潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS 台湾で。〜〜プレ、初詣。

<<   作成日時 : 2009/01/04 00:10   >>

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 16


初詣。
今年もまた、皆さんそれぞれ、ここぞと仰ぐ場へ、お訪ねになったことでしょう。

画像



ほぼ半月前。
わが、2009「初詣」に先立って、台湾でいちばんの、「祈りの場」を、踏んできました。
いわば、「プレ、初詣」。
観光地としても著名な、台北市の西部、古い街並の中のお寺へ。

画像


画像


画像


以前から、不思議に思っています。

個人的な思いです。
が。
なぜ? でしょうね。

老子を教祖と仰ぐ、中国の民間信仰「道教」の祈りの場。
香港でもシンガポールでも上海でも、訪ねると、同じ思いになるのですが。。。

命の少ない砂漠で生き続けるための、おきて(掟)として宗教を生み出した人々と違い、
あり余る命に取り囲まれた、農耕民族の、同じアジアの、似たような「祈りの場」でありながら。。。

「道教」を加味した「仏教」混淆の中国系の寺院は、日本の神社仏閣に比べて、大変にイキイキと活気があり、華やいで、バイタリティーに溢れて見えませんか? 逆な言い方をすれば、派手でキンキラキンで落ち着きがない。

比較すれば、
維新の神仏分離とは無関係なのでしょうが、日本のそれは、神も仏もともに、イメージは暗い。別の言い方をすれば、崇高で敬虔。

釈迦牟尼仏の説法を基に、人としての煩悩や苦悩の解決を説く日本の「仏教」では、自己研鑽や彼岸、涅槃の世界入りを、
あるいは来世での極楽往生を祈る場、が、お寺の役目のように見えますが。。。

であるためか。
あるいは、ここで触れもしなかった、たとえば没個性民族対自己主張民族、協調派対競争派、のごとくのような、もっと根本的な国民性の違いが原因か。。。

いずれにしろ日本の寺社は、もっと静謐というか、静かで落ち着いた、いわゆる利休好みの茶人風、雰囲気です。


画像


画像


画像


画像


画像


画像


が。
「道教」の神々は、祈れば叶う、というか、現世利益に、ムチャクチャ、応えてもらえるから、というか。
そんな、悪く言えば剥き出しの欲望が、祈りの場に満ち溢れている、のではないでしょうか。
あの賑やかさ、晴れがましさの裏側に。

第一、何とまァ、お若い方々が多いことか。
「赤い糸」で結ぶ相手、相方、相棒占い。
その相方が、いつ現れるかのお告げ。
その相手を早く欲しい、手に入れたいの願いまで、みんな、聴いてもらえるらしいのだから、こりゃあ、お若い女性たちや男性たちに、人気沸騰のお寺になって当然、なのでしょう。

廟内には、縁結びの神「月下氷人」ならぬ、白ひげの「月下老人」という名の神さもいらっしゃって、若い女性たちにモテモテ。そしてその神さまの前には、占い結果で持ち帰って大切にしてもいい「赤い糸」まで、ぶら下がっていますから。

日本では、正月の初詣と賑やかな祭礼の時を別にして、普段のお寺や神社は、お年寄りばかり。
言葉は悪いですが、「華やぎ」とか「お色気」とか、「溌剌さ」とか、そういう雰囲気とは縁薄い世界です。


で。
まだ、あとしばらくは一応、本番継続中の、日本の初詣のシーズンですが。。。
この季節のほんの2週間ほど前に巡った、台湾の有名・古刹。

華やかできらびやかで。。。
祈りの人々がひしめき、数多い供え物が境内を満たし、いい香りの線香の煙が体にまとわりつくように吹き流れて、群集に押されながらの大混雑の場。

その大混雑を、目をキョロキョロしながら、カメラ片手に楽しみました。
はい。
小さなコンデジ、でしたから、仏さまも許してくださったのでしょう。


画像


画像


画像


画像


訪ねた場所。
「龍山寺(ろんしゃんすー)」。

同行のベテラン台湾大好き人間、に案内されながら。
ひと足早い「初詣」の代替、「プレ<初詣>」の心境で、巡ってきたのでした。

龍山寺。
中国のお寺は、お参りの仕方にさまざまなシキタリがあるのは、ご存知のとおり。
こちらのお寺でも、地元の皆さんはきっちり、その作法どおりのお参りをなさっていました。
こちらは、いいかげんに、適当に、写真ばかり撮っていましたが。。。

ベテラン台湾大好き人間〜「廟は、漢字の<回>を上から眺めたような具合に建物が配置されている、のだそうダヨ」。
台湾初めて人間のこちら〜「確かに、たしかに。。。」

ベテラン台湾大好き人間〜「で、<回>の文字の右下から右上へ。時計にたとえれば、6時から5時→4時→3時と。時計と逆周りに。こう、巡り方は決まっている」。
台湾初めて人間のこちら〜「なるほど、なるほど」

以降、教えられるまま、「なるほど」、を限りなく繰り返したような気がします。
が、そのほとんどを、既に忘れてしまいました。

しかし、しかし。。。
普段の日で、この大群衆。
旧暦、元旦にあたる約3週間後の1月26日には、いったい、どれほどの大混雑風景が、見られるのでしょうか。。。


画像

龍山寺西側の大通り沿い、タクシーを降りると、この風景。色鮮やかな弊の向こうに、廟内の本殿の屋根が見える
 
画像

南側の正面、山門前へ回ると、お供え物を売る商売人の露店がずらりと並ぶ

画像

門を入ると、前殿が正面に。中央の入り口は出入り禁止。入場は、右手の入り口へ。左手に出口がある

画像

右へ向くと、石組みの滝。滝下には池。この左手が入り口。

画像

入り口。下写真は、入り口の門。

画像

門をくぐると、大群集とお供え物の山。
画像


画像

受け取った7本の線香に、ここで火を点ける。

画像

前殿と本殿は仏教の仏さまたち。前殿は釈迦如来像を中心に、左が阿弥陀如来、右が薬師如来。

画像

薬師如来は病気治癒の仏さま。それぞれ、願いの仏様の前で祈るのは、廟内に20数体鎮座する仏さま、神さまたちのうち、外せない7ヵ所での祈りを終えた後で。ここでは、三宝仏に参拝。

画像

廟内は、線香の煙で白くかすむ場所も。

画像

供え物の山。商売繁盛、病気治癒など目的によって供え物の種類は変わるのだという。

画像

前殿から本殿へ。途中にある香炉は、かつてヨーロッパ勢に統治されていた歴史を背景に、支える足が人間の姿で、その人間はオランダ人風、なのだとか。参拝者で混雑して、近くで写真は撮れなかった。

画像

銅製の龍の柱。通常、石製なので、台湾では珍しいのだとか。

画像

本殿は、観世音菩薩、普賢菩薩、文殊菩薩が祀られている。

画像

参拝客に押されて、写真は手ぶれ、ばかり。

画像


画像


画像

本殿の、向かって右横通路を通って後殿へ。
後殿は、道教の神さまたち。運命を司る神、海と貿易、商売繁盛の神、、安産の女神、良縁を司る神などが並ぶ。


画像


画像


画像


画像


画像


画像


龍山寺の地図






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
hiroshiさん、今晩は

お正月はのんびりできましたか?
お孫さんとお会いできましたか?

今年のお正月はお天気に恵まれ良いお正月でしたね

アジア国々、台湾も活気のある国ですね〜〜〜
人々が信仰心が強いためか?信仰しているから社会の中で自分の役割を認識して、生きる方向性を見出せているためなのか?
日本人(老若男女)にもこの信仰心は必要なことではないかと感じます。
そうなれば世界からも日本人の姿(確固たる信念)が理解されるのではないかと思います。(日本のトヨタやホンダ、SONYは知っているが、日本人?)

この台湾の龍山寺は凄い人ですね!
線香のにおいが今にもしてきそうですね〜〜〜

お供え物も凄いですね!
この沢山のお供え物、後どうするのでしょうか
nao
2009/01/04 02:10
やぁやぁ、naoさん、おはようございます

日本列島こぞって、穏やかな、良いお天気が続いていますね。皆さん、気持ちのいいお正月をお過ごしでしょうね。
naoさんは、「トリプル・ワン」がありますから、ひょっとすると、お正月どころではないのかな? 初日の出もオヤスミ中でお出かけにならなかったそうですね。遅くまで起きていらっしゃるのだから、ご無理はなさらない方が。コメントのお書き込みも、気分転換ぐらいで。多分、今回のお書き込みも、そうだと思っています。気分転換に役立てると思うと、こちらも爽快です。

>お正月はのんびりできましたか?

残念ながら、今年ほど忙しい正月は、リタイア以来初めてです。現役のころとは比べるべくもありませんが、それでも、PCの前に座るのは一日にほんのわずか。

>この沢山のお供え物、後どうするのでしょうか

お祈りが終わった後、持ち帰れるらしいですよ。
hiroshi
2009/01/04 10:16
hiroshiさん

おはようございます!
お仕事ではありませんがお忙しいご様子、お疲れ様です。私は、今年はどこへも行かないのんびり寝正月でした明日からの仕事に体と頭が付いていくか心配です。

ところで、台湾のお寺!派手ですよね〜〜!!私も昨年基隆に出かけた時に見てまいりました。規模は比較にならないほど小さなお寺でしたが、雰囲気はこちらとそっくり。最初この煌びやかな建物はなんだろ〜?とわからなかった位です。私の数少ない海外経験でも、中国・ベトナムなどでも同様の華やかな雰囲気がありました。同じアジアでも海を越えると、どうしてこんなに違うのでしょうね?

お供え物の行方、naoさんと同じで私も気になりました。「持ち帰れる」のですね。納得です
まゆき
2009/01/04 11:58
やぁやぁ、まゆきさん、今晩は

ホントに、なんでこんなことまでと思うようなことも結構あって、慌しくて参りました。知らなかったから、時間の使い方が下手なのだと思います。

そうですね〜。明日からお仕事ですね。ご苦労さまです 新しい一年の始まりに、意欲満々でらっしゃいましょう。
>台湾のお寺!派手ですよね〜〜!!私も昨年基隆に出かけた時に見てまいりました。
ホントに派手ですね。建物もさることながら、若い女性たちがいっぱいで、驚きます。あれだけ信仰を集めるのは、やっぱり素晴らしいことなのでしょうね。アジアは余り旅行経験がないのですが、同じ仏教国でも違いを感じます。
お供え物、そうなんだそうですよ。これは、いい制度ですよね。物を腐らせることもないですから。

ところで、今年のクルーズ予定はもう、お決まりになりましたっけ? 確か、あのクルーズをいらっしゃると、どこかでお書きになっていたような? 記憶違い?? 
hiroshi
2009/01/04 17:49
hiroshi   \(⌒日⌒)/こんばんわぁ

やっと夕方に普段の生活に戻りホッとしてます。 

台湾の様子を沢山写されましたね。
本当に面白い画像ばかりです。
 
寺院の様子は漢民族の多いベトナムも共通な気がします。
何処のお国の人も信心深いですね?
浅草を見て日本人も信心深いと思うでしょうが〜
日本の大半の人とは質が違うように思えますが〜ハテ?

ハワイの次に行ったのが台湾でしたが〜 台湾の匂いが気になって食欲減退でした。何の匂いなのかいまだ判りません。如何でしたか?

今頃は、何処に行っても大丈夫ですが〜

>「なるほど」、繰り返したような気がします。
が、そのほとんどを、既に忘れてしまいました。

hiroshiさんでも そうでしたか? 私は何時でもです。
アレ・ソレ・ホラを繰り返しです。


たえこ
2009/01/04 19:25
す、スミマセン!! hiroshi と呼び捨てでした。
たえこ
2009/01/04 19:27
やぁやぁ、たえこさん、今晩は

や、や、や! うれしいですね たえこさんに名前だけで呼ばれるのはラッキーってモンです。どうぞ、お気になさらずに。

>やっと夕方に普段の生活に戻りホッとしてます。

そうでしょうね。お疲れ様でした。ご長男のお嫁さんもご次男のお嫁さんも、おかあさま手作りのおせち料理に大喜びだったことでしょう。そのうち、お孫さんとご一緒にお帰りになって、より一層、うれしい悲鳴をお挙げになるのでは?
こちらは、料理こそ作りませんが、雑用がまだまだ6日ごろまで続きまして、まだ慌しく過ごしています。トホホ

>ハワイの次に行ったのが台湾でしたが〜 台湾の匂いが気になって食欲減退でした。何の匂いなのかいまだ判りません。如何でしたか?


hiroshi
2009/01/04 20:00
〜上から続く〜

ご存知のとおりの味覚音痴。加えてニオイにも鈍感で、気づきませんでした。が、相棒は、飛行機を降りてから間もなく、たえこさんと同じことを言っていました。そのうち、言わなくなりましたけれども。韓国のように特別匂いの強い食べ物ってない、と思うのですが、何かあるんですかね?

「アレ・ソレ・ホラ」。アッハッハ。わが家も同じです。相棒と二人して交互に言っているような具合。が、不思議なもので、通じるんですね。たえこさん宅でも、オトコ先生とそんな具合では? いや、写真を拝見していると、オトコ先生は、こちらよりもはるかにお元気で、しっかりなすっていらっしゃる風情ですね。

hiroshi
2009/01/04 20:00
hiroshiさん!!こんばんは〜
遅ればせながらのコメントですが・・
台湾でのお寺の写真を見ていて、去年香港へ行ったことを思い出しました。
同じようにお寺はハデハデで、日本とは違うなあって思いましたね〜

龍山寺のようなお寺もありました。その後、服や髪の毛にお線香の臭いがついてしまったなあ・・・(笑)懐かしく旅行の思い出がよみがえってきました〜ありがとうございます!!
でも、ほんとうに龍山寺も人がいっぱい〜ですね。賑やかですね!!
お正月はもっとすごいんでしょう〜ね
あおちゃん
2009/01/08 23:28
あおちゃん、おはようございます。

この時間帯は、もう、とっくにお仕事中ですね。

>去年香港へ行ったことを思い出しました。
同じようにお寺はハデハデで、日本とは違うなあって思いましたね〜

ホントにきらびやかですヨね〜。黄大仙か天后廟ですか? そうだ、あちらの方々は占いも、日本以上に盛んですよね。黄大仙でも、ずらり、占い屋さんが並んでいましたよね。占いは日本でも、女性の方々は信じる人が多いですが、あおちゃんは信じる方ですか? 自分は、若いころは信じる性質だったんですが、悪いことを言われると辛いもので、信じないように努めていたら、今では逆に、まったく信じられなくなっちゃっいました。

もうすぐ旧暦のお正月。中国や東南アジアの国々は賑やかになるのでしょうね〜〜。
hiroshi
2009/01/09 10:08
今日も無事に仕事が終わりやっと・・・週末です明日からは私のいる静岡は天気がよさそうです。

hiroshiさんが言う通り占いもずらりと並んでましたね〜あと・・・干支の銅像が道ばたに並んでたり(ー0−)向こうは豚があるんですよね。。。確か・・・
私は、占いって結構信じてしまいます毎年元旦には必ずおみくじも引きますね〜hiroshiさんは信じませんか??女性雑誌には必ず占いのページがあります(笑)考えてみると、確かに女性は好きですよね。
あおちゃん
2009/01/09 21:45
またまた。お邪魔します!!

hiroshiさんのとても楽しいブログをぜひぜひリンクさせていただいてもよろしいでしょうか??
よろしくお願いします〜
あおちゃん
2009/01/09 21:47
やぁやぁ、あおちゃん、今晩は

リンクの件、とてもうれしいです。。で、こちらも、あおちゃんのブログ、リンクさせていただきますね よろしくお願いします。

占いのこと、若いころに(入試のころ)、悪いことを言われたら嫌なもので、当たらない、信じない、と心に誓いました。もっと若い??子供のころは、新聞の「今日の運勢」を見て一喜一憂するような、占いを全面的に信じる子供でした。
特に、血液型占いと星占いはかなり信じる性質で。。。しかし、心で信じないと決めたら、それで何となく、関心は薄れていきました。

このウェブリのブログでは、プロフィールにそういう自己紹介アンケートがあります。ご覧になりました? あちらでも、信じない、と書きました。

hiroshi
2009/01/09 22:46
〜上から続く〜

あおちゃんの今回の記事は、テニスでしたね。まったくテニスのことはわからないもので、コメント、パスしました。でも、一生懸命なあおちゃんお気持ちが伝わってきて、ほのぼのとした気分になりました。
お仕事とともに、頑張ってくださいね。上手になってください。密かに応援しています。
hiroshi
2009/01/09 22:46
こんにちは〜hiroshiさん!!
早速、リンクさせていただきました
テニス大好きなんです〜もともとスポーツ一家に育ち体を動かすことが好きですね〜

>ほのぼのとした気分になりました

 なんかすご〜く嬉しいです。ありがとうございます

 hisoshiさんのプロフィールを読ませていただきました〜お菓子もお好きのようですね。また、作ったらブログに載せるので見てくださいね〜
あおちゃん
2009/01/10 13:29
あおちゃん、今晩は

こちらこそ、リンク、ありがとうございました。
自分もスポーツは嫌いではないんですが、ラケットを使うタイプはすべて、どうも苦手で。ボールがもう少し小さくゴルフボール大くらいだと、昔は下手の横好きだったんですが。。。

お菓子は大好きなんです。甘いものに目がない、酒飲みなんです。日本の男子社会では白い目で見られることが多いです。日本では、ケーキをワインと一緒にいただいたら、目をまん丸にして驚かれます。異星人でもみるがごとく。トホホ、です。
hiroshi
2009/01/10 19:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

台湾で。〜〜プレ、初詣。 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる