潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS プラタナスが萌え出したばかり、アジャクシオ。

<<   作成日時 : 2010/06/19 15:22   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 16

コルシカ島。
今回のクルーズ行きで訪ねることになって調べ始めるまで、つゆほども知らなかったのですが。。。


画像

写真↑ ↓ とも、アジャクシオ市街の賑やかな通り、カルディナル・フェッシュ通り。人口六万人の小さな街だけに、メインストリートといっても静かで落ち着いた印象の通り。

画像



画像本日、6月19日は、対オランダ戦です。
お決まりの、サッカーのハナシ。
で。こんな「覚え書」など、書いていちゃあぁ、いられない。そんな心境なのですが。。。
ま。
一応、「掟」を設けていますもので、簡単に、はちゃめちゃ文章で、本日分の「覚え書」を、ちらり、さらり、おわり。。。

勝って欲しいですねぇ。
せめて引き分けでも。。。と祈っています。



残念。0−1で惜敗でした。  ←午後10時22分記す。


ヨーロッパ、といえば、フランスでもドイツでもイタリアでもスペインでも共通して、わがイメージに真っ先に思い浮かぶのは、葡萄や葡萄酒とオリーブです。
そのワイン文化もオリーブ文化も、この島、コルシカ島が産みの親であった、という説が、それらワイン文化とオリーブ文化の国々にあるそうです。地元のガイドさんから教えていただいて、今回の旅で、初めて知りました。

その説の背景は、20世紀半ば、この島の南西部の小さな村、フィリトーサ(Filitosa)の古いオリーブ園で発見された、およそ8000年前の新石器時代の遺跡から。発掘が進むにつれて、巨大メンヒル、すなわち巨石建造物に続いて、古代の葡萄畑とオリーブ畑の痕跡も見つかった、のだとか。

とすればコルシカ島は、地中海圏の最大の特徴に見える、ワインとオリーブのふるさと、といっても過言ではないでは、ないですか!


画像

↑ 中心街に建つインペリアル教会。 ↓ 3年前に所蔵品が日本に運ばれて初めて公開されたフェッシュ美術館。ナポレオンの叔父フェッシュ枢機卿が蒐集したナポレオンゆかりの美術品が多い。

画像



と。
またまた、クダラヌ旅のざれ言を書いていますが。。。

この島と隣りのサルデーニャ島は、「3日や4日で観光できるほど簡単に観光できる場所ではなかった、で、諦めた」と、前回の「覚え書」に書きました。
知らなかったですねぇ〜。今回、この島へ行こうと、島の様子や交通、宿などについて調べ始める前までは。。。

リンクしていただいている、「粘土と花」をタイトルとした二つのブログを主宰されるたえこさん、が、この春放映され、1カ月ほど後にまた再放送されたBS-TBSの鉄道の旅番組、「地中海 島鉄道の旅 シチリア島/コルシカ島」をご覧になってお感じになった、コルシカ島の奥の深さを、このほど、教えていただきました。

同時に、同じころ、わが古き友人たち2人から、この「覚え書」を読んだ感想と情報。。。

といっても、いつものごとく感想というよりも、ボロクソの読後評と言った方が正確ですが。。。

その感想と情報をメールで、送ってくれました。
きしくも同じ情報であったのが、その情報の確かさを保証してくれているように感じたのです。

その情報とは、さる5月8日に放映されたNHK番組「世界遺産への招待状・地中海の香りにつつまれて〜コルシカ島のコルト湾〜」が、「これまで抱いていたコルシカ島の印象を覆すほど素晴らしい編集制作であった」という内容。


画像


画像

前回に「覚え書」した「ムーア・ヘッド」は、↑ 2枚上写真のごとく、入り口に掲げられている。同様に ↓ 2枚目のように、コルシカ島特産の猪肉のハムや山鳥肉の燻製の缶詰、コルシカ産ワインなどの特産品にも貼られている。日本の産地ラベルのようなものなのだろうか。

画像


画像



2本の番組は、残念ながら、ともに見ていません。
いずれDVDで発売されたら、ぜひぜひ、買い求めたい、と思っています。

その、双方の番組で取り上げられたらしい旧都コルト(Corte)。
標高400メートルの山の中の街で、蛮族や海賊に攻め落とされるのを避けるために、深い山の中に設けられたのだとか。コートダジュールの鷹ノ巣村のようなものであったのでしょうか。
周辺には、見応えのある美しい景色に囲まれた小さな村がいくつかあるようです。

一方、東海岸にも、ギリシャ時代からローマ時代にかけての遺跡が点在。加えて、リゾート・ビーチも数多く、観光的に素晴らしいエリアのようです。


画像


画像


画像


画像


画像


画像




そしてその一角に、一つの街があるそうです。
その街の名は、'60年代半ばに、世界中で大ヒットしたしたそうです。
そうそう、ソレンツァーラ(Solenzara)。

ガイドさんが、伸びのある声で歌ってくれました。
確かに、確かに。良く聴いたメロディーでした。エンリコ・マシアス(Enlico Macias)の「想い出のソレンツァーラ」。
そうそう。日本では、確か、岸洋子さんが歌っていました。
原曲は、この島の古い民謡であったのだそうです。






と長々と。
アジャクシオしか行かなかったのに。
アジャクシオ以外のハナシばかり。

いつかもう一度。ぜひぜひ、この島を訪ねたい。そう思っています。


画像

アジャクシオの街中で自由解散になる前、中心街からおよそ6キロほど西よりの景勝地サン・フランソワ海岸へ出向いた。ビーチでは、既に泳いでいる人たちを見かけた。

画像

と言いながら、街は、日本人の感覚ではまだ春さなか。日陰に入れば結構寒く、ヨーロッパでの通称「イスカリオテのユダの木」、つまりハナズオウが真っ盛り。プラタナスもようやく新緑を萌え出したばかりであった。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
hiroshiさん こんばんは〜
もうすぐキックオフですネ 見るのが。。。こわい(笑)

コルシカ島はワインとオリーブの発祥の地かもしれないなんて素敵な発見をした気分です〜❤
花紫桜(あってるかな?)にブラシの木も親近感〜
カルディナル・フェッシュ通りの雰囲気はユトリロのようにみえます〜 hiroshiさんの腕!!かしら〜♪
すてきなショップがあって、たのしい歴史があって、やはり奥深い〜〜 ナポレオンも真っ青なコメントでごめんなさいm(__)m サッカーが頭の隅にありまして〜〜

あっと!!ショウウインドウの靴がとっても素敵でした
エルママ
2010/06/19 20:34
エルママさん、今晩は

残念でした。
何とか0−0で終わらないか、後半に入った途中からは1−1で終わらないかと祈るような気持ちで見ていましたが。。。悔しい、という感じです。

しかし、まぁ、選手たちはよく頑張っていました。明日のニュースでは、惜敗、ということで、次のデンマーク戦に気持ちを切り替えていきましょう。お互いに。

ハナズオウって花紫桜と書くのですか?
知りませんでした。お教え、ありがとうございます。
ブラシの木、という名前も知りませんでした。なんだ、ブラシのような花は、と、向こうで写真を撮りながら思いました。写真を載せれば、エルママさんかたえこさんから教えてもらえると思って、調べもしませんでした。予定?どおり、お教え感謝です。

>ショウウインドウの靴がとっても素敵でした

ねぇ〜。ちと変わった靴が並んでいたものでパチリ。してきました。
hiroshi
2010/06/19 22:42
hiroshiさん
こんばんは。ニッポン残念でしたね。
街並みのお写真を拝見してて、なんかいい雰囲気だなあと思ったら、電柱と電線がないんですね。
すっきりしてていいなと。w
舟しゅう
2010/06/20 00:35
おはようございます、hiroshiさん。
昨日は、ぐったりしましたです。声もちょっと枯れました。。
残念だったですね。でも、けちょんけちょんに負けちゃったのではないので、デンマーク戦にちゃんと繋がる負け方だったんじゃないかと。
デンマークと引き分けでも、決勝進出、攻めるサッカーをして頂きたい物です。今度は、試合は真夜中ではなかったでしょうか?
素敵な待ちですね。ショップもお洒落なのですね。
ふふ。奥様の後ろ姿でらっしゃいましょうか。
脚が長くててらっしゃいますね。その長さをより強調するジャケット丈。素敵です!
murmur1
2010/06/20 08:40
舟しゅうさん、おはようございます。

今ごろお早うとはなにごとだ、と、現役、バリバリお働きの方々からはお叱りを受けそうですが。。。昨夜は残宴会で長々と飲みすぎまして。ようやくベッドを抜け出したところです。このあとサンデーブランチ。自堕落な生活でお恥ずかしい。

残念だったですね。
しかし、↑ murmru1さんもお書きになっていますが、表現は悪いですが、良い負け方だったですよね。明日につながる希望に満ちた(?!ナンノコッチャ?)負け方だった、というのが、昨夜の二人だけでの残念会の結論でした。

おっしゃるとおり。電柱はないです。
ヨーロッパの街は、どんな小さな街でも、たいがい電柱はありませんね。
美観のために、ではなく、石畳なので、電柱を立てるよりも、石畳をはがして地下に埋設した方が簡単だったからだ、と、どなたか、から聞いた記憶があるのですが。。。おっしゃった方は、舟しゅうさんのように建築や土木の専門家ではなかったもので、果たして???

今度はキッチリ勝ちにいきたいですね。またまたサッカーのハナシです。
hiroshi
2010/06/20 11:22
murmur1さん、おはようございます。

>でも、けちょんけちょんに負けちゃったのではないので、デンマーク戦にちゃんと繋がる負け方だったんじゃないかと。

おっしゃるとおり。
希望と期待、ときめきを胸のうちに膨らませてくれる、うれしい(?変な表現?)負け方でした。

>デンマークと引き分けでも、決勝進出、攻めるサッカーをして頂きたい物です。

ねぇ
期待値を織り交ぜて予想させていただければ、今度は大丈夫、勝ち点3、という気がします。
またまた眠れませんねぇ〜〜。

>ふふ。奥様の後ろ姿でらっしゃいましょうか。

あはは。
あちらのショーウィンドーからなかなか離れない。しかも、伸び上がって覗いているんですよ。だから、何となく長そうに見えるだけです。彼女は好きなんですよね。珊瑚の文字でお分かりになるとおり、ジュエリーショップなんです。蜂蜜を見つけた熊みたいなもので、気にいったものがあると、動かなくなっちゃうんです。

murmur1さん、お疲れになったでしょ?
テレビ番組、はしごでらっしゃったんですって?
今日は、どうぞ、ごゆっくり骨休みを
hiroshi
2010/06/20 11:34
hiroshiさん コンチワ~~~

当たり前ですが、昨夜はみんな見ました。
1点で終わったんですから〜 良かったです。
後半の間にお風呂も済ませて〜 意外と早く終わってしまい、呆気なかったです。

しかし、みんな良くやった!!  

中でも闘莉王が攻守に活躍したと思います。屈強なオランダ選手相手に競り負けないんですから〜 点に成らないのが残念でした。

さてコルシカの中に「ヘボサイト」を紹介頂いて〜 穴に入りたいです。 何しろ画像だけのピーマンの様なサイトで〜〜 ホントのトホホ~~~

動画「想い出のソレンツァーラ」ステキ! 
市内の様子は列車の旅には無い観光地の賑わいです。

我が家のブラシの木は6月に満開でした。
やはり地中海は暖かいから早いんですね?

奥様はジュエリー何か買い求めましたか? スマートで直ぐ分りまする!
たえこ
2010/06/20 14:25
たえこさん、こんにちは。

蒸しますね。やはり、梅雨を感じます。

>我が家のブラシの木は6月に満開でした。


さすが
たえこさんも、この木をお持ちなんですか?
地中海にお住まいなんですね〜。雰囲気は。羨ましいです。もう満開は終わったのですか? 花を見せて欲しかったです。
さぞや、お手入れが良いからキレイだったでしょうね。

サッカー、残念だったですね。
しかし、良い試合だったですよね。次は、と、楽しみに出来る結果だったのではないでしょうか。


>中でも闘莉王が攻守に活躍したと思います。屈強なオランダ選手相手に競り負けないんですから〜 点に成らないのが残念でした。

おっしゃるとり。
同じ思いで見ておりました。

>スマート

あはは。
とんでもありません。
本人は、クルーズから帰ると、大概嘆いております。バルト海かでは2キロも太ったそうで、まだ回復していない風情です。
またまた何か買っていた風情です。
無駄遣い、言ってもききませんから、何をいくらで買ったのかなどとは聞かないようにしています。
大蔵大臣は向こうなのですから、生きていく金がなくなって夜逃げ、などとなったら、責任をとってもらいます。
hiroshi
2010/06/20 15:45
地中海は4月でしたか〜〜

本当に暖かそうです

奥様分かりましたーーいかにボーッと見てるかです

コルシカ島は、そんなに奥が深いんですか何時か訪ねたいです

やはりヨーロッパは良いですね

秋には何処かに行きたいんですが・・近場でハワイ島なんてどうかなって思ってるんですがハワイ島だけなら何日位必要でしょうか
mayumi
2010/06/20 23:47
こんばんは。(もうお休みになられた頃でしょうか)
サッカー残念でしたね。朝起きたらやっていて、あの強烈なシュートをみました…。
でもファインセーブもあったりでボロボロじゃないので、次に期待してます。

写真にある、白い服ばかり売っているお店。
ヨーロッパの避暑地なんかだと必ずありますよね。いつも「うん、リゾートっぽくてすてき。これに白いサンダルとサングラスを合わせて、オープンカフェでアイスティーを」なんて思うのですが、すぐに「あ、でも透けそうでこわいわ」とか「これでトマトソースのパスタを食べる勇気はないな」…とか妙に現実的なことを考えていつも買えないでいます(笑)
結局リゾートにきても、頭の中は庶民のままです。

フランスなのに、本当にイタリアみたいな街並ですね。やわらかいオレンジの壁が大好きです。
みーな丸
2010/06/20 23:51
mayumiさん、おはようございます。

mayumiさん、羨ましい

>近場でハワイ島なんてどうかなって思ってるんですがハワイ島だけなら何日位必要でしょうか

ハワイにいらっしゃるんですか。連れて行ってください、おねげえだ、お代官さまぁ

みーな丸さんも7月にいらっしゃるし。皆さん、ほんとに羨ましいです。

そうですね。
hiroshiメは、ハワイ島ファンです。
何日ぐらい必要か。この手のご質問には、一番答えにくいですねぇ。しかし、まだ現役の方々だと日程的にあまり休暇もお取りになりにくいので、リゾートもさることながら観光に重点を置いて、観光だけならば、3泊もあれば、一応は終われるのではないでしょうか。これにリゾートの日数、時間をどの程度お取りになりたいか、あるいはお取りになれるか。

↑ のごとく、ハワイのハナシをhiroshiメにさせるとキリがなくなるのですが。。。

ハワイ島は、ビッグアイランドと言われるほど大きな島です。だからまず、車がないと身動きができません。多分、コナ空港からお入りになることと思いますが、あちらでレンタカーをご予約していらっしゃると、オープンウインドーのひなびた田舎の空港を一歩でたところで(空港内に窓口があります)レンタカー会社のミニバスが出迎えに来ます。

お泊りは、どちらに?
コナ側だと、空港から北側のコハラ・コーストにいくつものリゾートエリアが点在していて、豪華に休暇をお過ごしになれます。

自分は、空港から南、カイルア・コナのひなびた田舎町が好きで、大概、あちらでホテルまたはコンドミニアムを取っていました。現役時代は。
hiroshi
2010/06/21 10:40
〜上から続く〜

観光に3泊というのは、やはり目玉の、雨の比較的に多い、日系の方々も多いヒロの街から車で1時間ほどで行けるボルケーノ国立公園、キラウェア火山と周辺の見どころで1日。コハラから近いパーカー牧場とワイピオ渓谷で1日。こちらは、もし時間が許すならばコハラ山脈を越えて北海岸、ハウィの町まで行って、オリジナルのカメハメハ大王像を見てくるのもいいですね〜〜。

あと1日は、やはり、コナと周辺のコナ・コーヒー農園ですか。hiroshiメのブログで一度書いたことのある、今は離婚した某有名タレント、彼女が披露宴を行った、ドトールのマウカメドウズは静かでキレイでコナの街が一望で、ぜひぜひ。お勧めです。
このあたりにはほかに、キャプテンクックが上陸した小さな湾(ケアラケクア湾。こちらに記念碑があるのですが、ボートか何かでないと行けません)、日本のもう一つの有名なコーヒーメーカーの展示場&農園、海がめのやって来るホナウナウビーチ、真っ黒な砂浜が広がるプナルウ黒砂海岸(こちらはキラウェア近くなので、そちらへいらっしゃる時に立ち寄るという手もあります)見物でまた1日。都合、最低でこのくらいの日数が、観光に欲しいところです。

しかし、もし休暇をゆったりとお取りになれるのならば、あと、少なくとも3泊くらいは欲しいですねヒロの街をのんびり歩くのも楽しい(おいしいチョコレート屋さんがあります。自分や相棒の好きな、アロハシャツやドレスをハワイの伝統を生かしながらオリジナルで制作、販売している、あちらでは有名なお店も)。

4000m級の高山に登って、日の出を見るオプショナル・ツアーも面白いですよ。

。。。
と、ハワイのこととなるとすぐに夢中になっちゃって。。。
スミマセン
hiroshi
2010/06/21 10:43
〜上から続く〜

>奥様分かりましたーーいかにボーッと見てるかです

そんな見苦しいものは、どうぞ、パスしてください

>コルシカ島は、そんなに奥が深いんですか何時か訪ねたいです

奥が深い、といっても、こちらは、ハワイ島とどこかイメージが似た、リゾート島だった、ということなんですね。高速道路などはなく、高山と緑と海とが織り成すリゾート別天地が数多く点在している、というところのようです。
hiroshi
2010/06/21 10:44
みーな丸さん、おはようございます。

まだ、おはようございます、の時間帯です。hiroshiメには。いつも寝坊で困ったものです。

>こんばんは。(もうお休みになられた頃でしょうか)

いえいえ、まだ起きていたのですがね、お書き込みいただいた時間帯は。みーな丸さんのマウイ島ホテル変更の記事にコメントを書かせていただいたあと、PCの電源を落としちゃって、ご無沙汰であった、読みかけ中途の本を。で、寝たのは、こちら、日本の時間の午前3時ごろであったのですが。。。ダメですね。まだ仕事をしていたころのクセで、宵っ張りの朝寝坊が直りません。

サッカー残念でした。次のデンマーク戦に望みをかけています。

>写真にある、白い服ばかり売っているお店。
ヨーロッパの避暑地なんかだと必ずありますよね。

おっしゃるとおり。
で。
失礼ながら、コメントを拝見しながら大笑いいたしMした。
>「これでトマトソースのパスタを食べる勇気はないな」…とか妙に現実的なことを考えていつも買えないでいます(笑)

わが家の相棒と同じことをおっしゃるもので。。。
家の言うのは、パスタではなく「ピッツアやカレーライスを落としたら」でした。よりわが家の方が、庶民的???

>フランスなのに、本当にイタリアみたいな街並ですね。やわらかいオレンジの壁が大好きです。

ねぇ〜〜。
壁の剥がれ落ちている場所があちらこちらに目立つのも、よりイタリア的、と感じる理由でした。
hiroshi
2010/06/21 10:56
こんにちは! ずっと下まで拝見して来ましたが、そうですねぇ、ジェノヴァも勿論、コルシカ島も、サルデーニャも行ってみたい気が一層募りました。
コルシカ島は、どうやらそうイタリアと違和感ない島の様だとは感じていましたが、そうですか、ジェノヴァの下で過酷な状態の時があったのですね。
今回プロヴァンスへの往復に、山が海まで迫る狭い狭い土地のトンネルだらけの道を通り、また記事をあれこれ読みながら、イタリアでケチの代名詞はジェノヴァ人、を思い出し、大航海時代の先駆けであったジェノヴァの歴史をも思い、変に納得しました。
とはいえ、やはり港街、そしてあの島々は魅力的ですねぇ。
shinkai
URL
2010/06/23 06:12
shinkaiさん、こんにちは。

お帰りなさい。
お疲れになったでしょう。
700キロ近いバスでの移動。日本で考えれば、東京を出発して東海道を下って、大阪を過ぎて広島近くまでいっちゃうのでしょうか? 

そして。
素早い記事&写真のご掲載、コメントも残さず読み逃げ状態でしたが、さっそく、目いっぱい楽しませていただきました。
shinkaiさんの写真は、やはり、さすが、の世界です。どの写真もイキイキと、臨場感満点。風景を切り取るセンスは、いつもながら素晴らしく、繰り返し拝見させていただきました。

>イタリアでケチの代名詞はジェノヴァ人、を思い出し、大航海時代の先駆けであったジェノヴァの歴史をも思い、変に納得しました。

あはは。
そうなんですか?
聞かせていただいて、何となく、さもありなん、と思ったのはなぜでしょうね。

コルシカ島とサルデーニャ島は、ぜひ、訪ねてみたいと思っています。帰国後、いつもチケットやホテルの手配をお願いしている旅行社に調べてもらったら、秋口は案外ホテルも取りやすそうだ、とのことでした。北イタリアでレンタカーに乗るのは怖くて嫌いなのですが、この2つの島は車がないどどうにもならないようなので、レンタカーを利用するつもりでいます。

と、いろいろ書いていますが、まだ予定は、先立つものにゆとりはそれほどない世帯層なもので、いろいろ計算しなければいけないこともあって「未定」状態なんですよ。トホホ。
hiroshi
2010/06/23 12:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

プラタナスが萌え出したばかり、アジャクシオ。 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる