潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS 西カリブ海クルーズ〜プリンセス・ケイズ B (終)

<<   作成日時 : 2008/08/29 21:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

 
昨日の集中豪雨。すさまじかったですね。
愛知県や広島県をはじめ、関東の相模原や八王子など各地で被害が相次いだようです。

と、のんきなことを書いていますが、お亡くなりになった方も出た、その同じ県内の県都の街に数日間いて、夕刻から夜にかけて、高速道を走って帰宅しました。


画像走行中の雨のすさまじさは、これまで体験したこともない、まさに滝、それもイグアスかビクトリア級、超マンモス級の中を走っているような具合で、ワイパーを最速で動かしても、50メートル先は水膜の中。怖くてスピードを出せず、普段の倍近くの時間をかけて深夜、ようやく自宅にたどり着きました。

画像自宅付近も土砂降りでしたが、愛知県でのそれに比べれば、まさに大人と子供、静かで「おとなしい」ものでした。

帰宅前、せっかくこの街にいるのだからと、以前、ある方からお聞きした名古屋港のイタリア村を目指したのですが、残念ながら閉鎖していました。いえ、雨のためではなく、経営不振で、だそうです。

で、時間があったので、十数年ぶりに名古屋のJR駅付近へぶらり。地下駐車場へクルマを入れて、高島屋名古屋店へ。


画像こちらにも、ANTONIO'S(アニトニオ名古屋店)がありました。

ちょうどランチ・タイム。セット・メニューで軽くすませてきましたが、南青山の本店よりもかなりお安いお値段でした。ウレシ〜。超ウレピ〜(いい歳して、アホかいナ)。


1フロア降りたら、「ガレ・ドーム・ラリック展」をやっていました。2枚上は、会場で配布していたチラシのコピーです。

サントリー美術館も箱根の2館も那須の美術館も行ったことがないもので、チラリ、覗いてきました。


画像アール・ヌーボー、アール・デコのガラス工芸。ヨーロッパのホテルで良く、普段着として何気なく置かれていて気づかずにいて、相棒から後で教えてもらうことが多いのですが、こうやって美術作品として展示されてみると、やはり、一つの美の極致として、じっくり観賞する気になるから、こちらのような凡人には、なかなかいいですね。

写真は、スーベニール・ショップで販売していた、作品を紹介したカレンダー。


さて、またまた西カリブ海クルーズの、あと少々の残りの、「覚え書」です。


画像



今回は、童心に帰って終日、海で遊びまわった、「プリンセス・ケイズ〜その3」。といっても、その最終回です。

画像


画像泳いだり、三輪車に乗ったり、シュノーケリングしたり。
最終回は、その記録写真です。

だから、文章はなし。今回は、下手な文字の羅列は「覚え書」に留めないことにしました。

船でくれた、プリンセス・ケイズの絵地図。B3版大で詳しい。拡大すると全体図が見えるが、南北約800メートル、東西約200メートルのエリア内のすべてがわかりやすく紹介されていた。小さな岩場の岬で区切られたビーチは7つ、その中央にテンダー・ボート接岸用マリーナ。左端の海際がリーフに囲まれたシュノーケリング・エリアで、潜らない人向けに、海へ突き出した展望あずまやがある。バーベキュー・バーやグリルなどの飲食施設は計5カ所。レンタル遊具はカヤックやシュノーケリング道具、バナナボートなど豊富に揃っていた。

画像


それにしても、振り返ると、西カリブは、良く遊びました。年寄りの冷や水、若い方々に混じって。
滝登りにアカエイ見物のシュノーケリングに、イルカとの競泳、観光船にヨット。。。さすが、海のアクティビティー天国、だけはありました。

画像


東カリブは、もう少し、お上品であったような気がします。ショッピングとサイト・シーイングが中心で。
訪ねた島々の性格も、東の、ちょっと澄ました印象に比べて、西カリブの方が庶民的なイメージ。

ちょっとナンですが、街並みでたとえれば、「東」=六本木と「西」=錦糸町、ほどでしょうか。地図上での位置は逆、六本木が「西」ですが。

画像

海上展望台に表示してあった、シュノーケリング・エリアで見られる魚種の紹介案内


ま、とにかく、観光だけではもう一つ、行動すると初めて良さがわかる、そんなリゾート海域が西カリブであるような。そんな気がしました。もちろん、私見ですけれども。


画像


画像


画像

ビデオ・カメラの映像を、このように静止画像にしてしまうと少しわかりにくいが、水面に近い位置で泳ぐ小さな魚群の下に、2匹の大きなアカエイが泳いでいる

画像


画像


画像

プリンセス・クルーズのプライベート・ビーチの、上に掲載の地図でいえば左端(北端)からさらに左(北)側には、無人のホワイトサンド・ビーチが視界の果てまで続いていた。プライベート・ビーチの外になるのだが、さすが、何でも自己責任の国である。日本のように「立ち入り禁止」の表示はなく、「ライフガードはいない」とのみ、案内してあって、多くの人たちが磯伝いに「自己責任」で、無人のビーチの散策を楽しんでいた

画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無事に御帰りなさいませ!
名古屋にいらっしゃられていたのですか。
お昼もおいしいイタリアンだったのですね。
私は今日はちょっと大きな会があって、何人ものマジシャンの方が各テーブルで沢山の手品を見せて下さって、種も仕掛けも分からぬままとっても楽しく帰って来ました。

わ〜〜、海での三輪車奥様と楽しまれたのですね。良いですね〜〜。シュノーケリングもこんな風にお魚の名前とお姿を教えて下さっていると、とっても楽しいですね。私はモロキニがファーストシュノーケリングでした。
hiroshiさんはダイビングもされるのですか?これらの御写真を見せて頂くと海が恋しくなります。やっぱり、海はいいなあ〜。そこに、船も有ると、もっといいなあ〜〜。
murmur1
2008/08/29 22:21
やぁやぁ、murmur1さん、今晩は。

>ご無事に御帰りなさいませ!

普段だと、通常のご挨拶として気軽に「帰りましたぁ」と言えるのですが、さすがに昨夜の経験を経ると、「ホントニマァ、良くもよくも、無事に帰ってコレタコト」と、お言葉ありがたく、感じ入ってしまうほどのオッカナイ帰路でした。何度、このまま路肩に止まって、滝のような雨をやり過ごさないと事故死してしまうのでは、と思うほどの凄い雨でした。

昨年の人事で息子夫婦は今、名古屋に住んでいます。で、相棒はアチラに行きっ放し、こちらは高速料金を何度も払ってm食べなれた味の食事に通っているようなモノです。が、新たな命もオモシロイもので、それもまた楽しみですが。

モロキニ・アイランド・シュノーケリングツアーですか。ご愛用のホテルから近いデスネ。マアラエア港からですね。あちらは水の透明度が高いから、感動されたでしょうネ。
実は。。。自分も、モロキニ島で、初体験でした。オンナジですね〜〜。
hiroshi
2008/08/29 22:41
hiroshiさん、今晩は。

まずはご無事で良かったです!
あの豪雨の中、高速を運転されていたのですね。今日、豊橋の知り合いの方が、豊橋市内も凄い雨と雷で地響きがしていたと言っていました。

hiroshiさん、ゴメンナサイ!
イタリア村閉鎖していましたか?
確か、春頃でしたか?経営不振のようなことはニュースで聞いたような気がしましたが、閉鎖しているとは!
わざわざ行かれたのに残念でした!
また再開するのでしょうか?設備は相当なものですからもったいないです。
nao
2008/08/30 00:01
やぁやぁ、naoさん、おはようございます。

ホント、無事で帰宅できて良かったです。名古屋の家を昼前に出ていながら、深夜になってようやく自宅へ帰った始末だったので、相棒は、だいぶヤキモキしていたらしいです。何しろ、携帯がなっても怖くて電話に出ることなど(内緒ですが、普段は、走りながら結構、携帯で話したりするんです。ナイショナイショ)とても出来ない状況でしたから。

イタリア村。そうなんですよ。何でも、5月の連休後に倒産したらしいです。例の入り口は閉まっていましたが、中で人がいる具合なので、聞いてみたら、休業、と言っていました。ひょっとすると、また開く見通しがあるのでしょうかね。設備の面白さは、外からでも想像出来ました。もし再開するのならば、ぜひ、行ってみたいです。何か情報をお聞きになったら、また耳打ちしてくださいね。
hiroshi
2008/08/30 10:57
hiroshi さん  コンニチワァ~~♪:・°☆!

あの豪雨と落雷の中、名古屋から車で帰宅でしたか?ご無事で何よりでした。 奥様はヤキモキでしょうとも!! 怖かったですね! 良く走り通しました。シンジラレナイです。

我が家は車を末弟にあげて運転止めるようです。
ホッとしてます。あわや?の時が有りましたので〜〜

グランドプリンセスの様子は終わりますか?
東西カリブを旅されて違いが判って流石!
錦糸町と六本木の違いでしたか?
フムフムそうでしたか? (((o(^。^")o)))
それから〜沢山のマリンスポーツ楽しまれたのが素晴らしいです。流石にお若い!!

晴れやかな海と魚の画像は夢の様な景色ですわ~~(今の日本の荒れた天気と比較して〜〜)



たえこ
2008/08/30 11:20
hiroshiさん こんにちは。

ほんとにご無事のお帰り何よりでした。
豪雨の中の運転は、さぞかしお疲れになったことでしょうね。実は私も数年前に、激しい雨の中の高速運転を経験したことがあります。金沢からの帰りでしたが、高速に乗ってから急に雨脚が激しくなって、ホントに数十メートル先は真っ白で見えず怖い思いをいたしました。もちろんスピードを落として恐る恐る帰ってきましたが、そんな時でもビュンビュン追い越していく命知らずのドライバーがいるもんですね〜〜

ところで、プリンセス・ケイズの絵地図がいいですね〜。もともと地図を見るのが好きですが、こういうイラストのものはなお更です。
昔から、物語の扉裏に描かれている架空の国の地図なんてのを隅から隅まで眺めて楽しんだものです。
まゆき
2008/08/30 13:58
やぁやぁ、たえこさん、コンニチ(^ワ^)/☆♪

豪雨の中の走行は、ホントにスリル満点でした。相棒は、何度も携帯を鳴らすのにコチラガ出なかったのが不満らしく、最初は大分プリプリしていました。出られないデスヨネ。ハンドルを握っているだけで精一杯なのに。
 
そうですか。ご主人はクルマの運転をお止めになる? それも一つの、賢い選択かも知れませんネ。一昨夜の走行以来、自分も少し、クルマの運転に自信を喪失しました。

アラスカのご準備、パッケージングはもう終えられましたか? お持ちになる一眼デジの使い方は、もうお慣れになりました? ご出発前の試し撮りはいかがですか?
いいですねぇ。ウラヤマシイです。自分たちの来年の再開第1号の旅は、たえこさんご夫妻を見習って同じコースにするか、それとも、かねてから積み残しになっている陸旅にするか、まだ9カ月もあるのに、早くも迷い続けています。

アラスカ、お天気に恵まれるといいですね!!


hiroshi
2008/08/30 16:22
やぁやぁ、まゆきさん、コンニチ(^ハ^)/☆♪

>実は私も数年前に、激しい雨の中の高速運転を経験したことがあります。

そうなんですかぁ〜。コワカッタデショ〜〜。こちらも、ガードレールにぶつからないか、スリップして対向車線に飛び出さないか、緊張し続けでした。

>もともと地図を見るのが好きですが、こういうイラストのものはなお更です。
昔から、物語の扉裏に描かれている架空の国の地図なんてのを隅から隅まで眺めて楽しんだものです。

アハハ。地図マニアだったんですか。ご幼少時は。ひょっとすると、宝島の地図などを作って、ご近所の悪がきたちを集めて、宝探し遊びなどをおやりになった?

デショウネ。女性は当然、ノーだと思っていました。自分は、子供のころは良くやりました。べーゴマやビー玉をヨソンチの垣根の下や石垣の間などに隠して。こちらはだいたい、隠し役。当然、地図の作り手でもアッタワケデスガ。鷹揚だったデスネ。大切にしていた「宝物」を、かなり、あの遊びで人にやっちゃいました。ソンシタナ〜〜。振り返って考えてみると。
hiroshi
2008/08/30 16:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

西カリブ海クルーズ〜プリンセス・ケイズ B (終) 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる