潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS 西カリブ海クルーズ〜愉悦のひととき A

<<   作成日時 : 2008/08/31 20:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

 
画像


船に乗ると。
正直、心がいたむ時もあります。働きもせず、こんなに呆けていて、許されるのだろうか。と。。。
いえ、ほとんどの時間は、そういうことを考えもしないのですが。

画像


終日航海日。
その間の過ごし方も、大いなる「時間の無駄使い」をしているような気が。
そういう負い目を、感じます。一日のうちの、ホンの時折、しかも短時間で元へ戻り、すぐに呆けてしまいますが。

画像


もちろん、まだ「贅沢」に振る舞えるほどの、
つまり、読書やチェス、ジグソーパズルなどのゲームばかりか、編み物や刺繍までも終日楽しむ、ジャグジーやプール周りのアメリカ人並みの境地にまでは、なお、ほど遠く、将来も到底、到達出来そうにありません。。。

画像


画像


多分、クルーズ好きな皆さんも、お仲間ではないですか? 
家事も労働からも解放されて、零れ落ちるほどたっぷりの「時間」jを楽しみながら。
フト、何かの折に、「イイノダロウカ、こんなにも時間を無駄遣いして」と、小さな翳りが心の片隅に宿ったりして。チョッピリ胸に痛みを感じたりして。。。

画像


画像いつか「風」になって、ご先祖様にあの世でお会いした時に、自分はきっと、叱られる、と思っています。
なぜ働かない。遊んでばかりいた、と。

「おぬし、よくも。クルーズなどにうつつを抜かしおって」
「隠居とは、家督を譲るだけのことぞ。遊び呆けることとの違いさえも、解さないのか」
「ニッポンジンの名折れ、面汚し」
「そこに直れ、成敗してくれん」。

こう言って、腰の刀に手を伸ばすのでは。きっと。に違いありません。
清貧に、潔白に、働き詰めた、典型的なニッポンジンの一人だったですから。父も祖父も。
。。。が、覚悟は出来ています。

ところで、あの世で、刀で切って捨てられたら、つまり、死んだら、再びこちらの世界へ逆戻りするのでしょうかネ? アホみたいな疑問が湧いてきました。


画像ハナシを戻して。
わかっています。

連綿と続いてきた農耕民族の特質のごとき性格を後生大事にして、ひたすら生真面目に働き続け、息子にもそうあれ、と教育してきた親父は、目を三角にして怒るでしょう。

きっと。間違いなく。

クルーズ好きなぐうたらオトコに零落した息子に、がっかりするでしょう。

。。。でも、いいんです。
クルーズは、こんなにも楽しいではないですか。


画像のんびりと、時の流れるまま、働くことを放棄した後の「心地良さ」を知ったいま、後戻りはもう、不可能です。

リタイアしたわが身を、いくら誘われても、強制、脅迫まがいの恫喝の言辞で圧力をかけられても、もう一度、組織の歯車の中に封じ込めるのは、精神的にも肉体的にも耐えられないし、不可能なのだと深く知っているのと、同様に。

画像画像

画像


画像


加えて今回は、時間のほか、もう一つの無駄遣いを、船の上でしてきました。
初めての体験です。
買っちゃったんです。絵、1枚を。

画像いえ、オークションではなく、それで売れ残った作品を、アート・ギャラリーの展示場で。
恥ずかしいほどの、ホンの小さな1枚を。

大変大きく値引いていただいたもので。
自宅に届かないことも、と以前にある先達からお聞きしていたので少し心配であったのですが。

キチンと届きました。


画像いえ、ここに掲げた写真たちほど見事な作品ではありません。
ヴェネツィアの街を描いた、小さな小さな、ホントの小品です。
まぁまぁ、気に入っています。

これから先、いましばらく、クルーズも旅も、「まかりならん」と封じられています。

と、他動詞のごとく語るのは、卑怯かもしれません。止む終えずとはいえ、自ら決定し、選んだ道ですので。

で、言い直します。
己に規制の網をかぶせています。

画像


画像


画像しかし、しかし。
旅心、拭い去りがたく。
うずうずしております。特に、ネットで知己を得た、クルーズ愛好家の皆さんのブログを拝見するたびに。

いつか。きっと。
そう思いながら、心の内で、旅に出たいと唇を噛み、歯軋りしているのです〜〜。

画像


画像


画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして
リタイアしたら、クルーズをと夢見ているものです。わーークルーズ中にそんな考えが出てきたりするんですか。いままで、いっぱいお仕事
されていらしたのですから、たっくさん楽しんで、色んなことを教えてください。私の憧れです。
mie
2008/08/31 22:29
mieさん、はじめまして。ようこそ。


>リタイアしたら、クルーズをと夢見ているものです。

素敵な夢ですね。
自分は、リタイアする前は、クルーズを知りませんでした。リタイア後、大分経ってようやくクルーズ船があることを知ったので、もうご存知の方々が羨ましいです。知っていれば、もっと早くから、こんな愉快な世界を楽しめたのに。

クルーズ中に負い目を感じたりするのは、働きづめの日本人男性陣に多いのではないでしょうか。かつて一緒に仕事をしていた、今も現役の後輩の方々の賀状をいただいただけで、申し訳なく思います。負い目を感じるかどうかは、人それぞれだと思いますが。

これからも、どうぞ、気軽にお立ち寄りください。もしお時間があって、コメントをお書き込みいただければ大変にウレシイです。
hiroshi
2008/09/01 10:24
こんにちは
hiroshiさまは未だに仕事中毒から抜けきらないのですね〜
永年 組織の中で悪戦苦闘なって骨の髄まで仕事中毒になってしまった典型的な日本人ですね。

夫はクルーズ中はカメラ片手に船内を走り回ってていますのでいいのですが 家にいてぼんやりする時間があると「こんなことでいいのだろうか?」と言ってますよ。

船で買われた絵が届いたそうでいいですね。
当方はそんな高級な趣味もなく お金もないので 船内では見るだけです。
みえこ
2008/09/01 11:36
hiroshi さん  コンニチワァ~~♪:

九月に成りました。まだお暑うございます。
西カリブ海クルーズ・グランドプリンセスの旅は続くのですね?
旅に出る(クルーズ)贅沢は気が咎める様な気持ちはよくわかります。ツライ思いをしながら働いてる人が居て、生活ギリギリの年金で過ごしてる人も多い訳ですから〜
クルーズで食事が美味しいのサービスが悪いの戯けた事言って罰当たりかも?ハッハハハ〜
でもね! 又出かけるのは何でだ!!
お叱りの声は先祖からより息子かな?クックク〜
「介護費用と葬式代を残しておけ!」 でしょう。

今大型ハリケーン「グスタフ」が米南部メキシコ湾岸に迫っている。ジャマイカ辺りが非常事態ですね?
グスタフは米中部時間31日午後10時(日本時間1日正午)現在、ニューオーリンズの南東約360キロに位置し、時速約26キロで北西に向かっている。最大風速は秒速51メートルで、さらに勢力を強める恐れがある
だそうです。 
あんなに穏やかな海が〜〜 ツライ話!!
たえこ
2008/09/01 15:47
つづく
グランドプリンセスの素晴らしい画像がいっぱい有りますね?
お買いになったのは、ヴェネツィアの街を描いた絵画でしょうね〜 キット 書斎?パソコンルームに飾って有りますか? 
そして再び訪れるのはヴェネツィアにしようかな?と思ってませんか?
アラスカは藤原さんが行かれた頃が宜しいと思います。アラスカの天気予報が傘印です。困ったわ〜〜
たえこ
2008/09/01 15:54
やぁやぁ、みえこさん、コンニチヽ(´ワ`ノ .:*:☆

>未だに仕事中毒から抜けきらないのですね〜
そうなんですかねェ〜。仕事はしたくないですが、していないことに負い目を感じるのもワーカーホーリックでしょうか?困ったものですね。

ハハハ。藤原さんも、お家ではそうなんですか? 
藤原さんのように世の中のために役立つことをおやりになっていれば、お悩みになる必要はないのでは? こちらは、自分で楽しむ以外、役立つことを何もしていないから負い目を感じるのだと思います。
絵、届きました。お話をうかがって心配していたのですが、良かったです。届かなくてもいいやとある程度覚悟はしていたのですが。。。ご想像いただくような高級な絵画ではないので、もし届かなくてもいいやと、実験としてトライしてみました。しっかりした包装と送り体制だったので、以降、あのクルーズ会社の契約ギャラリーならば、安心してオークションにも参加できそうです。ただし、懐具合が具合デスノデ金額の安いものしか参加できませんが。。。
hiroshi
2008/09/01 16:52
やぁやぁ、たえこさん、\(*^コ^*)/ンニチハ♪〜♪

>九月に成りました。まだお暑うございます。
西カリブ海クルーズ・グランドプリンセスの旅は続くのですね?

本当にお暑いデスネ〜〜。そして、もうすぐですねぇ。1週間を切りましたねぇ。楽しみですね♪♪ はい、こちらも。お帰りになってからのお写真が。今度は、新しいカメラで、デスカラネ!

西カリブ海のクルーズの積み残し、あと1回でやめます。まだ写真はかなり残っていますが、何も全部書き込む必要はないもので。今月半ばには、これまでどおりの生活に戻れると思います。夏休みも終わって、下働きも一段落の状況なので、残る乗船区間の写真の整理をそろそろ始めて、もう少ししたらリバークルーズに戻れると思っています。


hiroshi
2008/09/01 17:17
〜上から続く〜

>今大型ハリケーン「グスタフ」が米南部メキシコ湾岸に迫っている。ジャマイカ辺りが非常事態ですね?

そうですね、大変なようですね。たえこさんご夫妻はお天気の比較的に良い時期にいらっしゃったですが、こちらは雨季のジャマイカだったためスコールに見舞われ、突然のバケツの底をぶち抜いたような雨にブッタマゲマシタ。あの雨が、大風とともにやってくるのだから、ジャマイカは大変だったろうと思います。
ニューオーリンズが壊滅した前の巨大ハリケーンの翌年冬、実は、当時ニューオーリンズ発着であったカーニバルの船で西カリブへ行くつもりで(この時はツアー)既に申し込んでいたのです。が、あのコースはハリケーン被害で以降なくなって、西カリブ海へは今年になってようやく行けたわけです。ニューオーリンズも行ったことがないもので、ジャズの本拠の街で後泊を予定していたのですが。。。再び、あの街に巨大被害が起きないように祈っています。

hiroshi
2008/09/01 17:18
随分のご無沙汰申し訳ありません。

>働きもせず、こんなに呆けていて、許されるのだろうか。と。。。

まだ現役されていますね。世の中の多くの人は「お金も健康もそこそこあるが、することがない」と嘆いていることが国の調査でもくっきりでています。

そのような人から見れば、羨ましい心境でしょうね。
藤原雄一郎
URL
2008/09/01 19:29
やぁやぁ、藤原さん、今晩は〜。

>随分のご無沙汰
どうぞ、お気遣いなく〜。藤原さんの掲示板で毎日、藤原さんの文章にお目にかかっています。お気になさらずに〜〜。

そうですか、まだ現役、しているのでしょうかネ。仕事をする気など毛先ほどもないのですが、負い目を感じるのは、なぜでしょう? 「働かざるもの、食うべからず」の厳しい、かつての貧しい日本社会の掟が骨身に沁み込んでいるのでしょうね。困ったものです。

おっしゃるとおり、したいことはいっぱいにあるので、そういう面では苦労はしていないのですが、いかんせん、時間が。。。

日本船のショートクルーズ程度の日数ならば何とかなるのですが。。。そのうち、またフライ&クルーズや旅行を楽しめる日がやってくるのですから、それまで、じっと我慢の毎日です。
hiroshi
2008/09/01 21:04
こんばんは〜、hiroshiさん
>再びこちらの世界へ逆戻りするのでしょうかネ?くすくすくす。わ〜、あちらでお白州でのお裁きだ〜と思ってたら、戻ってこられちゃったらラッキー!まんだか、とっても楽しい発想をされるhiroshiさん、最高です♪
絵を買われたのですね。どんな絵なのでしょう。絵ってきっと出会いだし、自分が気に入ったらその絵が世界中で一番良い絵です♪私も以前ロイヤルハワイアンで、ピインクパレスを描いた絵に出会いました。でも結局思い切れませんでした。今でも後悔しています。hiroshiさん、思い切って御買いになられて良かったです!!
このお船はフィンカンテリ造船所で作られたのですか?
デッキの木の色と、斜めの線と、陽の当たらない影と、海の青さと、日光の明るさ。素敵な写真です!
murmur1
2008/09/02 20:13
やぁやぁ、murmur1さん、コンバン(*^ワ^*)/~♪

たえこさんの真似をして、いま、顔文字に凝っていまして、少しづつ複雑な顔も描けるようにナッテキマシタぁヽ(´△`)ノ ☆。.:*:・'゚★

>あちらでお白州でのお裁きだ〜と思ってたら、戻ってこられちゃったらラッキー!

ホント、そうですよね。おぬしはここに入ることはまかりナラヌ。ゆえにもう一度、この世に差し戻す〜、などとご沙汰が出るように、頑張りますよね。もし、ソンナコトガ出来るならば。

絵は、大変安くしていただきました。ちっぽけな我が家にも飾れるほどの小さな絵(一部崩れているあの街の古ぼけた家の連なりと小運河を描いた、印象派風の絵です。サインは入っていますが、作家名は聞いたこともありません。もちろん、トンとその世界に疎いこともありますが)なもので、お値段もそれなりに、でした。
hiroshi
2008/09/02 20:55
〜上から続く〜

>このお船はフィンカンテリ造船所で作られたのですか?

はい、プレートはそうなっていました。

写真、オホメいただいて嬉しいです。しかしこの時はまだコンデジでして。一眼も、murmur1さんのお写真を拝見すると、まだまだ勉強不足を痛感します。それよりも何よりも、美的センスの不足を感じます。

murmur1さんをはじめたえこさんらがうらやましいです。

ハナシは変わりますが、
先日お載せになったあのカフェの写真。偶然の所産にしては、なかなか味わいがありましたね。コメント欄に下手な文を書き込んだため、大変嬉しい解釈をしていただいたようですが、こちらは、相棒と一緒に訪ねたことはそんなに多くは。。。リタイア世代には少々お値段もお高めなもので、何度か行ったことがあるだけです。murmur1さんのようにご常連、というわけではありません。ただ、あちらのエスプレッソは大変おいしく、バリスタはきっと、かなりの腕だと。。。イタリアのちょっとした店よりもおいしいです。

新橋から銀座、日本橋界隈ばかりでなく、あちらのあたりも良くいらっしゃるのですね〜〜。

hiroshi
2008/09/02 20:58
hiroshiさん、今晩は。

今回の写真もまたまた、興味深い写真の数々で堪能させていただきました。
プリンセスの船だなといった感じですね!

>なぜ働かない。遊んでばかりいた、と。

いえいえ、hiroshiさんは、もう十分お仕事されたではないですか!
社会的責任も果たされて、悠々自適でお好きな「旅」を楽しまれることは誰も文句は言えないと思います!


>「おぬし、よくも。クルーズなどにうつつを抜かしおって」

ご先祖様も「拙者にもそのクルーズとやらの楽しみ方を教えてもらえぬか」と言われるのではないでしょうか(笑)

nao
2008/09/04 18:54
やぁやぁ、naoさん、今晩は〜〜。

お忙しそうですね。少しはごゆっくり出来る状態におなりになったですか?ほんと、現役の方々には申し訳ないです。

>プリンセスの船だなといった感じですね!

そうですネ、プリンセスの船は、どこかわかりやすいですよね。特にプール周りとかは、非常に特徴がありますよね。

ぶらぶら遊んでばかりいることに負い目を感じるのは、どうしようもないですね。理性の方では、おっしゃるとおり、これまでの人生、一生懸命に働いてきたのだから、いいじゃぁないか、といつも思うし、自らにもリタイア以降言い聞かせ続けて来たのですが、一向に負い目は抜けません。どうしようもないです。

アッハハハ。
>ご先祖様も「拙者にもそのクルーズとやらの楽しみ方を教えてもらえぬか」と言われるのではないでしょうか(笑)

思わず笑っちゃいました。そう言ってくれるようなユーモアセンスのある先祖ならばいいんですが。。。少なくとも親父と祖父は、真面目一徹の頑固者でしたから。が、まぁ、そういうことを期待して、なるべく考えないようにします。ありがとうございました。
hiroshi
2008/09/04 20:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

西カリブ海クルーズ〜愉悦のひととき A 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる