潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS ブログ再開〜「台湾夜市」

<<   作成日時 : 2008/12/16 22:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

 
誘われて、ぶらぶらと。「遊び」旅に。
行き先は、つい目と鼻の先の、台湾。

画像


東南アジアから南アジアにかけて。
こちらのエリアでは、指折り数えられるほど、わずかな国々しか行ったことがありません。現役時代に仕事で訪ねた国を加えても、ほんの少し。

台湾も、これまで訪れたことのなかった、場所の一つです。今回、初訪問。

画像

カット・フルーツ入りジュース屋さん。下写真は、置き並べられたその素材。さらに下はミルク入りフルーツ・ジュース屋さん。有名店をアピールし、看板には訪れた著名人のサインが。

画像


画像


画像


画像学生時代からの友人の一人に、「台湾大好き」。「いちばんウマの合う、居心地快適な場所」、と語る奴がいます。

そして彼は、戦後、日本がようやく復興、高度成長期入りし、観光旅行が自由化された直後のまだ若いころから、休暇が取れると度々、こちらへ。
夫唱婦随でしょうね。奥様もお好きで、ゴルフと温泉巡りを目的に、一線を退いた今でも夫婦仲良く、通い続けています。

画像画像思い込んだら一途に。。。
少々粘液質でしつこいっと思ったこともあるくらいです。同じ土地ばかりへ、繰り返し、行って。
が、考えてみれば、通い詰めた場所こそ違うものの、似たようなことを自分も現役時代に続けていたので、あまり人を悪し様に言えませんが。。。

で、彼は、この土地のホテルはもとより、ロングステイ用コンドミニアムなどのアコモデーションや公共バスルートなどの知識は、生半可なプロのガイドそこのけ。ウォシュレット・タイプのトイレの、ホテルごとのあり、なしまで、良くもまあ、そんなクダラヌことまで知っているワイ、というほどの「通」でありまして。

画像画像そして、「素晴らしい国だ」。「この国の愉快さを知らずにあの世へ旅立つのはモッタイナイ」などと、これまでも度々、こちらを誘うのでした。

で、あの世行きも、そうそう遠い将来ではない。そんな思いが頭をよぎるようになってきて、ついつい、誘いに乗って。夫婦同伴、そろっての、短いぶらぶら旅に行ってきた、というワケです。


画像

水餃子屋さん。

画像

弁当屋さん。下写真はおかず屋さん。

画像

 
年の瀬も目前。
ブログではいま、「ボルガ河クルーズ」を、長々と続けています。で、その「覚え書」は、まだ終わってはいません。
が、まさか、半年も昔のクルーズ旅の記録を、年越し、してまで続けるワケにはいきませんので。

帰国、ブログ再開。
そうすれば真っ先に、かのクルーズの「覚え書」を締め括らなければいけなかったワケです。
が。。。

画像


画像


画像


画像


旅して帰って来て、その旅の記録をまったく触れないのも何だか。。。
で、一応、今回の遊び旅の「覚え書」を、ちょっぴり。ホンのわずか、だけを。。。

今回は、題して「夕食は大道にあり」。
もちろん、こちらの下手な造句です。
が、道の上の、星空の下の味はとてもおいしそうに見え、今回画像掲載の街でこそ食べなかったものの、別の街では実際に、じっくり味わってきました。

この土地に限らず、中国系の方々の街では、家で食事を作らず、路地や広場に出店する屋台で仕立てられた料理を、星空の下のテーブルでお摂りになる方々が結構いらっしゃるワケですが。。。

有名な「台湾夜市」では、本場、大陸側の街々に匹敵するほどの数多い屋台街が連なり、愉快に雰囲気を楽しみました。

円高さなか、お値段の安さも見事で、別の場所での、ごく普通の中華レストランでの夕食後に、満腹状態で訪ねたのが、いささか残念でした。

画像


画像


画像


画像


夜市は、中国本土や華僑の皆さんの住む国の街路や広場と同じく、台湾でも、どの街でも開かれているようです。
うち、今回の撮影場所は、北緯ほぼ22度、カウアイ島と同緯度帯にある高雄市の「六合夜市(りょうふーいえすー)」。食事や飲物、デザート、スイーツ関連以外に、Tシャツなどの衣類、マッサージ屋、射的場などのお店も軒先をそろえ、賑わっていました。

画像


画像


画像


画像


さすがに南国。
日中の気温は30度を超え、夜に入って涼しくなったと言っても、午後9時現在で23度と、こちらの感覚ではまずまず「夏」の範疇に入る気温でした。

最後に、蛇足を。
為替レートは、訪ねた折に空港で1ニュー台湾ドル(元、またはNT$)3.2円。夜市(よいち)の屋台の看板に出ている数字の単位は元です。


画像

上、下ともアイスクリームの天ぷら屋さん。

画像


画像

ビンロウ屋さん。

画像

サトウキビのジュース屋さん。

画像

フルーツ屋さん。釈迦糖(しゃかとう)と蓮霧(れんふー)が旬。ほかにスターフルーツ、スイカ、オレンジ、マンゴー、メロン、棗、パパイヤ、イチゴ、パイナップル、ざくろ、リンゴなどが並ぶ。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
hiroshi さん お帰りなさい!

台湾とは意外でした。 こんなに一気に載せて勿体ないですよ〜
食べ物の画像の多いのがスゴイです。食事前ですから〜 食べたいものがいっぱいです。
お味は如何でしたか? お口に合いましたか〜

アイスの天ぷらですか? 日本でも有るようですが食べた事ないなあ〜
どじょうも大きいように思えます。柳川風なのかなあ〜 かば焼き?
フルーツも流石に豊富ですね。

沢山の画像で凄〜い 景色の画像も有るでしょう? 楽しみ♪

阿里山で風邪ひき一夜で回復したのが思いだされました。 お正月でしたから〜 寒かったです。 
たえこ
URL
2008/12/17 16:58
やぁやぁ、たえこさん、今晩は

こちらも意外でした。棒振り遊びは止めていたのですが、またまた振り回すことになるとは思ってもいませんでした。長い間やっていなくても、雀百まで何とかで、案外遊べるものなんですね。
あちらの国に、温泉があれだけあるのも意外でした。水着ではなく日本と同じ、裸で入れる温泉が。
>阿里山で風邪ひき
あちらは行きませんでしたが、山なんでしょ?今ごろは寒いのでしょうね。大変でしたね。回復されて何よりでした。
今回は、長々とブログに載せる思いはありません。たくさん撮ってきたので少しもったいないですが、3,4回でやめます。観光もホンの少し、してきました。いつか機会があったらまた載せるかもしれません。

アラスカ・クルーズ、まだオーロラの画像を拝見できませんが、楽しみにしています。 
hiroshi
2008/12/17 19:31
台湾でらっしゃったのですね。おかえりなさ〜〜い。全然分からなかったです。本当にお近くだったのですね。たえこさんが仰られている様に、こんなに一度に見せて頂いちゃって宜しいのでしょうか。なんだか、申し訳ない位です。
沢山の食べ物。凄いですね。果物のおいしそうな事。蓮霧の札の写真の、手前のオレンジの果物は黄桃でしょうか?柿かなあ。沢山果物が有ってワクワクしちゃいます。
キャベツの映っている写真の赤紫は肝臓でしょうか>その向こうの白いのはさっぱり分からない。食べれる物なんですよね。って分からない物が多くて、見せて頂いてワクワクしちゃいます。蟹って名札が出ているお写真の左のびよ〜〜んって長いの、これ、なんでしょうか?わかんないよ〜〜。わかんないのが沢山遭って、大興奮です!
murmur1
2008/12/17 20:17
台湾の方って几帳面なのですね。並べ方が。香港の屋台だと、もっと雑!って感じでしたので、訳の分からない物が並んでいるけれど、きちっとした印象ですね。hiroshiさん、お食べになられてお腹は大丈夫でしたか?お水とかは如何でしたか?
hiroshiさん、ゴルフもされてらっしゃたのですね。日本だと、もう寒くて一寸する気になれなくなっちゃいますが、台湾でなら大丈夫ですね。続きを楽しみにしております。
murmur1
2008/12/17 20:18
やぁやぁ、murmur1さん、今晩は

今回は、旅というよりも、遊びが目的だったんです。はい、棒振り。あの島に詳しい友人の一人から、プレー料金が安い、温泉がある、食べ物が旨い、などを売り文句に、全部段取りするからと以前から誘われていたのです。あまり魅力は感じず、これまで、どちらかというと敬遠気味の土地であったのですが、長期の旅行は今、余り出来ないもので、行ってみることにしました。で、出かけてみると、案外面白い土地でした。これまで「食わず嫌い」の場所へ出かけたことが過去にもありましたが、どの土地も、いざ行ってみると面白かったから、今回もそれほどイヤではありませんでしたが。。。

hiroshi
2008/12/17 21:00
〜上から続く〜

>香港の屋台だと、もっと雑!って感じでしたので
お! お姫さまでも、路上レストランはお覗きに? 香港ではB級グルメもお食べになるんですか? それはまた、嬉しいですね! お仲間、お仲間!!
蟹の横にあるのは蛸の脚の揚げた物ですね。香港の粥麺専科のような屋台です。注文すると、希望に応じて入れてくれる仕掛けのようです。内臓が並んでいるのは、これも粥屋で、魚の内臓や腹子?のようなものばかり。これは海鮮粥屋の看板を掲げていました。

行く前にお話していたように、持って行ったのはポケットに入る小さなコンデジだけです。腕が皆さんよりも劣る上にカメラもそんな具合ですから、たえこ先生や、最近、新レンズを使って仰天するような写真を発表されているmurmur1先生のお眼鏡に適う写真は、多分、撮れてきていないと思いますが。。。あと、3回くらいは台湾の写真を載せるつもりです。

hiroshi
2008/12/17 21:02
〜追伸です〜

ハナシは変わりますが、もうすぐ8並びですね。murmur1さんのブログ。明日ぐらいかな? どんな仕掛けがあるのか、どきどき、ワクワクしています。
hiroshi
2008/12/17 21:02
ご友人のアレンジが有れば安心して心から満喫出来たですね。とってもリラックスされているご様子が写真からも伝わって来ます。あ、そうか、タコの足か〜。なるほど〜。ゾウの鼻に見えた〜。そんな事有る分けないんですけど。どうしてもゾウの鼻に見えちゃって。。気になって、気になって。屋台とか、市場とか、のぞくのぞく、大好きです。お正月の元日に市場で牛の頭を見た時は、元日に縁起でもないかと思いましたけど、そう言う場所ってとても活気が有って大好きです。香港だと、裏道のお皿とかを手裏剣みたいにタンタンタ〜ンって投げて寄越す様な、食堂などで地元の方しかいない所で食べるのが大好きです。わ〜、まだ続きが沢山遭って楽しみが増えました。
8並びはですね、本当はブログで言うほどの事では無かったのですが、明日はお家に居ないので、お話する機会が無くなっちゃいそうで、今日お話ししちゃったんです。偉そうに言うほどの事じゃないんです。。すみません。私も実際その場を見れないので良くわからないのですが、多分88888番目の方だけ見れるらしいんです。多分(汗)私も誰が見て下さるのか一寸楽しみです。
murmur1
2008/12/17 21:45
いま、murmur1さんのブログを拝見してきたところです。チーズの話。

あちらで書きましたが、ご紹介のHPを見ながら、ル・マンやフジェールなどあのあたり、ペイ・ド・ラ・ロアールやバス・ノルマンディーを旅した日のことを、とても懐かしく思い出していました。

そうですか。8並びの仕掛けは、たったお一人だけですか? 拝見できるのは。たえこさんも、明日は、と張り切っていらっしゃるようだし、こちらもよほど頑張らなければ。でないと、見ることが出来ないんですね〜〜。

そうですか? murmur1さんが香港がお好きなことはブログでを拝見して承知していましたが、ペニンシュラで代表される、あの雰囲気がお好きなのだと錯覚していました。そうですか?
>お皿とかを手裏剣みたいにタンタンタ〜ンって投げて寄越す様な、食堂などで

ハハハ。お姫さまも、手裏剣の登場するB級ご体験もおありなんですねぇ。嬉しくなっちゃいました〜〜。
hiroshi
2008/12/17 22:09
「休憩」と書いてあったので、どこかへ行っていらっしゃると思っていました。
台湾だったんですね。
なんか、屋台は誘われるものが・・・・「これ頂戴!おばちゃん、もっとまけて!!」なんてやりとりができそうな・・・・楽しそう。それに、勢いありそう。

今の日本はやや勢いがなくなっているような・・・人と人のやりとりがないからなのかな・・・

>ゴルフと温泉巡りを目的に、一線を退いた今でも夫婦仲良く、通い続けています。

台湾にも温泉があるんですね。温泉って日本の文化のように思っていましたが、そうですよね、自然のものだから湯が湧いているところは「温泉」なんですよね。当たり前のようだけど、すごい発見でした
らあく
2008/12/18 08:17
やぁやぁ、らあくさん、今日は

と言っても、昨夜、寝るのがおそかったもので、ホンの少し前に目覚めたばかりで、心境はまだ「おはようございます」です。

そうなんですよ。台湾には温泉がいっぱいです。温泉のハナシをするときは「ゆうちゃん」とお呼びした方がいいのかもしれませんね。友人の受け売りですが、60くらいもあるそうです。日本と同じ環太平洋火山帯に乗った島国だから当然、といえば当然なのかもしれませんが、こちらも、彼に連れて行ってもらうまでは、そんなに数多くあるとは知りませんでした。しかし、ヨーロッパや中東、カナダの温泉と同じく、男女混浴で水着で入るタイプが多く、「日式」と呼ばれる、いわゆる日本の温泉のような、男女別々で裸で入浴する温泉はそれほどないそうです。日本の統治時代に整備された温泉、日本からの観光客を当て込んだり、日本のスタイルを好む人が多くなってきて、増えたのだそうです。

hiroshi
2008/12/18 11:41
〜上から続く〜

2カ所の温泉を巡ってきたのですが、いずれも「日式」と水着着用のスパと両方ありました。うち、知本温泉というのが台湾中南部の太平洋側にあり、そちらのロイヤル・ホテルというところで2泊したのですが、こちらはとても居心地の良い温泉でした。無職透明、ちょっぴり塩辛かったです。ゆうちゃんと同じく温泉が好きなもので、ただし、ゆうちゃんほど詳しくないし数多く知ってはいないので、あくあmで素人の感想です。

>なんか、屋台は誘われるものが・・・・「これ頂戴!おばちゃん、もっとまけて!!」なんてやりとりができそうな・・・・楽しそう。それに、勢いありそう。

うん、うん、確かに。らあくさんのおっしゃるとおりで、バイタリティがありますね。中国系の方々は。こうやって覗いて回ると、試食品をいただけるんですね。外国人は。見た目、向こうの方々とまったく変わらないハズなのに、どの店でもすぐに日本人と見破られました。それでただ食いできた、という、ありがたい特典がありました。
hiroshi
2008/12/18 11:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

ブログ再開〜「台湾夜市」 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる