潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS ボルガ河クルーズ〜キジ島 A

<<   作成日時 : 2008/09/25 20:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

 
キジ島。

今はロシア領だが、かつてはスウェーデンやフィンランド、ロシアが三つ巴になって領土を争った、カレリア共和国にあります。そして、その大地に住むカレリア人は、フィンランドの人々、フィン人と同根なのだそうです。

画像

右はポクロフスカヤ教会、左はプレオブラジェンスカヤ教会

そんな歴史的背景のせいでしょうか。「敵の敵は味方」。その言葉を地で行って、トルコとともに日本びいきの方々が多い、と言われています。フィンランドとともに。ロシアと戦ってきた歴史のなせるワザなのでしょう。

というわけで、でしょうか。案内してくれた地元、キジ島のガイドさんは、とても人懐っこい、笑顔の絶えないおばさんでした。

画像


画像


交響詩「フィンランディア」を作曲したフィンランドの作曲家、シベリウスは、管弦楽「カレリア」をも作曲しています。彼の新婚旅行は、自然豊かなこちらの大地へ、だったのだとか。

と、作曲家の名を聞いたからといって、そのせいではないのだと思いますが。
巡った古い木造の建物のうちの一つ、ポクロフスカヤ教会では、正教会の修道士3人による聖歌が歌われていました。

画像


画像


画像


ローマ・カトリックのグレゴリオ聖歌の、一方の雄である聖歌隊のミサを、ブルゴスからほど近いサント・ドミンゴ・デ・シロス修道院で聞いたことがあります。どちらがいい、などとは、味覚と共に本当の音痴であるこちらは言うこともできませんが、グレゴリオ聖歌に負けず劣らずの、魅力的な歌声でした。

ビデオで撮影しました。以下、さわりだけですが、聞いてください。


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
hiroshi さんも「youTube」早速作られましたか? スゴイ!! 聖歌隊ですか? 音が綺麗に入りましたのね! 
コンデジ動画でも出来ますか?

nao さんで教えてと書き込んでこちらに伺ったらもう〜お出来だなんて素早いです事!!
オドロキました!!

ひろべえさんも忙しそう!!
たえこ
2008/09/26 19:57
うわ〜。hiroshiさん作成のYou Tube
すばらしいです。
hiroshiさん、さくっと、こんな素晴らしい動画をお載せになって、すごいなあ。
三人なのにとても迫力のある、良いお声ですね。宗教音楽って素晴らしい物が沢山有って厳かな気持ちになることが出来て好きです。
それにしても、素晴らし過ぎる、 hiroshiさんの技術。
murmur1
2008/09/26 20:21
やぁやぁ、たえこさん、今晩は。

以外に簡単でした〜♪♪
>コンデジ動画でも出来ますか?

ビデオ・カメラの画像を使っていますので、コンデジのやり方は良く知らないのです。ただ、推測すると、おそらく、デジタル・ビデオ・カメラよりもさらに簡単だと思います。ビデオだと、一度、映像の解像度をかなりダウンさせる作業が必要ですが、自分のコンデジの映像情報を見る限りその必要がないほど解像度は低いので、ブログに上げてもあまり負担にならず、かえってやり易いと思いますよ。

一度、you tobeに登録していらっしゃるならば、あとは簡単ですよ。

ひろべえは、慌しい動きをしますねぇ。もう少しゆったりしてくれればいいのですが、せかせか、せせこましく動きすぎですね。早く俳句を詠んでくれないかと、期待していますが、単語ばかりです、まだ。
hiroshi
2008/09/26 20:52
やぁやぁ、murmur1さん、今晩は。

you tube、画像が少し粗っぽいでしょう? 2分前後の映像にまとめると、通常の画質ではかなり重くなってしまうもので、DVDクラスからCDクラスでの1時間画像へ変換して、載せています。これくらいだとあまり負担がかからないみたいですね。

ビデオは、デジタル・カメラ歴よりもかなり長いので、手持ちのビデオ資産?!は豊富なんです。で、こちらの方が扱いやすいのですが、ブログに載せるとなると、画像よりもかなり重くなって無理だと思っていたのですが。

あまりブログが重くならない程度で、これからも載せてみたいと思っています。

が、今回の映像。手ぶれ、横揺れで見難いですよね。慌てて一眼からビデオにチェンジしたばかりなもので、最初は揺れ、ユレ、です。おハズカシ〜〜。
hiroshi
2008/09/26 21:02
hiroshiさん、今晩は。

あれ〜、もう「You Tube」の画像UPしているではありませんか!(笑)

お教えする前に、ご自分で掲載するとはさすがですね〜〜〜

>交響詩「フィンランディア」を作曲したフィンランドの作曲家、シベリウスは、・・・・・

新婚旅行でヘルシンキに行った際、シベリウス公園へ行きましたよ〜
有名は作曲家だったんですね。この時知りました。

北欧はも一度行きたいですね!
あと、オスロやソグネフィヨルド、コペンハーゲンに行きました。
そう少しで、北極圏というところでした!

nao
2008/09/26 23:53

hiroshiさん、こんばんは!

さすが、お仕事が速いですね〜!!
もう、You Tubeにアップされたのですね。
聖歌隊の歌声はあまり聞いたことがありませんが、心に染み入るいい声ですね。

それから、「スヴィール川上流水門通過記録」のほうも、たいへん興味深く見せていただきました。こういうものは、やはり動画で見るほうが面白いですね。水門通過の様子は他にも撮ってらっしゃいますか?たくさん見せていただけると、嬉しいです。
まゆき
2008/09/27 00:15
やぁやぁ、naoさん、おはようございます。

そうなんです。何とか自分で出来ました。やってみると、おっしゃるとおり、案外簡単でした。ただ、ビデオの映像を同じ時間帯分だけそのまま編集すると、映像が100メガバイトをはるかに超えるんですね。一応you tubeには読み込めるようですけれども、少し重過ぎるため、何度か、軽くして、を繰り返して、ようやく身軽にしましたが、結果、画面が少し粗くなりました。もう少し研究の余地がありそうです。ありがとうございました。

>北欧はも一度行きたいですね!
あと、オスロやソグネフィヨルド、コペンハーゲンに行きました。
そう少しで、北極圏というところでした!

お、ソグネフィヨルドにいらっしゃったんですか! まだ行ったことがなく、ぜひ、行ってみたいと思っている場所の一つです! 2年前にトロムセからノールカップまで行って戻るクルーズを見つけたのですが、こちらに所用があって乗れませんでした。いつか、あのコースもクルーズして見たいと思っていますが、あまり設定がないですね。
hiroshi
2008/09/27 08:59
やぁやぁ、まゆきさん、おはようございます。

>こういうものは、やはり動画で見るほうが面白いですね。水門通過の様子は他にも撮ってらっしゃいますか?たくさん見せていただけると、嬉しいです。

お!
同じお考え。賛成です。で、いま、水門通過の映像を大慌てで編集しています。同じスヴィール川上流水門で、実はビデオも回していまして。。。

帰ってきて以来、実はビデオは放りっ放しであったのですが。。。そちらから一度PCにアップして、水門部分を抜き出して、今度はそれを、メモリー量を小さくする作業をやって編集して、と。ようやく、編集作業を始める段階です。ただ、今日と明日は忙しくて触っておれないもので、明日の夜ぐらいに編集してアップするつもりです。お暇な時間がもし、おありでしたら、のぞいてください。うれしいです。
hiroshi
2008/09/27 09:06
hiroshiさん、こんにちは。

中学生の時、写真で見た、ノルウェーのフィヨルドが忘れられなくて、見たくて妻には強引に
(笑)新婚旅行にしました。
ツアーコースでしたが、クルーズ船?(フェリー)でフィヨルドを航行しました。
10月下旬でしたので、甲板上は寒かった!!!
でもその光景は、今でも目に焼き付いています。きれいだった〜〜〜

当時はデジカメが出はじめた頃で、持っていなかったので画像が無いのが残念です。



nao
2008/09/27 10:49
そうなんですか〜? naoさんいとっては、ノルウェーのフィヨールドが、子供のころに教科書で見た憧れの地だったんですかぁ〜。自分は、教科書で見たハワイでした。アメリカ人の暮らしとして引用されていたのが、ワイキキのビーチで休日を過ごす一家、アラモアナショッピングセンター(?当時は知りませんでした。多分、こちらだったのでしょう)で1週間分の食糧を買って車に積み込む姿などの写真を載せていました。アメリカ人の豊かさが伝わってくる写真で、ワイキキの海の青さとカタマランの鮮やかな帆の姿は、いまだに憶えています。

NZのフィヨールド・ランドはダイヤモンド・プリンセスで見たのですが、ノルウェーのフィヨールドは見たことがありません。プリンセスは毎夏1回(多分?)、サザンプトン発着でノールカップまで行くクルーズを催行しており、途中、確か、ゲイランガー・フィヨールドだけですが、かなり奥まで入るようです。ほかに、以前に見たのが、確かコスタのストックホルム発でした。少し地味目のコースですが、夏場に一度、乗ってみたいと思っています。

機会があったら、一緒に行きませんか?
hiroshi
2008/09/27 17:08
hiroshiさん

今、偶然テレビを見ていたのですが、阿覧関、十両優勝しましたね!
取組は見ていないのですが、ちょうど表彰式をやっていました。カッコイイですね〜
来場所は入幕間違いなしってアナウンサーが言ってました。今後も楽しみですね!
まゆき
2008/09/28 15:23
やぁやぁ、まゆきさん、良かった、ヨカッタと大喜びしています。

ちょっと所用で出かけていまして、といってもご近所ですが、出先で会場を抜け出して、テレビ観戦していました。気持ちとしては、昨日、本日と国技館まで出かけて行きたいくらいだったのですが、どうしても抜けられない用件があって、缶詰になっていました。今場所はひょっとすると、という期待はあったのですが、一方で、例の大麻騒動があって同郷の3人があんな具合で、こちらとしてはいろいろと、大変心配していましたが、まずは良かったです。3人の轍を踏まず、このまましっかり頑張ってほしいものです。

>来場所は入幕間違いなしってアナウンサーが言ってました。今後も楽しみですね!

そうですね。ご一緒に応援していただけると、個人的には嬉しいです。阿覧関には頑張ってほしいものです。
hiroshi
2008/09/28 17:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

ボルガ河クルーズ〜キジ島 A 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる