくか、という視点でアメを差し出して取り込もうとしてくるか、ならば、あり得るな、という気もするくらいですが。あ、ゴメンナサイ、変な比喩で。しかし、藤原さんご自身でお書きになっていましたが、「取材」という飴玉では、積極的に応じるほどの度量が、クルーズ愛好者サイドに立っているからこそ必要ですよね。片足を消費者(利用者)サイドにじっくり据えて、片足を船会社や業界側にドップリと浸からなければ、本当に消費者サイドの力にはなりませんモノね。あ、ナマイキに、釈迦に説法めいたことを。。。


hiroshi
2008/06/02 21:30
〜上から続く〜

生産的な議論は好きではありませんが、不正義や悪と対決して相手を叩き潰す「闘論」(造語です。昔から、良く使っています)は好きです。
みえこさんから伺いました。いよいよ地中海。楽しみです。お写真を拝見できるのが。
hiroshi
2008/06/02 21:31
たえこさん、こんばんは。

ホント、ハハハ〜、でしたね。藤原さんのサイトのスパム・メール。しかし、藤原さんが一度はホンモノ、とお思いになるほどのメールだったということは、チト気をつけた方がいいのかも知れません。これからまた、手を変え、品を変えて仕掛けてくる可能性を否定できません。悪さをする人、あるいはグループはネット社会に通じており、彼らがもし、本気で何かをやり始めたら結構面倒です。
善良な市井の我々にとっては縁のない人々ですが、藤原さんのサイトは、彼らにも、厄介ですが一目置かれるほど大きな位置を占めるようになったという証左だと思います。我々の大事なサイトですから、一層、真剣に、大事にしていかなければと、今回の事件で少し感慨深い思いをしました。

そうですか、カリブの写真、たえこセンセ〜から褒められると、天にも昇る心地です! もうしばらくで西カリブ海クルーズ、終了です。


hiroshi
2008/06/02 21:41
こんばんは、hiroshiさん。
一枚目から釘付けです。
綺麗な写真、そしてこんな風に海岸から青い海、そして自分の乗船している船を見られるなんて最高です。
hiroshiさんも沢山泳がれましたか?
良いなあ〜。
行ってみたいなあ。
hiroshiさんの御写真、海が多くて嬉しいです。フルーツの動物達が可愛いです。

murmur1
2008/06/03 21:38
murmur1さん、こんばんは。

そんなぁ〜。

>一枚目から釘付けです。

オイシイお言葉、センセ〜から戴くと、頬が緩むじゃァ、ないですかァ。あ、ここで使っている「センセ〜」は、ご本職のことではなく、写真についての「先生」のことです。持って生まれた天性の美的センスは、たえこさんやmurmur1さん、まゆきさん、女性方が本当に素晴らしいと思います。藤原さんら男性陣の先生方は、理論で固めて技術を向上させていらっしゃった風情に見えます。こちらも男ですので、murmur1さんのような持って生まれたセンスはありませんので、一生懸命、勉強していくほかに写真上達の道はないのだと、少し写真ことが分かり始めてきて、しみじみ思っています。

で、先ほどのようなお言葉、本当にうれしいです。
ハイ、泳ぎました。若い頃ほどではないですけれども。カリブは、3年前に行った東も含めて、ハワイに比べればひなびたイメージです。

hiroshi
2008/06/03 22:23
〜上から続く〜

ホントかどうか知りませんが、アメリカ人の富裕層はヨーロッパのリゾート地へ、それに次ぐクラスはハワイへ、一般庶民はカリブかメキシコへ行く、と昔、聞いたことがありますが、なるほど、という感じがします。そんなイメージの場所でしょうか。
明るく賑やかで良いところなのでしょうが、個人的には、やはりHawaiiがベスト。そう思いました。
しかし、海はいいですねぇ。透明度とか色彩の美しさとか、こちらはやりませんがダイビングとか、そういう場所としては素晴らしい場所なのでしょうね。
hiroshi
2008/06/03 22:24
hiroshiさん、今晩は。

綺麗な海!!!その一言です!!!
う〜ん。ため息です。こんなところにいたら、日本に帰りたくなくなるでしょうね。
ねえ〜hiroshiさん!

1枚目の写真大好きです!
ずーと見ていたくなりますね。

カナダとUSAの方角が違う?

凄いウエブリマップにhiroshiさんの船も写っているよ!




nao
2008/06/04 00:42
カメラの話なら是非参戦しなければ!!

>理論で固めて技術を向上させていらっしゃった風情に見えます。

実に名言ですね。写真は芸術、だから感性が大切!だのに男は理屈ばっかり・・・最近ライカの掲示板でホトホト痛感しました。ライカファンは何だか全く人種が違います。もう宗教で、しかも男性ばかり・・・
話はガラリと変わりますがHiroshiさんの写真っていつも本当に行きたくなりますね。感性のなせるワザ!!
藤原雄一郎
2008/06/04 08:39
やぁ、やぁ、naoさん、お早うございます。
学会では、お疲れ様でした。

>カナダとUSAの方角が違う?

さすが〜! 鋭い〜!
そうなんですよ。どちらが西、東か分からないものの、こちらも現地で、鋭く?!その矛盾に気づいて、スタッフに質しました。すると向こうは笑いながら、指差したのですねェ〜。カナダの旗の場所と、アメリカ国旗の方向と。そうなんです。現地ではあちらこちらに各国の国旗が立っていて、(残念ながら日の丸は一本もなく、南北アメリカ大陸とヨーロッパの国々だけだったですが)あの標識の場所から近い場所にある国旗の方向を指していた。そんなジョークだったんですね。

>こんなところにいたら、日本に帰りたくなくなるでしょうね。

ホントにそうですヨね。ただし、個人的には、同じ海ならばハワイの方がより楽しいですが。
hroshi
2008/06/04 10:41
やぁ、やぁ、藤原さん、お早うございます。

写真初心者が、申し訳アリマセン。僭越にもお名前を持ち出して評論めいたハナシを。。。
写真の「シャ」ぐらいをようやく学び始めたばかりのヤカラが何を申すか、というところですが、何となく、そんな感じを抱いています。他の皆さんのブログも巡ってみるのですが、藤原さんのクルーズ門下生の女性お3人の写真はいずれも、温もりがあって美しく、個人的に素晴らしいと思います。偶然かどうか、美的センスの高い方々がクルーズに夢中になられたのかナァ〜と。そう思ったりしています。
写真撮影の年輪を重ねられた男性の方々は、やはり技術力をお持ちで最終的にはそんな方々が秀作をコンスタントにお撮りになるのでしょう。しかし、直感でお撮りになるに違いない女性陣の腕は、失礼ながらあたりハズレがあるとはいえスゴイと思います。と、またまた初心者が出過ぎた言葉を。「そこにナオレ、成敗してクレん」と言われかねませんのでこれで止めます。どうぞ、お聞き流しを。。。
藤原さん、自分には感性はアリマセン。残念ながら最近、しみじみそう思います。コツコツ地道に学ぶ以外に道はなさそうです。
hiroshi
2008/06/04 11:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

西カリブ海クルーズ〜プリンセス・ケイズ 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる