潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS 突然ですが、シルクロード

<<   作成日時 : 2008/08/05 12:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

突然ですが、ボルガ河クルーズを1回お休みして、シルクロードのハナシを。ホンの少しだけ。

画像


画像ご存知のとおり昨日4日午前、中国西北部の新疆ウイグル自治区カシュガルで、隣国キルギス、タジキスタン両国の間の国境警備にあたる武装警察部隊の行列にクルマが突っ込んで爆発が起き、武装警官16人が死亡したそうです。マスコミによると、中国政府は犯人と見られる男2人の身柄を拘束したと発表しているそうです。

そして、その「犯人」たちは、新疆ウイグル自治区の独立を目的とするグループで、テロ事件であると中国政府は見ている、とマスコミは報道しています。


画像1999年のゴールデン・ウィークに、あの辺りを旅行してきました。いうところの、天山南路です。
上海乗り継ぎ、中国東方航空でウルムチへ。〜〜上海からウルムチまで、飛行機で約5時間20分。日本からグアムやサイパンへ行くよりも、まだ遠かったです。

出発した日本はすっかり初夏の佇まいでしたが、巡ったウイグル自治区の各地はどちらも、春まだ浅く、ようやくポプラの並木の若葉が燃え出したばかりのまだ寒い季節でした。


画像


画像巡ったのは、ウルムチからカシュガル、タシュクルガン、ホータン、クチャ、トルファンなど。

タクラマカン砂漠と、天山山脈やパミール高原のまだ雪を抱く山々を眺め、住民の大多数を占めるウイグル族の方たち、中東風の衣食とイスラムの風習を眺める旅でした。

一帯は、人々の姿形はもちろんのこと、中国、というよりも、中東のイメージ。朝夕、イスラムの礼拝がなされ、女性たちの頭にもスカーフがしっかりと結ばれていました。


画像当然ですよね。

北京までは約3600キロもあるのに、ウイグル自治区で最も西にある街タシュクルガンからタジキスタンへの国境へは、たった15キロです。パキスタンやアフガニスタンも近い。

昔のシルクロードを歩くならば、北京へいくよりもカスピ海へ行く方が近い。。。


画像あのウイグル自治区で、最も印象に残ったのは、巨大な毛沢東像。

今回もTVニュースで写っていましたが。。。

どの街をたずねてもその巨像が街の一等地に建ち、おそらく、その街の実力者、もしくは歴史上の偉人と思しき小さな像が、巨像の前で深く深く頭を垂れている。そんなモニュメントがやけに目立ちました。

統治の一環であったのでしょう。
その街で一番エライ人でも、毛沢東が象徴する漢民族、中華人民共和国の前に、小さくなって平伏している。ゆえに、その街の住民は当然のごとく、逆らうのはもってのほか、小さくなって平伏しなければならない、という。。。


画像旅の途中、ウイグル族の方の、騎馬民族の移動式住宅、パオも訪ね、土地に伝わる民族舞踊を教えていただいて、一緒に踊ってきました。
笑顔のきれいな方たちが多かったです。心優しい、温もりに満ちた方々が多かったです。女性は、目鼻立ちのはっきりした、まゆが濃い目の、イラン系と見える方々が格別目だって見えました。


画像


画像昨日の事件。
お亡くなりになった方々には言葉もありません。
しかし、あえて思いのたけを述べさせていただければ、起こるべくして起きた事件、のような気がします。

あの辺りもまた、紛争の大地、カフカス一帯のように、これでもう、旅することができなくなるのでしょうか。

あの大地で生きる人々の北京五輪への思いは、ほんとのところ、いったい、どうなんでしょうか。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ウイグル地区でテロ
五輪テロか警官16人死亡 ウイグル、警備隊に手榴弾(産経新聞) - goo ニュース ...続きを見る
王様の耳はロバの耳
2008/08/05 09:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
hiroshi さん コンバンワ(^ヮ^)

>新疆ウイグル自治区カシュガルで、
兵隊さん16名死亡 ウイグルの活動家はいったい何人捕らえられているのか? 即死刑とか?

日本人記者も連行されたり オリンピックは無事に終わらない心配が高まるですね!

>上海からウルムチまで、飛行機で約5時間20分。
いらっしやったのですか? ウルムチは もしや蒙古の隣でした?(叔父が内蒙古からの引き上げ者です) 
少年達が被ってるあのような毛皮の帽子姿の写真がありました。パオの前でも写していました。奥地の冬は寒いでしょうか?

豊かそうで平和な画像ばかりです。毛の色が珍しい「羊」ですね。
物資も豊富な市場です。 
皆さんが平和で居られるように!! 心から思います。

たえこ
2008/08/05 20:25
たえこさん、こんばんは。

雷はいかがですか?
こちらは、ほぼ終日、電源を落としたままでした。

中国、怖くなってきましたね。北京は厳戒態勢のため何とか無事終わるでしょうが、五輪終了後のウイグルやチベットが怖いです。中国政府はものすごく弾圧して、ヤミに葬る事件が多発するような気がします。
そうですか、叔父様が内蒙古ですか。わが家も、相棒の姉の嫁ぎ先一家は旧満州から、こちらの従兄弟一家も瀋陽からの引き揚げです。それぞれ皆、子供であったので、思い出は人一倍強いようですが。

シルクロードを巡ったのはもう9年も前です。おっしゃるとおり、モノは少なく貧しい暮らしだったですけれども、皆さん、心豊かな人々ばかりでした。当時はブログに載せることなどまったく考えていなかったので、掲載するご了解を得た写真ではありません。が、皆さん、きっと、新疆ウイグル自治区を応援しているこちらの心情を理解していただいて断りなしの掲載も許していただける、と、勝手に解釈してそのまま載せました。あれから9年、皆さん、どう過ごしてらっしゃるか。行けたらもう一度、あの素朴な街や村を巡ってみたいです。
hiroshi
2008/08/05 22:23
hiroshiさん、少々、ご無沙汰です。

今日、8月6日は原爆投下から63年の「原爆の日」を迎えました。

日本は平和ボケして、世界各地で紛争や内乱が起きていて、毎日のように多くの人達が亡くなっている事実を知らない人も多いと思います。

僕も常日頃から、そのようなことを考えているわけではありませんが、特にこの時期は、日本が平和であるありがさに感謝して、世界から紛争や内乱がなくなることを祈りたいと思います。
nao
2008/08/06 19:36
やぁ、やぁ、mnaoさん、お帰りなさい!

旅はいかがでしたか?
あの写真は温泉ですか? 温泉の露天風呂のようにも見えるので、naoさんのブログに勝手にそう書き込んじゃったケレド、ひょっとすると上高地とか蔵王とかの山荘なのかな、温泉ナドト書き込まなければ良かったかな、などと少し後悔していました。

そうですね。平和ボケかもしれませんね。自分も含めて、ですが。ブラブラ、旅していることが出来るのも、ひょっとするとその「ボケ」の影響かもしれません。今回のボルガ河クルーズでガイドさんから、旅行をしていて貧乏人だなどと暢気なことを言っているのならば、少しは世界の貧しい人々のために役立つことを、そのお金で為せ、などと辛らつな言葉を頂戴しました。今回のブログも同じようなものかも。平和な環境の中でセンチメンタルに底の浅いハナシを少女っぽく語っているだけで、何の役にも立っていない。それが恥ずかしくもあって、ブログでこんなことを書くのはもう止めようかと思っています。
hiroshi
2008/08/07 10:18
hiroshiさん、今晩は。

前回のコメントで、えらそうなことを書いてしましってゴメンナサイ。

何も知らないのに、かえってhiroshiさんを悩ますようなコメントになってしまい、気分を悪くさせたのではないかと心配しています。
nao
2008/08/08 00:41
やぁ、やぁ、naoさん、コンニチ゚(゚^ヮ^゚)゜〜
いま、たえこさんの明るさを見習って、顔文字に凝っています〜。
>前回のコメントで、えらそうなことを書いてしまってゴメンナサイ。
えっ? そんなことアリマセンヨ! 書き込んでいただいていつも嬉しく拝見していますヨ。
あぁ〜、こちらのお返事でそうお感じになったんですね?失礼しました。ロシアのガイドさんの言葉に傷つきましてネ。確かに、世の中のために何かを為そうとする皆さん、自ら行動なさっているではありませんか。自分は旅やクルーズが好きでやめるつもりはありません。で、世界の貧しい国々や人々のために行動することは、わずかなお金を機会を捉えて寄付させていただくだけ。でありながら心の中ではイロイロ、それこそnaoさんがおっしゃるヒロシマや長崎、コソボやその他各地の紛争で思っちゃう。それをダイレクトにここに書いても何にもならない。そういう自嘲めいた気持ちをそのままお返事に書いてしまって。逆にnaoさんにお心を煩わせる結果になったようです。これからはもっと面白可笑しくブログを書こうと思っています。
hiroshi
2008/08/08 09:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

突然ですが、シルクロード 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる