潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS 800人の村に船1隻分の客〜アイシー海峡の村。

<<   作成日時 : 2009/07/31 14:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 18

 
カ〜ッと日差しが暑い、変わりに日陰ではきっぱり、さわやかな、夏の天気に、ならないですね〜。
夏らしいお天気になったら、どうぞ、涼んでください、とこの写真を胸を張って貼り付けられたんですが。。。


画像



で。
ちょっと気が咎めながら、↑ 上の写真を載せました。

グレイシャー・ベイの氷河のうちの一本の末端の光景を、機上から撮影した一枚です。
ガイドいただいた話によれば、湾内に流れ込む氷河の末端での、水面からの高さは、およそ30メートルから80メートル。

高さを推測するのに比較する、人間とか樹林とかが見えないためおもちゃのように見え、なんだ、たいしたことはない、などと思えなくもありませんが、この写真の、氷河の上部の、純白の薄い層のように見える、降り積もっている新雪の高さだけで、およそ2メートル〜3メートル。だそうです。

そう聞くと、若干、氷河の壮大さが推測できそうです。


画像


画像


画像



と。
上空から眺めた氷河の様子の一端を長々と書きましたが。。。

今回は、その飛行機に乗り込むまだ前、アイシー・ストレイト・ポイントに上陸した後の、こちらの村、というか基地というか、その若干の「覚え書」です。前回の続き。

テンダーの埠頭、テンダー・ドックに着岸すると、目の前は、昔、1953年まで42年間、鮭の缶詰工場であった建物を利用したキャナリー。振り返ると、相次いで渡って来るテンダーボートと、セレブリティ・インフィニティ。
キャナリーは博物館が柱で、5年前に開館したばかりの、色鮮やかに塗装された外壁が周囲の林や森の緑に映えていました。

内部は、アラスカの漁業関連産業などを紹介する博物館のほか、手作りの革製品や木彫り商品など土産製品十数店並ぶショッピング・アーケード、コーヒーやスナックなどのショップ、缶詰の生産工程の紹介ディスプレイなど。


画像


画像



そのキャナリーで働いている人々。それほど多くはありませんが、トリンギット・インディアンの方々の姿がありました。
メインランド中西部の別の種族の方々と同じく、凹凸のあるすらりとした容貌、スタイルですが、印象はやはり、我々と同じ、モンゴロイド。かつての氷河期に陸続きとなったベーリング海峡をユーラシア大陸から北アメリカ大陸へと渡っていった方々の子孫。同じモンゴロイドとして、どこか、懐かしく感じました。

このあたりの正確な地名は、ホウナウ。彼らの住むホウナウの村は歩いて45分ほどの距離にあり、船が着くと、車でこちらまで働きに出てくるのだとか。
ホウナウの村を含め、こちら一帯の人口はおよそ800人。船が一隻やってくると、その2倍〜3倍の人数の乗客と乗組員がやってくることになるわけです。

伝統の衣装に身を包んだ村の長老の一人が、記念写真のためにと、テンダーの着岸する埠頭で出迎えてくれました。我も我もと順番をつく乗船客が多く、こちらは遠慮しましたが、その乗客の一人から、「船が入るようになってどう生活は変わったか」と質問を受け、「賑やかになってうれしいよ」とお答えになっていたのが印象的でした。
果たして、本音だったのでしょうか。

画像


画像


画像



キャナリーの前からビーチ沿いに木製の遊歩道が東へ伸びており、途中にレストランが2軒。
野良でしょうか、飼い犬でしょうか。その木道で、犬や猫に何匹も遭遇。人懐っこかったですね〜。

2軒目のレストランを過ぎたところで、この村一番の人気アトラクション、ジップ・ライダー・ラインの降り場が。

ジップ・ライダー。
昔、切り出した木材をロープに吊り下げて海際まで滑り下ろしていた設備を利用した、ロープに釣り下がって空中滑降を楽しむワイルドなアトラクション。

こちらは、距離およそ1800メートル、高低差430メートル、最高時速60キロにも達するアラスカ随一の規模を誇る、とかで、若い人たちの嬌声が早くから続いていました。


画像


画像


画像



画像岬を回ったその向こうは、自然遊歩道。
土の道は森の中に消えて行っています。
そしてその道を、トレッキングを楽しむ方々が、本格的な服装に身を包んで次々に森の中に姿を消してていました。

その間、揃いの制服に身を包んだガイドたちに案内され、サイクリングに出発する人たち。


画像沖合には遠く、カヤックのグループもいくつか浮かんでいました。

というわけで。
こちらは、サイト・シーイングよりも、アクティブに行動するタイプのエクスカーションをメインとした、寄港地でした。



画像


画像



もちろん、鯨見物やグレイシャー・ベイ観光、地元のトリンギット・インディアンの舞踊や伝統文化を学ぶカルチャー教室などもありましたけれども、メインは行動派型。

それら、エクスカーションのラウンジは、キャナリーの右手の建物。
中へ入ると、右手にずらり、船で申し込んだ各ショア・エクスカーションの受付デスクがありました。


画像


画像こちらは、冒頭の写真でお分かりのとおり、軽飛行機でのグレイシャー・ベイ、空からの観光。

さっそく受付を済ますと、15人ほど乗れそうな小型バスに案内され、15分ほど後、これまた小さな飛行場に到着。
待機していた飛行機に乗り込んだのでした。

操縦士を含めて12人乗り。
座席は、操縦士の斜め後ろ、写真を撮るのに絶好のポジションでした。。。



 




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
hiroshiさん オバンデス(@^^@

何時見ても素晴らしいセレブリティの勇姿です。
ほれぼれします。
本当にスマートな船体です。綺麗に収まってます。
撮影お上手です。

氷河を空からが又素晴らしいです。 新雪が2〜3メートルですか? それから比べてそそり立つ氷河の大きさがスゴイです。 

夕方ライトがつけられた時の氷河の姿に感動でした。その時船は停泊したままでした。 静かな海面が〜氷河が〜思い出されます。
上空からも見たかったです。羨ましいです。

それからロープでの空中散歩!スキー場のリフトみたいですね? バカだからこんな高い所が大好きです。 
たえこ
2009/07/31 20:32
たえこさん、今晩は

いつもコメント、ありがとうございます。
お書き込みいただいた直前に文章のかなり大幅な修正をしていたもので、途中で文章が変わった画面に切り替わりませんでしたか? もしそうならば、ご迷惑を

本日は出たり入ったり、少々忙しかったもので、未完成のまま、途中で間違ってブログの公開ボタンを押してしまい、ええい〜! と、仕方なくそのまま出かけて、帰宅してようやく手直しを終えました。

グレイシャー・ベイは、やはりプリンセスかHALの船で行って、湾内に入るのが正解だと思いました。空から見れば、それもまた面白くはありますが、ゆったりと氷河を目の前に楽しむクルーズの雰囲気がありません。このあともし、再度アラスカ・クルーズの機会があれば、そのどちらかの船に乗りたいです。多分、もうそんな機会はないと思いますが。

そうそう、ジップ・ライダー、面白そうでした。知らなかったものでエクスカーションに申し込んでおらず、残念でした。結構年配の方もお乗りになっており、皆さん、面白い、興奮したなどと降り場で顔を紅潮させてお話になっていました。残念!!

あ、後先になりました。ブログ玉、ありがとうございました。
hiroshi
2009/07/31 20:53
おはようございます!!hirohsiさん

今日は今から2時間ほどテニスへ行ってきま〜す最近雨が降ってなかなか夏なのにテニスができなくて残念でしたが。。。今日は何とかできそうです

氷河の写真〜!!
新雪だけで2〜3メートルって。。。すごいですね。
たえこさんのブログでも思いまいしたが、青色がきれいですね〜一度は見てみたいです
空からの観光ステキ〜
少々高いとこ怖いですが。。。羨ましいです〜

ハワイまであと一ヶ月になりました。
楽しみです〜友達がだいぶ計画してくれていて。。。
今日お金を振り込んできます〜
あおちゃん
2009/08/01 09:06
あおちゃん、おはよう
コメント、ありがとうございます

そうそう、天気とテニスのハナシ。何か変ですね。今年の夏。どうして、もっとかぁ〜〜〜っと暑くならないのですかね〜。 夏は、やっぱり夏らしい方が好きで、あおちゃんのテニスも大変だなとご同情していましたよ〜。

ハワイ。近づいてきましたねぇ。お金を払うと、いよいよ、と思いますよね。今ごろからあおちゃんのいらっしゃるころのあちらは、一番賑やかなころですよね。ワイキキ・ビーチ。あ、それで思い出しましたが、ワイキキ・ビーチのカピオラニ・パーク近く、ダイヤモンド・ヘッド側のクヒオ・ビーチにはあまりお近づきにならないように。あちらは、ニューハーフの方々が多く、気をお付けになった方がいいですよ。
hiroshi
2009/08/01 10:34
>あちらは、ニューハーフの方々が多く
 気をお付けになった方がいいですよ

 ええ〜!!そうなんですか??
 気をつけますね

 ハワイの本を見ているととても美味しそうなものがズラリと載っていて、それだけでも楽しいです。
カイルアビーチかラニカイビーチへ行く予定なんですけど、この二つのビーチは近いんですかねえ??オプションで行こうか、自分たちでバスで行こうか。。。
どう思いますか??hiroshiさん
っていきなり聞いてしまいすみません。。。
時間があるときでいいので〜また教えてくださいね
あおちゃん
2009/08/01 13:57
あおちゃん、こんばんは。

今日はお休みだったんですね〜。良かったですね〜。

>カイルアビーチかラニカイビーチへ行く予定なんですけど、この二つのビーチは近いんですかねえ??オプションで行こうか、自分たちでバスで行こうか。。。

いいですね〜。あのあたりは、とてもきれいなビーチで、おじさん(おじさんだった時期もあるんですよ。今はおじいさんだけれども)憧れましたもンね〜。

そうですね、どちらがいいんでしょうね。オプションの具合を知りませんので、つまり、レンタカーかバスでしか行ったことがないもので、どちらがいいかは、ちょっと???
レンタカーで行くのが一番良いのですけれども、ラニカイ・ビーチは駐車場がないんですよね。カイルア・ビーチ・パークも結構車は止められるのですけれども、夏は日本の観光客を含めて訪れる人が多く、朝早くでないと止められないことも。

バスは、以外に簡単ですよ。
カイルアまではワイキキからの直行バスがないので、一度アラモアナセンターのバスターミナルへ出て、57番、カイルア〜シーライフ・パーク行き(ワイマナロ行きやケオル・ドライブ行きでもOK。とにかく57番)でワナアオ通りとカイルア通りの交差点手前のバス停までおよそ40分、そちらから歩いておよそ15分、本数はあまりありませんが、70番、ラニカイ行きに乗り換えて7〜8分くらいでしょうか。



hiroshi
2009/08/01 17:35
〜上から続く〜

ワイキキからシーライフ・パーク行き(昔は58番だったですが、↓のサイトを見ると、現在は22番か23番のようですね)、シーライフ・パークで57番のアラモアナセンター行きに乗る次いでカイルアの街で降りるという方法もありますよね。いずれにしろ、1時間半から1時間40分くらいかかるのではないでしょうか。

ザ・バスのダイヤのURLを貼っておきますね。57番のルート図とダイヤをご覧になってください。

http://www.thebus.org/Route/Routes.asp

オプショナル・ツアーだと40分ほどで到着ですか? 金額はいくらか知りませんが、そのかわり、ザ・バスだと何十分の一。金額を取るか、時間をとるか。あおちゃんなら、どうします?

ね? 良く知っているでしょ? ところがどっこい。アッハッハです。バスダイヤなどのこまかな部分までは、とてもとても。で、昔の知識を元に、ネットで調べました。お恥ずかしい。わすれちゃっていますね。やっぱり老いています。

ここまで書いて気づきました。もしバスで行くことになさったら、ワイキキからアラモアナのバスセンターへバスで行くときに、運転手にトランスファー・チケットを貰うのをお忘れにならずにね。
hiroshi
2009/08/01 17:36
↑ 追伸です。

上の
>そちらから歩いておよそ15分、本数はあまりありませんが、70番、ラニカイ行きに乗り換えて7〜8分

ちょっと誤解してしまう文章ですね。
正確には、
そちらから歩いておよそ15分でビーチ。もしバスに乗る継ぐつもりならば、本数はあまりありませんが、70番、ラニカイ行きに乗り換えて7〜8分

そういう意味です。
hiroshi
2009/08/01 18:02
こんばんは〜 高いヒールをはいて、エイヤッて敷居をまたぎました〜 今度は転ばないように気をつけます(笑)
氷河!!ブルーハワイをかけたかき氷のようです
とっても神秘的な色に感激です

ジップ・ライダー 怖そうですネ
想像しただけで・・・かき氷より・・・ブル!

グレイシャー・ベイ 
思えばたえこさんのアラスカのブログに偶然お邪魔してから頭の中に住みついてしまっている、あこがれの地
う〜〜ん す・て・きな響き〜♪
         
          お邪魔いたしましたm(__)m


エルママ
2009/08/01 21:25
エルママさん、今晩は

ようこそ、ようこそ
いえいえ、ハイヒールは必要ございません。今日の午後、高い敷居にダイナマイトを仕掛けました。今夜遅く爆発して木っ端微塵にする所存です。

そうですね。氷河の色、自分も、たえこさんおブログで恥円手拝見して、驚きました。とても神秘的な色ですよね。あの色をアイス・ブルーというそうです。発音をそのまま日本語に置き換えても、素敵なイメージですモンね〜。

ジップ・ライダーは乗ってみたかったです。あれだけの距離をたった2分弱で滑り降りてくるわけですが、その皆さん、どなたも、興奮してらっしゃいました。素晴らしかったのでしょうね。スリルとスピードと見下ろす景観とが。乗ってみたかったです。

またまたしつっこく、エーゲ海。いいですね。自分はサントリーニ島が好きです。ドブロブニクも素晴らしい街だし。いいですねぇ。
hiroshi
2009/08/01 21:43
hiroshiさん、こんばんは。
先ほどは拍手コメントの方にもありがとうございました。
今週一寸バタバタしておりまして、週半ばには急ぎのミーティングが有りまして一年分の統計を取る必要が出ちゃったり、患者さんの事でバタバタしているうちに、また一寸扁桃腺で38℃の熱を出したり、ちょっとヨレヨレでした。そんな時に、すっとお言葉を掛けて頂いて、うっ(感涙)っと来てしまいました。hiroshiさんの様な上の方が見ていてくれる部下の方って、幸せだなあと、いつも思います。
氷河を空からご覧になられたのですね。確かにhiroshiさんのご説明がなかったらどんな迫力なのか、見過ごす所でした。あのあ新雪が2〜3m有るなんて。そして、こんなに小さい飛行機に乗られたのですか?行かれる前に確か飛行機で見るとお話されてらっしゃいましたが、まさかこんなに小さい飛行機とは。。私なら失禁もの(失礼)です・・・・
swも、ジップ・ライダーは乗りたいですね〜〜。楽しそうです。そうだ、昨日TVの『魔女の宅急便』モデルの街はヴィスビューなんですよね〜、昔映画を見た時は知らない街でしたのに、昨日は良く知っている光景に見えてより楽しめちゃいました。hiroshiさん、心配して下さってお声掛けして下さってありがとうございました!
murmur1
2009/08/01 23:27
murmur1さん、今晩は

ピンク玉、ありがとうございました。
お元気だったのですね。いらぬお節介を。申し訳ありませんでした。鬱陶しくなりますよね。くだくだと、言い募られると。普段は無神経のノンビリ屋で困ったもの、とよく言われる性質なのですが、時折、気になるとどうもならなくなる神経のか細いひ弱な面もありまして。。。ホントに、いらぬお節介、すみませんでした。

いま、ちょうどお訪ねしていて、入れ違いでした。

飛行機はおっしゃるとおり。とても小さな飛行機で、加えて操縦士がサービス精神旺盛な方で、最後はおぇっと。あと一歩で、危ういところを、無事地上に帰りました。途中、鯨やグリズビーの親子などを機上から見つけると、急降下、急旋廻で乗客に披露していただくワケです。こちらは、カメラを構えたまま体が右に90度倒れたり、前方に急角度で突っ込んだり。酔っちゃったんです。

小学1年生のMくん、生涯、murmur1先生に診療してもらった温かな気持ちが、心に残り続けるのでしょうね。しっかり観察して描かれた絵は、先生の宝物ですね。そうですか? murmur1先生は、睫毛が3センチもあるんですか〜〜
hiroshi
2009/08/01 23:54
>お元気だったのですね。いらぬお節介を
いえいえ、結構辛い一週間だったのです。なので、hiroshiさんの背中とんとんは、物凄くタイムリーだったのです。ビックリしちゃいました。と同時になんて人の気持ちのわかる方なのだろうと感涙でした。
改めて御礼申し上げます。ふふf。3センチも睫毛が有ったらお化けです〜〜。きゃ〜〜。そんな曲芸をされたら、恐くて失神ですね〜。
murmru1
2009/08/02 00:32
hiroshiさん。こんばんわー

前の記事にプリンセスのURL?って言うんですか・・コピーして頂き有りがとうございます
行ってきました。美味しそうでした。
食べたいので8時間耐えてこようと?!思ってます
つり橋は分かりませんでした!

ジップ・ライダー
目の下に氷河!それも身体全体で感じる大自然いいな^^です

ケアンズでパワーセーリング?
(船で引っ張って貰うあれです・・って何・・でしょうか)

大空から海を見渡しました・・
最初は怖かったけれど、
娘とキャーが、ワーイとなり、
楽しかったのを思い出しました
飛行機は氷河に降り立ちましたか・・

どちらにせよ、素晴らしい光景です

お天気次第ですね


mayumi
2009/08/02 00:50
hiroshiさん〜 おはようございます。
そしてそして。。。丁寧親切なコメントをどうもどうもありがとうございます
ラニカイビーチへ行くことにしました!!
オプションは約5000円くらいです〜。ラニカイビーチでは有名らしいパンケーキも食べれるそうです。
滞在時間が限られてしまうので、やはり自分たちで行こうかと思います。hiroshiさんのバス案内でよっと乗ってみようかなって思いましたし
>運転手にトランスファー・チケットを貰うのをお忘れにならずにね。
 ありがとうございます。そうなんですね。忘れないようにしなきゃ
どうもありがとうございます。さっすがhirohsiさん 
あおちゃん
2009/08/02 08:50
murmur1さん、おはようございます。

>そんな曲芸をされたら、恐くて失神ですね〜。

あはは。
どうなんでしょうね。女性は揺れや船酔いに強い方が多いですから。通路を挟んで反対側の座席のわが相棒は、ケロリとして、逆に面白がっていました。こちらは、ノックアウト寸前、カウント7か8程度まで間違いなく行ったのですが、危うくゴングに救われました。

藤原さんのサイトで、ひと味変わったクルーズ・コースのアンケート、鳩を食べることにこだわっていらっしゃったコース。今冬のシーズンに行ってこようかと、思っています。短い日程ですみそうですし、いざとなれば、パッケージも多数、日本の旅行社は組んでいるようですので。もちろん、鳩は食べたくないですよね〜。

クサダシの港を出たばかりのマーケットに、十数階建ての食用の鳩のアパートがあったのを、ご覧になりました? あれは、少しうぅっ、だったですよね。
hiroshi
2009/08/02 10:19
mayumiさん、おはようございます。

>ジップ・ライダー目の下に氷河!

あっはっは。それは豪快でしょうね。氷河の上の空中を滑り飛ぶのならば。しかし、残念。目の下は緑の大樹林ばかりです。氷河は、多分、はるか遠くに見えるくらいでは? 何しろ、木材運搬用だったんですから。でも、それでも乗ってスリルを楽しみたかったデス。

そうですか、パラセーリングをケアンズで? そういえば、たえこさんも最近、クルーズでおやりになったことをお話になっていましたね。いいですよね。風を切って飛ぶのは。ケアンズでは、はるかグレートバリアリーフを見下ろしながらビーチ沿いの大空を悠々と。愉快でしたでしょうね〜。

ごめんなさいね。
プリンセスのエクスカーションのページはご覧済みと思っていました。
橋の紹介の部分のURLを↓ 下に。上段に並ぶ「HOME」以下、いくつかの表示のうち、右端の最後の、「訪問客の体験談」の写真の一部と、後から3番目の「写真集」の中に、一部、吊り橋は紹介されています。

http://skagwayshoreexcursion.com/index.html
hiroshi
2009/08/02 10:27
あおちゃん、おはようございます。

そうなんですか? オプショナルは5000円もするんですか?
自分は、勝手に自分たちだけで行動する方が好きです。ワガママなもので、立ち寄り先や集合時間などに縛られるのが苦手でして。。。あおちゃんはどうか知りませんが、自分たちで動くのはそれだけ時間もかかるし厄介ではありますが、あとで想い出に深く残るのではないでしょうか。どうぞ、楽しんでください。

釈迦に説法かもしれませんが、ハワイはアメリカです。一方で、十分にご用心を。自分の友人は昔、ウインドサーフィン見物に行ってカイルア・ビーチ・パークにレンタカーを止めて、3時間ほど後、車に戻ったら、窓ガラスを破られて、バッグに入れて車内においていた財布やパスポートをソックリ、奥様の分ともども盗まれた経験があります。そのハナシを聞いてから、自分は、カイルアでは、カイルア・ショッピングセンターの駐車場に停めて車内の見える場所には何にもおかず、ビーチまではブラブラ歩いて行くことに決めていました。

イタズラな若者や盗犯もいますから、気をつけてくださいね。あおちゃんあらば、とっくにご存知の話でしょうけれども、老婆心、いえ老爺心です。

hiroshi
2009/08/02 10:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

800人の村に船1隻分の客〜アイシー海峡の村。 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる