潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS 休みます。

<<   作成日時 : 2009/11/27 00:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12


しばらく休みます。





この29日から12月14日まで、休みます。

が、ひょっとすると、ブログの再開はなお、遅れるかもしれません。


画像旅や映画、音楽などに混じって、洋蘭栽培も、ここ20年ほど、趣味の一つでした。

しかし、いろいろ事情も重なって、ここ数年、手抜きの栽培を続けてきました。
散水を手抜きしたり、風を入れるのを、まぁ、今日はいいや、と、一週間もパスしたり、鉢替えを翌年まで怠ったり。

2年半ほど前にブログを始めて、その面白さにのめり込んで、PCの前に座り込む時間が、それ以前とは比べものにならないほどに多くなりました。
と、同時に、洋蘭栽培の手抜きはもちろん、読書をしなくなった、物事を深く考えなくなった、多忙を理由に友人に会いに出かけることが少なくなった、など、自分の人生にとって大切だと、これまで考えてきた事柄の手抜きも、増えました。


画像ネットやPCに罪があるわけでないことは、もちろんです。
わが罪。おのれ自身の、主体性のなさ、精神のひ弱さのせいです。
玩具を手に入れた幼児のように、夢中にさせてくれるそれに、ただただ、のめりこんでいった自分が悪いのです。
あるいはひょっとすると、古くからの友人たちが慰めで言ってくれている言葉のように、ほんとうに単純に、ナマクラになった、だけのことなのかもしれません。


画像いまさら、もうこの歳で、この分際で、社会のために何かを出来る、などと思い上がったり錯覚したり、世の中のために何かしてみたい、などと、分相応なことを生意気に考えているわけではありません。それほどの重みのある人生では、これから先はもちろん、これまでも毛頭ありませんでした。

が、それでも、なお、これで、いいのか、との思いは強く、ここ最近、何度も反省させられています。


画像強い思いがあったワケではなく、偶然見かけ、フト思いついて、旅のスーツケースを、入れ替えました。
超軽量を売り物にしている、それに、です。

超軽量の言葉に魅かれて、以前、軽金属製の著名なそれを一回だけ使ったことがあるのですが、見る目も悲惨なくらい、ぼこぼこ、シワだらけのボディに簡単に変身するため、古くからのハード・タイプ・スーツケースメーカーのそれに再びUターン。傷んだらチェンジと、取り替えながら同じメーカーの製品を使い続けてきましたが。。。

「スーパー・ライト、最軽量、ポリカーボネイト鏡面仕上げ」のセールス・トークに魅かれました。
確かに、軽いです。


画像軽い人生で結構なのです。
が。
ここ最近、日々、あまりにもなまくらで怠惰、考えなさ過ぎ、ではなかろうか。
ここらで少々、発想を逆転して、ブログの方を手抜きして、3日に1度の掲載を守れ、との自己規制を緩くして、立ち止まって考えてみようではないか。そう考えました。

手抜きをしていても、花の時期を迎えて、いくつかの洋蘭の鉢は、花芽が見えたり、花茎が伸び上がってきたり、花をつけたり、しています。
生命(いのち)って、すごいなぁ、と思います。


画像すごい、と驚くほど、皆さんからお書き込みをいただいて、ありがとうございました。
これまで、このつたないブログへのご訪問、感謝しています。

と、こう書くと、止めちゃうみたいに見えて何ですが、そうではありません。

いずれ再開します。
が、あまりにものめりこみ過ぎているこの「公開絵日記」と申しましょうか、「覚え書」への熱を、少々クールダウンした、しかる後に。



画像師走を目前に、お忙しさは増していらっしゃると思います。
故に、コメントのお書き込みは、お取りやめを。

この「覚え書」は、おのれ自身の旅のメモです。
そしてそれが、結果として、そちら方面に旅しよう、クルーズに行こう、とされる皆さんに「公開」することにより、いくらかでも参考にしていただけるならば、望外の喜び、との思いでスタートしました。原点です。

その原点にこだわりつつも、コメントを寄せていただき、ネット上とはいえ、篤きお付き合いをいただき、懇意にしていただいたことが、まことにうれしく、楽しかったです。

というわけで、お付き合い、という温もりのお気持ちは既に、ありがたく、十分に頂戴済みです。

で。
コメントの書き込みは、どうぞ、ご放念ください。

お訪ねいただき、ありがとうございました。
ちょっと早いですが、ごあいさつ。
行ってきます。

 

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
hiroshiさん こんばん(^ヮ^) ご希望に添えず失礼して書き込み致します。

愈々ご出発ですね! お揃いの綺麗なトランクもまもなく出て行きますね〜
我が家もだいぶ痛んで何度目かの買い換えで同じ軽量のグレーにしました。

蘭のお花が綺麗です。お留守の間お花のお手入れはどなたが為さいますか 痛まないか心配ではないでしょうか?
>コメントのお書き込みは、お取りやめを。
>あまりにもなまくらで怠惰、考えなさ過ぎ、ではなかろうか。
ここらで少々、発想を逆転して、ブログの方を手抜きして、3日に1度の掲載を守れ、との自己規制を緩くして、立ち止まって考えてみようではないか。そう考えました。

良く理解いたしました。
ネットに身を置いてる人の悩みが判ります。
無ければ寂しいです。
私はボケ防止と心決めています。
残されてる時間が無いから〜 良いんですが〜

まだお若いhiroshiさんの悩みは納得です。
無理なき運営でお願致します。 行ってらっしゃいませ〜
たえこ
2009/11/27 21:29
たえこさん、今晩は

>ご希望に添えず

あはは。
書き込みいただきたくない、などと希望したワケでは毛頭ありませんが。。。師走目前でお忙しいでしょうし、行ってらっしゃい、などとおっしゃっていただくのも、宇宙旅行するわけでもないので何となく照れます。というわけで、↑ のごとくに書きました。

ブログって、魔女みたいですよね。面白くて魅力的で、のめりこんじゃうとトリコになっちゃう。で、少々書き込みのペースを落とそうと。そう思っただけのことなんです。

蘭は、同好の士が近所にいらっしゃって、喜んでやっていただけるもので、これまでも留守中の管理はおまかせしています。といってもご存知の通り、蘭の花が咲くのは冬、自生地では乾期にあたり、手入れはほとんど必要ないんですね。10日に一度くらいのペースで、ほんの少し水遣りするだけです。温度さえ確保すれば温室で放っておいてもいいくらいで、花の咲く時期は簡単です。

>まだお若い

おっほっほ。嬉しいですね。そんな表現でおっしゃっていただけるのは、たえこさんほどのおねえさま、方だけです。うっふっふ。 まことに嬉しいお言葉、ありがとうござ〜い、でした

先だってお聞きした、少々長いクルーズにご主人の目が向かっており、たえこさんも興味津々とのこと。どちらかなぁ^〜? ちょっと気になっています。そのうち、ご出発日をお迎えになって嫌でも教えていただけるでしょうから、じっと我慢しています。それまで。

はい。行ってきます。ナイル川の川船に、今、興味津々です。船は、たった4泊5日間だけですが。。。
hiroshi
2009/11/27 22:40
真面目な私もhiroshiさんの言いつけを守りコメントを控えようと思いましたがたえこお姉さんのコメで勇気を貰いコメしま^^す。

ラン素晴らしいですね
母が少々育ててますが、絶対私にはくれません。それでいんですが・・枯らします

ナイルはバスか船で巡るんだそうですね。
エジプトに行った人が言ってまして、彼女はバスだったそうです。やはりバスが多いのでしょうか。

今の時期はあちらはどんなでしょうか・・日本の冬がベストと聞いたような

ブログは課すとストレスの素かなと私も思いますかといって無い生活は考えられない
自分のを書いたり皆さんのを見たりとノンビリペースが良いのかなと・・
エキサイトのブログをもう一つ書こうと思っていたけれど・・挫折した言い訳です
mayumi
2009/11/28 11:08
そうだ!忘れてた

hiroshiさん。行ってらっしゃ^^い

楽しんできて下さい

そしてその様子をノンビリとブログに書いて下さいね
mayumi
2009/11/28 11:12
出発の前日、お忙しい事と存じます。
ですが、たえこさんの
>ご希望に添えず失礼して書き込み致します。
に私も続かせて頂きます。すみません。
hiroshiさんの仰られる事とても分かりますです。
PCに費やす時間は長くなります。hiroshiさんの様に多面から日記をお書きになられますと尚更、お時間も費やす事になりますよね。一日の時間は皆24時間だし何かに時間を費やせば、どこかが引っ込みます。辛い所です。。良く分かりますです。hiroshiさん、お帰りになられましたら、いつまで再開をお待ちしておりますので、お花のお世話もご友人との集いも、考え事も読書もなさってからで結構ですので、また日記を読ませて頂けたら幸いです。週に三回なんて私には最初から無理でございます。こちらにコメントを残されていないhiroshiさんのファンの方もhiroshiさんの日記を読ませて頂くだけで幸せだと思っていらっしゃると思います。勿論私もです!昨日は一つ目の忘年会が有り、でも目が冴えてしまって寝付かれずベッドで携帯でhirroshiさんのこの記事を読ませて頂きました。ご旅行でいらっしゃらないだけでも寂しいのに、暫くお休み、にビックリして、もうもっと目が冴えてしまいました(汗)でも本日たえこさんへのコメントを読ませて頂いて、ちょっと安心しました。
murmur1
2009/11/28 17:25
ごゆっくリPC無縁のご旅行を楽しんでらっしゃられて下さいね。エジプト、どんな世界が待っているのでしょうか。母なるナイル、船で渡るんですもの楽しみです、私まで。お戻りになられて、ごゆっくりされて、また再開されるのを楽しみにしております。そうだ、何時も拍手コメントに入れて下さるコメントへお返事のお返事が出来なくてコメント欄にお返事だけ入れても hiroshiさんにご迷惑にならない物か考えてました。何時も有り難うございます。
長くなってしまいました。お気を付けて、いってらっしゃいませ、hiroshiさん!
murmur1
2009/11/28 17:26
mayumiさん、今晩は

>真面目な私も

あはは。
すみませんでした。不真面目なhiroshiが、お惑いになるような甘言を弄して誘惑いるような具合になっちゃいまして。

と冗談はともかく、お見送りいただくような具合になるのはなんとなくコッパズカシ(東北弁?)くて。出来るならば、「休む」なとども書かずに、夜逃げのようにこっそり出発したい心境ですが、それでは、たとえばmayumiさんのように、時折こちらをのぞいていただく懇意にしていただく方々にあまりにも無礼であろうと思いますし。。。

と思って↑ を書いているのですが、こうやってコメントを頂戴すると、それがまた嬉しいのですから、困ったものです。やはり、双方向性のネット社会は、魔女のごとくに魅力的ですね。

洋蘭、お母さまも栽培なさっていらっしゃるのですか? そうですか。お仲間ですね。自分の場合は、もう、数も種類も少なくなったです。昔はパフィオ、胡蝶蘭、ミルトニアに珍しいものも持っていたのですが、引っ越しで枯らしちゃったです。今は、手抜きにも寒さにも強いシンピジウムを中心に、デンファレ、デンドロ、わずかのカトレアの鉢だけ。洋蘭は、こまめに世話をしてやれば、花数や花の大きさなどでお返しをきっちりと見せてくれる植物なんですが。。。
hiroshi
2009/11/28 19:48
〜上から続く〜

そうですか? 
mayumiさんも、結論は○○シィ1本でいらっしゃることにお決めになりましたか。
いずれ、ぜひぜひ、拝見させていただきます。

たえこさんへのお返事でも書きましたが、今度の旅行はツアーで、クルーズ期間はわずか4泊5日です。
ネットで見ていると、ナイル川のクルーズ船は、海のクルーズ船ほど船数があるのですね。
びっくりしました。250隻ほども。うち、日本のツアー会社が使っているのは、10船〜15船ほどのようです。

ではでは。行ってきます。
hiroshi
2009/11/28 19:49
murmur1さん、今晩は

>たえこさんの。。。

あっはっは、 ですね。

たえこさんにもお返事しましたが、書き込んで欲しくない、などは、わが心のうちとは正反対。コメント頂戴するのは大好きです。
が、師走目前でお忙しい皆さんにご迷惑をおかけしたくない。お見送りいただくのも、何となく照れちゃいますよね。
そのうち、万が一、月旅行に行くようになったら、1カ月ほど前から大々的にアピールしますので、今回はパスでしてツカッサイ(土佐弁?)。そんな恥ずかしさがあります。

PCの世界は、面白いですね。仕事をしていたころは報告書を読んだり指示したり、スケジュルや数字をチェックしたりだけで随分無機質で情感のない道具だと思っていましたが、リタイヤして仕事とまったく無縁であった双方向性ネット世界を知ってみると、こんな面白いものはありません。

だけに、アホバカhiroshiには、こんな楽しいものをあまり長時間与えてはいけない。そんなことを、最近は思っています。ますますアホバカの度合いが深まりすぎですよね。

そうですね。忘年会のシーズンは本番入りですね。このあと年末までの週末は、スケジュールがいっぱいでらっしゃいましょう。それもまた、一つの季節行事として、愉快ではありますが。。。

今井浜、始まりましたね。
あちらでのお料理を拝見するのがとても好きです。写真もさることながら、文章というか、コメントというか、murmur1さんのあの筆致は、もう、完全に「詩」の世界ですね。あの文章には、センテンスとしての面白さというか、深い味わいと、当然ながらヨダレが零れ落ちそうなほど、おいしい味わいがあります。

hiroshi
2009/11/28 19:50
〜上から続く〜

続編は、帰ってきてから読ませていただくことになる、と思います。しかし、あのブログ記事だけは、船からネットで拝見したいくらい。ひょっとすると、我慢が出来ずにのぞかせていただくかも。もしかして、「PC無縁は断念した。無念じゃぁ」、と書き残した拍手コメントがあったらば、hiroshiメだとご推測ください。そういう時間をもてるのかどうか、ま、わかりませんけれども。

ひょっとすると、あちらへ行っている間に、もう鮪が食べられなくなるのではなかろうか。そう不安になってきたのと、しばし食べ納め、という意味合いもあって、午前中から出かけ、夕食はお寿司屋さんへ行って少し食べまくってきて、お返事が遅くなりました。すみませんでした。

行ってきます。
hiroshi
2009/11/28 19:52
明日お戻りですね。
一足早いのですが、お帰りなさいませ、hiroshiさん。
エジプトは如何でらっしゃいましたか?
どんな旅だったですか?
愉しい旅だった事と思います。先ずはゆっくり旅の疲れを取って頂いて、またご無理の無い範囲でお話を伺えましたら幸いです。hiroshiさんがいらっしゃらないと、寂しかった〜〜。。
お帰りなさい、hiroshiさん!
murmur1
2009/12/13 19:40
murmur1さん、ご無沙汰でした

お元気でしたか?
その後、風邪には打ち勝ってらっしゃるのでしょうね。一番ご多忙な季節。案じておりましたが、お元気そうで何よりです。

たった今、十数日ぶりにPCを立ち上げたところです。
昨日にコメント、頂戴したのですね。

船では、一応インターネット設備はそろっていたのですが、ツアーであったため何かと慌しく、murmur1さんのブログを拝見したいと熱望しながら、果たせませんでした。この後、早速、お訪ねしてゆっくりと楽しませていただくつもりです。

ナイル川のクルーズ船は、距離およそ230キロほどの区間を5日間かけて移動する旅でした。途中、点在する神殿や遺跡を見物しながらの航行で、あの「ナイルに死す」のイメージを踏襲したような、時代をはるかに逆行したような、のんびりした船旅でした。

近く、といっても明日か明後日ごろでしょうか。ざぁっとした印象だけをまとめて、こちらに載せるつもりでいます。年末でお忙しいでしょうが、お時間をお取りになれるようでしたら、チラリ、ご覧頂くととてもハッピーです。

写真は、膨大な量を。。。3300枚ほど撮影してきました。最近は、ビデオ撮りはさっぱりで、写真ばかり。2年半ほど昔と比べると、大変な違いです。

コメント、大変うれしかったです。
またまた、これからもお付き合いの程、よろしく よろしく、です。
hiroshi
2009/12/14 21:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

休みます。 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる