潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS 海峡の村着。〜臍噛む思い出、イソラ・ベッラ。

<<   作成日時 : 2009/07/28 12:04   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 16

  
アラスカ・クルーズ、7日目。5月17日。午前7時。
セレブリティ・インフィニティは、アイシー・ストレイト・ポイントの沖合いに投錨しました。


画像


画像


画像


画像



こちらは、アラスカ、インサイド・パッセージの北端、スキャグウェイまでの各街とメインランドやカナダのメインポートとを結ぶ「アラスカ・マリン・ハイウェー」の、太平洋へと抜け出す、文字通りの「氷の海峡」、アイシー・ストレイト沿いにあります。

そのせいでしょうね。錨泊したアイシー・ストレイト・ポイントの海は鏡の表面のように波ひとつなく、頂部に白雪を抱く周囲の山々を、見事に水面に写しこんでいました。有名なグレイシャーベイの南端に、海峡を隔てて立地しています。

画像この港がクルーズ船のために開かれたのは、わずか5年前、だそうです。
元々は、鮭の缶詰工場であった場所で、閉鎖して久しいその工場とクルーズ船会社がタイアップして、グレイシャーベイ観光の拠点として開かれたのだそうです。

はい。こちらの観光案内の受け売りです。歴史など、詳しくはこちらでどうぞ。



画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像



画像↑ 上のサイトで、今年の寄港船は69隻と紹介しています。アラスカ・クルーズのシーズンはほぼ4カ月ほどですよね。とすると、2日に1隻、ほどのペースでしょうか。

船では、この港に入れるクルーズ船は、自然保護の観点から1日1隻に限定されている、とアナウンスしていました。

確かに、帰国後チェックしてみると、ほとんどの船はこちらに立ち寄っていません。RCIグループのRCIとセレブリティ、アザマラ、それに長期、2週間くらいの日程のプリンセス船を除いて、寄港日程を持つ船をほとんど発見できませんでした。



画像


画像




またまた少々、脱線します。

映画のハナシです。数日前に取り上げた、あの映画「アマルフィ」の。


画像


画像


画像実は、以前から、映画のロケ地を訪ねたり、あるいは機会があってその土地近くを訪ねたらそのチャンスを生かし、ロケ地を覗き巡りたい。。。かく、少々マニアックな趣味を持っています。

そうそう。ジャンルこそ違え、秋葉原のあの種族に似た、ハズカシながら、少々偏執狂的な趣味なんでしょうね。

で。「アマルフィ」を見てから連日、昔を思い出して、悔しがっています。
昔、街を訪ねながら、名画のロケ現場であった場所を訪れ損なった、臍を噛む想い出の旅が。

あの映画が素晴らしかったもので、主題歌が頭の中を時折堂々巡りして、その度に。。。


画像。。。あの街を訪ねながら、残念残念。

あの添乗員が悪い。しばしのフリータイムを拒否した、あの添乗員。ならば、当初から日程に組み込め。でなければ、しばし、半日の離団、解放を。ホテルで落ち合えば済んだハナシ。。。

おかげで、おのれの趣味の場所には行きそこなった。。。
解放したって、日中の賑やかな場所ばかり。危険など、なかった筈。

いや、なかった、だろうと思う。
いえ、、、多分、、、なかったかも、しれない。。。
やっぱり、無理だったのだろうなァ〜〜。とほほ。。。



画像



他人さまにお話すれば、何を、クダラヌ、の、馬鹿っ話でしょうが。。。


画像



画像。。。このアラスカ・クルーズの「覚え書」では、ちょうど、いま、「海峡」の港に到着しました。

その同じ「海峡」という言葉と結んで連想する、有名なポイントの一つに「メッシーナ海峡」があります。
その街から南へおよそ40キロ。
「アマルフィ」と良く似た、断崖を見下ろす同じ「リゾート」がメインの街があります。

そうそう、「タオルミナ」。この街が好きで好きで、とおっしゃる、時折こちらをお訪ねいただく方をはじめ、わが悪友たちにもこの町のファンが結構おり、日本人好みの街なのでしょうね〜。


画像そしてこちらは、ご存知のごとく、映画「グラン・ブルー」のロケ地でした。
しかし、しかし。ロケ地のイソラ・ベッラもカーポ・タオルミナ・ホテルも、ノー。

そうなんです。
せっかくあの街へ入りながら、行かなかったんですねぇ〜〜。
なぜか?


画像理由は、簡単です。
パッケージ・ツアーだったから。

滞在はたった2泊、しかも、あらかじめ巡る場所は添乗員付きでしっかり設定されていて、アウト。
街からケーブルかバスでホンの10分ほどなのに、マッツァーロ海岸へは降りず。
ただただ遠く、はるか青い海と島影を見下ろすのみで終わったのでした。


画像あのコース。
タオルミナの街を一望に見下ろす山の上の隣村、カステルモッラ行き。アレをパスさせてくれと添乗員に申し出たとき、許してくれていたならば、なぁ〜〜。
またまた、死んだ子の歳を数えています。。。ぐずぐず、めそめそ。。。


画像そうそう。あれから、もう10年。。。

ただ一つ。
映画のロケ場所を見学できたところがありました。
その場所は、表彰式が行われたシーンのロケ現場。


画像中庭を巡る美しいホテル、サン・ドメニコ・パレス。

こちらだけは、行きました。
なぜならば、ツアーの宿泊ホテルだったから。。。

ホテルの象徴ともなっている門をくぐり、庭に回ると。。。
広い広い、公園のような緑と花のガーデンが見事でした。


画像いつかもう一度。

今度は少しゆっくり、個人旅行で行ってみたいです。
そのためには、先天的恐怖症からの脱却が必要ですが。。。

シチリアは少々怖い土地だから、個人旅行で入ったことは、まだ一度もないんです。。。


画像アマルフィに似て、タオルミナもまた、見下ろす、はるかがけ下の海の、抜けるような青さが際立つ街だから、なぁ〜〜。

と。
長々と、脱線話。
映画「アマルフィ」を見ての感動の余韻から覚めやらず、ぐじぐじと、過去の臍噛む残念な出来事をも、思い出し続けている昨日、今日なのです。




アイシー・ストレイト・ポイント。
このクルーズで初めての、テンダーボートによる上陸でした。


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
hiroshiさん こんにちわ(^ヮ^)〜

今度も盛りだくさんの内容です。
まずは〜 「アイシー・ストレイト・ポイント」の赤い建物も〜 港の名前も今まで目にした事も耳にした事が無かったのです。
「ふ〜〜ん」と目を近づけて見入りました。
ぽんぽこりんさんがアイシー海峡に行くと書かれています。 
同じ海峡ですよね? 平均1日に1隻ですか?
「ハバードグレーシャー 」こちらの氷河で大きな感動をされたんですよね。愈々で楽しみです。
トップの画像に海辺のお家の明りが見えてステキです。  
多くの人家が有りますね!!

お馴染タオルミーナは記憶にはっきり有ります。 ウンベルト通りで数時間過ごしました。
お陰さまで自由時間でしたから〜
しかし買って来たCDに中身が無かったのです。
ショップで流してたのが気に入って買い求めました。

本当にガッカリして夫はイタリア大使館に文句を言いましたが後の祭りでした (^_-)-☆クックック☆♪~~

ロケ地も見れて良かったです。 自慢してゴメンナサイ!!
たえこ
2009/07/28 15:13
たえこさん、こんにちは。

>ロケ地も見れて良かったです。 自慢してゴメンナサイ!!

お〜〜 羨ましい

そうですか? 島へいらっしゃったんですか? 行かなきゃ、変ですよね〜。ツアーならば、当然。
なのに、なのに。。。
申し込む前から、そんなこと、わかるじゃぁないか、と友人たちは馬鹿にしますが、こちらは、当然の場所だから、当然、見学コースに入っていると思い、チェックもしませんでした。ほんと、とほほ、でした。

そうなんですか? CDのハナシ。いくらイタリアといっても、それは少し、問題ですね。ご主人のお怒り、当然でしょう。

>トップの画像に海辺のお家の明りが

はい。近くにトリンギット・インディアンの集落のあるホウナウの街がありました。しかし、港からは4キロほど離れているそうで、しかも観光化はされていない、つまり見るべきところはないそうで、行きませんでした。

こちらでは、車で15分ほど走った小さな飛行場から、12人乗りのセスナ機で、グレイシャー・ベイ空からの観光に行きました。次回かその次くらいに載せるつもりです。
hiroshi
2009/07/28 16:31
〜上から続く〜

ブログ玉、ありがとうございましたぁ。
hiroshi
2009/07/28 16:32
hiroshiさん。たえこさんこんにちわー

スキャグウェイの記事を見て、
ユーコーン鉄道を倍近い長さのEXにしようかと、クルーズバケーションに電話したとこです。
お勧めのコースを教えて貰いました
アンカレッジも、着いたら直ぐのバスで無いと予約を入れられないと旅行社は言うので、

アンカレッジの街を散策したい(出来るかな・・迷わないかしらですが)
その事も話しましたら、
街中から乗るように手配するから、そのように旅行社に言って下さいとアドバイス貰いました
時刻表もファックスしてくれると言ってました

旅行社は一杯案件抱えてるし、オールマイティで無いのを、痛感してます
mayumi
2009/07/29 15:40
タオルミナ・シチリア良いですね

もちろん・・

行ったことないですが

最近イタリアの事を思い出し、書きかきで日が過ぎてます

今日、

旅行社からの電話で、アラスカ〜と気持を切り替え

イタリアで満載の頭秋葉系は一緒かもです・・

ただし薄っぺらの知識、頭脳ですから・・

horoshiさんとは違うところです

前向きに生きましょうと自分に言い聞かせてます


mayumi
2009/07/29 15:57
mayumiさん、こんにちは

>ユーコーン鉄道を倍近い長さのEXにしようかと、クルーズバケーションに電話したとこです。

お〜
さすが〜、フル・デイコースをお選びになったですか さすが、お若い

と言っても、プリンセスはエクスカーションが多いから検討がつきません。で、ちらりと、プリンセスのHPを覗いてきました。ひょっとすると、「ベネット湖とハイキング、列車の旅(Lake Bennett Train & Stampeder's Trek Tour)」または「氷河湖カヤックと列車の旅(Glacier Lake Kayak & Scenic Railway)」ですか? カヤックは、mayumiさんに似合わないような気がしますから、ベネットまでいらっしゃるんですね。

>アンカレッジの街を散策したい

良いですね〜。
イタリアでも一、ニを争う結構怖い街、ナポリを女二人旅で乗り切られたmayumiさん、ましてや今度は妹さんとの旅。臆することは皆無ではないですか。

イタリア旅行記、お書きになっているのでしょうね〜。ミ○シ○で。拝見したいですねぇ〜。

hiroshi
2009/07/29 18:11
〜上から続く〜

あ、そのハナシに絡んでですが。。。8月に新携帯に切り替えることになりました。mayumiさんの日記を拝見したいばかりに。で、合わせてわが知人、友人の中で招待を受けれる人間を本格的に「捜索」しているのですが、やはり、お年寄りが多く、なかなかいないンですねぇ〜。
何とかなる見通しもないわけではありませんが、万が一、どうにもならなかったら、お助けを。お代官さまぁ。 いえ、まだ先のハナシですが。どうぞ、よろしく、もう一度、伏して

後先になりましたが、ブログ玉、ブルー玉、おありがとうござあい〜〜
hiroshi
2009/07/29 18:13
hiroshiさん。たえこさんから

ブログのお誘いを受けて、本当に有り難いと思ってます

皆さまの素晴らしいブログを拝見するにつけ、

どうにも敷居が高くて・・

そんな話をした友達が、それならミク○○が、良いよと招待してくれました・・

こちらでは公開を限定出来ます。

が、ほとんどを公開してます。

>mayumiさんの日記を拝見したいばかりに。

単純な性格です

素直な気持ちで受け取らせて頂きます

>万が一、どうにもならなかったら、お助けを。お代官さまぁ。

アッハハァ

hiroshiさん。

あちらにも藤原さんが

ホームページ掲示板をお持ちの藤原さんですので、

藤原さんのEメールで招待をお願いされては・・

これがシンプルな方法と思いますが・・

私の鈍い頭では思いつくのは、これ位の事でしょうか
mayumi
2009/07/29 23:21
つづき

EXを長いのにしょうかなと思ったのも、

hiroshiさんの記事のおかげです

スキャグウエィの街→直ぐ見られそうと思ったからです。

エクスカーションも見て頂きありがとうございます。

100位はあります

惜しい

クロンダイク景観・・を勧められまして・・

吊り橋渡れますか・・

つり橋ごとき・・と思ってますが、少し怖いかもです

こちらにしようと思ってます。

船の出発は、20:30分でゆっくりです。

これも全て皆様のおかげです

mayumi
2009/07/29 23:36
mayumiさん、おはようございます。

いやぁ、これはワンダフル ですね〜。ショア・エクスカーションのハナシです。セレブリティにはこんなコースはありませんでした。
いま、コメントを拝見すると同時に、どんなか知りたくて(好奇心、野次馬根性、ひと足先にプリンセスのHPで見てきました。

とくに、へンリー・クラーク一家の農園の、食事と庭園、ガラス細工が楽しそう

もうとっくにご覧になりました? ガイドのページをコピペ ↓ してきました。

http://gardensandglassworks.com/gardensandglassworks/Home.html

SGY016のコースの案内を見ると、吊り橋の写真も小さく写っていますが、ま、それほど怖そうでもないではありませんか〜。
自分にとっては、とくに食事が魅力的ですね。ホームメイドのスイーツはどんなものが出てくるのか?? ヨダレが出てきそうです。

hiroshi
2009/07/30 10:27
〜上から続く〜

そうですね。藤原さんにお願いするという手段もありますね。ご助言、ありがとうございました。
hiroshi
2009/07/30 10:28
こんばんは、hiroshiさん。
頂いたコメントのお返事も未だですのにこちらにコメントを入れさせて頂いてすみませんです。
タオルミナのお話にお写真と有りましては、きゃ〜〜、コメントを我慢でできませんん〜〜。
サン・ドメニコ・パレスに御泊まりになられたのですか?きゃ〜〜〜。良いですね〜。ツアーですと、自由行動が少ないのでなかなかロケ地を楽しむ事は出来ませんですよね。でも、あのプールサイド行かれたのですね。羨ましいです。
タオルミナはシチリアなのにとても安全な土地でした。前にお話ししたかもしれませんが、4泊しました。毎朝絶景のテラスでの朝食は何にも勝る御馳走でした。本当にのんびり出来ました。マッツァーロ海岸では半日パラソルを借りましてお昼寝もしました。是非、次回は個人でゆっくり行かれた、hiroshiさんのお話をじっくりお伺いしたいです。hiroshiさん、サン・ドメニコ・パレスはお勧めですか?次回行く事が出来た泊まってみたいなあ〜って思っています。
murmur1
2009/07/30 22:15
murmur1さん、今晩は

お忙しいのにコメント頂戴して、誠にうれしいです。

サン・ドメニコ・パレス、なかなか良かったです。宿泊した2晩ともホテルで夕食だったのですが、ダイニングにかなり年代モノと見えるピアノがありまして、その食事の間、80歳をとっくに過ぎているというピアニストの方が、我々以外にもお客様がいらっしゃるのに、食事の最初から最後までずぅ〜〜っと日本の歌ばかりを弾き続けてくださいまして、心温まる思いでした。
行ったのが春まだ浅き3月下旬だったもので、残念ながら当然プールは用がなかったのですが、庭園はこの時期でも花で溢れていました。
そうですよね。シチリアは、思っているほど怖くはないのでしょうね。しかし、思い込みなのでしょうね、怖いです。今もなお。だから、映画の舞台として、とても行きたい場所がいくつかあるのですが。。。
自分は、murmur1さんがお泊りになったあのホテルに泊まってみたいです。とても素晴らしいホテルに見えました。
あ、ブルー玉、ありがとうございましたぁ〜
hiroshi
2009/07/30 22:47
hiroshiさん はじめてお邪魔いたします
たえこさん mayumiさんこんばんは〜〜
こちらは敷居がたかくて。。。。
私などにはわからないことばかりで
でもお仲間にいれていただけたらうれしいです〜♪
アラスカクルーズにみとれて・・・・
これからエーゲ海をのぞかせていただきま〜す
いろいろなことをお勉強させていただきますm(__)m
エルママ
2009/07/31 22:36
エルママさん、今晩は

そして、ようこそ、ようこそお訪ねいただいて嬉しいです。

そんな〜 敷居が高いなどと〜。それは大変な誤解をなさっているワケでして。。。いつもたえこさんのところで、隣り合わせでお話させていただいている仲ではないですか〜。何なら、もっと玄関を掘り下げて、滑り落ちるほどの構造に変えて見ましょうか? (などと、面白くもない駄洒落が趣味の一つなんです)。

そうですか。素晴らしいですね。ヴェネツィア発着のクルーズ。11月1日だと、エルママさんのコメント欄でたえこさんからお聞かせいただいたのですが、すると、コスタ・フォーチュナーですね?多分。
いらっしゃるのは、「紺碧のエーゲ海・ミコノス島・サントリーニ島、ロードス島とドブロブニククルーズ 」ですか? や、や、羨ましい
あちらは、いいですね〜。わが初クルーズも、ほぼ同じコースでした。だから今でも、あちらが大好きです。ほんとに羨ましい。

勉強などと、そんなお役に立てるほどのブログではありませんが、ヴェネツィアが好きで、生意気に聞こえると何ですが、少しは知っていることもあります。お手伝いできることがあれば、どうぞ、おっしゃってください。
なにしろ、たえこさんのブログでの、お仲間ですから。どうぞ、こちらにも、ご都合がよろしければいつでもお遊びにいらっしゃってください。
hiroshi
2009/07/31 23:12
〜上から続く〜

すみません。↑ 上で書いているのは間違いでした。たえこさんからお聴きしたのではなく、エルママさんご自身からでした。 歳ですネェ〜。物忘れがお上手で、お上手で〜。エルくんではありませんが、「お代官さまぁ、許してくだせぇ〜〜」。
hiroshi
2009/07/31 23:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

海峡の村着。〜臍噛む思い出、イソラ・ベッラ。 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる