潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS ライトアップされた夜の巨大神殿、ルクソール。

<<   作成日時 : 2010/02/16 00:35   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 10


はるか昔、ルクソールがテーベであった時代。
カルナック神殿と3キロの距離を置いて、スフィンクスが並ぶ参道で結ばれていたもう一つの神殿、ルクソール神殿。


画像

ルクソール神殿は今からおよそ3260年ほど昔、ラムセス2世によって造られた、とされている。↑は、スフインクス神殿の参道入り口から眺めた第一の塔門。2体の巨大なラムセス2世の巨像が並ぶ。ラムセス2世のオベリスクは当初、2柱あったが、うち1柱は1836年に移送され、現在、パリ・コンコルド広場にある。塔門の幅は65メートル、高さは24メートル。


そのルクソール神殿は、カルナック神殿とともに夜になるとライトアップされていました。
ルクソール神殿は、ルクソールの小さな街のナイル川沿いにあります。
ホテルで夕食後、午後7時ごろから午後10時ころまで、その、ライトアップされたルクソール神殿を巡りました。


画像

ラムセス2世像。上エジプト、下エジプトを統合した王であることを示すネメスという被り物をつけている。額には、王を守護するウアジェト女神の象徴であるコブラをつけている。奥はラムセス2世の中庭。↓写真は、その中庭から台塔門を眺めた光景。再びラムセス2世の坐像2体と、周囲に立像がずらりと並んでいる。

画像


画像

続いては大列柱廊。高さ19メートルの開花式パピルス柱が2列に、計14本続く。↓は、第塔門を過ぎて入るアメンヘテブ3世の中庭。64本のパピルス柱が64本、二重に並ぶ。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像










世界遺産?オリジナル・セレクション? [VOL.2 悠久の古代遺跡編] [DVD]
株式会社バイオタイド

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちわ(^ヮ^) hiroshiさん

フィギュアスケート:ペア川口悠子・スミルノフ組 4位でした。ドキドキしてみてました。

>ルクソール神殿の画像に感動しました。段々空の色が変わり時間の移り変わりが判ります。
大きくして丹念に見せて頂きました。
シャープでピントもピッタリ、空にすくっと垂直にそびえる壮大な神殿の柱!! 見上げると首が痛かったでしょう?

お上手で綺麗な画像です。    

ピラミットの建築は螺旋状に内部から運んだと、この間テレビでみました。
こんなに高いパピルス柱の建築はどんな方法ですか?お聞きしたんでしょう?

作る為に駆り出された庶民が如何に多いか?想像出来ます。
日本の黒四ダムですら200人近い犠牲者です。
古代の船は奴隷が漕いだり、神殿建築はきっと凄惨な事も有ったでしょうか?(幼稚なコメ!でトホホ~^)

3260年も前の奥深い歴史に直に接して、良い旅でしたね!!
たえこ
2010/02/16 14:52
たえこさん、こんにちは

オリンピック三昧ですね〜。こちらもテレビの中継を見ながら過ごしています。長島圭一郎の銀メダル、加藤条治の銅メダルも、はらはらしながら見ていました。

hiroshiメも、↑ で書いたとおり、ようやく久しぶりにテレビを眺めながら日中を過ごせるようになりました。先月中旬からこちら、下働き役の改選期を迎えてばたばた、会議や打ち合わせが長々と続いてきたのですが、ようやく、一度、現在の下働き役を解放させていただけることになりました。

というものの、別の役目が回ってきて、現在の立場ほどではないものの、新年度もまた、いくらか縛られたままで暮らさざるをえないようです。クルーズや旅は依然、自粛はしますが、それでも、いくらかは行き易いのでは、と諦めることにしました。とほほ。

写真、先生から褒めていただけると嬉しいです。
m○x○でmayumiさんの写真を拝見しているのですが、あの方も、さすが、ミレニアム会のたえこさんのご後輩。とてもお写真がお上手で、驚いています。で、あの方も若先生、と思うことに決めました。

と、今回はいただいたコメントに無関係のハナシばかりで

hiroshi
2010/02/16 15:45
ライトアップされた巨大な柱は荘厳ですね
迫力がつたわってきます せんせい〜(●^o^●)
私など最近はブレブレでも平気で載せていて恥ずかしいですが。。。。そこはひとつ

オリンピックは私もたのしんでますョ
エルも私がそばにいると大人しく寝ています

hiroshiさんはまだまだお忙しそうですね(^_-)-☆
うちなどはお払い箱ですが〜〜もうちょっと働いてもらおうと・・・(^O^)/二男は優秀ではないですョ
会計大学院に入るのです 4月に会計士試験を受けるのですが落ちると身の置き場がないので、とりあえずそこに在籍です トホホ
エルママ
2010/02/18 19:12
hiroshiさん、今晩は

>ルクソール神殿は今からおよそ3260年ほど昔、ラムセス2世によって造られた、とされている。

そうですか!それは
いつも思うのですが、そのころの日本は???
緻密な計算の建造物に本当に驚きです!
使うものは進化しているかもしれませんが、根本的な人間の知能はそれ程進化していないのかも知れませんね〜〜〜

意外にも港に近いのですね〜〜〜


nao
2010/02/18 19:29
エルママさん、今晩は。

>ライトアップされた巨大な柱は荘厳ですね

ねぇ〜フムフム。

ほんとにそう思いました。
お花と写真のせんせい〜。
せーん(´ー`* )))) せ〜い〜♪

エルくん、エルママさんがそばにいらっしゃると安心なのでしょうね。

ご次男、優秀でらっしゃいますよ。
公認会計士試験を受験する、そういうことだけでも大変なモノです。

あ、ちょっと変な言い方に聞こえますね。
素直に、あの試験は大変だと思っています。実はhiroshiメも学生時代に、受けようかと思った時期はあったんですよ。難しくてやめました。ホント、ホント。
あれは、勉強の中味が並大抵ではないですし、合格率も大変。あたまが下がります。

祈る、合格です。
hiroshi
2010/02/18 20:50
naoさん、今晩は

3000年とか4000年とかと聞くと、もう、頭がこんがらかった来ます。
100万円とか200万円とかくらいの尺度ならばわかるけれども、1億円とか10億円とかと聞くとよく分からなくなるのと同じです。ちょっと縁遠い、あまりにも大昔の話、って気がしますよね。

>意外にも港に近いのですね

さすが
鋭い

hiroshiメのブログの、フロントのトップに載せている写真は、ちょうど、そのルクソールの川港。写真に写っていない右側にルクソール神殿あり、という位置関係です。

この日の夜はまだ船に乗っておらず、地図で見ると枠外の下方のホテル泊まりだったのです。
この翌日に、船にチェックインとなりました。
hiroshi
2010/02/18 20:52
ルクソール神殿のライトアップ、とてもとても綺麗

素敵な写真です

夜遅い時間までの散策に大勢の人が居るようですが・・

美的好奇心は万国共通ですね〜〜

m○x○でmayumiさんの写真を拝見しているのですが、あの方も、さすが、ミレニアム会のたえこさんのご後輩。とてもお写真がお上手で、驚いています。で、あの方も若先生、と思うことに決めました。

チョットチョットhiroshiさん。暫くぶりで訪ねたら、何て事を

全くもって誤解六回、七回から転落しました
mayumi
2010/02/19 11:10
mayumiさん、今晩は

>暫くぶりで訪ねたら

いやぁ、ごめんなさい
なんてことを
mayumiさんやほかの方々の目に触れてしまう場所で、少々個人的なハナシを。。。すみませんでした。つい、うっかり

ルクソール、写真を「素敵」などと、身に余る光栄なるお言葉、ありがとうございます。写真の上手な方々からお褒めいただくと、ほんとに嬉しいですね。

>七回から転落

大丈夫ですか? お怪我は??
hiroshi
2010/02/19 17:50
こんにちは! またまた情報、資料有難うございます! 嬉しくファイルさせて頂きました。

まだガイドブックも買っていませんので、こうして拝見し、地図も載せて下さっているので、ぼちぼちと位置関係やら状態が飲み込めて来ました。
有難うございます。

そう、あの国は多分イタリア以上に過去の遺産で喰っている国なのでしょうね。
だからカイロの博物館と、あの内部の遺跡を見たらそれで納得で、また行こうとは多分思わないでしょう、と思います。
だからやはり多少の予備知識は入れておかないと。
吉村博士が、そんな事を?! あはは、エジプト専門家の看板が泣きますねぇ。
shinkai
URL
2010/02/19 23:25
shinkaiさん、今晩は。

ご無沙汰しております。
来月だったですね?
エジプト、ナイル川クルーズは。ご出発まで、もう1カ月を切りましたか?

>あの国は多分イタリア以上に過去の遺産で喰っている国なのでしょうね。

レベルが違う感じですね。エジプトは、観光が抜きん出ているでしょ? shinkaiさんほどの方は、いらっしゃるときっと、すぐにお気づきになりますよ。いかに、観光の周辺で生きる人々が多いか。エジプト独特のお役人、ツーリスト・ポリスでさえ、観光客からいかに金を稼ぐか、知恵を絞って接触してくる感じです。ま、個人的には、ああいう剥き出しの袖の下要求とか金稼ぎ意欲は嫌いではないので、面白かったですけれども。

吉村先生、テレビのクイズ番組で最初におっしゃった時、冗談だと思っていたのですが、その後、マスコミ各機関でそうお話になったりお書きになったりしています。意図は何なのか? かなり本気の風情に見えますね。
hiroshi
2010/02/20 00:02

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

ライトアップされた夜の巨大神殿、ルクソール。 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる