潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS ジュノー直近が魅力〜メンデンホール氷河へ。

<<   作成日時 : 2009/07/02 22:08   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 12

 
世界中の氷河のうち、「市街地にいちばん近い氷河」。なのだそうです。メンデンホール氷河は。
たとえそうでなくても、ジュノーまでやってきて、これが、行かずにおられましょうか。当然、行ってきました。


画像


画像


画像


メンデンホール氷河のビジターセンターは、氷河の末端からおよそ800メートル手前、ジュノー寄りにあります。

ビジターセンター。
温暖化による氷河後退の歴史などを詳しく教えてくれるのですが、それ以上に素晴らしいのが、このセンターで紹介している写真群。加えて、Wwb.camで常時、リアルタイムで世界に、「氷河の今」、を配信してくれています。

hiroshi程度の写真は、パスしていただいて結構。
代わりに、ぜひぜひ、↑ のURLをご覧を。


画像



画像以下、ジュノーからメンデンホール氷河まで、途中の道筋の画像を並べます。
ほとんどがビデオ・カメラの映像の静止画への転用です。

あ、その前に。ジュノーと言ってもいささか広く、街区は原生林の中に点在しているんですね。


画像その南端にあるのが、クルーズ船の発着する一番にぎやかな地区、「ダウンタウン・ジュノー」。
そちらから北北西に向かい、街の中心地の「ジュノー」に入る。
そちらから、今度は北北東へ。氷河はすぐ近くです。


画像そして、メンデンホール氷河の紹介についての、その規模など基本的な数字。いろんな数字が、日本では、例の「地○の歩き○」を含めたガイド本、ネット上の各ブログや旅行記ごとに、ばらばらに挙げられています。ホントはどれが正しいのか? 自分には結局、わかりませんでした。


画像理由はいくつかありますが、一番のかなめは、残念にも、例のネット上のフリー百科事典「wikipedia」の日本語版に、メンデンホール氷河についての記述がないこと。

このため、各数字について、英語版wikipediaを引用しました。


画像以下、その英語版を概略、ピックアップして〜〜。

「メンデンホール氷河 は、ジュノーのダウンタウンから12マイル(19キロ)離れた位置にある、長さ12マイル( 19キロ )のメンデンホールバレーを埋める氷河です」。


画像「元の名は、トリンギット・インディアンの言葉で、Sitaantaagu (シタアンタアグ=街の背後の氷河)、または Aak'wtaaksit(アアクウタークシット=小さな氷河湖の背後の氷河)と呼ばれており、その言葉をもとに、ナチュラリストや博物学者によってAuke (オーク族)の氷河と名付けられていました。


画像しかし、1899年、この氷河を調査したトーマス・メンデンホールにちなんで、現在の名に改名されました」。


と。。。
以下、↑ のように長々と、そのまま引用してもナンですので、概略を。


画像氷河の幅は、末端でおよそ2.4キロ。
たとえれば、新橋駅前から通称中央通を神田、上野方面へ向かうとすると。。。

銀座4丁目を通り過ぎ、京橋の首都高下をくぐって日本橋の道路元標くらいまでにあたりましょうか。かなり、広大な幅。


画像末端での氷河の厚さ、というか高さは、およそ30メートル。
日本橋三越のチェルシー・ガーデンの高さが30メートルと聞きますから、ちょうど同じ。
氷河の長さは、先ほどwikipedia英語版を引用したとおり、およそ19キロ。


画像京浜東北線で東京駅を横浜方面へ向かって、川崎と鶴見の中間くらいに達するほどの距離。
結構、長いデスネェ。

で、ビデオ・カメラを回し続けた、そのルートは。。。


画像氷河までは、ダウンタウン・ジュノーでエクスカーション用バスに乗って、北西へ。
以下、固有名詞はすべて、ガイド兼務で観光案内をする運転手さんの言葉から引用しています。
向こうは当然、正確に話しているのでしょうが、英語の聞き取り力はもう一つのこちらのメモですので、ひょっとすると間違っているケースもあり。そこらはどうぞ、ご容赦を。。。


画像岸壁を離れ、ジュノーの市庁舎前、ビジター・センター前を通過。
イーガン・ドライブという名の幹線に入りました。
ダウンタウン・ジュノーの街はずれにジュノー・ダグラス・ハイスクール。こちらを過ぎると、左にガスティーノ海峡、右は針葉樹の原生林という風景が続きます。



画像



画像ところどころに住宅群。
ビデオ・カメラに収録されている音声を聞くと、レモン・クリークとかサーモン・クリークとかと、運転手は話しています。。。多分、日本で言う新興住宅団地でしょうか。


画像およそ15キロほど走ったところで、再び市街地に入りました。
こちらがジュノー。ブラザーフット橋、と言っていましたが、道路面より少し高い位置に堤防のあるその橋の手前で、右折。道は、メンデンホール・ループ・ロードへ。こんどは東北へ進みます。


画像アラスカでは珍しい、交通信号のある交差点のそちらから、およそ4キロ。
「右、左の湖沼群は、ビーバーの生息地だ」。
そんなガイドを聞いて間もなく。バスは、駐車場に滑り込みました。



画像


画像



画像バスを降りると。。。
見えました。氷河です。天気が悪く、くすんで見えますが。。。目の前はメンデンホール湖。その湖の先、1キロほどで、氷河は小さく見えてきました。
 
今回も何枚かは載せていますが、次回で、氷河の写真を、もっと数多く。。。ご安心ください。次回に文字は、ほとんどありません。


地図は、メンデンホール氷河。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
hiroshiさん。こんばんわー

メンデンホール氷河のヘリツアーに行こうとしてるんですね。私は・・などと人事ですみません
こちらで犬ぞりに乗れるツアーが有るんだー!
これは凄く高いのと、条件が合わないと行けないツアーの様な・・少しずつ掲示板のお答えも理解できつつあるかな・・
たえこさんのブログとでようやく、アラスカの輪郭が分かりかけてきてる、
私は天然・・と言われてます
mayumi
2009/07/02 22:39
追加
ここからは、追加のコメです。
hiroshiさんとたえこさんのお言葉有りがたい限りですが・・恐縮しきりですので・・お忘れ下さい。
hiroshiさん・たえこさんのような素敵なブログをお持ちの方には、何も得る事無く、つまらない日々を愚痴グチと記してる・・だけですので・・
お礼に今日の出来事です。
mayumi
2009/07/02 23:28
マタマタ追加
吉本に誘われました。
さすがにお金を取って、見せる笑いのプロ集団!
層の厚さに関心しきり(私はお金払ってません)
その後
友の髪が素敵で、場所確認と紹介で美容院へGO(私の行ってる美容院が郊外移転で不便に)
切って一か月位でまとまる髪型なんですが、
職人気質の美容師さんには、気に入ら無いと、
一週間前に切ったばかりの髪を切る事に(後悔はしてませんの
化粧も直して頂き、5歳は若返ったと言われ・・
何か、アレレの日の締めのはずが・・

この後  エー^^私が被害者でしたか
の出来事に遭遇

これ以上は全く天然・おバカな私を公開・・はできませんのでご容赦を

など書いてます

大変失礼しました
mayumi
2009/07/03 00:00
hiroshiさん mayumiさん おはよぉ

標高が少し高い場所ですから〜? まだ若芽が吹き始めた様に見えますね〜 
>今回も何枚かは載せていますが、次回で、氷河の写真を、もっと数多く
そうでしょうね〜
メンデンホール氷河のヘリツアーもされたのですか?
高い所が好きな私には目の毒です。
期待が高まるわ〜〜

mayumiさんへ
>何も得る事無く、つまらない日々を愚痴グチと記してる・・だけですので・・
>エー^^私が被害者でしたか の出来事に遭遇

益々見たくなるわ〜
貴女らしい文章は個性が有って、物の見方がユニークで真似できない味わい有る表現がイイのよ~~ 
それにどんな出来事でしたか? 知りたいわ〜〜
たえこ
2009/07/03 11:22
mayumiさん、おはようございます。

>ようやく、アラスカの輪郭が分かりかけてきてる、私は天然・・と言われてます

アハハ。
天然・・で、らっしゃいますか? わが家の相棒も、負けていませんぞ〜〜。タレントさんにも多いですよね。私事で何ですが、自分は、「天然」の方が大好きです。近くにそんな人がいると、毎日がとても楽しいではないですか。オトコはたいがい、そう女性が好きですよね。mayumiさんのご主人も、毎日が楽しくて幸せですね〜〜。

追加のコメントいただいた分、のハナシです。
あれは、mayumiさんが気になさる必要はまったくない、ちうよりもmayumiさんと関係のないことです。どうぞ、気になさらないでください。自分の場合は、好奇心。これだけ楽しいコメントをお書きになる方は、どんな日記をお書きなのか拝見したいという、そんな具合のことなんです。

hiroshi
2009/07/03 11:25
〜上から続く〜

多分、たえこさんも同じではないでしょうか。mayumiさんのお人柄をわかってらっしゃるから、日記をのぞいてみたいのだと思います。読ませていただいて、感動とかを共感したい。そんなお気持ちではないでしょうか。

>お礼に今日の出来事です。
>化粧も直して頂き、5歳は若返ったと言われ・・何か、アレレの日の締めのはずが・・ この後  エー^^私が被害者でしたか・・・

ねぇ〜〜。
第三者、傍観者としてご覧になっていかがですか? わがブログにお書き込みいただいたコメントの続きを、ぜひとも拝見したくなりませんか??



hiroshi
2009/07/03 11:29
〜上から続く〜

いよいよ、あと2カ月ですね。
こちら、ジュノーでのエクスカーションはお決まりになりました? こちらも、空からですか? こちらで犬ぞり体験と氷河、ヘリコプターツアーをお選びならば、どうぞ、好天に恵まれますように。不催行では面白くありませんよね。あ、その場合は、hiroshiの失敗をご参考になさってください。メンデンホール氷河を見るだけならば、7ドルで楽勝ですよ〜〜。
hiroshi
2009/07/03 11:31
たえこさん、おはようございます。

といっても、もうこんな時間ですね。昨夜は少々夜更かしいたしまして。。。↑ボケ老人のような挨拶ですね〜。

いえ、こちらでヘリには乗っていません。ヘリに乗って氷河に降りて、犬ぞりを体験すると言うツアーを申し込んでいたのですが、不催行になりました。だから、氷河の見える場所まで行ったのと、鮭の孵化場と鮭の養殖場を見ただけです。鮭関連の場所は、つまらなかったです。雨もふていましたし。氷河を離れた後、天気は見る間に崩れました。もっとも、氷河でも曇天で良くなかったですけれども。

そうですよね。mayumiさんの日記、ぜひ拝見したいですよね。何事があったのか???
気になりますね〜〜。
hiroshi
2009/07/03 11:44
hiroshiさん、今晩は。


メンデンホール氷河!きれいですね〜〜〜
氷河の青色が神秘的ですね!

氷河が押し寄せて来る感じは、実際に見ると迫力があるんでしょうね!

hiroshiさんの写真を見せていただき、アラスカクルーズに行った気分になっています。←進行形

夏の台湾→石垣→那覇クルーズは残念ながら催行中止になりました。がっかりです


nao
2009/07/03 22:15
naoさん、おはようございます。

リブラ、あの会社は催行せず、ですか?
それは残念ですね〜。定員に達しなかった、ということでしょうか。

同じコースを、2人から催行の旅行会社があることはご存知ですか? 静岡からは少し遠い福岡の会社ですが、コースは、同じ関空発です。料金については、どう違うのか知りません。地方の会社ですが、一応、URLおご紹介しておきます。

http://www.worldclub-japan.co.jp/travel/kanku/pack/cruz.php

元々、にっぽん丸をご予定になさっていましたから、それもまた良きかな、ですよね。
hiroshi
2009/07/04 10:13
hiroshiさん、今日は

情報、ありがとうございます!
2名から催行は、クルーズ専門旅行会社のクルーズ・プ○ネ○トでも確認しましたが、なかなか日程が合う時に、満室だったりしまして結局、リブラは諦めました。

>元々、にっぽん丸をご予定になさっていましたから、それもまた良きかな、ですよね。

それがリブラを予約した時に、キャンセルをしてしまいました

でも貴重な夏季休暇は、何か思い出残る体験をしたいと思っています
nao
2009/07/05 12:27
naoさん、こんにちは

リブラ、そうですか、あちらでも確認なさったのですか? 入らぬお節介でしたね。

しかし、あれは楽しそうですね。はい、リブラのあのコース。自分の場合は、今年は少々忙しい上、年内は、その忙しさの中では最大限予定を入れ込んでしまっていますので、出来れば来年、ぜひぜひ、と思っています。もし来年も同じコースを運行していたならば。。。

そうなんですか? にっぽん丸もそんな状況でしたか?

>でも貴重な夏季休暇は、何か思い出残る体験をしたいと思っています

そうですね〜。そうでなくっちゃ。naoさんの昨年の夏休みのレポートは楽しかったですね〜。今年もまた、あんなに楽しい旅行記を拝見したいものです。
hiroshi
2009/07/05 16:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

ジュノー直近が魅力〜メンデンホール氷河へ。 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる