潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS チビタへ。猥雑?朝のデッキ11ブッフェの雰囲気。

<<   作成日時 : 2010/06/22 13:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12

 
コルシカ島、アジャクシオを出港したのは夕刻6時半。
日の入りまでまだ1時間半ほどある、明るい時間帯でした。


画像



次の寄港地はチヴタヴェッキア、5月7日午前8時着岸予定です。
船はティレニア海へ。夕刻の海を、航跡を引いてはしります。


画像



翌朝のこちら、チヴタヴェッキアは、ジェノヴァに次いで下船組、乗船組の多い港でした。

当たり前ですか。
首都ローマの外港ですからね〜〜。

で、そのチヴィタヴェッキア着岸の朝。
デッキ11に二つあるブッフェ・スタイルのレストランは、大きな手荷物を抱えた下船する人たちで混雑。
椅子やテーブルのあちら、こちらを、大きな荷物がごろり、ごろりと占拠。アジアのどこかの国の名物風景、場所取りする群像並の、少々心寂しい風景を描いていました。

この猥雑な光景が、「どちらの港からでも乗れる」メリットと裏返しの、最大の欠点でした。




見苦しいほどの、↑ ブッフェでのわが朝食の、美しさとは縁遠い皿盛り。最近は、朝はこれくらい。時には、遠くに見えるオートミールと果物一切れだけで終える事もある。夕食をもりもり食べるもので、太るのが心配。
画像の↓ はすべてカフェテリア「ル・ビストロ(Le Bistrot)」。この船会社のセールスポイント、どちらの港からでも乗船できる制度の影響で、朝食時は荷物と人で混雑した。


画像


画像


画像


画像


画像


画像



朝のブッフェは、たとえ下りる人たちの大きな手荷物などなくても、少々殺伐とした、混雑と慌しさと場所探しの面倒くささが伴う、優雅さに縁遠い雰囲気の世界ではないですか。
で。
個人的には、朝のブッフェでの食事はあまり好きではないのですが。。。

下船、観光の日の朝の食事は、時間が気になって、ダイニング・レストランでのんびりウェイターの運んでくるのを待ってはいられない心境になる。
だから結局、ブッフェへ行っちゃう。
そして、座席探しで、プレートを抱えてきょろきょろ。学食か社員食堂ならば、そんな姿もお似合いではあるのですが、船では、ちょっとね〜〜。


画像

↑ ↓の写真は、オープン・テーブルのレストラン「ラ・ペルゴラ(La Pergola)」。太陽好きなヨーロッパの方々も、さすがに4月の地中海の上は吹き渡る風が冷たく、朝食時は空いていた。

画像


画像



今回乗船したMSCのリリカでは、そのブッフェの1デッキ上にある、船尾を一望に出来る広いディスコ・ラウンジ「ザ・ブルー・クラブ(The Blue Club)」が日中、今度は、乗船した方々の、キャビンが空くまでに待機する場所に「変身」。

昼食を1デッキ下の2つのブッフェのどちらかでとって1フロア上にあがり、今度はこの青緑色の椅子で、中には寝転がって待っている方々も結構いらっしゃって。。。
我々、ジェノヴァで乗った組や、もっと前の港で乗ったグループは、こちらで船尾を眺めながらのんびり椅子やテーブルを占拠するのは、何となく気が引ける。そんな雰囲気でした。


画像

デッキ12の「ブルー・クラブ(Blue Club)」。

画像



いずれも、気にしなければ、気にならないのかもしれません。
隣は何をする人ぞ。
他人は他人、自分は自分。
ゴーイング・マイウェイ。

ほかの方々など、放っておけばいいのですけれども。。。


画像

復活祭休暇さなかのクルーズであったためだろうか。フルーツカービングのイースターのウサギの飾り付けや、子供たちに見せる鳥やその他、動物などの楽しい飾り物が、デッキ11で目立った。

画像

 
画像


画像


画像


画像


画像



最後に、もう一つ。
気になったのは、ライフボート・ドリル。
どちらの港で乗ってもいい、降りてもいい、の、最大の欠点の一つが、これ、つまり、以下のことではないでしょうか。

MSCは、同じイタリアン・シップ、コスタとともに、「ラウンド・トリップ」方式で運航する西地中海では、避難訓練は当然ながら、各港ごとではやっていません。今回乗ったリリカは、ジェノヴァ出港直後。

で。
我々ジェノヴァからの乗船組は、キチンと訓練により万が一の際の対応を会得しているのですが、チヴィタヴェッキアで乗船してくる人々は、乗船最終日になってようやく、いざ、という時の脱出法などを知ることに。

これで、いいのだろうか??
疑念を抱きつつ。。。ま。いいか。。。。

でした。
 




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
私も朝ご飯はフルーツとたまごだけとか、フルーツとクロワッサン……で終わりのことが多いです。クルーズも終わりに近くなるとどんどん量が減って、メロン3切れだけとか。
ディナーやお昼は楽しみですが、朝がだんだん苦痛になってしまうんですよねー。(太るのも心配)
横で夫がワッフル2人分、ジュースにコーヒー、ソーセージにベーコン、果物……と食べているのをみると余計に食べる気がなくなるのです……。
おかゆがあったらいいのになぁと時々思います。

クルーズの途中の港で乗船、下船が混じるとせわしないですね。せめて荷物はどこかにまとめて預けて、手ぶらでパブリックスペースを利用できればよいのになと思います。
みーな丸
2010/06/22 14:46
hiroshiさん  ハハハ~~~
そうなんですか? ブッフェへはお嫌い!
私共は好きですよ〜
なんたって朝は一番に行きます。静かで空いてて〜
まだお料理が、全部揃って居ない時間です。
あんなにいっぱい有るから文句なしに満足の時間です。
どちらかと言えばダイニングは苦手です。
多すぎるお料理ですから、残すのが多いから〜
半分でお願しても多すぎです。

一つを二人で分けあったり〜 (少し恥ずかしい思いで〜)

みーな丸さんは
>朝がだんだん苦痛になってしまうんですよねー

ハハハ~~ 我々は変わらない食欲が有ります。
お粥の代わりにオートミール、もっとお粥に近い粟のお粥も良いです。
それに乾燥ワカメを持参、コーヒーカップに「シジミのみそ汁」に加えて、熱湯注ぎます。  これだと生き返る美味しさです。
日本人の年寄りは何してるか? って〜 誰も見てない早朝ですから〜〜  アッハハハ~~~ です。  
たえこ
2010/06/22 16:12
みーな丸さん、今晩は

もうすぐですね〜〜。
お住まいのあの街から、カフルイまで直行便があるのでしょうかねぇ。まさか ないですよね? あっても、ホノルルまで、ですよね?

昨日、今日と、フト思いついて、とても気になり始めています。いえ、お返事は結構です。ネットで調べてみます。そんなお遊びもまた、楽しいですから。

そうですか?
朝は、食欲不振におなりになる?
羨ましい。
hiroshiメは、いつも食欲旺盛なんです。しかしねぇ。船を終えてから、旅を終えてからの「太り」が気になるもので。
節制しています。

>おかゆがあったらいいのになぁと時々思います。

あれ?
オートミールをお使いになりません?
少々塩をまぶして、少々の熱湯を加えて、もしお手持ちであったらば、お茶漬けの半袋分を加えてかき混ぜる。味も見た目も、立派なオカユに見えますよ〜〜。

>手ぶらでパブリックスペースを利用できればよいのになと思います。

ご同感、ご同感
hiroshi
2010/06/22 19:05
たえこさん、今晩は

そうそう、たえこさんご夫妻はブッフェ派でらっしゃったですね〜〜。

>なんたって朝は一番に行きます。静かで空いてて〜
まだお料理が、全部揃って居ない時間です。

そうなんですよね。
静かで、テーブルを探す手間暇がなく、、、ならば、hiroshiメもブッフェ派かもしれません。
しかし、ご存知のごとく、朝の早起きは苦手なクチなもので、我々が行くころは大混雑なんですよね〜〜。あれが嫌で。。。

>一つを二人で分けあったり〜 (少し恥ずかしい思いで〜)

お〜〜
中がよろしいんですね〜〜。

>それに乾燥ワカメを持参、コーヒーカップに「シジミのみそ汁」に加えて、熱湯注ぎます。  これだと生き返る美味しさです。

お〜〜
これは、おいしそうです。
そうか。
そんな手もありましたか。

お教え、ありがとうございました。
次回にはしっかり持参して、早速楽しませていただきます。

しかし、これはほんとに、アイデアもの、です。
hiroshi
2010/06/22 19:15
hiroshiさんの記事を読みながら、旅館のチェックアウトの時間帯の団体客の入れ替えを思い出しました

でもこのシステムだと気楽なクルーズが楽しめますね

ルームサービスは利用できないんですね

料理の味は如何でしたか

気楽な船で気楽にクルーズを楽しむのも良いかもです

でも食事のハードルはあまりに低いとMMCの船はモリモリ食べたと有りましたから美味しかったんでしょうね

コスタの体験乗船を晴海でした時、簡単なコース料理のお昼が出ましたが、とてもとても

タダだから・・と思ってますが、テーブルの人全員の意見一致でした



mayumi
2010/06/22 23:05
hiroshiさん、今晩は!

>座席探しで、プレートを抱えてきょろきょろ。学食か社員食堂ならば、そんな姿もお似合いではあるのですが、船では、ちょっとね

飛鳥Uのリド・カフェの朝食風景を思い出します。
多分、ショートクルーズだからだと思いますが、まさにhiroshiさんが仰る光景です
あまりの混みかたに、ルームサービスを取りたくなります。外国船だったら気軽にルームサービスも可能なのでしょうが、日本船はスイート以上に限られます。

来月、コスタでアジアクルーズに出かけます。
日本近海のクルーズですが、本当に久しぶりに7日間も船に乗っていられるので楽しみです。
上記の様な光景にならない船だと良いのですが、それが気がかりです



nao
2010/06/22 23:46
mayumiさん、今晩は

お上手なたとえ話。思わず噴き出しました。

>旅館のチェックアウトの時間帯の団体客の入れ替えを思い出しました

そうそう、そんな感じですよね。中には一部、3泊、4泊組もいて、出る人、入る人、残る人が、朝から昼の時間帯にかけて、あちらこちらであふれている。気にしなければ、どうってことはない光景なのでしょうが。。。

いえいえ。
ルームサービスはもちろん、あります。
そちらを頼めば空きテーブル探しなど必要はないのですが、こちらは朝寝坊派なもので、ベッド周りは朝方、結構散らかり放題であるうえ、相棒もこちらも、朝何時にッ朝食と前夜のうちに決めてしまう『予定』作りが苦手で。。。
いえ、要するにわがままなんです。翌朝○×時に起床と決められるのは好きではない。翌朝になったら、もっと眠っていたいかもしれないし、ひょっとすると、珍しく早朝に起き出して日の出を見たくなるかもしれない。スケジュールを決めなければいけないのは嫌なんです。

料理は、さすがイタリア船、おいしかったです。
果物も豊富であったし、スイーツはグッドだし。食べ物はいうことなし、だったです。

体験乗船で。。。
そうですか。
それは残念だったですね〜〜。
hiroshi
2010/06/22 23:47
naoさん、今晩は

お〜〜
それは素晴らしい

さっそくコスタのサイトへ出向いて、船とコースを見てきました。
二つありますが。。。
naoさんだったら、コスタ・クラシカの方ですかね〜?
それともロマンチカなのか??
いいですね〜。
楽しみですね。

そうですよね。
プレートを抱えて座席探しは、嫌な気分ですよね。

友人の一人に、せっかく高いお金を払ってクルーズに出たのだから、ブッフェなどは絶対にいかない。ダイニングでウェイターにかしづかれてサーブを受けるのも、支払った乗船代金の内だ、と、絶対にブッフェに行かないヤツがいます。

考えようによっては、彼の言葉が正解かも。
きょろきょろテーブルを探さなければいけないならば、お金を返せ〜〜、という気持ちにもなりますよね〜
hiroshi
2010/06/23 00:12
直行便……これが、あるんですよー。えへへ。
このハワイ旅行、本当は3月にクジラを見るために行くはずだったんです。でも南カリブが安かったので、変更して7月になりました。
3月の時は直行便で「ホノルルin〜マウイout」チケットをとっていたのですが、7月に変更した時にはもうマウイ〜シカゴの直行便がうまっていたため(マイルでとったチケットなのです♪)、シカゴ→ホノルルは直行便、マウイ→シカゴはコナ経由です。同じ機体で、そのままシカゴまで行きます。
まだ行った事のないコナ、飛行機の窓からちらっと見るだけになりそうです。
これが私にとって3回目のハワイなのですが、3回とも全部マイルでとったチケットなので、お得な気分です。

朝ご飯、オートミールにお茶漬けの素を混ぜるのはいい考えですね。いろいろ食べ物も持って行こうかと思うのですが、お金を払ってる分船の食事を食べないとなんだか損した気になってしまうのです。でもこれなら船の料理をアレンジしてるってことで、損した気がしないです〜。

たえこさん、朝からしっかり食べてもお昼も食べれるのは、きっとちゃんと早起きしてるからですね。
今思ったのですが、私が朝食べれないのは、起きるのが遅めで、そこでいっぱい食べちゃうとおいしいランチが食べれないという心配もあるからかもしれません〜!
みーな丸
2010/06/23 02:14
いや、迂闊でした。
世界でも有数の巨大空港でユナイテッドとアメリカンのハブ空港ですものね。
あるのだろうか・などと考えるのも不遜でした。

>直行便……これが、あるんですよー。えへへ。
このハワイ旅行、本当は3月にクジラを見るために行くはずだったんです。でも南カリブが安かったので、変更して7月になりました。

そうだったんだぁ。
おかげさまで。
南カリブの楽しいブログを拝見させていただけたのですね。南カリブは、日本からはなかなか行けない場所ですもので、見せていただいて嬉しかったです。

鯨は、自分は、ホテルのラナイから嫌というほど見た経験があります。少々話は古く、1995年2月の、こちらがまだ現役の時代にカアナパリのビーチフロントの部屋を取りまして。。。鯨には申し訳ない言い方ですが、飽きるほど見ました。何しろ、朝昼夜おかまいなし、ラナイに出れば、見えるのですから。時には、ビーチから200メートルほどの至近距離に親子でやってきているザトウクジラも見ました。

いいですね〜〜。マイルゲットのチケットは。
自分たちも、ヴェネツィアへ行ったことはありますが、随分得した気分になりますものね。とはいえ、アップグレードに使っちゃう方が余計ラッキー、って思いますけれども。

オートミールにお茶漬けの素、ぜひぜひお試しを。
ただね、一袋まるまる入れてしまうと、ちょっと塩味がしつっこいです。


>たえこさん、朝からしっかり食べてもお昼も食べれるのは、きっとちゃんと早起きしてるからですね。

ね〜〜。
ご夫妻で随分早くからご活動のようです。クルーズにいらっしゃった折には。羨ましいです。規則的で健康的な日々をお過ごしでらっしゃって。
hiroshi
2010/06/23 12:27
hiroshiさん、今晩は!

今回は、ロマンチカなんですね〜
釜山→天津→チェジュ島と寄航します。
本当は、カリブ海にでも行きたいのですが、休日の日数と相談すると7日が限界です。
7日間では、選択肢が極めて少ない外国船クルーズですので、日本発着のコスタは便利なクルーズです
nao
2010/06/23 23:55
naoさん、こんにちは。

お返事遅れ、ごめなさいね〜〜
雑用係からまだ完全解放されていないもので、夏休みが近づいてきて、また少々忙しくなってきています。
で。
早朝から出かけていて失礼しました。

そうですか
ロマンチカですか?
とすると、チャガル市場、って言いましたっけ? あちらをご覧になって、古文化街をお訪ねになって、世界遺産の東洋のハワイにたとえられる島のビーチでリゾート三昧をお楽しみになって。。。

加えて、船がいいですよね〜〜。
お好みの、あの船と大きさはほとんど同じのようですね。hiroshiメも、そのくらいほどの手ごろな大きさの船が好みでして。。。時間とお金が許せば、お供したい。しかし、なければいけないモノがなかなかありませんもので。。。

もうすぐですね。
あと2週間から3週間くらいですか? お乗りになるまで。
どうぞ、楽しんできてください。

そして、久しぶりに、naoさんのクルーズ日記を拝見できるのが楽しみです。
hiroshi
2010/06/24 11:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

チビタへ。猥雑?朝のデッキ11ブッフェの雰囲気。 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる