潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS 州都ジュノーへ〜曇り時々小雨、稀に土砂降り。

<<   作成日時 : 2009/06/30 11:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 22

  
ジュノー。
今回のクルーズで、唯一、天気に恵まれなかった寄港地でした。


画像



画像のっけから、↑ 観光バス1台の写真。

なんだ、こりゃぁ、と。。。「覚え書」という名のこちらのブログは、やはり内容薄き「旅」ブログであった!? という実態を、赤裸々に物語る、あるいは象徴する、見事に内容のない、トップ画像。


画像ジュノー到着を印象付けられるような、印象的な場面とか光景の、載っける写真がないのです。

日本の梅雨のような雨が時折、アラスカの空に舞っていました。まれに、土砂降りも。
一日中降り続いたわけではありませんから、ま、アラスカにしてはごく普通、それほどの悪天候ではなかった、ということでありましょうか。。。


画像土砂降りは、この街に滞在中、2回、ありました。その1回目の土砂降りが、最上段の写真。写真撮りが下手なのです。あまり激しい雨には見えませんね。

激しい雨は、下車、観光後の、集合時間帯でした。次は別の場所へ。移動のため、バスに乗り込まなければいけない場面なのですが。。。


画像雨に濡れるのが嫌なのか、雨宿りできる建物の軒下から、誰も駐車場のバスまで行こうとしないのです。
で、バスの運転手だけが、ちらり、ちらりと目線を、雨宿りするツアー客たちに走らせ、ドア開閉ノブの上に指先を走らせたり、戻したり。曇り始めた後部窓ガラスの曇りを拭きに行ったり戻ったり。客のやってくるのを、いまか、いまかと待っているのが、上の光景です。


画像女性客のために。既に、黄色いステップもそろえられているのですが。。。

結局、小雨になるまでおよそ10分ほど、バスは駐車場の雨の中で待機。次の予定地へ向け、遅れて発車したのでした。ま、所詮、お遊びタイム、観光・遠足、ですから、少々遅れようとも、誰も被害も損失も何も無いわけであります。。。


画像このエクスカーションで日本人客は、我々夫婦だけ(30日午後4時半の追加書き込みです。写真を再チェックしていて思い出したのですが、もう1組いらっしゃいました)。せっかちで、型にはまった思考法で、少々の思いやり、優しさがあるものの、自己主張はバカ正直なほどヘタクソな日本人だけが、「バスに早く乗ってあげなければ運転手に悪いかな」、とやきもき。残るエクスカーション仲間の皆さんは、の〜んびり、マイ・ペース。面白いですネェ〜〜。国民性、気質の違い。

左上写真は、またまた、わが家の庭の花々編。




画像


画像



さかのぼって、まだジュノーへ向けて航海中のこの日朝。
キャビンの窓からのぞくと、既にベランダは、雨に濡れていました。

。。。といっても、ことジュノーの街中で過ごす限りは、前日夜に聞かされていたほど天気は悪くはなし。たとえれば、本州、東日本が昨日から再び舞い戻った、日本の梅雨時の季節に似て、万が一、傘を忘れて外出しても、まァそれほど厳しくは困らない、という程度の「曇り時々雨」の天気。


ジュノーは、ネットで検索すると無数に紹介サイトが出てくる案内で知られるとおり、ロシア領からアメリカ領に切り替わった後、最初に開拓された街並み。ゴールドラッシュが生んだ街で、現在、アラスカ州の州都なのだそうです。


画像


画像



そのジュノーへ船首を向けて航海中の5月15日朝。
目覚めると船は、アドミラル島国定公園沖のステップハンズ・パッセージをゆっくりと北に。カーテンを引き開けると、あたりの景色は、これぞ、まさしく、アラスカの代表的な空の色、陸の色、海の色、と思うほどのダークトーン一色でした。

分厚く重く低く垂れ込めて、光を通さずに、にび色、というか、どぶねずみ色の雲。その雲の中に頂部を突っ込んだ山並みは、白さに冴えがない白雪、あるいは氷雪を袈裟のようにまとって、さえない灰青色に。山すそは、黒緑色の針葉樹林で覆われています。
ただ、ブルーというよりも、時には濃茶色にも見える海の表面だけは、鏡のように波一つなくおだやか。内海だからでしょうね。そしてこの色が、良く言われる「漆を溶き流したような」、というケースの、夜でない場合の、海の状態なのでしょうね。

やがて、ポツリ、ポツリと家が見え始めてきて。。。
午前10時半ごろ、ジュノー最南端のクルーズ船岸壁に着岸しました。


画像


画像

ジュノーの人口は3万人ほどだそうだ。着岸した埠頭は、街の南端にあり、ロバーツ山ロープウェイの乗り場が埠頭のすぐ近くに。写真は撮らなかったが、岸壁を見下ろした左手、北側がダウンタウン。坂の街であることから「リトル・サンフランシスコ」と呼ばれているそうだが、似ているとはあまり思わなかった。ジュノーの最大の観光ポイント、メンデンホール氷河は、ダウンタウンを通り過ぎてさらに北へ、およそ20キロ。観光がメイン産業の街だけに、土産物店は数多く、商品量も数多かった。

画像


画像


画像



お天気は、目覚めた時の状態とほとんど変わらず。ポツリ、ポツリと降ったり、やんだりしているようです。

このお天気のおかげで。。。
いえ、「おかげ」などではなく、その「せい」で、というべきなのでしょうね。
天気の影響でヘリコプター・ツアーのうち、4氷河を眺めるコースなどいくつかは催行されましたが、氷河と犬ぞり体験などいくつかは不催行に。

で、まだ空きがあった、メンデンホール氷河と鮭の孵化場を巡るショア・エクスカーションに。せっかくこちらまで来たんですから、メンデンホール氷河を見ないで帰るわけにはいきません。

そして、着岸、下船。
ショア・エクスカーションの出発時間の関係でトップを切って下船しました。そしてバスに乗り込みました。


画像


画像


画像


画像



そのバスが出発した直後、窓から見えたのは。。。
何と、1人7ドルで氷河のとば口まで、その場で申し込んで待つ間もなく連れて行ってくれる、現地ツアーの小さな受付窓口が、埠頭を出た駐車場入り口近くに林立。あわてて別エクスカーションを探す必要はなかったのでした。

帰国直後から、時折、アラスカの各ウェブcamを眺めているんです。
↓ 下のジュノーのカメラ、現地の夜はともかく、日中ならば、いつ眺めても船が停まっていますね。ひょっとすると、ウェブ.camと違うんではないのか。。。と、錯覚するほど、画像はいつも、変わり栄えしないように思うのです。。。

 
http://www.juneau.org/cam/index.php

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
hiroshiさん (~3~)=こんにちわぁ〜☆

紫陽花きれいです。沢山有りますね。

愈々ジュノーに成りましたね! 私達も霧雨のジュノーでしたが、どしゃ降りも〜でした? 画像の地面は乾いていますが〜

私は霧雨の〜そんな日も返って良い雰囲気で好きです。 

船から直ぐバスでしたので見なかったですが〜 ツアーの受付窓口が出張? 並んでますのね? 
$7はまさかメンデンホール氷河行き? 「glacier shuttle・ 氷河のシャトル」 バス料金? 安いのですね?
驚きました。 こんな様子写して〜眼の付けどころが良いです!
氷河の様子楽しみ♪
たえこ
2009/06/30 15:15
たえこさん、こんにちは。

紫陽花、何種類かありますが、正直、名前はとんと??
ただ一種類、父親から昔に聞いたので憶えているのが、柏葉紫陽花。今はどうか知りませんが、聞いた当時は非常に珍しいモノだと、親父は自慢していましたが。。。

そうそう、地面の乾いている写真も濡れている写真も混じっていますね。着岸したころは雨も止んでいて地面は乾き始めていたのです。ま、これならば寒くないし、と喜んでいたのですが、メンデンホール氷河を離れる頃から少しづつ、再び雨脚が強くなってきて。。。船に帰るまでは、おっしゃるとおりの時々曇り、時々霧雨、まれに大雨状態が午後3時ごろまで続きました。以降、天気は回復してきたのですが。。。この夜は、出港は夜遅くで、街で夕食をとる人も結構いらっしゃいました。

>氷河の様子楽しみ♪

期待しないでください。ウ、ウ、ウ。たえこ先生にご覧いただけるような写真はとれませんでした。とほほ。
hiroshi
2009/06/30 15:34
氷河!!一度は行ってみたいです。ところでhiroshiさんのアドバイスがあったのでセンチュリースイートからスカイスイートにお部屋をかえました。2,3空きがでていたので。その上のクラスはみんな満室です。でもほんと、狭そうです。でもとても楽しみ!!
ひろりん
URL
2009/06/30 22:35
hiroshiさん、こんばんは

>少々の思いやり、優しさがあるものの、自己主張はバカ正直なほどヘタクソな日本人

私のことを言われているのかと思いました。ついつい相手の気持ちを考えてしまうのですよね。大変だろうなぁ〜とか。思いやりといえば聞こえはいいのですが、遊びに行っている時でも心から楽しめない損な性格かなと時々思います。

いろんな種類の紫陽花があるんですね。私もトントわかりませんが、2番目の花でしょうか?その珍しい種類は。こんな紫陽花は見たことがありません。
紫陽花の花々の下の山々。これはクルーズからお戻りになってすぐに、私のBBSに貼ってくださった立山連峰(笑)の写真でしょうか?
まゆき
2009/07/01 00:29
ひろりんさん、おはようございます。

お替えになりましたか? 個人的な感想なので間違っていたらゴメンナサイ、ですね。しかし、NSも魅力的ですよね。船尾のキャビンにはいつか泊まってみたいです。

お巡りになるコースのうち、ポルトフィーノが魅力的ですね。羨ましいです。あちらへ寄港する船はあまりありませんでしょ? 昔、ラバッロからサンタマルゲリータ・リグレ、ポルトフィーノへとバスで行ったことがありますが、いずれもとてもかわいい街で、もう一度行ってみたいです。ジェノベーゼやメネストローネなどの味も絶品ですしね。テンダー上陸された後のエクスカーションも迷いますね。少し距離はありますが、チンクェテッレまで含めて魅力的な街が揃っていますから。同じテンダー上陸のカンヌ周辺もいい街がそろっていまね。どうぞ、楽しんでください。

hiroshi
2009/07/01 10:24
ひろりんさん、

↑ 入力ミスしていますね。わが指先のせいです。しかりつけておきました。とほほ。

× メネストローネ
○ ミネストローネ

hiroshi
2009/07/01 10:28
まゆきさん、おはようございます

あはは。
まゆきさんのことを指して言っているわけでは、もちろんないのですけれども、日本人に多いパターンですよね。おっしゃるとおり、相手の気持ちを考えすぎる。結果自己主張は薄く、自分の体験だと、アメリカあたりでは逆に少し嫌われるタイプです。相手への思いやりよりも、何を考え、何をして欲しいかはっきりしろ、というのが彼らの考えのようですね。自分はこれまで、そんな失敗を何回かしでかしています。とほほ。

立山連峰の写真は、こちらではないんですよ。グレーシャーベイで、空から撮影した分です。こちらでは、山の形がかなり違っていて、まゆきさんにお見せしたいと思うようなことはありませんでした。立山の方がうんときれいですね。ここらの山よりも。

hiroshi
2009/07/01 10:34
センチュリースイートは船尾で面白そうかなっておもったんですけど、あまりにも狭いことに気づかなくて。スカイスイートのほうがよさそうですものね。
ところでポルトフィーノは初めてで、どこにいこうか、考えていたところです。チンクエテッレもいいところだときいていたのでグーグルで見たりしてます。行かれたことがあるんですね。カンヌやニースは随分変わったんでしょうか、ネグレスコホテルに若い時、一人で一週間くらい泊まったことがあります。でも知らないところが多いのでどこに行こうか考えているだけでわくわくします。相方は地中海が、初めてなので2人で考えて行く所を決めるつもりです。自分たちで行きたいところに行こうと思っていますが、たいへんかしら。けっこうどこへでも二人で行っていますが、みんなと観光ってあまりしたことなくて。hiroshiさん、これからもまたアドバイスお願いします。
ひろりん
2009/07/01 23:42
hiroshiさん。こんばんわー

唯一天候に恵まれなかったのが、ジュノーだけですか・・!!羨ましいです

文面から、hiroshiさんご夫婦は、
申し込んだEXが不催行となり、メンデンホール氷河と鮭の孵化場を巡られたのでしょうか・・

船での値段はおいくらでしたか?それが7ドルで有った!?という事ですか!

メンデンホール氷河の写真と記事も載せて頂けるんですね楽しみです。
mayumi
2009/07/02 00:29
つづき

忘れてました

船。

優雅で素敵なホテル然です綺麗です
mayumi
2009/07/02 00:33
ひろりんさん、おはようございます。

>センチュリースイートは船尾で面白そうかなって

ほんと、そうですよね〜。自分も一度も経験はなく、いつか、と狙っているんです。残念ながら、フトコロ具合にゆとりがなく、今回はパス、次もパスの連続です。

ネグレスコで1週間ですか? わぉ〜。デザングレに面した超高級ホテルには一度も泊まったことがありまっしぇ^ん。せめてロビーを見てこようとマセナ公園近くのホテル(たいがい、あちら近くのお安いホテルです)から歩いて行ったことはあるんですがドアマンの厳しい服装をみただえで気後れして、これもパス、パス、です。

と書くと、良く行っているように聞こえませんか? が、残念ながら。最後に行ったのは、あの国がユーロに切り替わった前の年の秋だから、かれこれ、もう8年前ですか。で、誠に残念ですが、ネグレスコ1週間滞在の、あのあたりにお詳しい方にお教えできるほどでは、ありません。





hiroshi
2009/07/02 11:03
〜上から続く〜

加えて、カンヌやその周辺は行ったことがないんですヨ。ヴァロリ、アンチープ、ビオなど一度はいってみたい魅力的な街が連なっているようですね。あちら一帯では、山沿いのグラースとヴァンスだけしか訪ねたことはありません。グラースも、ニースから訪ねるとバスでかなり時間がかかりましたけれども、カンヌからだとバスで30分くらいらしいですね。古い知識で何ですが。

比べれは、東リヴィエラ界隈は、まだいくらかは分かります。チンクェ・テーレはなかなかいいところですが、ポルトフィーノから個人でいらっしゃるとすると、結構面倒ですよ。上陸時間はどの程度おありなのか知りませんが、かなり時間的にキツイかも。次々とうまく乗り継ぎが出来ればいいですが、ドイツやイギリスと違い、列車ダイヤも完全に信頼できるほどのお国ではないですしね。。。
hiroshi
2009/07/02 11:07
〜上から続く〜

一応、手順は、船かバスでサンタ・マルゲリータ・リグレに出て(バスで20分くらい? 船では15分くらい?)、そちらから鉄道に乗り換え。ラ・スペッツイアから遊覧船に乗って2時間半ほどかけて各村を観光する、あるいは鉄道で巡るというのが一般的なのでしょうが、少々キツそうですね。

ポルトフィーノや、近くのサンタ・マルゲリータ・リグレ、サン・フルットゥーゾも散歩するだけで楽しい街ですから、自分だったら、近くでのんびり、ぶらぶらします。ポルトフィーノのホテル・スプレンディドのレストランのテラス席で、ロマンチックな眺めを見下ろしながらランチ、というのもちょっと乙ではないですか。。。が、それぞれお好みは違いますからね〜〜。
hiroshi
2009/07/02 11:10
mayumiさん、おはようございます。

>メンデンホール氷河と鮭の孵化場を巡られたのでしょうか・・ 船での値段はおいくらでしたか?それが7ドルで有った!?という事ですか!

そうなんですよ〜。犬ぞりに乗ってみたかったのですが、雨だと多分、氷河の上は少々危険になるのではないですかね? で、鮭の孵化場&養殖場を加えたメンデンホール氷河観光へ行きました。料金は、いま、チェック・シートを引っ張り出して確認したのですが、一人48ドル。犬ぞり+の10分の1以下でした。

そしてまた。。。そうなんですよ。このエクスカーションで出発した動くバスの中から撮影したのが↑の写真で、たった1枚の画像はおおいにブレていますが、往復送迎でたったの7ドル。メンデンホール氷河に着いてひと通り見終わってビジターセンターに入ったところで、悠々、7ドル組の方たちの第一陣が到着。48ドルは何だったんだァ〜、というほどのものでした。

hiroshi
2009/07/02 11:13
〜上から続く〜

氷河の末端を見るだけならば、7ドルで十分です。ジュノーの街はお土産屋さんがいっぱい。お土産を買うのに絶好です。わが相棒もこちらで、あちらと自分のセーター各1点、友人用に、太陽の光に当たると色が変わるマニキュアを何本か、Tシャツを何枚か、加えて、こちらは宝飾品のお店も多いのですね〜。とほほ、でした。

> メンデンホール氷河の写真と記事も

はい。たえこ先生ご夫妻のような素晴らしい 写真でないのが残念ですが、ご覧になっていただければ嬉しいです。

hiroshi
2009/07/02 11:15
〜上から続く〜

それはそうと、じつは、○ク○ー、友人のお嬢さんからの招待状をあてにしていたのですが、その友人の勘違いで、お嬢さんはあちらはおやりになっておらず。。。で、ダメでした。とほほ。引き続き、あちら、こちらに伝手を探っていますが、この歳になると友人、知人たちはネット音痴が多くてダメですね〜。で、もう少し頑張ってみます。
hiroshi
2009/07/02 11:16
hiroshiさん  mayumiさん

出しゃばりたえこです。

○ク○ーに私は招待して頂きましたが〜 携帯機種が古くて対応せずいまだに設定出来ないのです。
新しい携帯まだ買えません。

もし宜しければですが〜 私のホームページにヤフーのメール有りますから〜 そこにメールアドレスの仲介しても良いかな?と思います
mayumiさんのお力借られたら良いかなあ〜 
出しゃばりたえこより 

たえこ
2009/07/02 14:30
たえこさん、

いや、ありがとうございます。

PCで○×○×をするつもりでいて、携帯など用はなし、と勝手に思っていましたが、お教えを機に調べてみたらば、認証の際に携帯のアドレスが必要なようです。そして、自分の携帯も相当に古いタイプなので、○×○×のHPで調べてみたら、向こうのいうモバイルの対応機種から外れているのですね。これでは、招待を受けてもどうしようもありません。何よりも携帯の更新が必要なのでした。
お教え、ありがとうございました。

mayumiさん、

携帯の買い替えがまず必要なことがわかりました。
あっはっは、です。
そちらからまず。。。で、残念ながら、まだまだ、拝見させていただくことは出来ません。とほほ、です。
hiroshi
2009/07/02 18:04
hiroshiさんも 同じでしたか? 残念です。
mayumiさんの見たいなあ〜 
たえこ
2009/07/02 19:53
たえこさん、

同じですね、お気持ち、良くわかります。

自分の携帯はどっちみち、来年で使えなくなるシロモノだったので、この際、買い換えることにしました。お教え、ありがとうございました。
hiroshi
2009/07/02 20:14
詳しく教えてくださってありがとうございます。チンクエテッレに行くならツアーに申し込むのがいいですね。hiroshiさんのおすすめのスプレンディッドのレストランは彼と行きたいねって言ってたところだったので、この辺にいた方が楽しめるかもしれませんね。ポルトフィーノってディズニーシーのモデルになった街なのでとっても興味があるんです。きっとかわいい街なんでしょうね。グーグルだけじゃ雰囲気がわかりません。早くいきたいな。いっぱい教えていただいてありがとうございます。
ひろりん
URL
2009/07/02 22:55
ひろりんさん、おはようございます。

>教えてくださってありがとうございます。
いえいえ。多分、お調べになってご存知のことばかり、だったでしょう。自分こそ、教えていただきました。
>ポルトフィーノってディズニーシーのモデル
これは、知りませんでした。あちらの人ごみと混雑は、我々世代には少々しんどく、あまり行きたくはないのですが、オープンしたてのころ、ヴェネツィアがモデルだと聞いて、娘一家、孫たちと一度だけシーものぞいてみました。なかなかいい雰囲気だったですね。
ポルトフィーノは昔、もう20年近く前でしょうか、タイトルを忘れたのですが、イギリス映画で、ロンドンに住む4人の女性が偶然、ポルトフィーノの別荘を1月間シェアして共同生活をするという物語があり、その中の美しい光景にノックアウトされたのが、あちらを訪ねたきっかけでした。吹き渡る風からして、どこかほかの街と違うような気がします。どうぞ、良きクルーズをお楽しみください。

hiroshi
2009/07/03 11:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

州都ジュノーへ〜曇り時々小雨、稀に土砂降り。 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる