潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS ケチカン〜おぉ、昨年秋の大統領選の話題の?

<<   作成日時 : 2009/06/14 22:16   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

 
前回に引き続き、ケチカン入港風景。
「インフィニティ」は、HAL「アムステルダム」の後部に着岸するようです。。。


画像

下写真は、船首部、北方向を眺めた光景。前方の大地はケチカン国際空港のあるグランビナ島。「大いなる無駄遣い」と2006年から2008年にかけてアメリカ中で話題を集めた島なのだとか。写真では写っていないが、手前左手にあるペンノック島と並んで林業の本拠地。グランビナ島は、245平方キロもある広大な島ながら、住んでいる住民は50人だという。さすが、アラスカ。

上写真は、船尾部、南方向。右手に見えるのはペンノック島。左手はケチカンのダウンタウン。クルーズ船が停泊している。


画像


画像



こうして岸壁に着くまでの様子を眺めているのも好きなのです。
で、一度キャビンへ戻って、一眼を取ってきました。本格的に撮ってみたいでは、ないですか〜〜。

おや? え〜! 岸壁ではないようです。船が横付けするのは。
ほら、巨大なポンツーン。長さおよそ150フィートほどもありましょうか。幅はおよそ30フィートほど。
こんな巨大な浮き桟橋に着けるのを見たのは、初めてでした。


画像


画像


画像


画像


画像



そして。。。
さらに船の進行方向、北方を眺めて気がつきました。もう一隻着岸しています。HALの「ザイデルダム」でした。

さらに、さらに。。。
カメラ2台とビデオカメラを首から、腕から、ぶら下げたニッポンジンが、11Fデッキを駆け回って写真を取りまくっている姿が面白かったのでしょう。きっと。こちらとほぼ同年代、と見えるアメリカ人たちが、前方の島を指差しながら話しかけてきました。


画像



前方の島はグランビナ島。ケチカン国際空港のある島。
「ほら、昨年秋の大統領選でも話題になったろ? 民主党の副大統領候補になったアラスカ州知事、サラ・ペイリンゆかりの、あの<どこにも行き場のない橋>計画の島なのさ」。

と、言われても、こちらにはさっぱり。
あとで詳しく教えていただいて、やっと分かったのですが。。。


画像

住宅は、木造ながら4階建て〜5階建てのビッグ・ハウスが目立つ。

画像



ケチカンの街と対岸の空港のあるその島との間で4億ドル近くもの建設費を投資して、ゴールデンゲート・ブリッジ並みの超大型橋を作る計画がアラスカ州で浮上。

民主党副大統領候補として登場したサラ・ペイリン、アラスカ州知事。その彼女が、橋の建設を「大いなる無駄遣い」と議会に噛み付いたのを売り物にして、一躍脚光を浴びたのが、当時のアメリカの大統領選の大いなる話題の一つであったのだそうです。そして、その売り物も実は、2006年の州知事戦に立候補した時点での彼女は、逆に建設推進派であった。。。それがマスコミで暴露されて。。。


画像

下船したポンツーンは、こんなにも広い。岸壁へ上がると、ダック・ツアー(水陸両用バスツアー)や各ショア・エクスカーション用のバスが行列を作って待機していた。船のエクスカーション以外、地元旅行社のミニ・ツアー呼び込みも、雨に備えて仮設テントを作って待っていた。

画像


画像


画像


画像



その話題の「無駄遣い橋」建設予定であったポイントが、船が停泊したすぐ近くと対岸の島。彼らは、それを教えてくれたのですね。

アメリカ人にとっては有名ポイントなのかもしれませんが。。。ニッポンジンのこちらには、あまり興味はないところですが。。。彼らに気遣いして何枚かシャッターを押し、押した結果、カメラに画像が残っているワケでして。。。

これも「覚え書」の一つと。。。
今回は、いえ、今回も、面白くもない記事ですが。。。一応、書き残しておくことにしました。

画像


画像

岸壁の広場を取り巻くように並ぶ土産物店やショッピング・センターには、グリズリー・ベアやブラック・ベアの剥製(フェイク)や人形があちら、こちらに。最下段は、引き続き我々が訪ねたショア・エクスカーションの目的地で見た、トリンギット・インディアン(ネイティブ・アメリカン、というのが礼儀だと思っていたが、その表現は白人たちが決めた言葉だと逆に嫌われた)の踊りの衣装。

画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
hiroshiさん、こんばんは!

今、自分のblogの記事をupして、こちらを訪ねたら、hiroshiさんも書き上げられたところでした。で、一番乗り〜〜!

>こうして岸壁に着くまでの様子を眺めているのも好きなのです

私も大好きで〜す。船に乗っていて一番好きなひと時と言っても過言ではありません。どんなところかな〜って期待膨らむ時間ですね。

>船が横付けするのは。ほら、巨大なポンツーン

凄い!こんな大きな浮き桟橋は初めて見ました。ポンツーンって、船で引っぱってきて、クルーズ船に着けるものだと思っておりましたが(そんな作業を見るのも興味津々で)。。逆にクルーズ船のほうが接岸するのですね!?
ふぅ、スケールが違いすぎます!
まゆき
2009/06/14 23:13
まゆきさん、今晩は

up早々お訪ねいただき、ラッキー

>凄い!こんな大きな浮き桟橋は初めて見ました。

ねぇ! 自分も、初めて見ました。陸地側に漁港のような小さな港があるんですね。それを塞ぐような形でポンツーンが横付けされていました。船がいないハズの夜明け前や夕刻からの漁の時間帯は、漁港として使われているのかもしれまwせんね。確かめてはいないのですが。

まゆきさんが船の着岸風景をお好きなのは、ブログを拝見していてわかりました。タグボートがお好きなのも、その一環ですものね。

>どんなところかな〜って期待膨らむ時間ですね。

そうそう、胸躍るひとときですね〜〜。
hiroshi
2009/06/14 23:29
hiroshiさん、今晩は

10万t、6万t、9万tのクルーズシップが縦列をなすとそれは圧巻そのものですね

しかし、250m以上の巨大な船体を、本当に上手く着岸させますよね。プロとしては日常的な作業なのでしょうが、素人には「すごさ」さえ感じます

傾斜地に家が建っていますね〜〜〜
木造で4〜5階建てですか?
地震がこないんでしょうね〜〜〜

nao
2009/06/14 23:33
naoさん、今晩は

>10万t、6万t、9万tのクルーズシップが縦列をなすとそれは圧巻そのものですね

本当に。。。考えてみれば、4隻で合わせて全長1.1キロですか? 着岸も、たいへんに短時間でしたよ。毎年5月から9月までこんな光景が続くのしょうか、港関係者も慣れきっているのでしょうね。

>傾斜地に家が建っていますね〜〜〜
木造で4〜5階建てですか?
地震がこないんでしょうね〜〜〜

ホントに。少々気になりました。家へ入るのにも自宅専用の長い階段(これも木造)が続いているんですね。あれを朝夕上り下りしないと家へはいれないのはさぞや大変だろうと思いました。自分じゃぁ、耐えられないかも。

hiroshi
2009/06/14 23:52
hiroshiさん  (こんちわッ}(゜δ゜*)゛

1枚目の写真の海面が虹色ですね〜 
naoさんで見た色に~~~ 同じ様で〜〜不思議

豪華客船並んだ様子は何時見ても良いです
そうしてあの時歩いた、浮き桟橋も〜、naoさんに教えて頂いた「水陸両用バス」も とっても身近ですが〜あの時の時間が 遥かアラスカだなんてウルウルです。

イタリアで見た「水平環」の画像をまゆきさんの「BBS」に添付しますね〜 見てください!
たえこ
2009/06/15 13:56
たえこさん、今晩は

虹、ホントですね。ご指摘をいただくまで気がつきませんでした。逆光写真です。海面で反射した光が、カメラのレンズにプリズム像を結んだのでしょうか? しかし、たえこさん、よくご存知ですね。naoさんのところでの虹の写真。いや、いい勉強をさせていただきました。

そうそう、水陸両用バスをお撮りになって、それをnaoさんがご指摘だったですね。確か自分は、カリブでも見た、ごとくのコメントを書いていましたっけ? 
たえこさんのブログの影響で、アラスカへ出かけた(出かける計画決定者含む)のは既に3人。ほかにmurmur1先生やまゆきさん、naoさんもいらっしゃりたいご様子だし、すばらしい影響力だったですね〜、たえこさんのブログは
hiroshi
2009/06/15 19:50
hiroshiさん。こんばんわー

ケチカン。都会ですね

知れば知るほど不思議の地。アラスカにじき行くのかしら?
現実味を帯びると、何だか想像の世界も離れます。
ウーです。

大きな船が何隻もあって・・そこにいる自分が想像できません!?

大きなお家は別荘でしょうか
踊りの衣装はマント風でしたか。またそのEX(勝手に略しました)も次に載りますよね
mayumi
2009/06/16 00:19
mayumiさん、おはようございます。

>アラスカにじき行くのかしら?

あっはっは、ですね。mayumiさんは、藤原さんの掲示板やたえこさんのコメント欄でのお書き込みを拝見していても、愉快で温か味のある文章をお書きになりますね〜〜。頭がよろしいんですね〜。ご主人は幸せですね。「箱入り」になさろうとされるのも納得です。

>大きなお家は別荘でしょうか

いえ。多分、実際にお住まいになっている方々ではないでしょうか。根拠はありませんが、行き来する人々の姿や車の具合からそう感じました。

踊りの衣装。はい。おっしゃるとおりのEX(真似させていただきましたぁ)を次回に載せるつもりです。
mayumiさんは決まりましたか? Lumberjack Showか はたまたMisty Fjordsか いま、悩みながら、その悩みを楽しんでらっしゃる う〜ん、おぬし、まだまだ、楽しむつもり、なのだ、なぁ〜〜
hroshi
2009/06/16 10:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

ケチカン〜おぉ、昨年秋の大統領選の話題の? 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる