潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS 西カリブ海クルーズ〜愉悦のひととき

<<   作成日時 : 2008/08/23 00:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

 
画像

 
今年最後の、ブルーベリーの収穫作業。
たった2株しかありませんから、「作業」というほどのこともない、た易い摘み取りですが。それを昨日、いたしました。

ひと粒、ひと粒は時間差で熟れるもので、わが家では、6月ごろから日にちをずらして、ほぼ年間3回、摘み取っています。で、今年最後の今回、摘み取った実はホンのわずか。写真のごとく、寂しい収穫量でした。

画像宝石並みのその貴重なブルーベリーを抱いた、このカップ。好きなんです。自分も相棒も。磁器ではなく陶器なのですが。
ご存知、「デ・シモーネ(De Simone)」。イタリアはシチリア、パレルモの工房産。華やかなデザインが売りで、製作元はピカソかグットゥーゾか、などと謳い上げています。自分は、シャガールに似たイメージだ、と思っています。

いま、日本で、なぜか、じわり、人気なのだそうですね。このため、品数が少なくなり手に入れにくくなったのだとか。つい最近まで、日本でも人気が広がっていることを、知りませんでした。
昔ながらの手作り陶器なもので、少量生産が基本。そのせいかもしれません。器の裏の銘も手書きで、1点ごとに、文字の大きさもレイアウトも異なります。

イタリアで巡りあって気に入って、以来、愛用しています。
写真のカップ&ソーサーは、ミラノのデパート、「ラ・リナシェンテ」で6年か7年前に買いました。
カップ&ソーサーはいつも、1客買いしかしていませんが、珍しく、ハーフ・セットで揃っています。比較的にお安いから、ですが。。。


画像


突然ですが、前の、前のクルーズへ逆戻りです。
2カ月前まで続けていた、グランド・プリンセスでの、今年早春の、もとい、向こうでは真夏の、西カリブ海クルーズの「覚え書」へ逆戻りです。

画像

メキシコ、ユカタン半島沖合いのコズメル島から、1492年、コロンブスによって発見されたバハマ・エリューセラ島のプライベート・ビーチ「プリンセス・ケイズ」へ向かう終日航海日の、キューバの北沖合いを航行する「グランド・プリンセス」(109,000トン)。
7F、プロムナード・デッキ船尾より西方海上を望む=2008.2.8


画像画像なぜか?

どなたかに。。。
はい、どなたかはキチンと覚えていますが、お名前をここで掲げては、不躾で申し訳ありませんので。。。

船で目覚めると、終日航海日なら、たいがい、7F、プロムナード・デッキへ直行する。時には朝食後の場合も。また気分が良ければ、16F、スポーツデッキへ行く場合もあるが。ウォーキングである。

画像


その、どなたかに、2カ月ほど前に頂戴したコメントの一つ。
「あ〜西カリブ海クルーズ航海記も、続きが沢山ありますね〜〜〜(笑) 」。

画像


看破された、その通り。
西カリブ海クルーズの記録のとどめは、まだ終わっていなかったのです。
写真はまだ大量に残っているし、書き留めたい事柄も少々残っています。

画像

下船が近づくと、こちらへ足が良く向かう。7F、フォト・ギャラリー。結構高いもので、あまり買わないようにしているのだが、結局、やっぱり買っちゃう。

画像加えて、今「覚え書」継続中の、今年初夏のボルガ河クルーズも、水門を入ったところまでの写真の整理は終わっていますが、以降、水門を出てからモスクワまでの道中の写真は、いまだ未整理状態で放りっ放し。どの写真を使うかはもちろん、トリミングも編集もまだ出来上がっていません。


画像

下船日に無関係に、5Fデッキまで降りて、図書室へも、1日に1回、朝または午前中に出かけるのが日課。2枚下の写真にある問題用紙が、毎朝、図書室の担当クルーのデスクに用意されているから。問題用紙は「SUDOKU(数独)」。日本が世界へ向かって送り出した、隠れた人気の頭脳鍛錬クイズ。クイズ本はいまや、世界のどちらの空港でも販売されている。ロシアのモスクワの空港でさえ、売っていた。

画像です、もので。。。
ボルガ河クルーズの覚え書を続けることが出来ないのです。
持ち時間が今、現役時代と比べれば月とすっぽんではありますが、そこそこ忙しくて、整理する時間が足りなくて。。。


画像


画像で、またまた、西カリブ海クルーズです。整理済みの写真が残っていますので。

で、今回のタイトルは、気取って、カッコ良く「愉悦のひととき」。

ざっくばらんに意訳すれば、ぶらぶら、のんびり、だらしなく。。。
何にもしない、豪奢

(? ウソ。雰囲気だけは若干そんなイメージもあるが、こちらは「貧相」な過ごし方しか出来ない、貧しい人だと思う。丸々1日、このプール周りで過ごせるようになって初めて、アメリカ人式の「豪奢」な過ごし方を会得出来るのだろうが。。。ホンの1時間か2時間程度しか、何にもしないで過ごすことが出来ない。すぐに動きたがる。そんな、日本人共通の行動パターンを持つ自分も、やっぱり、時間のすごし方は「貧相」だと思う)

で無駄な時間帯を。


画像

こちらのプール周りでは、だいたい、このあたりを常席に。自分は太陽の下が好みだが、相棒は日焼けするからダメだといつも却下される。で、執事めにすぎないこちらは渋々折れ、中をとっていつも、日当たりの良いあたりを見渡せる、日陰の場所を。。。こちらは混んでいるので、毎日同じデッキ・チェアを確保するのは至難の業。1デッキ上から、常席あたりを見下ろすと、下の写真となる

画像


画像

コーヒーは、この船の場合、気に入りの常席は出来なかった。つまり、それほどおいしいと思うほどの味に巡りあえなかった。で、船内あちら、こちらのバーやラウンジで、適当に。

画像


少し品がない表現ですが、Tシャツにふんどし(?ウソ!)代わりの下着一枚に半ズボン、マリンシューズかデッキシューズだけ。着ているものが象徴的です。高価なモノは何にもない。
そんな日中のクルージング・タイム。夜に入って、襟付きシャツに着替えた後の、談笑タイム。

画像


潮風の中で、
わがままに、自堕落に過ごせる、船の中の暮らし。これが好きなのです。

画像


時の流れは、「ゆったり」の言葉から、あわただしい破裂音など抜いてしまった方がよほど似合っているような気がする、「ユタ〜リ」、「ノラ〜リ」、「ユラ〜リ」の場所。脳みそがとろけて耳の穴から抜け出して、目の前をたゆたう、好きな場所のカズカズ。

写真でピック・アップです〜〜。

画像


画像

室内プール階上のわが常席のデッキチェア。この椅子に寝転がって、ノラリ、クタ〜リ。そのうち、こちらの好みを憶えてくれた、階下のプール周りにある、1枚上の写真のバーの担当クルーが2階まで巡ってきて、「持ってこようか?」と声をかけてくれる。その間合いというか、巡ってくる時間差というか、ちょうどのどが渇いたころで、誠にいつもグッド・タイミングであった。下船間近になると写真を撮るのに起き上がるのも面倒で、写真下部にこちらの足の靴先が写っている。なんとまぁ、ズボラな写真かぁ〜!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
hiroshiさん (* ^-^)ノこんばんわぁ♪
 
デ・シモーネにブルーベリーがお洒落です。
とてもステキです。何が? 全部です。色合いが似合いますから〜!!∠※PAN!

グランド・プリンセスに戻られましたか?
これだけの画像が有ればUターンですわね!

>何にもしないで過ごすことが出来ない。すぐに動きたがる。行動パターン
(∩∀`*)アチャァ!  わだすの事だわ〜(*^-^)ニコニコクスクス

図書室で何時間も読書は出来ませんねエ〜
デッキで海を眺めてる方が落ち着くノデス。

たえこ
2008/08/23 19:46
やぁやぁ、たえこさん\(^-^ ) コンバンワァ/

>グランド・プリンセスに戻られましたか?

はい、戻りました。本当は、もう少しあと、ボルガ河クルーズを終えてから、再び残りを、と思っていたのですが、水門以降の写真をまったく整理しておらず、少し慌しい出来事もあったりで(もう、予定日はだいぶ前から聞いていたので、それなりの準備をしなければ、と思っていたのですが、10日間ほど早回ったもので、準備なしで、困り果てました。で、整理済みの写真を使って続けています。

>(∩∀`*)アチャァ!  
わだすの事だわ〜(*^-^)ニコニコクスクス

ワダスのことでもありますぎゃ〜〜。
でも、2時間ぐらいは耐えられるようになりますだぁ〜〜。

やっぱり日本人は、プール周りで終日、という芸当はできませんね!!

いよいよ、あと2週間ですねぇ〜〜。

hiroshi
2008/08/23 20:52
陶器のカップ&ソーサー、あ〜、もう、ストライクゾーン、ど真ん中!!です。
シチリアは沢山の陶器が有りますね。
ブルーベリーを盛りつけるなんて、なんて素敵なんだろう。雑誌の撮影みたいで素敵です。
タオルミナで多分有名ではない工房の物なんですが薄いブルーの空とか海とかが描かれている陶器のお店が有って、魅せられて何種類も買ってしまいました。シチリアの陶器って本当に良いですよね。hiroshiさんの御写真を見せていただけでドキドキして来てしまいました。
>ホンの1時間か2時間程度しか、何にもしないで過ごすことが出来ない。
本当ですよね〜。
なんだか動いてないと駄目なんですよ。
一日何もしない贅沢、そんな事をチャンと出来るマチュアな人間になりたいです。
たえこさん、わだすもで〜す!!
murmur1
2008/08/23 20:56
やぁやぁ、murmur1さん、\(^-^*) コンバンワァ/

>あ〜、もう、ストライクゾーン、ど真ん中!!です。
シチリアは沢山の陶器が有りますね。

♪そうでしょ、そうでしょ♪〜♪
このカップ&ソーサーをいつか、murmur1さんにお見せしたいと思っていたのです。タオルミナ派のmurmur1さんだから、きっと、直球ストライク、ひょっとすると三振されるのではないかナと、わだすも密かに機会を狙ってイタノデス。で、ブルーベリーの収穫をチャンスとして、やっちゃいましたぁ♪
とまぁ、冗談はともかく、本当にあちらは、華やかな陶器が多いデスヨネ。たえこさんもご存知でしょうが、太陽をあしらった壁掛けプレートなども素敵なものがいっぱいにありますし。

>タオルミナで多分有名ではない工房の物なんですが薄いブルーの空とか海とかが描かれている陶器のお店が有って、魅せられて何種類も買ってしまいました。

それはそれは♪ いつか、ぜひ拝見させてください。ブログにお乗せになるのを、楽しみにしています。
hiroshi
2008/08/23 21:24
hiroshiさん、今日は。

自家製農園で収穫されたブルーベリーの味はいかがでしたか?
この時期、冷やして食べると美味しいですね!

お〜〜待っていました西カリブ海航海記!!!

久しぶりにグランド・プリンセスの航跡を見れて感動です!hiroshiさん、ありがとう!
3枚目の航跡の写真良いですね!

フォトギャラリーの写真は、ついつい買ってしまいますね〜〜〜

何時撮られたのか大体知っているので、通りかかると見てしまう???

見ると記念?だから(プリンセスクルーズの文字入りだから)と買ってしまう。
これはあちらの作戦ですね(笑)

プールサイドの写真は、D・Pの光景と同じでした。

nao
2008/08/24 12:59
やぁやぁ、naoさん、こんにちは。
数日、留守にしたり多忙でPCを立ち上げる暇がなかったりで失礼しました。

>フォトギャラリーの写真は、ついつい買ってしまいますね〜〜〜
何時撮られたのか大体知っているので、通りかかると見てしまう???

ホント、そのとおりですね。こちらは、通りかかったら見るばかりでなく、下船日近くになるとわざわざ見に行きます。アハハ、です。オ恥ずかしい。

プール周りの造作は、こちらはニュージランドからオーストラリアにかけて乗りましたが、D・Pとは、最後部のそれを除くと、おっしゃるとおり基本的にほとんど同じでした。ご存知のとおり、最後尾は、ダイヤモンドの方がより彫が深い顔つきで、雰囲気は上だと思います。スター・プリンセスとは、3姉妹の関係もあってほとんど同じ顔つきでした。
hiroshi
2008/08/29 15:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

西カリブ海クルーズ〜愉悦のひととき 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる