潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS ヴェネツィア恋情

<<   作成日時 : 2008/07/14 14:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

 
画像


ちょうど今ごろの季節。7月中旬から下旬。このころになると、「恋」に陥ります。
「不惑」の年齢をとっくに超えているのに。
かつて若かったあのころのように、胸、ときめくんです。

画像ヴェネツィア。
今年は7月19日〜20日です。
「レデントーレの祭り」。

クルーズ船が出入りするジュデッカ運河に舟橋が渡され、サン・マルコ小広場前の潟では深夜から未明までおびただしい数の花火が打ち上げられて、飾り立てた無数の小船が繰り出します。

【写真説明】ジュデッカ運河を通るHALのクルーズ船「ウエステルダム」(82,500トン)船上から眺めたレデントーレ教会=2004年5月撮影

画像この「夏祭り」の季節がやってくると、行きたくて行きたくて、たまらなくなるんです。恋するあの街へ。

日本の、かつての「両国の大花火大会」のようなものでしょうか。
柳橋から蔵前橋までの料亭前に桟敷が張られ、無数の小船が並んだような。。。
60年安保の翌々年ぐらいだったでしょうか。交通混雑を理由に中止され、その後、昭和50年代に「隅田川花火大会」として復活はしましたが、会場も変わって昔ほどの情趣が感じられなくなった、あの、大川の川開きのような。

【写真説明】ジュデッカ運河
画像あれのヴェネツィア版、というのが、個人的な感想です。
人を恋焦がせるような、情緒に満ちた季節の風情と美しさ、温もり、優しさを感ずるんです。

「レデントーレ」とは、あがない主。
ヴェネツィアで最初にペストが大流行した430年ほど前から、あがない主、つまりイエス・キリストに感謝して行われるようになった祭りです。

画像


祭りは毎年、7月の第3土曜日、日曜日。
「La "notte famosissima"」(ラ・ノッテ・ファモジッシマ=有名な夜)と呼ばれています。

あがない主の教会、ジュデッカ島の「レデントーレ教会」前へ、ジュデッカ運河を隔てたザッテレの岸辺から、ヴァポレットに乗らずにジュデッカ島へ渡れるんです。橋は、土曜日から翌日曜日までの2日間、設置されます。

画像


もう、随分、あの街へ行っていません。指折り数えれば、1年3カ月も。繰り言になりますけれども、ホントは、この5月に、あの街も行ってくる予定だったのですが。。。

日曜日の伝統的な「regata su gondole」(ゴンドラのレース)も見ものです。
祭り最終日の未明には、ヴェネツィア市民たちは舟でリド島へ向かい、日の出を拝みます。

画像こうしてヴェネツィアの夏は始まるのです。

ヴェネツィアにはほかに、センサの祭り(キリスト昇天祭、復活祭の40日後)、レガータ・ストリカ(9月第1日曜)など伝統の祭りがあります。いずれも、情緒満点です。東京に、江戸時代から続く各祭りがあって、いずれも情感ゆたかなのと同様に。

リンクしていただいているブログ「ファジーなる毎日」で、つい先、web.camで、ワールドクルーズを終えて「帰還」した、この方のお好きな「ぱしふぃっくびいなす」の横浜大桟橋入港風景をキャッチされていました。

内心、はた、と膝をうちました。素晴らしいヒントを頂戴しました。

今年は絶対、ヴェネツィア市や、市のサイトにリンクしているweb.camで、花火を見てやるぞ!!

画像


最後になりましたが、お断りです。
ボルガ河クルーズ、1回休みます。

(ヴェネツィア市のHPに、レデントーレの祭りのいわれやレガータ・レースのスケジュールなど詳細は掲載されているので割愛します。)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
hiroshi さん こんばんわぁ♪

とっても暑い一日でした。
遠雷です。ザ〜と来て欲しいです。

予想通り、ヴェネツィアに成りましたネ〜
どの画像も宜しいです。
>若かったあのころのように、胸、ときめくんです。
そうですか? とても羨ましいです。 何にもトキメク物が無いのは寂しい人かな?
夕景も本当に綺麗です。
ゴンドラに掛けられたブルーのシートと杭と建物はお馴染みの景色ですが、心安らぐ(ああ〜トキメクかな?)風景は最高です。

PER RIALTO の ← は見覚えあります。
何度もあの辺りの細い路地をトイレ探してぐるぐる歩いた記憶が有りますが あの豪華な赤い行灯?は見てませんねエ〜
あそこに有ってこそ!似合う物でしょうか? 
面白いデザインです。

そして小さなホテルをお借りしました。
海外ではアチコチで、ホテルは何度もお借りしました。
ハハハ〜 無粋なオハナシでスミマセン!!
たえこ
2008/07/14 18:51
やぁ、やぁ、たえこさん、今晩は。
>予想通り、ヴェネツィアに成りましたネ〜
ウ〜ン〜。読まれていましたか!? さすが、たえこさん。温もりの写真をお撮りになる方は人の心理状態も良くおわかりになるのですね。だからいい写真が撮れるのデスか!!
>PER RIALTO の ← は見覚えあります。
何度もあの辺りの細い路地をトイレ探してぐるぐる歩いた記憶が有ります

そうですね、ヴェネツィアでは公衆有料トイレはたった2つしかありませんから。こちらも良く利用します。ホテルのトイレ。しかしロシアのある街の有名チェーンホテルではトイレに門番がいてトイレを使わせてくれませんでした。宿泊客専用だと言って。ああいうところは、まだまだ、昔ながらのソ連の感じでした。
阿覧関、初白星をマークしたですね♪ 良かったですね♪

9月上旬、アラスカ・クルーズ、お決めになったようですね。たったいま、藤原さんのところで拝見してきました。こちらもうれしいです。また、たえこさんとご主人の写真を拝見できるから♪♪
hiroshi
2008/07/14 19:43
hiroshi さん 阿覧関見れなかったです。
残念でしたが勝って何よりでした。
後援会長さん!! 

9月上旬のあのこと書き込みしなければ良かったです。
自慢みたいで今になって自己嫌悪です。
何時も後の祭りです。(ノ_ё)ウゥ・・・ゥ・・・ゥ・・・
たえこ
2008/07/14 20:31
いえいえ、阿覧関の後援会長は、もっと素晴らしい方がお就きになるでしょう。やはり現役組でないと、阿覧関に箔がつきません。

>自慢みたいで今になって自己嫌悪です。

たえこさん、お考え過ぎです。
自慢話には見えません。失礼ながら、クルーズに行くことぐらい、どなたもなさること。あまりにも深くお考えになっているので驚きました。

次回クルーズ予定の近況報告と受け取れただけですし、藤原さんをはじめあの掲示板の皆さん、同じように受け止めてらっしゃると思いますよ。
第一、お人柄の良さがたえこさんにはありますから。何なら、もっとホントの自慢話をお試しになっては? たえこさんならば、そんな場合でさえ、誰もそうとは思わないデスヨ。
hiroshi
2008/07/14 20:49
hiroshiさん、今晩は。

「ヴェネツィア」はhiroshiさんが恋する町ですか!

ヴェネツィアには行ったことがありませんが、きっと素敵な町なんでしょうね!

いつかは行ってみたいですね。その時はhiroshiさん、よろしくお願いしま〜す。

「レデントーレの祭り」は夏の到来をつげるお祭りですか?

>今年は絶対、ヴェネツィア市や、市のサイトにリンクしているweb.camで、花火を見てやるぞ!!

僕も見たいな〜〜〜
hiroshiさん、もしわかったらURL教えてください。

nao
2008/07/16 23:03
naosさん、おはようございます。

ヴェネツィアは、ハワイ島のカイルア・コナとともに大好きな街の一つです。このブログでも過去に何回か取り上げています。

「クルーズ」なるものを知ったのも、実はベネツィアの街でして。。。話せば長いハナシになるので止めますが。初クルーズも、ヴェネツィア発着のアドリア海・エーゲ海でした。何回も行っていますが、2週間近く滞在し続けたこともあります。
naoさんもいらっしゃると、きっと魅入られてしまうに違いない、と思います。「魔女」みたいな街ですから、気をつけて(笑)。

ヴェネツィア市のweb.cam、上のブログ記事後段で「ヴェネツィア市」の文字が青く反転している部分をクリックしてください。英語版のヴェネツィア市「レデントーレの祭り案内」につながります。左部分にweb.camがあります。ほかに、市のHPとリンクするホテルやお店も、ライブカメラをセットしているところは多いです。
hiroshi
2008/07/17 10:00
〜上より続く〜

いま、確かめたら、レデントーレの祭り→HP→ウェブ・カメラの順でした。
hiroshi
2008/07/17 10:04
やっぱり良いですね、ヴェネチア!!
初めて行ったのは学会の帰りに寄ったんです。野郎4人と私5人。一人で小道を歩いて、もう次々曲がり角を曲がってどちらが南でどちらが北か分からなくなり、なんだか、違う異次元に迷い込んだようでその感覚がなんとも心地よかったです。ドキドキしました。どの御写真も背中が続々するほど素敵です。hiroshiさんの写真を見せて頂いていたらまた行きたくなってしまいました。
ヴェネチアのお話で 初めてhiroshiさんとお近づきにならせて頂いて、尚更ヴェネチアはもっと大切な街になりました。
murmur1
2008/07/22 23:20
murmur1さん、おはようございます。

昨夜は、友人の誘いに乗って夜半から遊びに出て、せっかくお訪ねいただいたのに失礼しました。コメントいただいた時間を拝見すると、もう少しわがPCの目に座っていたら、気がついたのに。残念、残念!!

ヴェネツィアは、おっしゃるとおり、良いですね。こちらも良く迷います。最近は少なくなりましたけれども。それでも、すぐに修正は出来る程度の迷い方ですが、良くやります。

そのくらい、あの街は迷路の街、どなたかがお書きになっているとおり「迷宮」「ラビリンス」の街なのだと思います。好きですね。コタエラレマセン。

おっしゃるとおり。
藤原さんの掲示板で先生のブログの素晴らしさを知るきっかけになったのは、この街の話題でした。お貼りになった写真は、いまだに鮮明に覚えています。

hiroshi
2008/07/23 08:28
〜上から続く〜

同時に、あぁ、こんな超高級ホテルでクルーズの前泊をお出来になるほど、暮らしのレベルの豊かな方なのだと知りました。

(ウッフッフ、です。で、どんなブログをお作りになるのか興味津々でmurmur1さんのブログへお訪ねしたのですが、半分当たり、半分ハズレ、でした。
失礼な表現がら、お金持ちのお嬢さまの印象はまったくなかったのですネ。むしろ、少女のように汚れはなく新鮮で、その内容もまた、こちらが勝手に思い描いた、江戸時代ならばさしずめ、どこかのお殿様の、参勤交代で滞在する江戸屋敷、それも下屋敷でお生まれになって、出入りする江戸っ子商人たちに子供のころから良く、くっついて下町へも遊びに行ったりしていた、下々の事情によく馴染んで、今は「赤ひげ」の気高いお仕事を手伝っていらっしゃる〜〜高貴なお姫さま?!

 ドウデス、テレビ・ドラマ化すれば案外受けそうな、ヘタな時代物三文小説よりもオモシロそうな物語になると思いませんか?)
hiroshi
2008/07/23 08:30
〜上から続く〜

ハナシを元に戻して〜。ブログは、失礼ながら、こちらが勝手に思い描いたmurmur1さんの暮らしのレベルの豊かさ以上に、優しくかわいく豊かな感性と楽しさに包まれておりました。
hiroshi
2008/07/23 08:32
〜上から続く〜

自分はきっと、ヴェネツィアよりも、ハワイの方がより好きなのだと、最近になって気づきました。

どうしてそう思うか。わがブログに、ハワイと自分との触れ合いをあまり書きたくないからです。ハワイのことを書くと、気持ちを含めて自分の個人的なさまざまな事柄を、自らのことを語ってしまいそうだからです。それがコワイ。自分の子供たちに、自分が何を考えていたか、この世から消失した時に知ってもらうよすがに、という思いもあってこのブログを始めたのですが。。。

最後になりますが、murmur1さんには大変感謝しています。背中を押していただいたおかげで、楽しくブログを続けております。


hiroshi
2008/07/23 08:34
うふふ。hiroshiさん、放送作家になれちゃいます。楽しい脚本ですね。思わず引き込まれてしまいました。
ハワイを語る時には自分が丸ごと出て来るんですね。何時か気が熟した時にお話伺えたら嬉しいです。背中を押すなんて、丁度hiroshiさんの機が熟しただけですよ。私は読ませて頂けて幸いです。
murmur1
2008/07/23 23:26
お早うございます。murmur1さん。

またまた残念ですね。夜遊びの反動で、昨夜は早寝して、お書き込みいただいた時間帯は既に眠りこけていました。地震があったことも知らずに。
ハワイは、自分にとっては特別な場所、だと思っています。多くの方々がそうであるように。

どなたかのブログで、「ほら、まだ学んでいない島とか。。。」(文章は少し違っていたような? そんなニュアンスでしたヨネ)とお語りになった方がいらっしゃった時のように、失敗談や家族との触れ合いの喜びとか思い出とか、地元の人たちとの交流(少しカッコイイ言い方過ぎますか)とか、そういう類をあんな風にユーモアに包んで語れる才覚はないので、第三者には面白くも何ともないことばかり書きそうな気がします。そしてまた、あまりにも個人的なことばかりですし。一般的な知識ならば、少々ほかの方々よりも知ってはイマスガ、それは、書いても面白くも何ともないデスシ。
hiroshi
2008/07/24 07:25
〜上から続く〜

ゴルフをなさるノデスネ? そういえば、ご家族でのプレー談議もブログで語ってらっしゃったっけ? ドクターの方々は、お上手な方が多いですね。頭脳的なプレーをなさる。コメントを拝見したのですが、かなりの飛ばし屋志向? ひょっとすると、レディース・ティーなど蹴飛ばして? 拝見したいモノデス。
hiroshi
2008/07/24 07:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

ヴェネツィア恋情 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる