潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS エスナ水門通過。残念。真っ暗で様子見えず。

<<   作成日時 : 2010/03/19 22:17   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

 
ルクソールから南下を続けておよそ60キロ。
船は12月4日午後5時40分ごろ、エスナの水門近くに到着しました。


画像



船は、エスナの街の2キロほど北、下流の西岸にある公園に隣接した埠頭に着岸。ロック(閘室)入りの順番待ち体制に入りました。

到着したころはまだ明るく、キレイな夕焼けの光景を見たのですが。。。
日本の秋の日のように、宵闇はつるべ落としで迫ってきて、間もなく漆黒の闇に包まれました。

およそ1キロ右前方、1時方向にある水門と発電所だけが、キラキラと輝いて見えます

下流域を眺めると、次々に船がやってきます。
そして、下流側には近くに街がないためもあって、漆黒の闇。その暗闇の中で、後続の船や対岸で待機する船の光だけが細くかすかに瞬いて見えます。やがて、後続の船たちが次々に、こちらの船の横に並んでいきました。


画像


画像


画像


画像


画像



そういえば、次のようなYou Tube の動画もありますよね。

はるか宇宙から、地球の光を眺めた映像です。
東京や名古屋に加えて、ロンドンやミラノなど世界の都市の、鮮やかな色彩が楽しめます。
そして、カイロからナイル流域、ルクソールからエスナまでも。





そのナイル流域の光は、世界の大都市に比べて暗く、川に沿ってか細く続いています。

逆に言えば、世界の先進国の大都市は、いかに光り輝いているか。
宝石のように輝く美しいシティー・ライト。
大都市はいかにエネルギーを費消し続けているか。。。
ちょっと考えさせられる動画でも、あります。


以下の写真は、水門入りから後部ゲートの閉鎖までの光景。

画像


画像


画像


画像


画像


画像




それは、それとして。。。

うっふっふふふ〜。

この水門を、船で通過体験したかったぁ〜〜
ナイル川クルーズ旅を今回選んだ、最大の理由はこれでしたぁ〜

ところが、ところが。。。
がっくり。

水門はちょうど、6月と12月の年2回、月初めの1日から15日までの間に適宜実施されるメンテナンス期間を迎えていたためか、はたまた、人出で賑わう年最大の観光シーズン入りした所為であったのか、通過待ちで、長時間、待機し続けました。


以下の写真は、前部水門閉鎖から導水、上昇まで。

画像


画像


画像


画像



エスナ水門。

正確には、新エスナ発電所&ダム&閘門(New Esuna Barrage and Power Station、Rockfill Dam、Lock)。
エジプト政府の競争入札に応募したイタリアの企業群が、1989年に着工して、5年後の1994年に完成しました。総工費は、当時の価格で1億6000万ドル。

「新」の名前が示す通り、「旧」の水門もあります。
新エスナ水門からおよそ1.1キロ上流のエスナの街のすぐそば。旧エスナ水門&ダムは、現在では東岸と西岸を結ぶ橋としての役目を果たしています。

新エスナ水門も、施設の上部は道路です。
1キロ近い川幅のナイル川を塞いでロックフィル・ダムと発電所のラインが走っており、水門はその、西岸にありました。

上流側水門と下流側水門に挟まれた閘室の全長は160メートル。全幅は17メートル。
同じリバー・クルーズ船の航行するボルガ河の本流水門の全長290メートル、全幅30メートルに比べると、ひと回り小ぶりです。

ナイルのクルーズ船は通常、全長70メートル台がメインです。
で、そのクラスのクルーズ船ならば2隻が前後して閘室入りするらしいのですが、こちらの乗った船はナイル川クルーズ船の中では最大級、全長100メートルもあるため、1隻だけで入室しました。


以下の写真は、水門が開き、赤信号から青信号に変わり、船が閘室を離脱するまで。

画像


画像


画像


画像



5時間40分ほども待ったのに、通過は、わずか15分ほど。あっという間に終わってしまいました。


この夜は、実は、船主催のカクテル・パーティーでした。

パーティーで美味しいお酒は飲みたい。
かといって、水門通過の光景は絶対に写真に撮りたいし見逃したくない。

そういうわけで、最上階デッキとパーティーの開かれている4階のラウンジとの間を、何度も行ったり来たり。

かく慌しく動き回っているのは、こちらばかりでなく、30人〜40人くらいはいたでしょうか。
あまりに何度も行ったり戻ったりを繰り返しているうちに、階段で何度もすれ違う「同好の士」と顔馴染みとなり、互いに微苦笑を。
とほほ、の水門通過光景でした。


画像


画像



闇に包まれてほとんど通過光景を見られなかったのも、残念でした。
で。
この後はラウンジで。顔見知りになった、同好の士たちと、グラス片手に残念会&クルーズ談議で盛り上がりまして。。。
キャビンに戻って、ほんの数時間うとうとしたら、目が覚めました。

朝寝坊派で、見たことはない場合の方が多いのですが。。。
キャビンのカーテンを開けたら、見事な朝焼けが始まろうとしていました。


画像







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
hiroshiさん おはようございます。

水門通過の様子を見せていただいてありがとうございます。
これもカクテルパーティーを何度も抜け出して写真を撮ってくださったジャーナリストhiroshiさんのおかげですね。
階段で交わされた写真仲間?との笑顔もいいですね!
いつもとはちょっと違う旅を味わう瞬間だったでしょうか〜(笑)
ぽんぽこりん
URL
2010/03/20 07:29
ぽんぽこりんさん、おはようございます。

水門通過、少々残念でした。
いろいろと下調べはしたのです。それで、エスナの水門ではメンテナンス期間があって、場合によっては水門通過区間をバスに乗り換えて移動し、エスナの街から別の船に乗り換えることもあるなど、いろいろと学んで、ツアーを調べたのですが。。。

最も条件の良い、希望していたあるツアーが、最少催行人数に達せず催行されなかったんですね。で、急遽乗り換えたのが失敗でした。そちらの船では、水門通過時間をチェックすることを見落としていたのです。

かといって、もう一度、あのコースを行く気はしませんしね〜〜。

>階段で交わされた写真仲間?との笑顔

あはは。
笑顔、というよりも、苦笑いですヨね。何度も行ったり戻ったり。写真も好き、酒も好き、という人たちだけが階段の上り下りを繰り返しているのですから、互いに少々恥ずかしいのですね。

水門を通り過ぎて、パーティーもお開きになってからラウンジに入ったら、そういう人たちの何組かもご夫妻で残ってらっしゃいまして。。。苦笑いしながら、誘われるまま同席したワケです。

皆さん、海のクルーズもお好きで、良く乗ってらっしゃる方々でした。
hiroshi
2010/03/20 10:49
こんにちわ〜 hiroshiさん

15分で通過でしたか? パナマ運河の様に長時間もしんどいです。
通過待ちご苦労さまでした。
素晴らしい通過の画像が有りますから良いですよ〜!!
見落としたら残念のお気持ち判ります。落ち着かない時間でしたね〜 

はるか宇宙から、地球の光を眺めた映像、You Tobe の動画!! これは凄い大感動です。  

ミラノ・ギリシヤ・ギザ・ナイル・アブダビ・インド・パキスタン・香港・福岡・東京・名古屋・メキシコ・アリゾナ・マイアミ・ヒューストン・ワシントンDC
スゴイ!!
みんなそれぞれ良くわかるのですね?

「JAXA」地球観測衛星のほんの資料の一部でしょうが見る機会が無い私共には最高の画像です。

ワイドレンズにズームに光量調整されて〜良いカメラで撮影が〜〜 もう驚きました!! 
良い動画見せて頂きました。 それにしても素晴らしい!! 
たえこ
2010/03/20 14:30
たえこさん、今晩は

出かけていて、ご返事遅れ、まことにまことに

>はるか宇宙から、地球の光を眺めた映像、You Tobe の動画!! これは凄い大感動です。

ねぇ
自分も、初めて見たときはとても感動して、何度も何度も繰り返し再生して眺めていました。
あたかもスペース・シャトルに乗ってはるか宇宙から地球を眺め下ろしているような気持ちになりました。

「ヨーロッパの都市は蜘蛛の巣のようだ」と言っていますが、ほんとにその通りですよね。

いや、たえこさんに喜んで頂けて、とてもよかったです。載せた甲斐がありました。

多分、本日付で、クシャダシの新しい記事をおまとめになっているのでしょうね。楽しみにしているんですよ。まだ食事前ですので、夕食を食べ終わったら早速お訪ねさせてください。

楽しみ、タノシミ〜〜
hiroshi
2010/03/20 19:49
こんにちは! hiroshiさんのブログのおかげで、気持ちの予習が出来て大いに気楽に楽しめ、無事に戻って来ました。有難うございました!!

我がクルーズ船は、大変庶民的なイタリア一般観光客向けの船で、単に船で移動した、という感じで大いに気楽でした。
エズナの水門で5時間以上も待機でしたか? それは大変でした! こちらは1往復分待っただけで即通過、それも2船一緒でしたが、やはり日没後でフラッシュを焚くにも暗すぎてピントが合わず無理でしたが、目では楽しめました。

上の宇宙からの地球の光、凄いですねぇ! 新鮮な驚きで、有難うございます。
hiroshiさん、エジプトの写真をアップする際に、その場所場所で、こちらのブログにリンクさせて下さいね。
今回私は到底記録の秩序だった事は書けませんので、その意味でもリンクさせて頂くと大いに助かりますので、よろしくお願いいたしま〜す。
shinkai
URL
2010/03/23 17:17
shinkaiさん、今晩は

いやいや、お帰りなさい!
いかがでした? shinkaiさんの目に、あの国がどのように映ったのか?? お写真を拝見できるのが楽しみです。

>我がクルーズ船は、大変庶民的なイタリア一般観光客向けの船で、単に船で移動した、という感じで大いに気楽でした。

なるほど。
しかし、こちらの乗った船もほぼ似た状況でしたよ。少数の日本人とアメリカ人とスペイン、ポルトガル人を除けば、ドイツ人を中心とした、同じような、移動の手段の庶民的なお気楽船でした。

リンクのハナシ。もちろん、大喜びでOKですが、shinkaiさんの見事な写真が網羅された記事とリンクいただくのは、なんだか畏れ多いですね。といいながら、これまで勝手にリンクさせていただいていましたが。
とまあ、ぐだぐだ書いていますが、写真の先生のshinkaiさんのエジプト記はぜひ、早く拝見したいです。
hiroshi
2010/03/23 19:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

エスナ水門通過。残念。真っ暗で様子見えず。 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる