潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS 動画〜タグボートが助ける、船のたびだち

<<   作成日時 : 2009/01/07 00:12   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 25

 
2009年、新しい年がスタートしました。

画像

写真は、オリンピア遺跡とオリンピアの街。

画像で。
「出発」(たびだち)の、無理矢理こじつけ談議で、動画掲載です。
ブログのテーマの「クルーズ」と「旅」の「覚え書」のうち、船の方の「覚え書」で。

動画の内容は、「タグボート」。
出港時に、船首近くのスターボード・サイドを押すタグボートの姿を、クルーズ船の方から撮りました。

原本、元のビデオ映像は15分を超える長い記録ですが、大幅に短縮しました。
たいした映像ではありませんが、個人的に、この映像が大好きです。






両船を擬人化して親子にたとえれば

画像タグボートは、父親。
小さな背丈しかありませんが。

クルーズ船は、娘。
小さな父を、はるかに越すほど大きく、大きく成長した娘。

旅立つその娘を送り出す父。

タグボートとクルーズ船は、そういう風にも、見えました。

タグボートに船首を押され、航路に乗ったクルーズ船は、最後になが〜い一声。
そして点鐘。。。。


まるで、小学生の物語作文のようですが。。。。
この映像(元映像)を見ると、そんなことを連想したり、しています。


画像



撮影は、少々古く2004年5月17日。
場所は、ギリシャ。オリンピック聖火の採火場となっている、ペロポネス半島の世界遺産、オリンピア遺跡からほど近い、カタコロン港。エーゲ海とイオニア海の境目あたりでしょうか。しかし海の色は、間違いなくまだ、あの独特の青色、エージ(ゲ)アン・ブルー。日本の伝統色で言えば、水浅葱色。

船は、HALの「ウェステルダム」(82,000トン)。
またまた、わが初乗船の船で撮った映像です。その後もこのあたりはクルーズ行していますが、初体験の思い出が強烈で、未だに初回のこの映像時の方が印象深いのです。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い 面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(25件)

内 容 ニックネーム/日時
hiroshi さん  こんにちは(^ヮ^)〜

HALの「ウェステルダム」に乗られた画像はギリシャですか? 
ビデオ画像を編集されましてとても楽しいですね。
父と娘でしたか   面白〜〜い♪
動画の汽笛はボオ〜〜と・少し高い音のポ〜〜この様に汽笛の音声に会えるのは意外と少ないと思います。{%映画館  (movie)hdeco%}
動画に収められて何よりです。イイナア~~~です。

夫は以前はビデオに凝って居まして編集して音楽も入れてましたがさっぱり忘れたように撮影機もホコリかぶっています。 
私はカメラで写した動画の編集方法が判りません。出来たら嬉しいですが〜

ギリシャは行ってないのですが〜 やはり紺碧の海と白壁は地中海ですね。海から見たいものです。
たえこ
2009/01/07 14:56
アア〜ツ また ミステイク 絵文字が反映してない。
(ノ_ё)ウゥ・・・ゥ・・・
たえこ
2009/01/07 14:59
やぁやぁ、たえこさん、こんにちは

年頭のさまざまな行事も本日午前中でほぼ一段落して、ようやく、旧来のリタイア、ヒマ、毎日が日曜日の平穏な暮らしに戻れました。

昨夜、旧ごしらえで上記動画を仕上げたもので、文章が押さなくて恥ずかしく、たったいま、動画を除いて全部削除しようとPCを立ち上げたところです。と、嬉しくも既にお書き込みをいただいていたので、一部を削除して、そのまま載せることにいたしました。誠に「コッパズカシイ」文章で、穴があったら逃げ込みたい心境です。

クルーズ船では、エーゲ海は2度訪ねました。夏の海域としては、カリブ海とは比べものにならないくらいの魅力を感じました。人それぞれ、ですが。
海の色が、少し違って見えました。ほかの海に比べて。
まゆきさんの新しいブログタイトルどおり、海の色は多かれ少なかれ、緑っぽい色が見えるような気がしますが、エーゲ海は青一色。

hiroshi
2009/01/07 15:28
〜上から続く〜

たえこさんご夫妻がクルーズなどで何度もご覧になっているコートダジュールやコスタ・デ・ソルも青色が際立っていますが、あの青よりももっと明るい独特の色なんですね。クルーズ以前に陸旅で訪ねた時はそれほどとは思わなかったんですが、この映像を撮った、船で初めて行った時の感動は、お恥ずかしながら、涙がこぼれそうなほどでした。

そうですか? ご主人も以前はビデオを。あの素晴らしい画像をお撮りになる大先生だから、動画もさぞかし、素晴らしかったでしょうね。拝見したいものです。

>私はカメラで写した動画の編集方法が判りません。

自分も同じです。で、ソフトに頼っています。今使っているのはSMART HOBBY。これは、簡単で自由に編集が出来、音楽も文字も入れ込むことが出来ます。で、編集の終わったものをYOU TUBEに挙げています。

WINDOWSにも無料ソフトがありますから、それをお使いになると簡単だと思うのですが。。。
hiroshi
2009/01/07 15:29
たえこさん、追伸です。

次のURLが、WINDOWSのソフト、ムービーメーカーのURLです。

http://www.microsoft.com/japan/windowsxp/using/moviemaker/default.mspx
hiroshi
2009/01/07 16:09
hiroshi さん いろいろ教えて頂きありがとうございます。 

最近 Xista にしましたのでムービーメーカーのソフトが付いてるのですが、イマイチ理解が出来ないのです。
SMART HOBBY も検索しましたです。
本当にありがとうございました。パソコン用語で躓いてますなり テヘヘ〜
 
教えるサイトもありましたが〜 トホホ〜です。
暇なときゆっくり勉強します。
たえこ
2009/01/07 20:55
たえこさん、

さすが Vistaですね♪ 時代の先端を!!

しかし、こんなことを言っては何ですが、たえこさんは写真が、そこらのブログと比べものンにならないくらいに抜きん出ていらしゃいますから、動画などた易いものでしょう。これまでに何度も拝見しています。あの氷河崩落、頭コツンコで短く終わったあれでさえ、大変に素晴らしかったです。
hiroshi
2009/01/07 21:54
hiroshiさん おはようございます!

タグボートって、あんな小さな体のどこにあれほどのパワーが秘められているのか、いつも不思議でなりません。hiroshiさんが例えられた父と娘の関係だとすると納得いくような気がしますね〜。タグは黙々と作業を続け、船はタグの援助なくしては出港できない。。。
これからは、出港シーンで私も涙ぐみそうです(涙もろいので)
ビデオを何回か見せていただきましたが、このタグボート、日本ではあまり見かけない形のように思うのですが。タグボート好きとしては、船の全体像を見てみたいです。

ところで、たえこさんとの「動画編集」談義を興味深く読ませていただきました。私など最近始めたばかりで、チンプンカンプン編集なんて夢のまた夢なのですが、お話のなかにあった「SMART HOBBY」実は画像の取り込みに使っております!あれで動画の編集ができるんですね!!知りませんでした〜〜〜!!!(爆)
早速勉強したいと思います。
まゆき
2009/01/08 07:39
まゆきさん、おはようございます。

>タグボートって、あんな小さな体のどこにあれほどのパワーが秘められているのか、いつも不思議でなりません。

ホントにそうですヨね〜。
が、思わず笑っちゃいました。この文章を拝見して。いかにも、タグボート大好き派のまゆきさんらしいお言葉だと思って。
ちょっと、物思う乙女世代の方々のような幼稚な比喩と言辞でお恥ずかしいのですが、父と娘のイメージを昔から思っています。最近のクルーズ船はご存知のように自力で離岸できる港が多く、特に外国では、タグボートがパイロット程度の役目しか果たさない光景の方が多くなっていますが、やっぱり、こうやって押されながら出港する方が、ドラマ性を感じて面白いですヨね。

SMART HOBBY、自分は昔は、動画の編集にしか使っていませんでした。画像の取り込み、整理が出来ることを比較的に近年まで知らず、まゆきさんと逆な意味で、へぇ〜〜、でした。
hiroshi
2009/01/08 10:23
huroshiさんこんにちわ。
寒いです!
我が家はマンションで、ただいま一人ですので我慢!我慢!と暖房無しでパソコンの前です。
鼻の頭が寒い!!です

タグボート。その様なもの・・
知らない事をアチコチのクルーズブログから教えて頂きますー
と言うより知らない事多すぎ

父と娘
ですか。詩人です
そして父親です。

「初めてのクルーズ」拝見しました。船の前の男性はhiroshiんですか

mayumi
2009/01/09 15:56
続きです

上のカキ子コの最後で
hirosiさんの「さ」の字が消えました!と言うより書き忘れました

2005年秋が、私の初クルーズでした。
ベニスが出発点で、バルセロナまでの航海でした

乗ったのが、ミレニアムでした。
船上から見たベニスの街を、素晴らしいとのコメントしか持ち合わせない程の感激を持ってクルーズに出発したのを今でも鮮明に覚えています

どうも私は繊細な神経を持ち合わせないのを、この所のパソコン探訪で、再確認してます

その後クルーズに出掛けられる身分ではなし
旅は好きですから、出来る旅を見つけては出掛け(たい)ますが・・ロングクルーズ行きたいです。

hiroshiさんのアラスカクルーズ記楽しみです。

ソロソロエアコンつけます。寒い
mayumi
2009/01/09 16:03
やぁやぁ、mayumiさん、今晩は

今日は全国的に寒い日なのでしょうね。我慢、我慢は、わが家も同様です。しがないリタイア世帯ですので、余分なお金は切り詰めて、、、と、相棒が頑張っています。

タグボート、ご存じなくとも、いいんじゃあ、ありませんか? 人間、コンピューターではないんですから、何から何まで脳に入れ込むことは出来ません。mayumiさんの場合、代わって、hiroshiをはじめほかの人たちが知らない分野の、知らないことをご存知のハズですから。人間の脳なんてバケツと同じ。自分は、知らないことに遭遇すると、いつもそう、自分に言い聞かせています。

mayumiさんも、お仲間だったんですね〜〜。ヴェネツィアからの初クルーズだったんですかァ。いや、びっくり。バルセロナまで、西地中海をセレブリティの船でいらっしゃったんですね!

hiroshi
2009/01/09 18:30
〜上から続く〜

自分は、あちらからの出港のクルーズを未だに忘れられません。乗った船もこちらの趣味と合致したというべきか。。。極めて地味な船なのですが、落ち着きのあるインテリアの、柔らかな雰囲気の船でした。

あの初クルーズの覚え書、ご覧になったんですか? チト恥ずかしいです。はい、あの写真は自分です。野球帽のひさしを後に回してサングラス姿でポーズをとっているところを相棒が撮ったのですが、ビデオカメラや、当時使っていたフィルム用の一眼レフ・カメラを抱えて、いかにもニッポンジンの田舎モノ、という感じです。コッパズカシぃ、というところでしょうか。

hiroshi
2009/01/09 18:31
〜上から続く〜

>どうも私は繊細な神経を持ち合わせない

それは、いかがなものでしょうか。そのご意見には、賛成出来かねます。たえこさんおところでのコメントを拝見していても、大変に細やかな神経をお持ちです。で、しつこいようですが、ブログを拝見したいと思ったのですから。自分は、お話したかもしれませんが、藤原さんの掲示板でたえこさんや女医のmurmur1さんに勧められて始めたのですが、ブログは、面白い反面、少し重荷に感じることも、正直言ってあります。定期的に書き込まなければいけないですから。サボっていたい時が最近、結構ありまして。。。で、先だって、mayumiさんに、ズルをしたところを見つかったわけです。で、お始めになるのも、おやりにならないのも、結局mayumiさんおnお気持ちの一つ、でしょうね。
アラスカ。行くことは決めましたが、どうやってどの船でいくか、まだ迷っています。mayumiさんは、どうなさいます?
最後になりましたが、「さ」などなくて結構ですヨ。「ま」もついでに省いていただいて。その方が、なお嬉しかったりして。アハハ、です。
hiroshi
2009/01/09 18:34
hiroshiさん〜(b^▽^)b〜
やはり!
でしたか!エッーです
田舎者どころか・・お・若・い。
私のイメージは、小川hiroshiさんかと
リタイアとか言われてるから・・50歳でリタイアしたとか。それ迄に一生分働きましたかァ

私とんでもない人でして

初出航だと分からず・・でして。
アメリカ辺りから来た船に途中で乗り込んだのに銅鑼が鳴り
新たな区間乗船だと思い込んでまして・・
知り合ったカナダ人夫婦にアメリカから乗ってきたの〜なんて、相手をキョトンとさせたり で・し・た。

ドブロニク・サントリー二島・ヴィルフランスも
こちらでも地元に長期滞在の日本人夫婦と知り合いまして
みんな良かった
旅の良いところ全部わかったー
のクルーズでした。
mayumi
2009/01/10 00:04
続きです。
私などにブログ勧めてくださり有り難うございます

このところのパソコン三昧で夫の気分悪しでしたが・・聞こえない振り・・と言うより埋没してる
でもこんな状態にも慣れてくれ・・ブログのタイトル名考えてと言える様になりましたので

書きたいかもです

たえこさんにコメの書き方教わった時は、こんな気持ちになるとは・・でした
たえこさんにも言って頂きまして有りがたいです。
相当の覚悟がいる作業だというのも分かりだしていますので・・その時はあるかな
mayumi
2009/01/10 00:21
そうでした。
アラスカは行くとしたら秋だと思います。

ミレニアムの会の方からの声かけでして・・・
去年からア・ラ・ス・カと囁いてました。そうしたらたえこさん夫婦が行かれてミレニアム発起人のY様がオーロラを見たいと!
たえこさんがオーロラに遭遇されたから、余計に
私は付きまとうだけです。
mayumi
2009/01/10 00:36
次の文章は父親の心情が伝わって胸にジンジン、キュンキュン来ます。成人するまで不倶戴天の敵同士の私と娘でしたが、最近は娘もとても大人になりました。
アラフォー独身とからかうと、ミド・サーと呼んでくれと。もう40に近いミドサーなのですが・・・

>タグボートは、父親。
小さな背丈しかありませんが。
クルーズ船は、娘。
小さな父を、はるかに越すほど大きく、大きく成長した娘。
旅立つその娘を送り出す父。


タグボートとクルーズ船は、そういう風にも、見えました。
藤原雄一郎
2009/01/10 08:50
まゆみさん、おはようございます。

>ブログのタイトル名考えてと言える様になりましたので

お〜〜 素晴らしい 

ご主人、きっとお喜びだと思いますよ。同じオトコとして、何となくそう思うんです。仕事とはいえ、遅くまで奥さまを放っておいて、申し訳ないお気持ちになってらっしゃるに違いありません。ご主人は。自分もかつて、そうでした。わが身の好きな、のめりこむ物を持ってくれて、それが増えていくに従って、申し訳ないというこちらの気持ちは軽減していきました。良く言われる言葉ですが、現役時代は帰宅しても「メシ、フロ、寝る」だけでしたから。旅行にのめりこみ、その影響でフラを始め、語学の教室に通い。。。生き生きしているその表情を見ると、罪滅ぼししたような、ホッとした気落ちになりました。ご主人もきっと、ブログは大賛成ではないでしょうか?

hiorshi
2009/01/10 10:35
〜上から続く〜

お始めになったら、ぜひ、ぜひ、ご連絡を。

アラスカは、そうですか? 秋ですか? しかもたえこさんと同じく列車でフェアバンクスまでいらっしゃるとなると、お乗りになる船はプリンセスか、またまたセレブリティということになりますね。
こちらは、「5〜6月が一番いい季節」という藤原さんのお言葉もあり、今年の5月に、と計画しています。まだ船が決まらないので申し込みはしていませんが。

初クルーズ時の写真は、もう4年8カ月昔です。今よりもいくらか若かったですから。しかも写真は小さく遠い位置にいますから、そう誤解もなさるのでしょう。残念ながら、決して若くは見えまません。トホホ。
hiroshi
2009/01/10 10:36
〜上から続く〜

リタイアは、早かったです。60代の比較的に早い時期に、一切の仕事から離脱しました。(50代の終わりに、休日出勤中の職場で倒れて、偶然出勤していた若い女性の部下に発見されて、救急車で搬送され、危うく一命を取り留めた経験があります。で、その後、このまま仕事にまみれて生涯を終えるのでは、何のために生まれてきたのかわからないと、少し時間をかけて各方面に根回しして、戦線離脱を果たせた、というわけです)。

そうですね〜〜。旅は、面白いですよね。現役時代は相棒に付き合う旅よりも、ハワイでのんびりする休暇の方が好きでしたが、リタイアした後は、旅の方に夢中になっています。

mayumiさんのブログ、楽しみです。
hiroshi
2009/01/10 10:37
藤原さん、ご出発間際のお忙しいときにお立ち寄りいただきありがとうございます。

>次の文章は父親の心情が伝わって胸にジンジン、キュンキュン来ます。

いや、お恥ずかしい。急ごしらえで書き込んで、翌朝、読み直して見るとあまりに恥ずかしい文章で削ろうかと思ったのですが、たえこさんにもうご覧いただいて、コメントまで頂戴していたもので、一部修正しただけで載せちゃいました。

>アラフォー独身とからかうと、ミド・サーと呼んでくれと。

わが一族には、ホンモノのアラフォーがいます。妹の娘、つまり姪ですが、もう今となると諦めています。というよりも、その方が生きている実感が高いからでしょうね。下手な妥協はしたくないのでしょう。いえ、わが姪のハナシですが。。。

どうぞ、素晴らしいクルーズを。ご帰国後のお写真、楽しみです。
hiroshi
2009/01/10 10:45
mayumiさん、申し訳ありません。
↑上記記事で、お名前、間違いました。
すみません!! 今、気づきました〜〜。
hiroshi
2009/01/10 12:01
mayumi=まゆみですから
英字表記だから「さん」抜けたりとか・・と最近思います。
私の方こそ気にしないで下さい。
ほんと若い子達のようにまゆみと呼びかけて頂き、気持ちを若く持たせてください

そうですか
そんな大変な事があったんですか!

hiroshiさん・奥様・お子様皆さんの心配・不安が・・病気になると命に勝る事は無いと!!心から思います。でも元気になり旅・ブログと人生の楽しみを満喫で
本当に良かった・良かった
健康第一ですね。
mayumi
2009/01/10 12:29
mayumiさん、今晩は。

たとえHNとはいえ名前ですから、ホントに申し訳ありませんでした。

そうなんです。あまり大きな声でいいたくないのですが。相棒は、電話を受けて、すぐに諦めたそうです。容態を訊ねると、かけてきた方が言葉を濁したそうで。で、後は拾った命と、何をしても大概の我儘は許してくれるようになりました。アッハッハ、ラッキー、でなモンです。

それはそうと、アラスカはご姉妹でのクルーズでらっしゃるそうですね。ご姉妹の仲がよろしいから、いいですね。
hiroshi
2009/01/10 19:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

動画〜タグボートが助ける、船のたびだち 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる