潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS ボルガ河クルーズ〜終着駅、モスクワ港着

<<   作成日時 : 2008/11/28 16:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

 
モスクワの中心、「赤の広場」。
その広場の東北、約10キロの郊外。
クルーズ船の、終着港は、そちらにありました。

画像


今回のリバークルーズ、ボルガ河クルーズの終着点である川港。

名前は、英語表記では「モスクワ北、川港=North River Terminal」。ロシア語では、「河駅=レチノイ・バクザール( Rechnoy Vokzal)」。
ターミナルの案内窓口でもらった地図には、こう表記されていました。

画像が、なんか妙だ。。。レチノイ・バクザールもキリル文字ではない。読める! ではないか。。。とすると、これも英語?? 

あとでスルー・ガイドさんから教えていただきました。
こちらの案内窓口では、外国人向け地図はすべて、ロシア語の駅名や街名、川名や地名を、原音どおりに英語表記している、のだとか。納得、納得。


画像ことのついでに、その地図の解説をそのまま引用して。。。
「レチノイ・バクザール」とは、ロシア語で「川駅」という意味なのだ、そうです。(Russian: Речной вокзал, meaning "River Station")。

そして、モスクワに二つあるクルーズ船の港のうちのメインであって、1937年に完成したのだそうです。


画像


画像。。。というハナシの続きは後ほど、にして。
少し余談を。

このウェブリ・ブログは、ほぼ2カ月前に「機能強化して、アクセス・レポートを強化した」、としています。

PC音痴です。
当初、何のことかサッパリ、、、いえ、今も同じ、全体像は理解不能ですが。。。


画像昨日、遊びに来たPCに強い友人が、こちらのPCのマウスをいじり回して、その「アクセス・レポート」などを眺め回したあと、このブログについて、いくつか教えてくれました。

一つ。この「覚え書」を訪ねていただく方々のうち、「検索」でいらっしゃる人たちの割合が、平均値よりも少し高い、のだそうです。
いえ、訪ねていただく人たちが多い、という意味では、毛頭、ありません。そちらの方は、平均値をかなり下回っている、そうです。もともと「覚え書」ですので、こちらは、そんなこと、畏れ多くて、気にもしていないのはモチロン、ですが。。。

そして、PV(ページ・ビュー、とか、いうのだそうです。お訪ねいただいた方々の記事ごとのカズ。)500を超えた過去の、古い記事もある、のだとか。「これは、感謝して喜べ」と、キヤツは言っていました。もとより、いつも感謝しております。。。


画像つまり、PCの一番のメリット、とこちらが考えている、旅の参考資料収集に「たいして面白くもないオマエのブログも、かろうじて、チョビッとは見てもらえる、聞いてもらえる人がいる、というトコロ。文章がバカ長いから、検索に引っかかる文字も多いのだな」とその友人。

とすると、バカ長い文章、も、かろうじて取柄はある、ということではないですか。

旅するに不必要な、細かな情報。ガイドブックに載っていない、いらずもがなの文章。。。
これも無駄ではない?
我田引水ですナ。アホ、みたいに。


画像


と、長々とまた、鰻の寝床以上の長い「余談」を書いています。
言い訳、をしているのです。エクスキューズ、です。
またまた、長々と文章を書き込むことへの。。。

画像とうことで。
「レチノイ・バクザール」のハナシを再び。。。

敷地の長辺は南北およそ5キロ、東西は、港に隣接して連なる公園部分を含めて、およそ300メートル。海の港でもあまり見たことがないほどの、スペース広大な港でありました。


画像距離は測ったわけでは、もちろん、ありません。

港の中央に立つ、岸壁から眺めると3階建てのターミナル・ビル。旧ソ連時代の建物です。どこか、おっかなそうな、威圧感のある外観。。。
その高い尖塔を持つビルの中の、観光案内所で教えてもらった数字です。


画像そのビルの中には、観光案内所やクルーズ会社のデスクが。お店もありました。

が、そのどの施設も、どの職員も、古いソ連のイメージのまま。華やかさも、笑顔も、商売っ気もなし。こちらのいくつかの質問に、ぶっきら棒に答えてくれました。

やって来る人々への心地良さのお裾分けや明るさ、やさしさなどの提供は、かつての体制下では不要であったのでしょうね。多分。

ただ、ぶっきら棒なのではなく、仕事とはそういうものだと、堅く信じていらっしゃる風情に見えました。少なくとも、低俗?な西側商業主義??にとっぷり浸かってしまった、こちらから見て。


画像公園を突っ切って、港エリアの最西端へ。

サンクト・ペテルブルグへ通じるメイン・ロード、レニングラード大通りが、港エリアと平行に南北に走っていました。

片側4車線、計8車線。右、南へ下がるとモスクワ中心街。左、北へ向かうと、はるか、サンクト・ペテルブルグだそうです。




その大通り沿いに、幅5メートルほどの歩道。そしてその歩道と車道の境界に、「宮殿のような」と良くたとえられる、豪華な、モスクワ名物メトロの、2号線の北の終着駅「レチノイ・バクザール駅」へ降りる階段が延びていました。
個人でクルーズ船に乗るとして、モスクワからの交通の便は良さそうでした。

公園は、なかなかきれいでした。
緑がいっぱいで、ちょうど日曜日とあって、射的屋などの遊戯店も。親子連れも結構、みました。

画像


レチノイ・バクザールに入港したのは、6月15日午後零時半ごろ。
途中のモスクワ運河通過中、数多くの船を見ました。遊覧船、大型クルーザー、ヨット、観光船。。。

さすが、世界一の大富豪が数多く住む、と聞くモスクワです。大型マリーナも、停泊するヨットや豪華なクルーザーも、米国や西欧の国々と同じように。いや、それ以上であったかも。規模はともかく、マリーナの数の多さでは。

画像


日曜日とあって、運河沿いでバーベキューを楽しんだり、水着姿で日光浴を、というモスクワっ子も少なからず。

こちらは、船で昼食を摂ったあと、迎えに来ていた貸し切りバスで、モスクワ観光へ。午後2時過ぎ、レニングラード大通りを南下しました。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像

 
航空写真+地図は、レチノイ・バクザール

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ!(^ヮ^)hiroshiさん

明るいモスクワっ子の様子♪
美しい船の様子! なんだか見たような高速艇は夏の宮殿に行くときに乗ったのに同じかな?です。
いろんなクルーザーです。こんな様子は大好きです。

河駅=レチノイ・バクザール はがっしりした建物です。1937年に完成したのですか?
ロシアの年配の両手を腰に当てて威圧的な女性を連想しましたです。ガハハ〜!

>アクセス・レポートを強化・・・ 
そうですか?皆さん競争相手が多いから大変でしょう。
本当に私も我がエキサイトのレポートには驚いています。
1ケ月に何方がアクセス何回か?同じブログ同士はみな判ります。
他の検索サイトとか、過去のもみな解析されて驚きです。無料で使わせて頂いていて、不具合のメンテナンスが有るときつく文句を言う人が多いですが
不景気でサービス無くなったら本当に困ります。
楽しみが一つ減るんです。
たえこ
2008/11/29 21:02
hiroshiさん こんばんは

ほんの少し留守にしておりました。
hiroshiさんのご推察どおり、いつもの船でクルーズを楽しんでまいりました。といっても超ショートクルーズで、お楽しみはあっという間に終わってしまいましたが。

ほんのしばらくの間に、こちらのリバークルーズ船は帰港してしまったのですね。郊外とはいえ、やはりモスクワ近郊、今までの風景とは違い、高いビルなども見えていますね。

>そのどの施設も、どの職員も、古いソ連のイメージのまま。華やかさも、笑顔も、商売っ気もなし。

え?でも、こんな綺麗な案内の女性がいらっしゃるじゃありませんか、、、とよく見たら写真でしたね。思わず一人で笑ってしまいました。

ところで、アクセス・レポートの話ですが、私のブログでも時々見てみますと、思いがけない言葉で検索していらっしゃる方がいて驚きます。でも、私のブログはあのような、いい加減な内容ですので、せっかく来ていただいても何の役にもたたないでしょうにと申し訳なく思っています
多分、そんな方たちは2度と訪問されることはないでしょうねぇ。
まゆき
2008/11/29 23:55
やぁやぁ、たえこさん、今晩は

ちょっと留守にしておりました。
お返事が遅れて申し訳ありません。

>ロシアの年配の両手を腰に当てて威圧的な女性を連想しましたです。ガハハ〜!

さすが!! うまいこと、おっしゃいますね! まさに、そんな感じの建物でした。ロシアのあの時代の建物は、ほとんどが、上部に星が載せられていますね。船も、船首に星付きが多かったです。モスクワを訪ねた1カ月半ほど前、今年の5月に、旧ソ連時代のような軍事パレードが行われたでしょ。その後のグルジアとの紛争など、あの国は昔の強いロシアへ逆行している風情もあり、何となく怖い印象が強まっていますね。

ブログの方、互いに競争激化で、その恩恵を我々は受けているわけですが、なくなるとホントに困りますね。皆さんの真似をしてスタートして、今ではこちらも、楽しみになってしましました。
hiroshi
2008/11/30 16:11
やぁやぁ、まゆきさん、今晩は

楽しんでらっしゃいましたね〜。やっぱり、まゆきさんの船だったんですね。囲碁のテーマだったので、ひょっとすると違うかな?とも思ったのですが。。。

こちらも、まゆきさんのような大型の留守ではありませんが、ちっちゃな楽しみで1泊で出かけておりまして、お返事が遅れて相済みませんでした。

>え?でも、こんな綺麗な案内の女性がいらっしゃるじゃありませんか、、、とよく見たら写真でしたね。

ね? そうでしょ? こちらも、通り過ぎにびっくりしました。何体かあんな宣伝看板が並べてあって。等身大なのですよ。金髪あり、ブラウン・ヘアあり。しかもかなりの美人ばかり、みんなこちらを見て爽やかな魅力的な表情なのです。どうして自分を見つめているのか? 不思議ですが、何ともいい気持ち。が。。。近眼なもので(最近は老眼もプラスしてきました)、近くまで行って初めて写真だとわかりました。残念無念。まさか、そんなハズは、との思いが現実になって。様子でこちらが何を思ったのかわかった相棒は、げらげら、声を挙げて笑っていました。

hiroshi
2008/11/30 16:23
こんばんは、hiroshi さん
>「検索」でいらっしゃる人たちの割合が、高い
これは凄い事ですよね。
検索で来られる方はやはり検索をして上位のブログにまずアクセスしますもの。さすがだ、hiroshiさん!皆さんに必要とされているブログだって言う事ですよね。頼もしいブログです。
モスクワはまた違った雰囲気ですね。
皆さん、水着姿になってらっしゃいますが、寒くないのでしょうか?モスクワはトランジットしかないのでいつかは行ってみたいです。
なんだろ、この女性、めちゃくちゃハマってます。間違えますよ、かなりリアルっぽいですもん。hiroshiさんのブログのように、こう言う学問も勉強出来るブログは人気でますよ〜〜
murmur1
2008/11/30 23:18
hiroshiさん こんばんわ
ロシアのクルーズ何日くらいのツアーでしたか。
途中参加でしたが、楽しく拝見しましたロシアの風だけでなく、歴史・国柄等も知る事が出来、
得る事多いです。

今回の記事で、パソコン知識0を再確認しました
それと常々感じていますが、hiroshiさん始めクルーズ関連のブログはレベル高いです
mayumi
2008/12/01 00:36
やぁやぁ、murmur1さん、おはようございます

ブログの検索率が高い、ということ。多い、ということではないのでして。。。だから、友人が言うとおり、文章がバカ長い影響でしょう。検索対象となる文字が多いだけのことだと思いますヨ。参考になっているとは、決して思えません。単純な思いを書き連ねているだけですので。

>皆さん、水着姿になってらっしゃいますが、寒くないのでしょうか?

はい、写真を撮りながら同じように思いました。日中の最高は30℃近くまで上がるのですが、写真を撮ったのは全部、午前の早い時間帯、多分、気温は20℃前後ほど。北の国々の方たちにとっては、水着で十分な「暑さ」だったのでしょうか?

美女の等身大看板の林立。あれは、男たちの目が間違いなく釘付けでしょうねぇ。イタリアのどこかの街の繁華街にあれば、話題になるところでしょうが。。。ロシアではいかが、だったのか。求心力、訴求力は? 広告として効果的だったのか? 美女に弱いこちらは見事にひっかかりましたが???
hiroshi
2008/12/01 10:40
やぁやぁ、mayumiさん、今晩は

船に乗っていたのは9泊です。長くはないですね。ボルガ河でも南、カスピ海方面行きは2週間は必要なようです。

>今回の記事で、パソコン知識0を再確認しました

いえいえ、自慢じゃァありませんが、お仲間です。PC歴は20年を超えますが、現役時代はただ読む、キーボードを使うのは文字を書くだけの状態でした。ネット・サーフィンなどはリタイア以降初めて実行し、ブログ歴はまだ1年半。メカなどはまったくわからず、友人の話の半分も理解不能です。要は、長々文章を書くことの負い目を、読んでいただくmayumiさんや皆さんに申し訳なくて、言い訳をしただけなのです。バカ長い文章も、いくらかは存在価値があると、友人の言葉をこれ幸いに、言い訳をしたのです。ゴメンナサイネ。いつもバカ長い文章。ウンザリでしょう?

それはそうと、たえこさんのブログで知りました。現在、ご準備中なのですね? 明るいmayumiさんのお作りになるブログ、ぜひ拝見したいです。hiroshi
程度で作れますから、慣れると簡単ですよ〜〜。
hiroshi
2008/12/01 10:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

ボルガ河クルーズ〜終着駅、モスクワ港着 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる