潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS ケチカン〜クリーク通り、♪写真で全解剖♪☆

<<   作成日時 : 2009/06/20 16:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 21

 
しつっこく。
またまた、クリーク通り(CREEK STREET)です。そして、「アラスカ・クルーズ」の「覚え書」。今回で終了です。


画像


画像



画像。。。と、「終了」は冗談、でした。
が、まぁ、ホントに、これで終わってもいいほど。そういう気持ちです。

前回にご紹介した、ブログ「粘土と花」(ブログを2つ維持しておられます。で、今回は、もう一つの方、EXにリンク)で、主宰する「たえこさん」がご紹介されていた写真に感動しました。多分、撮影がお上手だったんだと思います。魅惑され、この街の魅力の虜になりました。

で、この通りを実際に自分の目で見てみたくなって。。。今回の旅の、最大の目的地でした。
そしてこちらを訪ね終わって、気分的に、アラスカ・クルーズ。これで、もういいや、と。



画像


画像



画像というわけで、もういちど。

今度は最上流から最下流、メイン・ストリートのステッドマン・ストリート(Stedman st.)にかかる橋まで。そちらでダウンタウンの街並みに合流するまでの、距離にしておよそ200メートル弱。クリーク通り沿いを、今回はつぶさにレポート。
もちろん、前回に載せていない新しい写真を使っています。

日本のガイド誌は当然として、地元ケチカンを含めたアメリカのサイトでも、こちらを丁寧に、こまかく紹介してくれているサイトは皆無、だったんです。自分の調べた限り。
で。ならば、おのれが。。。hiroshiが、トライ。。。そんなわけです。


画像と。ここまでに載せた写真について。

クリーク通りには、流れの向こうの木杭の上の街筋へ入り込める入り口が、2カ所あります。入り口は、昔の吉原の大門、のようなものでしょうか。どんなヤローが「花街」へ向かったのか、その気になれば、すべてワカル仕組みですヨね〜〜。
(内緒の、「既婚オトコの秘密の小径」を加えれば、3カ所になりますが。。。)

うち、船で訪ねて、近いのは、左地図の左端、白頭鷲が上部に置かれたトーテム・ポールのある上流側。岸壁から歩いて7〜8分くらいでしょうか。

その入り口が、上から3枚目の写真。



画像案内看板のアーチ下に立って右側、下流側(街側)を眺めたのが最上段写真。左側を眺めたのが上から2枚目。

入り口の橋を渡って上流側に向かうと、行き止まりの6枚目のコーナーに。そちらで、さらに上流側を覗くと、上から4枚目、そのコーナーで、今来た方を振り返ると5枚目写真。左の、上から7枚目の写真は、最上流のお店、地図では番号「4」のレストラン「グッド・フォーチュン(GOOD FORTUNE RESTAURANT)」。中華料理です。



画像左写真は、地図の「5B」の「アラスカ・イーグル・アーツ(ALASKA EAGLE ARTS)」で飾っていたTシャツ。面白柄のTシャツが魅力的でした。入り口と看板写真は前回に載せています。

ちなみに、左2枚上の地図は、前回に載せた写真の上から5枚目、最下流の入り口の脇に建つ案内板のうち、地図だけを抜き出して拝借し、掲載。前回のその写真を拡大してご覧いただければお分かりになりますが、「(鮭)サカナと漁師たちは、産卵目指して、こちらのクリークのどちらへ、さかのぼる(った)だろうか」と書かれています。さすが、アメリカ人、ユーモア満点。



画像


画像


画像次いで、上2枚の写真。こちらは、地図のケーブルカーの下辺り。案内看板ではアメリカ流にトラムウェイと書かれている、その上部、終着点の「6」の「ウェストコースト・ケープ・フォックス・ロッジ(WESTCOAST CAPE FOX LODGE)」は、前回に紹介しました。その直下にある「ソーホー・コーホー・アートギャラリー(SOHO COHO ART GALLERY)」と「パルナッサス(PARNASSUS)」が並びます。

そして続くのが、最上段写真にも写っている、左上写真の「ハリバット・ホール(HALIBUT HOLE)」。フィシュ&チップス」がうまい。。。



画像



画像街路はここで、水の流れるクリーク側を離れて、「ハリバット・ホール」や、前回にご紹介した白頭鷲の飾り看板のある「イーグルス ネスト(EAGLE'S NEST)」の裏側、崖側に細く長く続きます。

右側に建物の板壁、左手が崖と言う、その道を南に進むと。。。

書き忘れましたが、「サーモンの首都」の名にふさわしく、鮭の缶詰や左写真のごとくの紅鮭の燻製などは大変お安く、左のごとくの燻製は、日本円に換算して小さい方で600円ほど、大きい方で1000円でした。


下写真、Tシャツや野球帽、ウインド・ブレーカーなどが並ぶ「シンプリー・サーモン(SIMPLY SALMON)」前に。
前回にご紹介した、日本語、中国語などの案内が張り出されたお店です。


画像


画像


画像「シンプリー・サーモン」の建物。

こちらにはほかに「クリーク・サイド・トレーディング(CREEK SIDE TRADING)」と「クリスマス・クリーク(CHRISTMAS CREEK)」が入っていて、建物の横は木の板を張り巡らした小さな広場になっています。

そして、そのクリーク側では、上写真のように、かわいいイメージの看板が。
商品も左写真のごとく青空展示されていて、それがとてもお安い。野球帽は3個で10ドル。日本円に換算すれば、1個300円ほどですか。

商品群の横では、流れをゆっくり眺めながらひと休みすることも。




画像



画像ここから先は、今度は右手にクリーク。左手にお店。小道は店の前に続きます。

そして、上に載せた地図の案内に戻ると。

こちらは番号の「13」から「15」番。「ハイド・アウェイ・ギフツ(HIDE-A-WAY GIFTS」と言い、前回の紹介で、鯨の尻尾の看板などが立つ一角。


画像そして、その看板のごとく「ホエール・テイル・ソープ(WHALE TAIL SOAP)」など、3軒のお土産屋さんが。。。

うち、手作り石鹸屋さんは町の女性グループの経営で、ココナッツや白百合、グレープフルーツとザクロ、など、香りの石鹸が。。。

店内には、昨年の大統領選でオバマ現大統領と争った共和党の副大統領候補であった、現アラスカ知事の写真も飾ってありました。




画像


画像



画像道は再び崖側に変わりました。

そして次の建物。振り返ったのが上の写真。地図では「18」番のAとBです。
店の名前は「ポカー・クリーク・ゴールド(POKER CREEK GOLD)」と「サム・マッギーズ(SAM McGEE'S)」。マッギーズ。ご先祖はスコットランド系かアイルランド系でらっしゃいましょうか。


画像店内は、金の高級品から土産用の水晶製品やヒスイ、サファイヤなどの宝飾品まで多彩。

知りませんでしたが、アラスカは化石の著名な発掘地でもあったのですね。

アンモナイト貝や三葉虫、名前の知らない二枚貝などの化石も並べられ、案外、お安い値札が付けられていて驚きでした。。。それとも、こんなモノなのでしょうか?



画像


画像上の写真は、「22」番の「パーフェクト・パートナーズ(PERFECT PARTNERS)」。看板に書いていあるとおり、オパールの専門店です。

店の前には、木製のくじら。

ちょっと飛びましたが、上流から下ってくると、この店よりも1軒手前に門を構えるのが、「20」番、「ストーム・アイランド(STORM ISLAND)」。左写真です。平屋建てのかわいい店。



画像


画像



画像そして、クリーク・ストリートではもっとも美しい一角が、上写真。

屋根の上に人形が立つ青い建物が「ジョセフ・マッキーニ&フランク・メイスラー(JOSEPH MACHINI&FRANK MEISLER)」。
右隣は、かの有名な「ドーリーズ・ハウス(DOLLY'S HOUSE)」。入場料5ドル。

往時の服装をした女性が、ガーター・ベルトにお金を挟んで愛嬌を振りまきます。宣伝費代わりでしょうか。ブログ掲載は、簡単にOKが。


画像そして、残念。ガーターは、膝下か、せいぜい膝の真上、ですよね。太ももに、とまで贅沢は言いませんが、せめてもう少し上に留めていただかないと、お色気不足では。。。

最後の2軒が、左2枚の写真。
上は「28」番、「ケチカンズ・カバー・アツ・ザ・クリーク(KETCHIKAN'S CARVER AT THE CREEK)」。下が「サムシング・フィッシー(SOMETHING FISHY)」。

こちらで、出口です。


画像メイン・ストリート、ステッドマン通りの橋です。

はい。おかげさまで、楽しかったです。
こうして、船に戻りました。

クルーズの「覚え書」。ほんとにもう、これで終わっちゃおうかな〜。
そんな気分です。いまは。。。




画像

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(21件)

内 容 ニックネーム/日時
hiroshiさん (@^^@)/コンバンワ

>クルーズの「覚え書」。ほんとにもう、これで終わっちゃおうかな〜。
そんな気分です。いまは。。。
 エエッ 如何しました? 梅雨時で気が滅入ってますか?
懐かしい様子の画像に〜 お詳しい通りの描写は流石!!

>アンモナイト貝や三葉虫、名前の知らない二枚貝などの化石も並べられ、

私など全く知らないで〜何も気がつかないで過ごしたです。本当に驚きましたわ〜〜
それに帽子屋さんも有ったのですね? 気がつかなかったです。
帽子好きな夫は買いたかったでしょうに〜 探してたんですよ〜 無かった様な気がします。 棚にもあんなに有って〜 見せないで置こうかな? この画像!! アッハハハ~~~   
たえこ
2009/06/21 18:55
つづき〜

本当に如何されましたか? ケチカンが予想外れでしたか? だとすると私の責任かなあ〜

曇りですとピーカンより綺麗な画像に成ります。
何だか心配です。 
たえこ
2009/06/21 19:00
たえこさん、ようこそ

いや、逆なんですよ。もう、大満足で、これでアラスカ・クルーズの「覚え書」を終わっても思い残すことはない。そのくらい、「余は満足じゃ」、なんです。そんな気持ち。
ケチカンはとても素晴らしかったです。たえこさんの写真で拝見したとおりの、かわいい魅力的な街でした。
これまでも何度か書いてきていますが、自分は、人間の作り出す街並とか食べ物とかファッションとか衣類とか、そんなモノの方が好きでして。。。クリーク通りは、たえこさんに見せていただいたとおりの街で、あの街だけならば、もう一度行ってみたいくらいです。

あまりにしつっこく同じ街ばかりを載せると顰蹙ものですから、これでもうやめますが、ダウンタウンも良かったです。

hiroshi
2009/06/21 19:32
〜上から続く〜

ケーブルの上のロッジ、ケープ・フォックス(Cape Fox)という名前なんですが、これは、トリンギット・インディアンの、ケチカンよりもさらに南およそ80キロほどのところに19世紀まで残っていたトリンギット・インディアンの「ケープ・フォックッス族」の経営なんですね。そしてその一族の経営する同じ名前のマーケットがダウンタウンにあったんですが、こちらがまた素晴らしかった。昔の村の姿がモノクロ写真で残されているのですね。

そんないろいろなことも書き残したい。そう思いましたが、あまりにも長くなって、お訪ねいただく皆さんに申し訳ないので止めました。

たえこさんに、足を向けて寝られません。
ほんとに、素晴らしいところを教えていただいて、感謝、感謝です。
hiroshi
2009/06/21 19:33
まあ〜 そうでしょうね!!!
安心!安心!
可笑しいな〜〜 です。 
たえこ
2009/06/21 19:51
たえこさん、



でした!
hiroshi
2009/06/21 20:11
hiroshiさん、こんばんは〜〜

危ない危ない、もう少しで信じるところでした(笑)

>そして、「アラスカ・クルーズ」の「覚え書」。今回で終了です。

え〜〜、終わり?もう?氷河の写真は??って、本気で悩みそうになりましたよ〜〜
ホントにこの街がお気に入りで、そして楽しんでいらしたのですね。

それにしても、これだけ豊富な写真と丁寧な解説のガイドは貴重ですね。これは永久保存版。これから行く人(たとえば私?)にとっては、凄く参考になります!
ありがとうございました〜〜

ところで、野球帽はお買いになったのですか?確かたくさん集めていらっしゃったのでは?
まゆき
2009/06/21 22:18
まゆきさん、今晩は

あっはっは。照れ笑いでお茶を濁しています。
憶えてくださっていて、ありがとうございます。はい。アホ男でして、今回も買って来ました。何と、3つも。 一度の旅でこんなに買ったのは初めてです。ケチカンでは気に入った帽子はなかったんですが、街を気に入ったもので、帽子は気に入らないまま「ケチカン」の文字入りにこだわって、こちらで一つ。たえこさんのブログに乗っていますが、列車が走るスキャグウェイで、列車でしか売っていないのセールス・トークで2個目。もう買わないと決心したのに、シトカで、これはホントに気に入ったのを見つけて計3個目。バカ男(お)でした。
貴重だとおっしゃられるほどではないんでしょうけれども、うれしいです。自分では、一応そちらを目指したのですが。。。わがブログの、うるさいだけだと思う過去の記事のうち、いくらか記録性の残っているものは検索で訪ねていただけることが結構あるようなので。あまり参考にならないかもしれませんが、目標にしました。
hiroshi
2009/06/21 22:39
あ〜〜、もぉぉ〜。
心臓に悪いです。。
>エエッ 如何しました? 梅雨時で気が滅入ってますか?
たえこさんの、お言葉通りです。
そして、まゆきさんの
>危ない危ない、もう少しで信じるところでした
皆さん、ビックリ仰天ですよぉぉぉ。。
私も、思わずPC前でフリーズしてましたです。
いがった〜〜〜〜。
じょ〜〜くで。。
hiroshiさんのご案内でとってもクリーク通りを楽しみました。先ず、たえこさんのブログでお勉強をさせて頂いていたので、また、違う角度から街並を楽しいませて頂いて、
hiroshiさん、たえこさんのお陰で、何だかもう、行った気、満々になっております。hiroshiさん、ご案内ありがとございました。めちゃくちゃ歩行音痴の私が将来行く事が出来ました暁には、hiroshi さんのブログのこのページをコピーして持って行かせて頂いても宜しいでしょうか。
murmur1
2009/06/22 20:39
hiroshiさん、もうすぐ4なのも、そして1が六つもすっかり、呑気に忘れておりまして、hiroshiさん、ありがとうございました。特に4なんて、忘却の彼方でした。そうでした。そうか〜。て感じです。hiroshiさん、ありがとうございます!
murmur1
2009/06/22 20:40
murmur1さん、今晩は。

そうでしょうね。お仕事がお忙しい上、あれほどの内容の充実した魅力的なブログをお続けになっているのですから、4も1のン乗も、お気になさっているお暇はないでしょうね。

4については、初めてお訪ねしたときから、たまたま自分の誕生日とほぼ同じころにお始めになっていることを発見して、しっかり記憶に残っているのですが。。。1のならびについては、ほぼ徹夜に近い状態で節目を踏んでみようと頑張った日から、かなり意識しています。あの時は、叶わなかったですから。よ〜〜し、次は、と密かに期する(あはは、ですね)ところがありまして。。。
あの当時は、積算数などから推測して秋の始まりごろと計算したのですが、2カ月ほど早くなりそうですね〜〜。

次は、負けませぬぞ〜〜。
絶対に踏んでみせまする〜〜
hiroshi
2009/06/22 21:04
〜上から続く〜

アラスカ行きは、ホントは、こういうことを言うと、これから行こうとしている皆さんに申し訳ないですけれども、自分には、たえこさんのレポートから、ケチカンしか眼中になかったんですね。自然にはさほど関心はないものですから。
で、サンフランシスコ発の船に乗れて、クリーク通りを見られて、あとはビクトリアとバンクーバーを久々に巡れればそれでいいや、と。

しかし、結局、氷河にも感動しましたけれども。。。
が、結局、自分は街と人が好きなんですね。しみじみ、そう思いました。だから、今回、murmur1さんに教えていただいたVisvyを巡るバルト海クルーズ船を捜そうと、本日、早くも来年の計画を、一つ、肝に銘じたところです。
hiroshi
2009/06/22 21:13
>自分は街と人が好きなんですね。
私もそちら派なのです。
あ、私は最初が、食べ物だ・・・(汗)
Visvyは本当に綺麗な街でした。もっとゆっくりしたかったです。もう一度行きたいんです。我が家も実は来年もう一度同じルートを辿ろうかと、言ってるんですよ。
北欧は思っていたよりもずっとずっと素晴らしい所でした。
人との触れ合いと言う点でも、素晴らしかったです。
デンマークの医療はすばらしかったです。頭が下がりました。hiroshiさん、どんなコースを選ばれれるのかな〜〜。わくわく。
>絶対に踏んでみせまする〜〜
そんな風に言って頂いてあり難いです。
hiroshiさん、夏男なのですね!!♪
murmur1
2009/06/22 21:30
>あ、私は最初が、食べ物だ・・・

あはは。書き忘れていました。自分も同じです。

>人との触れ合いと言う点でも、素晴らしかったです。
デンマークの医療はすばらしかったです。頭が下がりました。

そうでしたね〜。
大変なことが一時に。このお話も拝見しました。アレを読ませていただいた時、自分ならば。。。と考え込みました。murmur1さんご一家のように落ち着いて次々の難事にキッパリとした対応が出来るかどうか。。。
結論。ダミだ、こりゃぁ、と、肌寒い思いがいたしました。

そうなんです。夏男。蟹座なんです。だからでしょうかね? 夏が好きで、子供のころからハワイに恋焦がれてしまったのは。散水中の芝生の上を裸足で歩くお仲間がいるなんて、思ってもいませんでした。あのお仲間は?? ア、違っていましたっけ。夏じゃぁ、なかったですか?
hiroshi
2009/06/22 21:48
hiroshiさん。こんばんわー

皆さんのコメ以上、コメする事もありませんので・・
私は退散しまーす・・ではまた




ケチカン素晴らしかった様子が伝わるレポートです♪
もっともhiroshiさんは何処でも素敵を見つけるお方とお見受けします。
私の訪問する方々は、皆さんその特技をお持ちと思います

ケチカン♪小さな町にお買い物ショップがギュッと詰め込まれてるようで・・こちらも楽しみです

ガイドブック作成!有難うございました
mayumi
2009/06/23 00:09
mayumiさん、おはようございます。

>皆さんのコメ以上、コメする事もありませんので・・
私は退散しまーす・・ではまた

そんなぁ〜
ぜひぜひ、コメントのをお残しを
お待ち申し上げているんです。いつも。楽しいコメを。

>ケチカン♪小さな町にお買い物ショップがギュッと詰め込まれてるようで・

その通りでした。
が。mayumiさんのお詳しいイタリア、ローマ辺りにたとえれば、コンドッティ通りやバブィーノ通りではないんですね。せいぜいトラステヴェレ。日本でたとえればmurmur1さんやmayumiさんの街、銀座などではなく、寅さんの葛飾柴又のイメージ。あまりに過剰なご期待をされるとがっかりします。自分には歩き回れる楽しい街でした。

hiroshi
2009/06/23 09:24
〜上から続く〜

ところで、たえこさんの掲示板で横見させていただいたのですが、素晴らしい写真をお撮りになるではないですか。
そして、ぜひ、そのうち教えていただきたいのですが、エミレーツの具合。乗ったことがありません。しかし、5つ星と聞くので興味津々。ドバイも面白そうだし。そのうち、ぜひ乗ってみたいと思っています。
hiroshi
2009/06/23 09:25
hiroshiさん。こんにちわー。

お見通しでしょうが、私は何処も詳しくないのです。

忘れる・・と言う特技を持っていますから、
英語のEXも躊躇なく申し込みます。
どうせ忘れてしまうから、ガイド本片手で、空気に触れればいいやーと・・
いい加減なやつじゃけん♪なのです

hiroshiさんの見識・博識には脱帽してます
アラスカにはブックマークしてる藤原ファミリーの携帯を、忘れないで持って行きます
mayumi
2009/06/23 11:24
つづき

葛飾柴又ですか

ウンウン。なんて、1度しか行った事ありません
でも期待出来ます

エミレーツも忘れないうちに。ワーイ!hiroshiさんにこの私が教えるんだー

今は不況で違うかもです・・
>5つ星と・・は知りませんでした。
感覚だけで行動してます

乗った事が無いので分かりませんが、JALのビジネスとエコノミーの間のクラスのシート・・あれくらい広い!
そしてCAが・・ き れ い!親切。
お土産沢山!!
食事も本当に沢山。
味は好みですから・・食べられなーい何て事はないです。かなりの量を食べました。
そして夜?には天井に星がチカチカと
気に入りました

10何時間のフライトならば乗り換えの方が楽・・の人みたいですから、ヨーロッパなら、エミレーツとか乗り換えて行くかーなです。
mayumi
2009/06/23 11:45
mayumiさん、こんにちは。

暑くなりました。

>5つ星と・・は知りませんでした。

あ、いえ、そう、宣伝しているというか、そう言われますよね。空飛ぶ五つ星ホテルと。。。そのくらい素晴らしい飛行機だと。

そうですか? やっぱり座席からして違うのですか? ゆったり出来ますね。

>そしてCAが・・ き れ い!親切。

それはまた、魅力的ですね。我々男性天国ですね
>夜には天井に星がチカチカと
それもキレイですね。眠っているヒマがないですね。食事も盛りだくさん 
これは、乗ってみなければ。。。

いや、ありがとうございました。今度ヨーロッパへ行く時は、ドバイ経由ですね。絶対。



hiroshi
2009/06/23 12:52
〜上から続く〜

>私は何処も詳しくないのです。

あはは。好奇心旺盛で、次々に新しいことにチャレンジなさる進取の気性激しい方は、記憶に詳しくとどめておく暇もないし、とどめておくことすらも面倒かもしれませんね。なるほど。良くわかります。
自分は粘着気質なのでしょうかね。割と、記憶にとどめることが好きでして。といっても、最近では記憶喪失傾向が結構強くなってきて、あれはどうだったっけ?などと、もう一度記憶を呼び戻す手段を講じることが多いですけれども。

アラスカ。近づいてきますね〜〜

hiroshi
2009/06/23 12:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

ケチカン〜クリーク通り、♪写真で全解剖♪☆ 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる