潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS アラスカ? アイスクリーム?〜ケチカン寄港。

<<   作成日時 : 2009/06/11 17:06   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 24

 
仕込んで6週間あまり。
昨日、ついに、試食しました。


画像



画像トルコのグランド・バザールで、前回、初めて買ってきたんです。延びるアイス、「ドンドルマ」のパウダー。

ラン科の植物、サレップの根塊を摩り下ろして乾燥させたモノだそうです。喩えてみれば、コーンスターチ様のモノなのでしょうか。牛乳、卵黄と混ぜ込んで5〜7分攪拌して冷凍庫で冷やし、あとは2〜3日に一度、少し蕩かして混ぜ合わせ。再度冷凍庫で冷やす作業を2週間ほど続ければ出来上がり。アイスクリームメーカーなど、まったく用なし。大き目のラーメン鉢ほどのボール1個。道具はたった、これだけです。


画像面白そうだったので、バニラ、チョコレート、ストロベリー3種類を、十袋あまり買ってきました。で、娘や友人らにもおすそ分け。わが家用にも何袋か。

が。。。

あれから一年あまり。。。
わが家のデザート・タイムにまったく登場しないまま、買ったことを、すっかり忘れていました。


画像そんな今年のゴールデンウィーク直前。所用で旅行中の相棒の留守に台所に立ったこちら。食糧庫の奥深くの片隅に、しっかり、手付かずで残っている、この袋を発見しました。

その夜。かかってきた相棒の電話で、買って一年以上も放置しっぱなしの状態を、恐る恐るなじったら、テキは、何と言ったと思います?

「そんな得体の知れないモノ、私が作るなんて、思ってたの?」
「買ったの、あなたじゃない?」。


画像と。こういうワケで、その夜、早速に、自分自身で、袋の裏の説明書きを見ながら「製造」にトライ。「延びる」かなめは、口に入れるまでの間の、引っ張る→冷凍→延ばす→冷凍→混ぜる→冷凍などの作業が大切、なようでした。

で。アラスカ行きの前に、何度か、溶かして混ぜ込んだり、延ばしたりとドンドルマに「修行」をさせて、留守にしたワケです。

どうです? 見た目さっぱりワカリマセンが、結構、延びるんです。
モチのように堅いから、ナイフとフォークで切り取って、手近な皿に盛りつけてみました。
そして、写真撮影。当然、このあと、試食。案外、うまかったです。少々甘みが強すぎるかな、という欠点もあるにはありましたが。。。

相棒ですか? 彼女へは、写真のごとくの手近な和食器でお茶を濁すのではなく、キチンとグラス・カップに盛り付けて差し出しました。そして彼女は、スプーンでひと口、味見した後、「案外、おいしいんじゃぁ、な〜い」。



画像と、アラスカ・クルーズ記を書いているのに、長々とアイスクリーム談議を。。。

なぜ、アラスカで、アイスクリーム談議を?
だって、こちらは本場ではないですか。「ベイクド・アラスカ」の。



画像



画像起源は、ロシア領からアメリカ領に切り替わった時を記念して、創作、創出されたデザートなのだそうですね。

そして、アラスカ、という言葉は。。。アリューシャン列島を本拠としていたネイティブの方々、アレウト族の言葉で「本土、広大な土地」とか、「半島」とかを意味する言葉であったのだそうですね。アラスカって、ロシア語なのかと思っていましたが。。。

と。
長々と余談を続けてきましたが。。。

クルーズ4日目。終日航海日、いわゆる「海の日」を2日続けた翌日の5月14日午前8時過ぎ。
船は、最初の寄港地、ケチカンに入港しました。



画像


画像


画像


画像

ケチカンに入港したとき、10F、リド・デッキのブッフェで、ちょうど朝食中であった。座っていた左舷側のブッフェの窓からは、街と反対側の岬や山稜が一望に。森の向こうの、雲に隠れた峰々は、ベイクド・アラスカのように高くそびえて見えた。ポケットには小さなコンデジしかなかったが、食事を飲み込むように食べ終わると、あわてて11Fへ。


画像

船尾方向。画面左、右舷側がケチカンのダウン・タウン方向だ。
下写真は、左舷側。ミスティー・フィヨルドに向かうのだろうか、水上飛行機が絶え間なく発着する光景が見える。


画像


画像

ゴールデン・プリンセスが既に着岸済みであった。インフィニティは、その横を通過しながらさらに奥の岸壁へ。後部につけるようだ。船尾の旗で分かるとおり、インフィニティの船籍港はマルタ。マルタを便宜置籍とする船には、今回、初めて乗った。
下写真は、ゴールデン・プリンセスの船尾。レーシング・カーのフィン・スタピライザーのような独特の船尾形状を持つプリンセス船3姉妹の1船で、残る2船は、昨年冬、西カリブ海クルーズで乗ったグランド・プリンセス、5年前にエーゲ海で乗ったスター・プリンセス。


画像


画像


画像

ゴールデン・プリンセスの後部にHALのアムステルダムも既に着岸済み。
下写真は、アムステルダムのファンネル。初めて乗ったクルーズ・シップがHALのウェステルダムなもので、このファンネルマークがとても懐かしく、愛着を覚える。


画像


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
hiroshiさん こんばんわぁ

伸びるアイスに挑戦されたんですか? とっても感心です。
私は自分でアイスクルーム作るなんて思いもしない事でした。
冷凍庫でどの位でアイスに? 硬すぎないのですか?

ベイクド・アラスカはセレブリティがお得意か?と思って居ましたが意外と何処にでも供されるものですね?
船に乗るまで知らなかったです

愈々ケチカンに入港ですねエ〜

ゴールデン・プリンセス & HALのアムステルダム イイナア港の様子♪

私達は ホーランドアメリカのラインダ・ノルウェージャン・スター・カーニバル・スピリッに逢いました。
似たような光景で船着き場が目に浮かびます。(〃⌒ー⌒〃)
良かったわ!! ケチカン 「遠い目・・・

航路図載せて頂きましたね〜コースが少し違うんですね? 同じかと思っていましたが〜 それも良いかもです。
たえこ
2009/06/11 20:37
たえこさん、今晩は

いや、凄かったですね! バスの火災。びっくりするような出来事と予告はお聞きしていましたが、写真を拝見して、予想を上回る仰天動地のハプニングにただただ驚いていました。ご主人のおっしゃることが、同じオトコとして良くわかります。「いかん」ですよね。十分お気をお使いなのでしょうけれども、安全はマージンを多めにお取りになった方が。。。
アイスクリームは、わが家ではほとんど既製品購入で、まれに作る場合でも、アイスクリームメーカーを使った相棒の役目で、自分では初めての挑戦でした。案外簡単なので少し拍子抜けでした。粉と牛乳などを混ぜてハンドミキサーをかけて、冷凍庫で3時間ほどで固まりました。ただ、のびるアイスの場合はここからが時間がかかりました。いえ、3時間ほどでもう食べられるのですが、あまりのびない。で、のびるようにするには、少々コツが必要な具合でした。ネットで見ると、粉はあちらこちらで通信販売していますね。

hiroshi
2009/06/11 21:07
〜上から続く〜

ベイクド・アラスカはどの船でもやっているのでは? 自分の場合は、スーパースターヴァーゴを含めて外国船ではすべてで、あのお祭り騒ぎで出てきました。

コースは、そうですね、かなり違いますね。たえこさんの場合は同じ11泊でも豪華な列車での陸旅が後半にありましたから、停泊港は、いくらかhiroshiの方が多かったのでしょうか。アイシーストレイトポイントとシトカ、ビクトリアが加わって計6寄港地でした。

>良かったわ!! ケチカン 「遠い目・・・」

そうですねぇ。たえこさんのあのお写真は素晴らしかった! あれを拝見して、ぜひ行ってみたくなったのが、自分の動機でした。季節外れでサケの遡上は見られませんでしたが、新緑が美しかったです。

hiroshi
2009/06/11 21:08
hiroshiさん、おはようございます!

hiroshiさんって器用なんですね〜〜。お料理も上手にこなされますが、アイスクリームまでこんなに完璧に作られて。。私はアイスクリームは買うものと決めてます。手作りも楽しそうですが、途中で何度もかき混ぜる手間が面倒で。。。
完成したトルコアイス、表面がちょっぴり溶けかけて、とっても美味しそう〜〜なのですが、できれば、ビヨ〜ンって伸びてるところも見てみたかったデス。

ベイクド・アラスカ。飛鳥Uのニューイヤークルーズ乗船記で出てきたのを見たことがあります。日本船でもやってるんだ!って驚きました。

いよいよケチカン入港ですね。
最初の、ご夫婦が外を眺めておられる後姿の写真が何とも好きです。港が近づいて、寄港地の風景が見えてきて、、、会話も聞こえてきそうな素敵な写真ですね。
私も、横で同じように窓の外を眺めている気分になってきました。これからの展開、ワクワク楽しみで〜す
まゆき
2009/06/12 10:55
まゆきさん、おはようございます。

きょうはお休みですか? コメントいただいた時間を拝見すると、そんな感じですね?
自分も、本日は珍しく、午後3時ごろから予定が一つあるだけで、帰宅以来、久々にのんびりPCの前に座れて、喜んでいます。

>ビヨ〜ンって伸びてるところも見てみたかったデス。
そうそう、自分もそんあ写真を撮りたくていろいろ試してみたのですが。。。この日は、相棒がもう眠っちゃった後から写真撮りを思いついたものだから、独りではいかんとも。翌日に写真を撮れば良かったのに、残念です。
ベイクド・アラスカ、そうですか? ぱしびいでは、ご覧になったことは? あれは、味もそうですが、前後のイベントが愉快ですね。だいたい、どの船でもメートルドテルを先頭にウェイターらがベイクド・アラスカを抱えて行列を作ってダイニングに出てきて、それを、乗客らがナプキンを振りまわして出迎える。。。あの雰囲気が愉快で好きです。

hiroshi
2009/06/12 11:58
〜上から続く〜

ケチカンの、ブッフェでの写真のご夫婦。いいですヨね。アメリカ人はとくにご夫婦でいつも一緒にいらっしゃるから、仲睦まじいお姿を良く見かけます。自分も、ああいう姿を見るのが好きですね。ワクワクしていただくほど面白いブログではありませんが、ご覧いただくことが嬉しいです。コメントを頂戴するのも嬉しく、ありがとうございました。
hiroshi
2009/06/12 11:58
hiroshiさん、今晩は。

いいですね〜〜〜ケチカンの入港風景!
静かで、そしてこれから上陸すると見えてくる風景を想像するとワクワクしてきますよね

メガシップが着岸しているシーンに遭遇するのは、もう釘付けですね!
ゴールデン・プリンセスは「派手」ですね〜〜〜

nao
2009/06/12 22:42
naoさん、今晩は

>メガシップが着岸しているシーンに遭遇するのは、もう釘付けですね!

ねぇ!! ホントに、そう思います。
で、写真を撮っていると、何とまァ、シャッターを押しまくることか!! わがクルーズ体験で、もっとも撮影写真枚数の多くなる場所は港で、その港の船ばかり、似たような写真をいっぱいに撮っているんですね。帰ってから写真を整理すると、どうしてこんなにも船ばかり撮っているのかとガックリするくらい。今回も、左手にコンデジ、首から一眼とビデオをぶら下げて船ばかり撮影していました。肝心の街や風景や美しい自然などはほとんど撮っていない。で、このあと、どうやってブログを作るか、少し悩んでいます。

hiroshi
2009/06/12 23:00
〜上から続く〜

>ゴールデン・プリンセスは「派手」ですね

そうそう。意見があいますね。派手派手で、ちょっと恥ずかしいくらいです。で、同型船の3姉妹のうち2船に乗っちゃっているんですから。乗っている時も、港でほかの船に出くわすと、何となく恥ずかしかったです。←意識のし過ぎ?

自分はホントは、HALのような地味目の船が好きですね。濃紺の船体は貨物船かと見まがうほど野暮ったいですが、船内は、ウエステルダムただ一度しか乗船体験はありませんが、地味目ながらシックな佇まいで、やはり好きですネェ。内装はインフィニティも地味目で好みのつくりでした。
hiroshi
2009/06/12 23:01
hiroshiさん。こんにちわー
アイスクリーム作りお疲れ様でした。
宜しゅうございましたね(料理評論家風)
偉いな!私の中には存在しない発想作って頂いたら・・勿論召し上がります♪

今、レディボーデンのクッキーサンドにはまってます。
ミニストップのソフトも美味しいと思います。

たえこさんとも趣が違うアラスカケチカンではどんなにして過ごしたのでしょうか・・
ミスティフィヨルドに船で行こうと思いますが・・
代理店では、雨が多いからと・・
雨のアラスカはどうなのでしょうか

hiroshiさんもたえこさんも晴れのブログで羨ましい

「ベイクド・アラスカ」食べられるかしら?
バスローブでおこしではないですよね!?彼の地の女性・・
mayumi
2009/06/13 11:33
mayumiさん、こんにちは

たった今、二度目のパソコン前にすわったところでコメント頂戴。ラッキー
お好みはレディーボーデンですか? のびるアイスの元、比べれば甘過ぎです。というものの結構イケますよ。お近くにお住まいでしたらばお届けできたものを。
ミニストップ?? これも残念。知りませんでした。アイスクリームのことは「無知」です。コメントを書き終えたら、早速ネットで勉強します。
ミスティ・フィヨルド、よろしいらしいですヨ。残念ながら行きませんでした。ケチカンの本命はミスティであると、後で知りました。
自分たちは、ネイティブの方々の村、サックスマン・ネイティブ・ビレッジを。ガイドブック「地○の○き方」を買っちゃったのが失敗でした。あれには、コチラカトーテムバイト歴史公園へ行かなければケチカンに来た意味がない、とまで書いてあったんですヨ。とほほ、でした。


hiroshi
2009/06/13 12:06
〜上から続く〜

たえこさんのところで横見しました。お父さま、大変だったですね。そしてご退院、おめでとうございました。

ケチカンは、アメリカで一番雨の多い街だそうですヨね。年間300日は雨と聞きましたが、ピーカンの快晴でした。雨もまた、情趣があっていいのではないでしょうか。
ベイクド・アラスカ、プリンセスの船でお食べになったことはありませんか? 自分は、プリンセス船に過去3船に乗っていますが、いずれもいただきました。 甘すぎるのにぶつかると残念、ということになりますが。。。
>バスローブでおこしではないですよね!?彼の地の女性・・
それが。。。それでおこしでした。今回のクルーズでは、プールとアイスクリーム・スタンドが近かったせいか、はたまた、ほとんどの部屋にバスローブがセットされていたせいか、それとも、そういうことをあまり気になさらない生活習慣のアメリカ人が多かったせいか、こんな風景に良く遭遇しました。面白いので載っけちゃいました。

hiroshi
2009/06/13 12:09
こんばんは hiroshiさん 今週も無事に終わりました〜

ケチカン入港の様子とってもきれいですね。
こんなきれ〜な風景、ほんとに気持ちいいですね。

トルコアイスに挑戦されたとのことで、すごいですね。家でも作れるんですね。
私は愛知であった万博の時にこのアイスを食べました。お店の人のパフォーマンスも面白かったのが印象的です。棒のようなもので、ずーっと練ってるんです 面白かったあ〜

甘いもの大好きの私は、ベイクドアラスカもとっても魅力的です〜
ハワイも美味しものたくさんありそうですね。最近、ガイドブックでどこに行くかいろいろ考えてます〜
バスへ乗るのもちょっと緊張しそうです。
あおちゃん
2009/06/14 00:02
hiroshiさん。こんにちわー

呑気にコメ出来て幸せ

私め、クルーズ初心者です。のでプリンセスの船にも初めてでーす。
これから色んな船に乗れたらです

>でケチカンの本命はミスティであると、後で知りました。
クルーズバケーションのお勧めは木こりのショー?!
ミスティは雨が多いから勧められないでした!
視界ゼロでなければ行きます!
スキャングウエイは8時間のバスと鉄道、ジュノーはヘリウォークの方でした。

掲示板のアドバイスの様に、
仲間と同じのにしなくてもと思うので、
彼は代理店のアドバイス。
私はhiroshiさんはじめ藤原ファミリーの助言で・・

mayumi
2009/06/14 11:21
あおちゃん、こんにちは。

無事、一週間終えられて、オメデトサン、お疲れさま、でした。
また新しい一週間が始まりますね。そうやって、日々を積み重ねていって、お楽しみのが近づいてくるンですよね。うれしいではないですか。楽しみですよね。自分は、もう長い間、あちらへは行っていないので、お帰りになったあと、あちらの話を聞かせてもらえるのを楽しみにしています。

>トルコアイスに挑戦されたとのことで
これはまぁ、お笑いですよね。「トルコアイスの元」の粉をかなり買ってきちゃったんです。ところが、うちの相棒が、気持ち悪がって作ってくれない。で、仕方なく自分でやっちゃった。。。案外、簡単でした。そうそう、向こうでは長い鉄の棒で練っていますよね。わが家はナイフとフォークで切り刻みながら練っています。もう半分以上なくなったですね。相棒が食べているに違いありません。減っていますから。袋はまだ残っているので、また作るつもりです。



hiroshi
2009/06/14 11:53
〜上から続く〜

>どこに行くかいろいろ考えてます〜

今が一番楽しいときですよね。計画段階が一番では?
バスは、簡単ですよ。いらっしゃったら、なんだ、こんなに簡単なの、と思いになることでしょう。あちらには、日本人はあまり利用しませんが、フリー(無料)のミニバスも結構利用し甲斐がありますよ。主要ホテルとヒロ・ハティ(Hilo Hattie)やドール・キャナリー(Dole Cannery)を結ぶバスとか。

自分も行きたいな〜〜。暇と先立つものがあれば、ついていっちゃうんですがね〜〜。
hiroshi
2009/06/14 11:54
mayumiさん、こんにちは。

>スキャングウエイは8時間のバスと鉄道、ジュノーはヘリウォークの方でした。

お〜〜、素晴らしい 結局、8時間コースを選択されたですか? 自分は、3時間半コース、往復してきただけです。mayumiさんのエクスカーションが正解でしょうね。うらやましい

ミスティ、そうらしいですね。自分たちが行った際のお天気続きは、かなり珍しいことであったようです。だから、船の中では、ボートで行った人(何と、この方々はお母さまを含めた英国の3人家族ですが、そのお母さまは90歳! お元気そのものでした)も、ヘリで行った人(フロリダ、タンパ在住の、死んだ息子の嫁と義理の母二人組で、何とこの義理の母上も91歳)も、ともにテーブルが隣り合っていたのですが、ミスティが素晴らしかったと絶賛でした。きこりのショーも面白かったという話を聞きましたヨ。
hiroshi
2009/06/14 12:09
〜上から続く〜

クルーズ初心者だなんて。。。
mayumiさんは、上級者でらっしゃいます。クルーズ初心者であるかどうかは、行ったその回数ではなく、好奇心と探究心と身につけた知識で決まるのでは?

mayumisさんは間違いなく、上級者でらっしゃいます。行動力も抜群です。
hiroshi
2009/06/14 12:14
今日はみっどりい玉♪
トルコの伸びるアイスの原理が初めて明らかになりました。hiroshiさん、ありがとうございました。不思議で不思議でおりました。ご自分で作られると美味しさもひとしおですよね。
>買ったの、あなたじゃない?
奥様のきっぱりとされた一言〜。好きです〜。
そして召し上がれて、美味しいわって言う所も好きです〜。
やっぱり素敵なhiroshi家ですね!
murmur1
2009/06/19 21:58
ベイクドアラスカの歴史初めて知りました。由緒正しいデザートなのですね。私は、帝国ホテルの披露宴に呼ばれるとこちらを頂いては、楽しいデザートが世の中にはあるのだなあと、思っておりました。もっと、由緒正しかった・・・
知らなくてはじかち。。
デッキからの水上飛行機もビッシっと決められ、良い写真ですね。これをハンディプリンターでポストカードにして暑中お見舞いのお葉書にしたら、頂いた皆様きっと買ったポストカードだと思われちゃいますね。素敵です!
今は便利ですね。二万円ちょっとで、直接ポストカードにプリント出来ちゃうなんて。ちなみに私は、ブログにも載せたハワイの海の写真をポストカードにしようと思っています。折角一眼レフで素敵なお写真が一杯お持ちなのでhirshiさんも如何ですか?
murmur1
2009/06/19 22:00
murmur1さん、今晩は。

しっかりエネルギー・チャージを終えられたようですね。元気におなりになって良かった。もう、闘魂モリモリ、、闘志満々。いただいたコメントの裏側に、生気がみなぎっております。良かったですね〜〜。

はい。わが家の相棒は、ライオンの母親で。。。若いころから、亭主を断崖から激流に突き落として、立派に育て上げるのが趣味のような方でございまして。。。つれなくも「買ったのはあなた」をズ〜〜っと踏襲し続けてきたおかげで、亭主の方はこれまで、しっかり、いろんな料理を覚えてきました。誠にありがたいことです。トホホ。
とまぁ、冗談はともかく、割りきりがいいのでしょうね。時には腹も立ちますが、サッパリとしていい気分です。

hiroshi
2009/06/19 22:46
〜上から続く〜

>今は便利ですね。二万円ちょっとで、直接ポストカードにプリント出来ちゃうなんて。

それは知りませんでした。
例の、鳩山大臣と丁々発止とやりあったあの方の会社で、こういう商品を売っているんですか? 

ハンディ・プリンターは、一度、クルーズに持参したことがあります。シューズボックス並の大きさで結構持参しやすいのですが。。。乗船期間中の早い時期にキャビン・スチュワードに、仕事中の姿を撮影してその場でプリントし、プレゼントしたんですね。すると、味をしめられたのか、彼の仲間のクルーを次々に連れてきて写真を撮れ、プリントせよ、などと注文が相次ぎまして。。。で、一回で懲りて、以来持参したことはなく、家で埃をかぶっています。

ハワイの海のお写真。どの写真をお使いになるんでしょうね。どれも皆、素晴らしかったから。
そうですね。暑中見舞いを考えなければいけない季節ですね。早いものですね。月日の過ぎるのは。murmur1さんのお宅の桜の木は、来春からは、お花見が出来るほどに成長するのでしょうね。
hiroshi
2009/06/19 22:48
こんばんは、hiroshiさん。
言葉が足りなくてすみません。
>あの方の会社で
ではないのですよん。私は、CanonのSELPHYを使ってます。元々カセットに印刷紙がセットされていて、それを機械に入れてスイッチポン、で表全面は写真、裏はポストカードで印刷出来ちゃうのです。色も仕上がりはとても綺麗です。カセットも100枚がセットになっているのでかなり枚数も楽しめます。一枚当り30数円位で、自分の写真で暑中見舞いが送れるのでちょっと楽しいのです。写真を半分の大きさにして半分にその月のカレンダーを印字する事も出来ます。オリジナルのカレンダーの出来上がりです。
>シューズボックス並の大きさで結構持参しやすい
小さくて旅行に持ち歩けるのは魅力ですが、リクエストが多いと、大変になっちゃいますね。でも、スタッフの方にとって、素敵なプレゼントになりましたね。
hiroshiさん〜、来年もっとお花が付くのかと思うと、とっても楽しみになっちゃいます。
murmur1
2009/06/20 21:49
murmur1さん、今晩は。

と、少し飲んできました。

こちらこそご免なさいね。↑であんな風に書いた後、考えていて、ようやく気づきました。はい。
テレビで宣伝を見たことがあり、ふ〜ん、ハンディー・プリンターも便利になったなぁ、と思っていました。

自分が持っているのは(もう長い間埃をかぶっていますが)エプソンの、ハンディー・タイプ出がけのころのモノです。通常の印画紙というか、光沢紙を入れて通常通りプリントしてくれるだけのシロモノで、加えて色が4色なのでそれほどきれいではなく、今では、でっかいCANONのip6600Dしか使っていません。しかしこれも、かれこれ3年近くなるシロモノです。
良さそうですね。SELPHY。スイッチ、ポンで裏表すべて完成ですか?
またまた、murmur1さんに追随しちゃうかな〜。

そうそう、来年は、今年の春とは見違えるほど、花の数は多くなるのではないですか? 河津桜。3〜4年先には、murmur1邸で、花見の宴が張れますね。うらやましい〜〜
hiroshi
2009/06/20 22:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

アラスカ? アイスクリーム?〜ケチカン寄港。 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる