潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ン?」〜どうした?名物、深夜の「甘党」祭。

<<   作成日時 : 2009/09/09 21:28   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 11

 
セレブリティの船は、深夜に開かれる「甘〜〜い催し」が、名物です。
「セレブリティ」の船は、このクルーズで乗船、わずか2回目、ですが、1回目の体験と、数多くURLをチェックしたネット・サーフィンで、「名物開催」のことは、良く知っていました。


画像



画像で。
今回も、期待に胸膨らませて乗船しました。
が。
「。。。」。

と、思わせぶりな書き出しで、「覚え書」、開始。
う〜ん。
いや。。。
はい。。。


画像イベントが開かれた「コンステレーション・クラブ」は、11階船首部にあり、独立した船首部のエレベータで上がるか、他のエレベーターで11階リド・デッキまで行って、デッキを歩いてあらためて室内に入る仕組み。

デッキから室内に入ると、小鳥たちのとまる樹木像のアルミ・モニュメントの下をくぐって行く。



画像お見通し、ピタリ。
その通りでした。

期待のモノは、なかったのです。
いささか残念。。。



画像セレブリティの船で、航海終盤の深夜に、比較的に頻繁に開かれる、ある催し。
今回は、それが、なかったんです。

いや、「なかった」というと、少々間違いでしょうか。セレブリティの名誉のために、付け加えれば。
「少々スタイルを変えて、比較的に馴染み易い仕組みと時間帯で開かれた」というのが、正確なのでしょう。



画像

日中のコンステレーション・クラブは、夜の華やかさ、きらびやかさ、賑やかさがウソのように、とても静かだ。

画像その催しとは何か?

甘党のこちらには、実に魅惑的な、「おいしい」イベント。

ヘンゼルとグレーテルが、森の奥深くで見つける、お菓子の家。実は、魔女の家であった。。。
かどうか知らないけれども、そういう、子供のころに読んだグリム童話を思い起こさせる、垂涎の催し。
甘党には堪えられません。



画像



画像こちらは、初めて乗った「セレブリティ」で、この催しを体験して、その魅力の虜(とりこ)になったんです。

催しの名は「ル・グラン・ブッフェ」。
正確には「壮大で魅惑的な深夜のブッフェ(Le Grand Buffet Midnight Magnifique)」。


画像英文字で、セレブリティ、ミッドナイト・ブッフェくらいをキーワードにGoogleで画像検索すると、その画像とサイトは、無数に登場します。

もちろん、「センチュリー」のみならず、「イクノス」でも「サミット」、「マーキュリー」でも、セレブリティの船、全般で。



画像


画像


画像


画像



画像で。
今回も期待していたのですが。。。
どういう事情で、でしょうか。

この航海時は、例のインフルエンザが流行し始めたころで、それへの何らかの対応措置であったのか?
はたまた、インフィニティでは、比較的に余りやらないのか?

アラスカを巡るから、というのはマトハズレのようです。ネットで検索すると、別の船でしっかりと行われています。



画像



画像と。
ここで推測していても仕方がないことで。。。このクルーズ時に、キチンと聞いておくべき、だったんです。今となれば、どうにもなりません。なぜ? わかりません。

変わって、別の「甘い催し」が。。。
一応、開かれはしたのです、けれども。。。



画像



画像シトカの沖合いで抜錨し、一路、再びの南下を開始した乗船9日目、5月19日の夜。

リピーター組織、キャプテンズクラブのカクテル・パーティーが午後7時45分から、11階、船首部のラウンジ「コンステレーション・クラブ」で開かれました。


画像「コンステレーション・クラブ」。

こちらは、昼は、展望効果の高い、ゆったり寛げる場所として氷河湾内を巡ったりするのに人気の高い場所なのです。が、夜になると雰囲気は一変。赤い灯、青い灯がまたたいて、踊れるホールが広く、ダンス好きな方々や、呑み助仲間の遊び場になっているのです。


画像この日は、下船まであと3日。そろそろお別れ、とあって、ひと足早く、船長や船の幹部スタッフを囲む、記念写真撮影サービスや、今回で乗船ン、十回、などとなる、航海回数の多い、またその角番を迎えた常連客への、船からのプレゼント提供などが行われました。

引き続き、「アフター・パーティー」と銘打って午後11時半から、その催しは開かれたのです。
そう、甘党向けの催し、タイトルは「お菓子祭りのイベント(Culinary Gala Event!)」。「グラン・ブッフェ」よりもおよそ1時間ほど早く、始まりました。


画像結論から先に書くと。。。
はい、美味しかったです。
船内新聞でイベント開催を知っていたので、シトカからテンダーで帰船後も、極力、飲み食いは抑えて、抑えて。ディナー時にも、かなりの隙間を、胃の中にあらかじめ、作っておいたのです。

と。こう書くと、何か、意地汚く、いじましく、みみっちい感じがしますね〜。


画像味は、いろいろありました。

氷の彫刻で飾られたテーブルの周りには、チョコレート噴水やホット・チョコレートを筆頭に、ティラミス、バナナシフォン、チョコレート・メレンゲ・クランチ、バナナフォスター、シフォンパイ、パッション・ムースなど数々のケーキ類。

バニラやチョコ、ビスタチオ、チェリーブランディーなどのアイスクリーム、マンゴーやライム、ストロベリーなどのシャーベット、フローズン・ヨーグルト。。。
まだまだ、ありました。

ただ、残念だったのは、「グラン・ブッフェ」に比べて「甘もの」の種類は、これでもなお、少な目といって良く、見た目の華麗さもいま一歩。写真撮りのための時間も、特別に確保してありませんでした。

が。まぁ、食べることができたから、良し。許す。。。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは、hiroshiさん。
楽しいスィーツの数々ですね。これは前のお写真ですね。
美味しそうだし、種類も沢山ですね。どれから選んでいいか、悩んじゃいますね。
今回はこのイベントがなかったのか、ハラハラドキドキしてしまいました。あ〜、有って良かったです。
チョコレートファウンテンも有ったのですね。あれはやはり盛り上がりますね。
>かなりの隙間を、胃の中にあらかじめ、作っておいた
そうしないと、あの真夜中のイベントは楽しいませんよね。
クリームビュレも美味しそうだし、hiroshiさんの単語だけでも、伺うだけで美味しそうです。チェリーブランディーのアイスクリームに興味津々。
しかし、一時間早くても11時半からですか。
一回お昼寝してからじゃないと〜、って感じです。
hiroshiさん、さすがです。遅い時間でも全然びくともされないのですね。凄いです。
あの秋刀魚の写真酷いですよね〜。載せた時はきっと美味しそうに焼けた秋刀魚の写真はきっと沢山皆さん載せるだろうから、骨を載せちゃお、そうだそうだって感じだったのですが、後から見ますとかなりお行儀が悪かったなと。。
hiroshiさん、拍手コメントをありがとうございました(嬉)
hiroshiさん、もうすぐですね、ご出発いらっしゃらないの、さみしいなあ。。
murmur1
2009/09/09 23:11
murmur1さん、今晩は。

今回の↑ を載せたあと、来客がありまして、たった今、お帰りになって、またまたPCの前に座ったところで、コメントを頂戴していることを発見。 嬉しいですねぇ〜〜。

>楽しいスィーツの数々ですね。これは前のお写真ですね。

これは、今回の写真です。前のグラン・ブッフェの種類と量は、とても素晴らしかったです。見ているだけで、満腹、満腹、スイーツ堪能、というほどのレベルでした。

ほんと、どれから選ぶか、迷いますよね。かなりの量を、今回も楽しみました。

>遅い時間でも全然びくとも

あっはっは。お恥ずかしい。
自分は夜遊び型でして。現役時代、仕事はほとんど午前、に入ってからようやく終えていた
(その代わり、仕事を本格的に始めたのも遅いのです。murmur1さんのお仕事だと、午前中の外来対応をほとんど終えられたころからのスタートで、見ようによってはナマケモノ、であったかも??)
過去の暮らしの残滓を引きずっている感じで、いまだに朝は超、弱いです。

hiroshi
2009/09/09 23:52
〜上から続く〜

秋刀魚のお写真。お訪ねして、びっくりしました。いやいや、お行儀は悪くないし、そういう問題ではなく、普通、あまり誰もお載せにならない写真ではないですか。で、お、おお〜、と。そして、すぐにあの2枚を拡大して、またまた、お、おお〜〜!と。実にキレイにお食べになっていたですね〜。

自分も、魚をキレイに食べることでは少々自信を持っていて、ひょっとしてひょっとすると、murmur1さんの先輩のお言葉を借りれば、良いドクターになれたのかも??などと思っていましたが、あのキレイさは、hiroshiなど足元にも近づけないほどの見事さでした。いや、ご立派

「骨まで愛して♪」とか「粉骨砕身」とか「骨身惜しまず」とか、骨にまつわることわざや故事、歌詞は多いですよね。きっと、人間の最も関心のある素材の一つであって、それを、murmur1さんは、おっしゃる思考法の中で、本能的に感知されたのでしょうね。失礼な、とお怒りになると困るのですが、俗に「天然○○」という表現があり、そういう方はまれにいらっしゃいますよね。自分は、そういう方が、実は大好きでして。凡人と違った鋭敏な感性をお持ちの方が多いです、そういう方は。murmur1さんも、そういう、素晴らしい感性をお持ちなんですね。わが相棒も、実はその傾向の方、でして。。。いつも、大変勉強になります。あ、のろけになっちゃったかな?? そんあつもりではないんですよ。

はい、出発は22日です。そう言っていただけると、大変うれしいです。こちらも、murmur1さんのブログを拝見できないのが心残りです。いつも、心洗われる話題や美しい写真、思いもしなかったような新鮮な感覚の記事を読ませていただけるのは、大変うれしく楽しいことです、から。
hiroshi
2009/09/09 23:53
hiroshiさん こんばん(^ヮ^)

>今回は、それが、なかったんです。
まあ〜無かったんですか?
ブルーの洋服のおばさまも「あらら〜?カメラ持って来たのに!」って言ってません?


グランドビュッフェのデコレーションは盛り上がりますから〜 如何したんでしょう?
パナマ運河では有りました。

しかし〜 我々は行きませんでした。
何故か? 疲れて〜写しに行く元気が無かったのです。 暑かったから〜 それから、最後のイベントは下船が直ぐなので寂しいのです。 船とお別れが辛いんです。
降りたらもう〜よそよそしいお船です。 もう〜しばらく乗って居たいから〜( ノД`)シクシク…

hiroshiさんは、本当にスイーツにお詳しいですね!!
私は本当に知らないんです。   
たえこ
2009/09/10 19:34
たえこさん、今晩は

ブログ玉、ありがとうございました〜

またまた、忘れそうなもので、真っ先に、お礼言上で〜す。

誰が考えたのか知りませんが。。。ブログ玉のことです。。。これは、なかなかハートをくすぐりますね。いただくと、何となくうれしくて。貧乏人根性なのですかね。何でも、いただくと、ハッピー、てな気持ちになっちゃいます。

昔、進駐軍。。。年代的に、ご存知ですよね。あの進駐軍からチューインガムをもらったことがあります。嬉しかったですね〜。天に昇る心地とはこんなことなのだと、幼い子供心に知りました。小学校にあがって間もなくのころでした。あれ以来、アメリカは、わが憧れの土地になっちゃったんですよね〜。とくに、教科書にキレイなカラー写真で載っていたハワイ、ワイキキの光景に、魂を奪われて。。。

と、長々と昔の思い出話。うるさい、ヤツゃ、なぁ〜。我ながら。

hiroshi
2009/09/10 20:27
〜上から続く〜

>まあ〜無かったんですか?

そうなんです。がっかり、でした。しかしまぁ、甘いものをたらふく食べちゃったから、いつの間にか腹立ちは収まりましたけれども。

>しかし〜 我々は行きませんでした。

そうですよね。始まるのが遅すぎますよね。もう少し早く始まってくれていれば、翌日、さして疲れないのですけれども。

スイーツに詳しいのは、ほら、食べ物のない暮らしを、終戦後の幼い時代に経験したからではないでしょうか。たえこさんやご主人たちは、終戦前後で既に少年少女期に入ってらっしゃったから、食べ物はもちろん、甘いもののない時代をさして苦にはなさらなかったのでしょう。しかし、たえこさんご夫妻の年代よりもホンの少々幼い我々世代は、甘いものに飢えた年代、なのですね。だからだと思います。
今でも、大福で熱燗が飲めますよ。同世代で、甘いものに飢えた幼少期を送ったハズの学生時代の友人たちさえ、馬鹿にしますが。

ようやく少し時間的にゆとりが出てきて、本日初めて、じっくりと藤原さんの掲示板の日本船の方を拝見しました。
まだ何も書き込んでいませんが、あれは面白そうですね。いろんな方言が楽しそうです。 いつか、広島弁で、東映ヤクザ路線のように書き込んでみたいです。「クルーズ、行きたかがノウ、わしゃぁ、だめじゃけん、のう」などと。 

↑ 正しい広島弁になっているんじゃろか
hiroshi
2009/09/10 20:28
hirosiさんも方言に挑戦しますか?

今、murmur1どんの所ば、博多弁でコメントして来た所ばい♪

上のアドレスで博多弁変換しとったとよ。
おかしかばい。


たえこ
URL
2009/09/10 21:32
追伸 ばい

↓ 

http://www2h.biglobe.ne.jp/~rayfox/fukuoka/hakataben.html
たえこ
2009/09/10 21:33
わっはっは〜。

いや、これはおかしか、楽しいやね、おかしかですばい。

良かモン、紹介しちょばって、たのしか〜。

わっはっは。
hiroshi
2009/09/10 22:19
hiroshiさん、今晩は

深夜にこんなにハイカロリーな物を頂くのは、少々気が引けるのですが、誘惑には負けます

きっと僕も沢山、頂くでしょう〜〜〜

美味しそうなスイーツがいっぱい!!!
毎晩でも良いですね〜〜〜
でも翌日は、カロリー消費のためのウォーキングが必要かも???

セレブリティの素敵な演出ですね


nao
2009/09/11 20:02
やぁやぁ、naoさん、今晩は

そして、お帰りなさい
こうやってコメントをいただくということは、お仕事が一段落されて、旅行記の初回分を既におまとめになったということでしょうね

たった今まで、たえこさんのムルデカ広場の記事を拝見してきたところなんですよ。引き続き、今度はnaoさんのKLの話をお聴きできるわけですね! これを書き終えたら、さっそくお邪魔虫ぃ〜〜

と。
こちらのハナシに戻って。。。
はい。おかげさまで。このクルーズで2キロ太って帰ってきました。毎朝ウォーキングを3キロ、日課として続けていたにも関わらず。とほほ。 

この夏休み期間中は、家族や親戚の来訪が続いた上、衆議院選挙やほかの行事も多数続いて、運動不足でいまだに2キロほどのムダ肉を取り除けずにいます。でも、何とか、ぎりぎり、「標準」の上限にいますので、秋になったら(もう秋ですねぇ)頑張らなくては、と思っています。

セレブリティの菓子のイベントは、本当は「グラン・ブッフェ」の方が、たとえ食べられなくても、見るだけでも楽しいです。そういう意味では、少し残念でした。
hiroshi
2009/09/11 20:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

「ン?」〜どうした?名物、深夜の「甘党」祭。 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる