潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS 眺望絶好、聖ヨハネ修道院〜パトモス島。

<<   作成日時 : 2009/11/18 16:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

 
エーゲ海には、世界遺産のある島が、5つあるそうです。
案外少ない、と感じるか、へぇ〜、そんなにあったの、と思うか。人それぞれでしょうが、自分は、「案外少ない」派です。


画像


画像



その「案外少ない」と思ったうちの一つ、今回訪ねた丘の上の「聖ヨハネ修道院」最上階の鐘。真っ白な壁の鐘堂の中で太陽の光を跳ね返して金色に輝いていました。

背後は、昇る朝日に照らされたエーゲ海の「青」。
はるか水平線には、ドデカニサ諸島の島影。
先ほどまで凪であった大気は、昇る太陽に大地が暖められ始めたためか、ゆるやかな海風の吹き上がりがスタートし、風は頬を軽くなでて通り過ぎて行って、とても爽やかで快適でした。

話をもう一度、前回の「覚え書」、最後の場面までさかのぼって。。。


画像



画像「ヨハネの黙示録」がまとめられた洞窟を出ると、左手、細い石畳の上り口に案内がありました。「聖ヨハネ修道院」方向を指し示して。

で、その「矢印」に従って、細く傾斜の緩い石畳の道を歩いて登ること、およそ15分。。。
城門と見まがうほどの石の壁が取りまく、修道院の鉄の扉の前に到着しました。


画像というところで、もう一度、冒頭の話題へ、Uターン。
世界遺産のかず、エーゲ海では案外少ない、と思う、とのハナシの続きです。

ミコノス島やサントリーニ島はもちろん。
創建は1700年前というギリシャで最も古い教会のあるバロス島も、ミロのビーナスが発見された古代都市遺跡のあるミロス島も。
ヨーロッパ文明の発祥の地とされる、ミノア文明が栄えたクノッソス宮殿などの遺跡や、中世ヨーロッパ、ヴェネツィアの色彩をとどめる街並が残るクレタ島も、指定はされていないですよね。


画像聖ヨハネ修道院。
11世紀に創建された修道院で、丘陵に広がる街、ホラの白い家並みのさらに頭上の丘の頂部に、石組みの城壁をめぐらして要塞化されて建っていました。

土地のガイドさんの説明では、城壁の高さはおよそ15メートル。その直下に広がるホラの住民たちのほとんどは、その先祖をさかのぼると、この修道院を造った職人たちの子孫、なのだとか。「何代にもわたって、この修道院を守り続けてきた人たちなんです」とのことでした。


以下、うるさい文章はなしで、写真だけで修道院の「覚え書」を。


画像

修道院は、内部の撮影は禁止だった。撮れたのはフレスコ画(フレスコ・セッコ)で彩られた中庭に面した回廊や漆喰塗りの壁、生石灰を塗り固めた白い屋上など、屋外部分だけ。建物は、小さいながら4層に分かれ、教会とミュージアム、修道士の居室、小さなお土産店などが公開されていた。

画像しかし、その前にホンのちょっぴり、前回に書き残した小説「蒼ざめた馬を見よ」の思い出を、もう一つだけ。

この小説に限らず、初期の五木寛之氏の小説に共通することですが。。。

主題の面白さ、展開のスピード感、緊張感に加えて、海外旅行がようやく自由化されたばかりの当時、描かれる外国各地の描写がまた、エキゾチズム豊かで刺激的、魅力的でした。


画像「蒼ざめた馬を見よ」でも、

「アンナ・カレーニナの夫がモスクワから帰って霧の中を馬車で駆けたネフスキイ大通り。左手にカザン寺院の巨大な円柱が浮びあがった」

「もう一つ橋を渡った。モイカ運河だろう。この河岸にはプーシキンが住んでいたのだ。」

「『ヴェニスの町に橋がいくつあるか、知っている?』とオリガがきいた。『知らない』『三百六十四か、五つのはずよ』『一日に一つずつ渡って一年かかるわけだ』」

「『小生は黒海に面した美しいソチの遊歩道を一人で散策を試みたのです。』
『ソチはソ連随一の保養地で、花々と太陽と黒い瞳の乙女等に満ちた、叙情的な街です』」


などなど。。。


画像当時、仕事で初めて、家族と仰々しく水盃まで交わして、まなじり吊り上げて肩いからせて、終始緊張しながら旅したわが身のスケールの小ささと、何でもないことのように豪放、気楽に、縦横無尽に海外を旅する小説の主人公のスケールの大きさ、人間の大らかさとの、あまりもの落差に、がっくり。。。

いつか、いつか、かくも水を得たサカナのように西欧人の中で話が出来るようになりたい、と、その魅力にもマイッタのでした。

 

画像


画像


画像


画像


画像

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。hiroshiさん

芭蕉餅はそろそろ届きましたか??(@^0^@)とてもとても美味しいですよ〜
お餅とあんこがいい感じでまざりあってます〜 hiroshiさんの感想もぜひぜひ聞かせてくださいね〜

エーゲ海にはそんなに世界遺産があるんですね〜私は逆で多いな〜って思っちゃいましたよん それにしても聖ヨハネ修道院からのきれいな海や景色は最高ですね
また明日からも仕事頑張れそうです〜
いつもありがとうございます!!hiroshiさん 
あおちゃん
2009/11/18 23:45
あおちゃん、おはようございます

>芭蕉餅はそろそろ届きましたか??

まだなんですよ〜〜
多分、今日か明日くらいではないでしょうか。
着いたら、感想をお知らせしますね〜。
とてもおいしそうで、かなり期待しています。

>〜私は逆で多いな〜って思っちゃいましたよん

うん、そういう人のほうが多いようですね。友人らと旅の話題になった時、友達のうちの一人が、世界遺産の一番多い国はどこだ? と言い出して、その時の話題の中の一つとして、ギリシャ全体としては案外少ないが、エーゲ海ではそんなにあったのか、などと言う声が多かったです。

そうそう、海の見える景色はナイスですね。
そういえば、カハラ・ホテルまで行ってらっしゃったんですって? 素晴らしかったでしょ。オアフ島では、「The}の定冠詞を付く、カズ少ないホテルのひとつですものね〜。あちらも、1泊6万円以上、クラスですものね。とほほ。リタイア世代には縁遠い
hiroshi
2009/11/19 10:20
horoshiさん  おはよぉございます~~~

まだ見たことのないエーゲ海諸島です。
美しいですね〜 夢の世界です。
そうして〜、何時も乍らの、旅日記は素晴らしい! 美しい表現に我がブログの貧しさを思います。

>先ほどまで凪であった大気は、昇る太陽に大地が暖められ始めたためか、ゆるやかな海風の吹き上がりがスタートし、風は頬を軽くなでて通り過ぎて行って、とても爽やかで快適でした。

ここなどの文学的な表現!! 「五木寛之」に感化されたのか? そんな言い方は失礼ですね〜

本当に私は恥ずかしいです。才能の違い・博識に参りまして候。

教会のフレスコ画も〜カッパトキアの岩の教会を連想します。
すっかり修復されてるのでしょうか? 足場も見えなくて〜 アーチ型の建築が凄いです。
天気もこの島の良さを際立たせましたね〜    
たえこ
2009/11/19 11:30
>〜私は逆で多いな〜って思っちゃいましたよん

私も多いな〜と思いました。

hiroshiさんのように博識で勉強家ですと、地中海だけでなくどこへいらしても「興味深々」でしょうが、私などあれもこれも同じに見えてしまいます。
それより結構坂道や階段が多そうなので、足腰を鍛えておく必要がありそうです。
みえこ
2009/11/19 17:07
たえこさん、今晩は

何をおっしゃる、たえこさん。

たえこさんのブログの写真の素晴らしさ、あれは、百万言に勝ります。
hiroshiの文言など、とても、とても、おっしゃられる言葉はお世辞も極まれリ、身に過ぎたお褒めで嬉しい限りですが。。。

>教会のフレスコ画も〜カッパトキアの岩の教会を連想します。

そうそう、あれと同じ印象でした。作られた時代が似ているからでしょうね。

天気は良かったですね。陸旅分も含めて、日中はカーッと太陽が照り続き。エーゲ海は7月や8月に行ったら暑くて大変だ、とよく言われますが、まさに、そういう状態を連想させる9月下旬のエーゲ海でした。
hiroshi
2009/11/19 19:17
みえこさん、今晩は

ロンドンのご子息。さすが国際派でらっしゃいますね。藤原さんやみえこさんのお話のかずかず、感嘆しながら掲示板を拝見しています。
う〜ん。
なるほど。
さ〜すがぁ〜
〜と、そういう感じで読ませていただいています。

>私も多いな〜と思いました。

は〜い、意外に多いに1票、追加〜

といっても、murmur1さんのコメント欄ほどたくさんの方々のご意見が集まるわけではないので、 票決は不可能ですが。。。

確かに、わが悪友らも、そういう意見を言っていました。狭い海域だから、そう見るのが一般的なのでしょうねぇ。

そうですね。足腰は、お互い、年々弱まる一方ですからね。確かにこちらは、観光バスなど大型車は街中に入れず、バイクか小さな車しか走れない状況でした。おかげで歩かされたのですが、眺めはいいから、まぁまぁ、楽しいピクニックでした。

しかし、今、頭をよぎったのですが、みえこさんは姿勢がよろしいですから。2年半前に拝見した、あのダンスのお写真、スラリと背筋をお伸ばになった姿。いまだに忘れられません。hiroshiと違って、みえこさんは、足元はまだまだ大丈夫でらっしゃいましょう。
hiroshi
2009/11/19 19:29
こんばんは〜〜 最初の2枚かわいい易しい色あいです
最後の2枚 美しい青ですね 青はださくなるか神秘になるか難しい色です・・・・さすがです!!

ギリシャはどこも絵になりますから
世界遺産にしなくても世界中から観光におとづれます
・・・ですからきっとギリシャのなかでもちょっと地味目なとこを世界遺産にもっていって・・・もっと観光客を・・・・そうきたことが〜〜

フレスコ画がみてみた〜〜い
ロマンですね
エルママ
2009/11/19 20:42
エルママさん、今晩は

いかがです? その後。お元気のご回復具合。
大分良くおなになったのではないかな、と推測させていただいていますが、hiroshiの駄洒落は、もう少しご回復されるまで、遠慮しておきますね。下手なそれで、またまた熱がオ出になると困りますので。

>最初の2枚かわいい易しい色あいです

お〜〜
うれしいお言葉

自分も、あの2枚がとても好きなんです。わがブログに載せた写真ながら、PCのマイピクチャーから抜き出しては、何度も何度も拡大して眺めています。

>ギリシャのなかでもちょっと地味目なとこを世界遺産に

なるほど、なるほど。
パトモス島は、そんな感じでした。キリスト教徒の皆さんの祈りの場所だけに、観光的にはあまり目立った場所でないだけに、ギリシャ政府はそういうところまで配慮して指定申請をしているのかもしれませんね。

なろほど、なろほど
hiroshi
2009/11/19 21:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

眺望絶好、聖ヨハネ修道院〜パトモス島。 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる