潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS カメラ紛失、とほほ〜スキャグウェイへ。

<<   作成日時 : 2009/07/14 19:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 18

 
6月中旬から少々あわただしく過ごしてきたため、しばらく行っていなかった本屋さんへ、一昨日の日曜、久しぶりに立ち寄りました。


画像



画像そちらで、平積みされていたのが、某テレビ局開局50周年記念と銘打って制作され、この18日に全国一斉ロードショーされる映画の、単行本版。

イタリアと聞くだけで胸高まるこちらとしては、「アマルフィ」のタイトルだけで、ついつい、手が伸びてしまいます。

で。買って帰って、昨日夜、一気に読み終えました。テンポの早い、アクション・サスペンス小説ですから。。。


画像


画像


画像


画像



画像そして。。。
早い展開でドラマは進み、
かつて訪ねたことのある土地や教会などの名も出てきて、思いのほか面白かったです。

映画は果たして、どう、仕上がっているのか。。。

もちろん、知りませんが、公開されたら、全編彼の地でロケしたというだけに、劇場へ足を運ぶつもりです。
あの美しいアマルフィ海岸やローマの風景を眺めるだけでも愉しいし、見る価値がある、と、相棒と話し合っています。




さて。
本来の、アラスカ・クルーズの「覚え書」に戻って。。。


画像



画像5月15日。
この日、ジュノーからの出発(Departure)は、夜遅く、午後10時半でした。

で。
せっかくそれだけの接岸時間があるのならば、ジュノーの街で、アラスカならでは、の食事を。。。
日本で既にその計画を決めて、この日、飛び込みでレストランを予約することにして、今回のクルーズに参加しました。

はい。現地についてみると、レストランも結構、そろっていましたね。


画像ところが。。。

そのレストランのテーブルで、前菜が運ばれてきたところで。。。

相棒:「どうしたの? 顔、真っ青よ」。
こちら:。。。(言葉、クチから出て来ず。心臓パクパク。全身硬直。眼の瞳孔拡散、散瞳。いわゆる、フリーズ状態。。。)。
とっほっほ


画像



画像一眼及び交換レンズ、コンデジ2台、ビデオカメラ一式の入ったカメラバッグが、自分の後をついて来てイナイでは、ないですか。どこかで迷子になっちゃった。キャビンを出る時は、しっかり肩に担いでいたのです。)

どこで、どう、置き忘れたか、あるいは盗まれたか。まったく心当たりはなし。


画像数分ののち、腹をくくりました。

この後、どうするか?
。。。一眼はともかく、コンデジならば、確か、船のフォト・ギャラリーで売っていたハズ。。。
止む終えない。明日以降は、新しく買うコンデジ1台だけで写真撮りを。。。。
そう、決心して、食事を楽しむことに専念しました。そうそう簡単に気持ちは切り替わりませんでしたが。。。


というわけで。。。この「覚え書」に、アラスカのレストランのフルコース写真。

出来栄えはともかく、こう、日本出発前に計画し、撮影意欲だけは高く燃え上がっていた、アラスカのレストランの料理の写真は、残念ながら、なし。下手な文章だけで、味の「覚え書」をまとめても、あまり意味はないので、取り止めます。


画像



(一眼を失くしたのに、サンフランシスコ出港からジュノー寄港のこちらまで、なぜ、一眼での画像を「覚え書」に書き留めることが出来たか 
す、す、鋭〜い  おっほっほ〜)。


で。もう一度、そのレストランのハナシに戻って。。。
一応、メインは、もちろんサカナにしました。相棒もこちらも、「カレイのフィレ、蟹とサーモン詰め(Crab and Salmon Stuffed Filet of Flounder, Pommes Fondant and Piquant Sauce Crevettes)」、を選択。
さすが、サーモンをはじめシー・フードの本場の一つ。おいしかった、ですね〜〜。

結論を先に書きますと。。。
船に戻ったら、バッグは、しっかりキャビンに戻っていました。置き忘れていたのですね。船内のとある場所で。


画像



で。
何に、あるいは何をしていて、あわてて、カメラを忘れたか。

画像街をぶらぶら歩き中に、飛び込みで予約したレストランは、船から5分ほどの至近距離でした。で、同じ思いでこのレストランのテーブルをリザーブされた乗船中のお仲間はきっと、数多かったんでしょうね。こちらの飛び込み予約が遅かったゆえもあって、席をとれた時間帯は午後7時半。

で。船内で、少々、「腹」が持たなくなって。。。
船に帰った後の夕刻、さすがにメイン・ダイニングこそ遠慮しましたが、空腹に耐えかねて午後6時ごろ、リド・デッキのブッフェ・コーナーへ。

セレブリティの船は、ご乗船経験のある方々はご存知のごとく、こちらの一角に寿司コーナーがあるんですね。
いえ、格別おいしいとか、素晴らしい、とかとは縁遠い、いわゆる、アメリカ式の「寿司」ですが。。。


画像シャリは固め、ネタも少々乾燥気味だったりする、いわゆる「寿司もどき」寿司、米国西海岸生まれ寿司、です。
が。ステーキやロースト・ビーフ、ヴィールなど、「血沸き肉躍る」あぶらっこい料理生活の中に身を置き続けると、妙なモノで、案外、おいしく感じるんです。で。自分は、結構、好きなんですね〜。

というワケで。
胃袋の中に、かなりの空きスペースを確保して。つまり、いただく量は、写真のごとくにセーブして。。。
ゆっくり、味噌汁(もどき)とお茶(これは、お茶コーナーで、自分の手で、ティーカップにグリーン・ティーパックを入れてお湯を注ぎこんで。。。)をテーブルに運んで、ゆっくりひと休み。


画像



この時、なんです。
カメラ・バッグを、こちらに置き忘れて、そのまま、下船しちゃった。

そして、なおしばらく時間があったもので、いくつかのお店を巡って、小さなお買い物をいくつか。
やがて時間が来て。お店でテーブルについて。前菜が運ばれてきて。。。初めて、はた、と、カメラ・バッグのないことに気づいた。。。

カメラ・バッグはなぜ、キャビンに戻っていたか?
もちろん、バッグが宙を飛んだわけでも、一人で勝手に歩いて帰ったわけでもありません。

画像バッグには、偶然にも、船内で飲み買いした金額について、前日までの途中経過を知りたくて、船のスタッフに頼んで前夜にプリントアウトしてもらったレセプトが入っていたのです。
で、これが、忘れ物の所有者身元を解き明かす材料になって。。。うっシっシ。〜。。。
 
バッグに気づき、キャビンへ戻す手配をしてくれたのは誰なのか。それは最後までわからなかったものの、この寿司コーナーへは、感謝の意を込めて、以降、可能な限り通いました。

こちらは午後5時開店、午後9時半閉店なので、午後6時15分から始まるダイニングでのメイン・シーティング前や、セレブリティ・シアターでのショー・タイム終了後などに。


画像



寿司コーナーは、いつ訪ねても結構空いているのです。で、スタッフたちはサービス満点。こちらの好みを会得して、訪ねるとすばやく船皿に盛り付けて、テーブルまで運んでくれました。

自分たちの作った寿司を、この日本人はよほど気に入ったのだと、彼らは多分、勘違いしていた、と思います。

画像もちろん、訂正せずに、彼らが思っているであろう、そのまま、に、しておきました。日本人はたいがい、酸いも甘いもしっかりかみ分けて、悟っている。自分もそんな日本人の端くれで、せっかく思い違いして嬉しく楽しい心情でいるのに、正しく修正して差し上げて落胆させるほど、野暮ではないんです。よね〜。

レストランから船に戻って間もなく。夕刻から止んでいた雨が、ジュノーのダウンタウンを再び包み始めました。セレブリティ・インフィニティは予定通り午後10時半、スキャグウェイに向かって岸壁をはなれました。

寒さに震え上がったり、甘い誘惑に燃え上がったり、紛失かも、とガックリしたり。。。慌しい一日だったけれども、振り返ればこれもいい思い出、です。鼻歌、ふんふんふん。ふン〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
カ、カメラ紛失!???
え〜、それもバッグごと・・・・(>_<)

でも読み進めていくと「部屋に戻っていた」
良かった!!
無くなった!と分かった時の気持ちは、何秒か前に戻って欲しい!!って言う感じだったでしょうか。

でも、本当にあってよかったですね〜!
こちらもひと安心です。
ぽんぽこりん
URL
2009/07/14 21:54
ぽんぽこりんさん、今晩は

そうなんです。バックごと。写真を撮ろうとしたらバッグがなくて、心臓が口から飛び出してきそうなほど驚きました。一時は、諦めたのです。部屋に戻っていて、涙がでるほど嬉しかったです。

現役の皆さんにはおわかりにならないだろうけれども、いっとき、失くしたかと思ったカメラ代金の総額を、思わず頭の中で足し算して、ショック、ショックとうなっていました。戻っていて良かったです。

ご心配いただいてありがとうございます。
歳はとりたくないですよね。帽子や折り畳み雨傘などは、旅行2〜3回に1個はなくしています。カメラは高額だから、用心しないといけませんね〜。
hiroshi
2009/07/14 22:19
hiroshiさ〜〜〜ん!

とても他人事とは思えずに読みました。つい、この間、私もやりましたからね(笑)
でも、バッグごとですか。カメラの台数をお聞きして、私も冷汗が出ましたよ〜
私の場合はコンデジ一台でした(それでも私にとっては高価ですが)ので、その時は、カメラはしょうがないけど今回撮った写真は諦めきれないなぁと思ったのです。が、今から思えば、もちろんカメラも惜しい。。

ほんとに、戻ってきて良かったですね。船のスタッフに感謝ですね。寿司コーナーへ通われたお気持ち、よ〜〜くわかります。私は、あの時お世話になったフロントのクルーに、しっかり顔を覚えられて、次のクルーズで「ああ、あの時の。。。」って挨拶されてしまいました。トホホ
まゆき
2009/07/14 23:17
まゆきさん、今晩は

そうだったですよね〜〜。まゆきさんも事件に遭遇なさったですよね。真似をしたわけではないんですが、ご同様に、ショックでした。あれだけドッサリと失くすると、それまで撮った写真のことなど、つゆ思わないんですね。ただただ、失くしたカメラの総金額を計算。 良かったです。戻ってきて。

忙しさに追われて、しばらくお訪ねしておらず、久しぶりに先ほど、ちらりとお邪魔したのですが、お出かけですか? ひょっとするとクルーズ?? お書きになっているとおり、愛船がワールドから帰ってきましたからね〜。うらやまし〜〜
hiroshi
2009/07/14 23:42
その時のお気持ちお察し申し上げます。
でもhiroshiさんの日頃の行いが良いので戻って来たのですね。よかった〜〜。そんなにバッグに入ってらしたのですか。
ドキドキしちゃいました。
うふふ。アマルフィ。この単語を聞いただけで、胸が痛みますですね。次のイタリアはアマルフィに行きたいなあ〜。
murmur1
2009/07/14 23:52
murmur1さん、

>日頃の行いが良いので戻って来たのですね

あはは。 どうでしょうね。ただ、この事件で思ったのは、ネームカードなど身元がわかるものをしっかり、カメラ・バッグにも付けておくことだと学びました。以来、しっかり取り付けています。murmur1先生でさえ、レンズをお買いになる時に清水の舞台から飛び降りられたですよね。リタイア組のhiroshiなどは、あれだけセットで失くすると、切腹モノです。腹を切らずにエガッタァ〜。
そうですね。アマルフィ。いいですね。ぜひぜひ、いらっしゃってください。自分は、西リビエラ一帯を訪ねたこともないんですよ。あちらも行ってみたいです。イタリアは、行きたい街がいっぱいですよね。
hiroshi
2009/07/15 00:15
hiroshiさん。こんばんわー

アマルフィ見る約束しましたですから、
見ます!見ます
本が有るのは知りませんでした!
映画の後で、アラスカにアマルフィを持って行くのもストーリーは周りの親切な方が教えてくれてます・・知りたくな〜い
mayumi
2009/07/15 00:35
つづき
そうでしたかカメラを
食事どころではな〜い・・です。
が前菜が運ばれて来てては・・食べない訳にもいかず・・でも味は分からなかったかも・・hiroshiさん。さすが

今日カプリのTシャツを来て、近所に買い物に・・
ふと胸の辺りに虫がいるキゃー!裏返しで来てて・・裏から出てる糸でした!!
背中のタグを見られないように斜め歩きで早く・早くと帰りました

私のカメラなどは安物ですから、中の画像が無くなるのが最大のショックでしょうが、最近とみに危ない・危険です。

>なぜ、一眼での画像を「覚え書」・・
やっと分かりました蛍光灯です

レストランは何処に入っても美味しいのでしょうか
mayumi
2009/07/15 00:41
hiroshiさん ・☆゜おはよう☆彡ございます♪

皆さん賑やかにコメント!! 出遅れました。

アマルフィ海岸の美しい画像も〜何だか画像にやわらかみ? はて? デジカメからてすか? それとも印画紙画像からコピーでしょうか?

果物屋さんは途中パス休憩で降りた 屋台?で見たのと同じ感じです。特大のレモンも懐かしいです。

その旅の時買った「Limoncello」まだ飲まずに飾ってあります。もう〜腐ってるかな? 金属の抑え金具で中身に変化なし〜〜トホホ~~ のお話です。

「アマルフィ女神の報酬」は必見ですね〜 昨日クイズ番組で「トレビの泉」は出て来ないとチラッと見ました。
私もhiroshiさんの10万分の1も詳しくないですが〜〜南も北も大好きなイタリアです。

私もインフィニテイのお寿司ちょくちょく頂きました。コンステレーションより少しましかな? 
友人はご飯と海苔を頂いておにぎりにしてました。
その方が美味しかったそうです。
たえこ
2009/07/15 10:15
つづき〜

カメラにそんな「ドキッ」のお話が〜 一式だと大層な金額です。 キャビンに届いて凄い! 流石船内で〜 他所でしたら見事に紛失でしたね〜 良かった!!!

携帯新しいのにしょうかな? (o^^o)うふふっ♪
たえこ
2009/07/15 10:16
mayumiさん、おはようございます

う、う〜〜。残念
お書き込みいただいた時間を拝見すると、もうしばらくPC電源を落とすのが遅かったら、mayumiさんからいただいた楽しいコメントをすぐに拝見できたのに。。。

アマルフィ。mayumiさんたちも昨年、いらっしゃったのですね〜。ソレントまでいらっしゃれば、もう、アマルフィへ行らっしゃったのとほとんど同じではないですか。

自分も、小説があるのは知りませんでした。映画と同時進行で書かれたようです。読むかどうか迷ったのですが、テレビにも良く出演されるヴェネツィアにお詳しく日本のイタリア都市建築学の権威でらっしゃる陣内秀信さんの南イタリア関係本を参考に書かれているようなので、買っちゃいました。呼んでみたら、案外面白かったです。

hiroshi
2009/07/15 10:24
〜上から続く〜

>が前菜が運ばれて来てては・・食べない訳にもいかず・
そのとおりなんです。はい。さすが、などとおほめいただくのは誤解です。もう、喉も良く通りませんでした。
だから、果たしてうまかったのか、そこそこだったのか、ホントは良く判らなかったのです。相棒が、まずまずではないの、と言ったから、自分も満足したような。。。情けない判定です。もともと味覚音痴だから、こんなことがなくてもhiroshiの味判定は信用出来ないところですけれども。
で、いらっしゃって不味かったら申し訳ないので、訪ねた店の名は書きませんが、お調べならば、ジュノー・コンベンション&ビジタービューローの、レストランに関する以下のサイトが詳しいです。自分たちも、このページの右端の表の、アメリカンとファイン・ダイニングとインターナショナル・キュィジーヌにチェックを入れて検索し、そのうちの、港に近い何店かをメモに控えて、向こうで店を探しました。

hiroshi
2009/07/15 10:26
〜上から続く〜

カプリのTシャツ。うふふ。それは大変でしたね。自分も良くやります。後ろ前に着ることも。とほほ。

http://www.traveljuneau.com/cms/d/dining.php
hiroshi
2009/07/15 10:27
たえこさん、おはようございます。

>アマルフィ海岸の美しい画像も〜何だか画像にやわらかみ? はて? デジカメからてすか? それとも印画紙画像からコピーでしょうか?

さすが、たえこさん、素晴らしい

そうそう、後者です。アルバムから複写した写真です。しかも、横に人物の写っているのは、全部、その人物をカッとしています。だから少々、粒子が粗いですね。

>〜〜南も北も大好きなイタリアです

そうですよね。イタリアはいいですよね。

そうそう、以前、この海岸の細い道をバスの運転手がかなりのスピードで走った、怖かったとおっしゃっていましたね。怖いですよね。アチラの運転手は皆、F1ドライバーのように飛ばすから。


hiroshi
2009/07/15 10:40
〜上から続く〜

そうですか? コンステレーションよりもインフィニティが上ですか? 良かったぁ。いくらかでも増しで。そして、おにぎり。そういう手もあったんですね〜〜。次回の参考に、良いことを教えていただきました。

カメラ。ご心配いたぢてありがとうございます。
はい、大変な金額で。紛失していたら、ホントニ切腹モノでした。相棒がきっと言います。腹を切れ、と。良かったです。
hiroshi
2009/07/15 10:41
〜上から続く〜

レモンチェッロ、お飾り、のままですか? お〜、もったいない! 甘くて美味しいではないですか!!

HALの船やプリンセスのバーでは、レモンチェッロを置いていますね。あの真黄色のお酒は、かなり好きです。
hiroshi
2009/07/15 10:44
hiroshiさん〜 こんばんは
またまた〜お久しぶりです
ブログは楽しく拝見させていただいてましたよん。

カメラがない〜!!!って私も読んでいてビックリでしたが、よかったですね。戻ってきていて。。
どこで置き忘れたのかしっかりとさかのぼって考えるあたり。。。hiroshiさんらしい〜って思いました
でもクルーズってほんとにいろいろなものが食事に並ぶんですね。食事は最大の楽しみの1つでもまるのでしょうね〜
お寿司もいろいろなネタでおいしそ〜ですぅ
あおちゃん
2009/07/17 19:59
あおちゃん、今晩は

近づいてきたですねぇ〜。そうそう、あちら。我がことのように、うきうきワクワク。どちらで何を楽しむか、もう計画いっぱい、夢いっぱい、でしょうね。

>よかったですね。戻ってきていて。。

そうなんですよ。もう、切腹しておわび(誰に?)しなければいけないかとびくびくしていたのですが、良かったヨカッタぁ。

>食事は最大の楽しみの1つでもまるのでしょうね〜

そうそう。
ま、好みによりますが、日本船ほど美味しくはない?のかな?? しかし、こちらは味覚音痴で、お腹がすいていれば何でもおいしいです。

そうそう。お寿司も、そんなに不味くはありませんでした。
hiroshi
2009/07/17 21:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

カメラ紛失、とほほ〜スキャグウェイへ。 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる