潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS 休憩、動画でフィヨルドランド

<<   作成日時 : 2008/10/03 00:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

 
ボルガ河クルーズを続けていますが、ちょっと休憩します。

変わりに、今回もまた、憶えたての動画で。

画像


「覚え書」ならぬ、「覚えたて、動画」で今回まとめたのは、ニュージランドの「フィヨルドランド国立公園」。
もちろん、安易なクルーズでの訪問記です。ウォーキングは毎日、そこそこ続けていますが、大自然のフィヨルドランドの中を、わずかな人数で隊列を組み、数日かけて、歩き抜くほどの自信は、残念ながら、ありません。ベテランのネイチャー派の方々にご迷惑をおかけするに、決まっています。

画像


で。というわけではありませんが、好きなクルーズの1コースとして。このコースに参加したのは、2006年1月〜2月の間。ダイヤモンド・プリンセスでのクルーズで、1月25日にフィヨルドランドを、ほぼ半日かけて巡りました。

画像


「覚え動画」と言っても、DVDに落とそう、落とそうと思いながら果たさず、安直にVHSに仕立てて残していたビデオ画像。それを元に、再度デジタル映像に読み込んだ、少しお粗末な動画ですが。。。

こちらを良く訪ねていただくnaoさんのブログの、フィヨルド談議に触発されての、思い付きでの映像です。




画像


画像


画像



 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
hiroshiさん、こんにちは

今日は、午後からの出勤です

>フィヨルド談議に触発されての、思い付きでの映像です。

早々にUPしていただき、本当にありがとうございます。嬉しいです

ダスキーサウンド・ミルフォードサウンドともにフィヨルドの海幅が広大ですね。
僕が見たノルウェーのソグネフィヨルドは、もっと狭かったですね!切り立った両側が、ソグネフィヨルドを思い出しました。

D・PでのNZフィヨルド航行は憧れのコースです!
いつかは実現させたいですね!
行きたい所ばかりで困りますね〜

それにしてもhiroshiさん、You Tubeの動画を完璧に使いこなしていますね〜 すごいな〜

動画の掲載サイズは、いくつにされていますか?
見やすい大きさですね〜
教えてください










nao
2008/10/03 12:01
上から続きま〜す

D・Pでの船内放送(英語)と少し聞こえた汽笛が
臨場感たっぷりでした

こんな動画もっと見た〜いです
nao
2008/10/03 12:04
hiroshiさん こんばんわぁ♪

動画のタイトルも入れられてイイナア〜
カメラの画像のカットは少し出来ました(⌒-⌒)ニコニコ...

ニュージーランドで晴天のミルフォードランドにお目にかかるのは本当にラッキーですね!綺麗です事。奥様の手が見れたわ~~~

二度とも変わり易い空でした。前回は朝は良いお天気で喜んで居ましたら急に青空が消えたりでした。
ダイアモンドプリンセスでしたか? ビュッヘのスタッフは同じ緑の模様のシャツ着ていて落ち着いて過ごせそうです。  チョット違うか?
たえこ
URL
2008/10/03 19:55
やぁやぁ、naoさん、今晩は。いつもコメントデス。

ソグネフィヨルドは、そうなんですか? もう少し幅は狭いのですか? その方が迫力は増しますね。断崖や零れ落ちる滝が、きっと、間近にせまって見えるのでしょうね。
以前、陸旅でオスロまで行っていながら、残念ながらソグネフィヨルドへは行きませんでした。で、どんな具合か、何とか、1回見てみたいと思っています。

ニュージランドのフィヨルドランドは、トレッキングで入るにしろ、クルーズで巡るにしろ、少し長い休暇が取れないと無理ですよね。自分も現役時代は、まずいけない場所、と諦めていたエリアの一つです。といっても、そのころにはクルーズなどは知りませんでしたけれども。

hiroshi
2008/10/03 20:37
〜上から続く〜

naoさんのQE2や旧飛鳥の汽笛に触発されて、汽笛の動画も、乗った船の何種類かをビデオ撮りしていますので、そのうちに載せたいと思っています。ボルガ河のクルーズをまとめ終わるのがドンドン後ろへずれ込んで、終了が遅くなりますが、個人的には動画の方が楽しいです。
ただ残念なことに、PCに取り込んだまま残っている高精細デジタル映像よりも、DVDに落とした中制裁デジタル映像か、今回のようにVHSに仕立てた低精細アナログ映像の方が多いもので、余り、乞うご期待、と言えないのが残念です。
hiroshi
2008/10/03 20:38
やぁやぁ、たえこさん、今晩は。いつもコメントデス。

>二度とも変わり易い空でした。前回は朝は良いお天気で喜んで居ましたら急に青空が消えたりでした。

お〜〜!素晴らしい!! たえこさんは2度、こちらをクルーズなさっているのですかぁ! それは素晴らしい
そうですね、ダイヤモンド・プリンセスの姉妹船、サファイヤ・プリンセスでいらっしゃったのは承知しています。ブッフェのスタッフの制服、同じでしょ? 船の造りもほとんど一緒じゃぁ、ないのかな? これまでに乗ったプリンセスの船は、長崎生まれでない船でもスタッフの服装や雰囲気は同じでした。
そうなんです。ミルフォードサウンドで快晴なのは、1年に5〜6日ぐらいだそうですヨね? 船に乗り込んできた現地の案内人もそう話していらっしゃいました。ビデオに一部、声が入っていますが。ラッキーでした。
hiroshi
2008/10/03 20:50
秋らしいバックですね。
海面からぐ〜っと下から上にレンズを向けられて
やはり、ビデオ歴の長いhiroshiさんならではの映像だと感動しながら見せて頂きました。
もう一回みちゃお♪
私のPCから絵文字が入らない。。
ううう、残念。
murmur1
2008/10/03 21:20
やぁやぁ、murmur1さん、今晩は。いつもコメント、デス。

そして、今日はご苦労様でした。ホントに、先生の講演はぜひ、お聞きしたいですね〜〜。ブログがあんなに楽しいのだから、お話は、もっと何倍も、でしょうね。機内で驚きになった(とブログに書いてらっしゃった)テレビの特集番組にご出演なさった折のビデオ・テープさえ、伝手を頼って何とか見てみようと思ったくらいに、murmur1さんのブログはスターのような存在なのです。藤原ファミリーの一員として。(が、どうぞご安心ください。ご出演ビデオを探るような野暮はいたしませんので)。

hiroshi
2008/10/03 21:38
〜上から続く〜

そうなんです。写真歴はまだ1年、いや、ホントのところ半年ぐらいですか。ご存知のとおり。が、ビデオ・カメラは少々長い歴史が。まだ8ミリ、エルモの時代から好きでした。動く映像は。
そうなですか? マックからは操作できないんですか?絵文字は。いや、PCのことはわからない、知らない人間ですが、それは残念。murmur1さんのコメント欄の、あの絵文字入り文章もファンですもので。絵文字はやはり、センスと感覚、ですよね。トホホ。。。
hiroshi
2008/10/03 21:39
naoさんへ。

一つ忘れていました。

動画のサイズです。1ランク下げて、つまり小さくしています。340×280です。
hiroshi
2008/10/03 21:50
ははは。あの日記、読んで下さってたのですね。有り難い事です。
そ〜です。ぎゃうわん!わたしだ〜〜、そいつ〜は〜、って感じでした。まあ、緑のオペ着を着て、オペ帽被って、マスクでは当の本人しかわからないですよね。日本が近くなると、スクリーンでNHK関係流しますでしょ、あれでした。あれが流れると、帰って来ちゃったな、寂しいって感じがします、特にハワイの帰りは。私、大写しになったの初めてじゃないんです、、貴乃花と、りえチャンが破談になった時もソニプラで、にゅ〜っとマイクが出て来て意見を求められ、翌日のお昼の何かの番組で流れていたらしく、あとで友人に「お前は何をやっているんだ!!っとに〜」と叱られました。他にも何回か有りまして、母にはあなたには隙があるのです!って怒られてますトホホ。
murmur1
2008/10/03 22:12
それはさておき、エルモってあの八ミリ映写機の会社の事ですか?ヤシカとか。もう、プロに近いって事ですね。動画は難しいです。じぶんが思ったよりずっとゆっくり動かさないと、あとで見た時に気持ち悪くなっちゃうんですよね、酔ってしまって。1.2.3.4.5.位ゆっくり数えてから動かさないと。。hiroshiさんの映像を見ているとテレビの画面の動きと同じに自然なので一瞬TVを見てるのかと思ってしまいました。歴史が有りますね、hiroshiさん♪
murmur1
2008/10/03 22:12
あっはっは〜。
思わず笑っちゃいました。大声を出して。

で、スワ、何事、ついに頭にきちゃったか、と思ったのか、階下の居間で趣味のビーズ刺繍を打ち切ったのでしょう、隣りの自分の部屋に戻ってきた相棒が、ドアを開けて覗いて、首をひねりながら、またドアを閉めて、いま、また出て行きました。

そうです。エルモは戦前からあったのですが一時生産を中止しており、戦後、自分が高校生くらいの時に再び生産を始めたカメラメーカーです。その後シングル8が出て、親にねだって買ってもらって。以来、趣味で8ミリを使っていましたが、社会人になってやめました。そしてビデオカメラが出て、再び、今度はビデオで動く映像を撮るのがまた趣味となって。。。おっしゃるとおりですね。下手な映像だと、見る段になってめまいが。自分も、自分の撮った映像を編集していて、良く頭痛に悩まされています。未だに。加えてデジタル時代に入って、カメラがとても軽くなって、結果、良く揺れて、また頭痛画像になるんですよね。少々重かった時代の方がいい映像を撮れたように思います。

hiroshi
2008/10/03 22:47
〜上から続く〜

>にゅ〜っとマイクが出て来て意見を求められ、翌日のお昼の何かの番組で流れていたらしく、あとで友人に。

何度読み返しても、楽しいですね。murmur1さんに申し訳ないですが。頭脳明晰、気鋭のドクターの側面と、ブログに象徴される感性豊かな、でありながら、どこかピントがキラり、抜け落ちているかも? という側面を併せ持っていらっしゃる複雑怪奇??なご性格、ご気質。だから、きっと、本日も大変に、聴衆をひきつけたお話をなさったことでしょう。

しかしまぁ、ホントに一度、講演をお聞きしたいものですねぇ〜〜。
hiroshi
2008/10/03 22:47
その友人はマジに、お弁当を吹いたそうです。
ひどいなぁ・・・実は最初は女性の友人が隣に立っていて、あ、貴勝ったね!って私が横の友達に言ったら、隣にいたのはインタビュアーでした。友人は跡形もなく消えてました。ぽっか〜〜〜ん。(さくっと逃げちゃったんですね)奥様、ビーズ細工されるのですね。素敵な趣味ですね。今度是非ブログで見せて頂けたら嬉しいです
murmur1
2008/10/03 23:07
>マジに、お弁当を吹いた。。。

そうでしょ、ねぇ〜〜。こちらも、口に食べ物が入っていなくて良かったです。コメントを最初に拝見した時に。コーヒーを飲みながらPCをタッチしているのです。で、コーヒーが口に入っていたら、惨事でした。プププ。。。あ、PC、アウトだぁ〜と。

彼女のビーズ刺繍は、友人の影響です。教えているほどの腕の方、だそうでして。で、クルーズのフォーマルで、ホンモノの宝石ではなく、自分で作ったビーズのネックレスなども持参しているようです。オトコにはわからない趣味の世界ですね。ロシアのボルガ河クルーズでも、ロシア版テーマパークとして紹介した「マンドローガ」のビーズ刺繍の女性(ブログで写真を載せました。指先の写っているのが彼女とうちの相棒です)と話が弾んだようで、どっぷりとその店に座り込んでいました。お陰でこちらは、1時間ほど園内を単独行動していました。
hiroshi
2008/10/03 23:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

休憩、動画でフィヨルドランド 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる