潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS 見上げても息飲む絶景。〜サントリーニ島。

<<   作成日時 : 2010/01/17 16:31   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 6

 
クレタ島を正午前に離岸して、船はおよそ4時間後にサントリーニ島へ近づきました。


画像

フィラの街までおよそ3マイル、5.5キロ地点の海上で。手前の島はネアカメニ島。フィラの街付近での崖の高さはおよそ270メートル。真っ白な街並が広がる。右端に見える円蓋の建物はギリシャ正教大聖堂。


サントリーニ島。
あらためて説明の必要もない、エーゲ海で一、ニを争う人気スポットです。


画像

海上およそ2マイルの地点から眺めたアティニオス港、いわゆるニュー・ポート。フェリーの発着港であり、観光バスの停車できる広場のある港はこちらしかないため、クルーズ船のショア・エクスカーションに参加すると、テンダー・ボートや委託の地元の貸切観光船などは、すべてこちらの港に着岸する。エクスカーション・バスは、この港から九十九折の坂道を登って崖上に向かう。

画像

ニューポートに続いて見えてきた、島の中心の街フィラ。オールド・ポートからは587段の階段が街まで通じている。こちらを通るロバでの上下は、観光の名物。九十九折の道の、向かって左手にゴンドラ式のロープウェイがある。

画像

サントリーニ島の名景としてよく使われる、青い円蓋と白い街並の風景で知られる、島北端の岬の上の街、イア。


クレタ島から66海里、およそ120キロ。アテネからだと235キロ、離れているそうです。
クレタ島方向、つまり南からこの島へ近づくと、島最大のフィラの街は、手前の火山島、ネア・カメニ島越しに、断崖に張り付いて見えました。

絶景でした。
これまでは、北方向、つまりアテネ方向からしか近づいたことがないため、岬を巡るとすぐにフィラの街の断崖側直下のスカラ・フィラ、俗称「オールド・ポート」が迫ってきていて、ゆっくりと崖上の街を眺めている時間がありませんでした。

が。
南から初めて近づいた今回は、火山島越しとはいえ、崖の上に張り付いている真っ白な街、フィラをはじめ、島北端のイアの街、南の崖上にある、俗称ニュー・ポートの崖上のアティニオスの村などがゆっくりと近づいてきて、およそ30分ほど一望に見え続けました。



画像


画像



オールド・ポートに近づくと、スカラ・フィラの崖下沖合には、すでに数多くのクルーズ船が停泊していました。

これまでつかず離れず、ほぼ同一コースを航行してきたアイーダ・ディーヴァ。
HALのロッテルダムとノールダム。さらには、ポルトガル、クラシック・インターナショナル・クルーズの外観が美しいプリンセス・ダフィーネ。ウィンド・スター・クルーズの帆船、ウィンド・スター? であろうか、ウィンド・スピリット? だろうか。距離が離れていて、双眼鏡で覗いても船名が読めず、同型船であるため確認できなかったが、同じく美しい船体が見て取れました。


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像



ということで、今回は、サントリーニ島入りした際の写真のみを掲載。。。
 


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
hiroshiさん  こんばんわ〜

本当に!!  絶景です。
崖の上の家々がお見事!!ゆっくり進む船からの眺め、接岸の様子を堪能されて〜 最高の時間でしたね〜    

これは是非見たいです。
お船も多くて〜 堪りません!!
ホーランドアメリカラインも二隻ですね?
ロッテルダムはどれかな?

崖が崩れてる様子が凄いです。 大きな山津波に見えます。  
良い観光でしたね!!

何時もなんですが〜 画像も凄く大きいので余計見ごたえが有ります。
たえこ
2010/01/17 19:22
たえこ先生、今晩は

早々と、弟子の一人をお訪ねいただき、まことに、まことに

こんな風に、入港途中で島の様子を長々と眺めていることが出来たのは、初めてでした。

島の上から眺めた下ろした光景は、エルママさんも載せてらっしゃいましたし、hiroshiメもこれまで何回か載せていますが、島から5キロ〜3キロほど離れた場所で眺める光景も、こんなに奇観で絶景だとは、この時まで知りませんでした。

>画像も凄く大きい

はい。望遠ズームを最大限にして撮りました。ブログに載せるにあたってはかなり縮小して、今回は横1600とか1200くらいにしています。

>ロッテルダムはどれかな?

手前に全景で写っている方です。
HALの船は、やっぱり美しいですね。ファンネルのマークもきれいで、やっぱり、いい船ですね〜。
hiroshi
2010/01/17 19:45
hiroshiさん。サントリー二島が近付く景観が素晴らしかったのを思い出してます

あの島のどの辺りに行くの〜〜と

次はどんな顔を見せてくれるのでしょうか

アップ楽しみです
mayumi
2010/01/19 21:58
mayumiさん、今晩は

>サントリー二島が近付く景観が素晴らしかったのを思い出してます

ねぇ〜〜
珍しい光景だけに、ちょっと感動的ですよね〜。

>あの島のどの辺りに行くの〜〜

エクスカーションには参加しませんでした。オールド・ポートからケーブルでフィラの街へ。そして、そちらで、お値段交渉。ニッポン人として、負けられませぬぅ〜。

乞う、次回、ご期待ぃぃ〜〜
hiroshi
2010/01/19 22:11
hiroshiさん こんばんは〜
サントリーニ島につきましたね
ここにいったんだなって。。。
テンダーボートの揺れがよみがえりました(^−^)
これからが楽しみです〜♪
エルママ
2010/01/20 20:25
エルママさん、今晩は

>テンダーボートの揺れがよみがえりました

ナイス ですねぇ。
エルママさんが、ご自身の楽しかったクルーズを思い出していらっしゃるお気持ちの温もりが、ひしひしと伝わってくる名文でらっしゃいますね。

たったひと言なのに、これだけ、シミジミと心打たれる文章は、さすが、ですね〜。「揺れが」のひと言で、これだけ生き生きする文章になるんですね。メモ、メモ、です。

>これからが

はい。
ご期待の部分と中味は違いますが、hiroshiメらしいドタバタ劇がありました。こちらでも、あほ馬鹿は、やはり馬鹿なことをしでかしますね〜。足元を見透かされて、地獄で仏、の心境になることが、ありました。失敗談ですが、これもまた、良い思い出です。
hiroshi
2010/01/20 21:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

見上げても息飲む絶景。〜サントリーニ島。 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる