潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS 意外に少ないショアエクスカーション。MSC。

<<   作成日時 : 2010/06/26 19:48   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 12

 
アジャクシオから188海里、およそ350キロ。
船内新聞で案内の到着予定時間よりも、およそ40分早く、MSCリリカは4月7日午前7時20分、チヴィタヴェッキア港に着岸しました。


画像


画像


画像



天気はこの日も、抜けるような青空。
とはいえこの日の気温は、同じく船内新聞によると、最高で18℃、最低で8℃。日本ならば、春まだ浅き、3月上旬から中旬のころの肌寒さ。

。。。のハズでしたが、暑くなりました。日中は。うれしいことに。
青空の下、強い日差しが終日、照り続けて、ジェラートを口に入れて、うめぇ、とうなるほど、たとえれば初夏のごとくの暑さとなったのでした。

ところで。
MSCの船。
ショア・エクスカーションの数は、意外に少なめ、でした。

世界でも有数の見どころを抱えたローマの外港にあたるこのチヴィタヴェッキア。他の地中海沿岸の寄港地に比べてコースは増えても不思議はない港でしたが。。。設定されていた総数は、わずか8コース止まり。

画像乗船時に配布された、左の「ツアー・マガジン」に掲載されている数で、それだけです。
比較的に小さめのこの船、「LIRICA」だけの特徴なのかというと、そうではないんですね。ネットでHPを覗いても、チヴィタヴェッキアで掲載されているのは、これだけですべて。

他のクルーズ会社の船は、もう少し多めですよね。
並ぶもう一つのイタリアン・シップ、コスタでは今季、その倍の16コース設定されていますし、プリンセスやHALでももっと多く、ほぼ20種前後並んでいます。セレブリティにいたっては、今シーズンは30種類も用意しているではないですか。



画像


画像

↑ ↓とも、この港を母港とする帆船「シニョーラ・デル・ヴェント(Signora del Vento)」。船名を意訳すれば“風の貴婦人”とでも言えようか。船首に、鳩を抱く金髪の貴婦人像のフィギュアを乗せている。
1962年、ポーランドで建造された。4年前から、チヴィタヴェッキアを母港として3泊4日のコルシカ島行き、エルバ島行き、シチリア島行きなどのコースで運行されているほか、リースもされている。900トン。


画像




なぜ、MSCは少なめなのか?
乗船期間中、ショア・エクスカーション・デスクに聞いて見よう、聞いてみようと思いながらついつい忘れ、結局、尋ねないまま下船しました。

チヴィタヴェッキアでの8種の内訳。
どの船会社でもほぼ設定されている、送迎のみの自由行動型エクスカーション「Rome on Youroun」をはじめ、7種までは、当然ながらローマを焦点としたそれ。

他都市へ向かうのは、テヴェレ川の河口、ローマから20キロ余り南西にある古代ローマ時代の商業港であったオスティア・アンティーカ(Ostia Antica)に向かう1種類のみでした。

少なくて困ったか?
いえ。
こちらは別に、関わりなし、でした。


画像


画像



久々に、ローマの著名観光地を訪ねたい。おのぼりさん、したい。
乗船前から、そう考えていましたから。
ローマの街は、ショッピングでの立ち寄りを除けば、少々長くご無沙汰でした。

で。
ローマの著名な観光スポットへ、久々に、ゴー。

以下、写真を置き並べます。
皆さま、ご存知の場所ばかり。
余りにも有名な場所ばかりだけに、今さらブログに写真、などとは少々恥ずかしいし、また、その出来栄えが気になります。。。

はい。
ヘタクソです。
ガイドブックやその他出版物、ネット上に無尽蔵にあふれているその手の写真と比較しないでください。
レベル・ローぶりが、ぽろり、ぽろり。。。

というワケで、いざ、ローマへ。


画像


画像


画像


画像


↓ 今回もまた、Fontana、泉の広場の東南角の名物ジェラッテリア、「Bar Gelateria Fontana Di Trevi Srl 」で。相棒と二人でそれぞれ、2スクープずつ、こじんまりと。受け取っているところを撮ったつもりが、カメラが手から滑り落ちて、ぶれぶれの1枚。これしか撮れなかった。

画像


画像


画像


ここはどこ? と解り難い場所だから、差し出がましくちょこっとコメントを。こちらは共和国広場。映画、クランク・インの場所なのだとか。また、写真の左手の著名ホテルが、主演の某、の宿泊ホテルであった。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像

 
画像と。
かく、巡って、遊んで、帰船しました。

なぜ、いまさら、またまたローマだったのか?

少々、どころか、かなり蛍光灯、時代遅れ、ですが。。。

残念ながら、右写真3枚の場所は行けなかった。無念! そして、載せている写真はいずれも少々古く、2002年春の撮影、しかも一眼、フィルム時代に撮った、ネガからのスキャン画像

画像映画「アマルフィ」の影響です。
今回、こちらへまた足を伸ばしたのは。
公開されたあの日から、思いはつのってきまして。行ってみたかった。そして。行って良かったです。

翌日。
サレルノに停泊して、今度はまた、あの映画のロケ現場、アマルフィへ向かう予定でした。から。

画像あのドラマのおハナシの、記憶から抜け落ちていたロケ現場の様子と映画の場面が、ちらり、ほらり、よみがえってきて。。。

そうか、こちらを主人公たちは駆け抜けたか。。。などと思い出してきて。
古都ローマを舞台にした物語部分とソレント半島をステージにしたドラマ部分の間の粗筋が、つながってきてくれました。







画像


画像

 


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
チヴィタヴェッキア港からローマには、何で移動したんですか(・・?

母の日プレゼントのDoCoMoのフォトブックを、初めて使用して・・(携帯の写真を送って見たりするようですが・・出来ません偉そうです
メモリーカードを入れて・・それもいい加減に取りだして入れたのが、女3人旅のローマで

hiroshiさんの写真と共に懐かしく思い出しました

行ってない所が一杯有ります

それにしてもコートの人も居ればノースリーブの人も・・良い天気だったのが分かりますコートの人は暑かったでしょうね

ブログに写真を載せたりする様になって・・写真の腕を上げたくなります

で早道はカメラを買う事

Iフォーンで、何処でもネット状況も手に入れたいとか・・でも腕。頭が。付いていきません

全てにマネーが付いていきません

この先のアマルフィもhiroshiさんのブログで楽しみます
mayumi
2010/06/26 23:25
mayumiさん、今晩は

あら、お恥ずかしい。

今ごろになって、かなり大幅に手直ししていたところで、嬉しいことにコメントを頂戴しました。ありがとうございます。

手直し部分は、新たに、例の映画の予告編を。時代遅れめ、今ごろ何事、とお叱りを受けそうですが。。。

移動は、バスです。

エクスカーションで、もう一つ面白いことを発見しました。
イタリアの船だから、料金はユーロで設定されているのですが、MSCのHPでご覧いただくとお分かりになりますが、米ドルでも表示しているのですね。
たとえば、ROME ON YOUROWNの自由行動型だと、チヴィタベッキアからサン・ピエトロ広場の近くまで送ってくれてユーロだと44ユーロ、ドルだと62ドル。為替レート上、この当時はユーロの方が1割くらいお得なんです。現在のレートは調べていませんが、多分、同じようにドルは損なのではないでしょうか。

普通、船はすべてドル建てなのに、イタリア船だからなのでしょうが、ここらも面白いですよね。

服装のハナシ。
きっと湿度のせいだと思います。
春先や秋口のヨーロッパは、こんな様子が当たり前の状態らしいですね。自分も、革の上着を着ていて陽が差してきて気温が上がっても、暑くて苦しいなどとは余り思わないですね。湿度が低い分、じわっとした暑苦しさがないから平気なのではないでしょうか。

>ブログに写真を載せたりする様になって・・写真の腕を上げたくなります

えっぇえ〜〜。
mayumiさん、お上手ではないですか

いつも舌をまいています。感嘆していますよ〜〜。
hiroshi
2010/06/26 23:52
こんにちは。
ローマ、私も同じところでコーヒー味のジェラートいただきました。初めて行ったときはクルーズの前後に計4泊だったのでそこで2回ほどのんびり食べましたが、去年のクルーズはローマ初の友達に出来る限り全てをみせてあげたくて、トレビの泉もスペイン階段も着いたと思ったらもう移動!!みたいな勢いだったので、ジェラートも地下鉄の駅へと早足で移動しながら食べました。
朝8時の電車に乗るための早起きに始まり、ランチなんて船からもってきたパン、ローマでは乗りたかった電車に乗り遅れ、これならギリギリ船に帰れるか?という次の電車に乗り、チベタで降りてからは港の入り口まで猛ダッシュという優雅さとはかけ離れた陸軍のトレーニングのようなハードな行程だったので、写真をみていると、懐かしさに浸る一方でそのことを思い出して息が切れそうです(笑)

バチカン、イスがたくさんあるのは水曜日だったのでしょうか??
hiroshiさんもかなりの場所を一日でまわられましたね。移動は地下鉄ですか?それともタクシーでしょうか?
初ヨーロッパだったときは、地下鉄の存在さえ知らなかったのですが、乗ってみるとかなり便利でした。

8つしかショアエクスカーションがないなんて驚きです。ポルトフィーノにとまるなんていう大技をやってのけた船なのに!
イタリア人の乗客が多いから、言葉もわかるしまぁ好きにやってくれってなことなんでしょうか?そうじゃない乗客にはとりあえずいくつか用意して……みたいな。
あ、でもコスタはもっと用意してるんですよね。何ででしょうね……。
みーな丸
2010/06/27 12:55
みーな丸さん、こんにちは

>バチカン、イスがたくさんあるのは水曜日だったのでしょうか??

さすが
細かなところまでしっかり見ていただいて、嬉しいです。そして、おっしゃるとおり。水曜日でした。

>チベタで降りてからは港の入り口まで猛ダッシュという優雅さとはかけ離れた陸軍のトレーニングのようなハードな行程

それは大変だったでしょうね〜。
そしてまた、そういう旅がかえって思い出に残りますよね。確か、この時はご主人とではなく、お友だちと一緒であったですよね。
それもまた、思い出に残る良い旅でらっしゃったでしょうね〜。

あちらへは、この秋、もう一度立ち寄ることに決めました。今度は、わが家の相棒が、どうしても行ってみたい教会があるそうで。。。あまり有名でない教会です。ほとんど観光客もいないそれだと思いますので、のんびり巡ってくるつもりです。

移動は、サン・ピエトロ広場からタクシーを。時間制でチャーターして、午後の早い時間で一度手放し、食後に再度利用しました。

現在は変わっているかもしれませんが、チヴィタヴェッキアでのエクスカーションは、調べた当時、セレブリティが一番多かったです。コースの内容も良いように思いました。
hiroshi
2010/06/27 13:26
コンニチワァ~~♪:・°☆! hiroshiさん

mayumiさ〜ん! みーな丸さ〜ん  ご機嫌如何ですか?

hiroshiさんは↑で又秋にイタリアの予定が〜〜
その他はどちらに行かれますか? 

良いですね〜 我が家は全くの予定なしです。
羨ましすぎて〜〜 

チヴィタベッキアは初めてのクルーズの出発&最終下船の港でした。 ローマ市内一泊で市内観光の後、ギリギリ乗船でした。
hiroshiさんの画像と同じ場所が主な観光コースでした。
唯、添乗員任せの観光でした。ローマは3回目でしたが、船は初めてで上ずった気持ちでした!

hiroshiさんの目的を持っての観光は流石! イタリア通!!!
海から見た「アマルフィ」楽しみです。 
たえこ
2010/06/27 15:36
こんにちは。hiroshiさん 

今日は1日雨降りでした。の〜んびり過ごせましたよ。

ローマでの一枚目のお写真とてもいい天気に恵まれた様子で気持ちよさそうな青空ですね。映画の影響で実際に現地へ行けてしまうhiroshiさんの行動力がすごいです!!映画でしたみたことのない真実の口??でしたっけ?(笑)一度は訪れてみたい場所です
あおちゃん
2010/06/27 17:41
ブラボ〜〜。ブラボ〜〜。
あれっ、何だか映画のワンシーンワンシーンを切り取ってみせて頂いてる感じだな、とっても気持ちがざわざわして来たぞ、って思った所で、hiroshiさんの解説と映像。
素敵な演出ですね、hiroshiさん。お見事です。ちょっと鳥肌が立ちました。臨場感ばっちりです。
この後、アマルフィですか。舞台は整った!って感じですね。たえこさんが仰られていらっしゃる様に、海からの景色が楽しみです。今、あの空撮の景色が頭に浮かんでいます。
なぬなぬ。秋も・・・これもブラボーです。
mrumur1
2010/06/27 18:17
たえこさん、今晩は。

出かけていて、お返事遅れ、申し訳ありません。

>その他はどちらに行かれますか? 

あはは。
↑ 照れ笑い、です。
スミマセン。遊び呆けてばかりで。。。

このクルーズは、ほとんどイタリアです。その他の国もちょびっと。まだ先のハナシでして。。。
ついつい、調子に乗って、この、おしゃべりめ、と、hiroshiメを叱りおきます。

そして。
上のようにおっしゃるところを見ると、ハワイ・クルーズはまだお決まりではないですか?

ハワイでのクルーズは、自分は、もう一つ、まだ食指が動きません。
あちらへ行くなら、murmur1さんやあおちゃん、みーな丸さんを見習って、のんびり過ごす方がいいのかなぁ、などと、ついつい思っちゃうんですよね〜。

といいつつ、ナパリ・コーストは見て見たい。{撮ってみたい%カメラdocomo%}

>チヴィタベッキアは初めてのクルーズの出発&最終下船の港でした。 ローマ市内一泊で市内観光の後、ギリギリ乗船でした。

カーニバルの船ですか?
あれならば、お書きになっていたブログを覚えています。
それとも、まだたえこさんご夫妻に、藤原さんの掲示板でお目にかかる前ですか?

そういえば、あれからもう、3年以上たっちゃったんですね〜〜。
hiroshi
2010/06/27 20:06
あおちゃん、今晩は

>今日は1日雨降りでした。の〜んびり過ごせましたよ。

良かったですね〜。骨休みが出来ましたか?
そういう意味では、雨や梅雨もまた、いいものですね。
気持ちを切り替えれば、軒から滴り落ちる雨音を聴きながら、ゆったりとした気分にさせてくれますものね〜。

>ローマでの一枚目のお写真とてもいい天気に恵まれた様子で気持ちよさそうな青空ですね。

ほんと。良い天気に恵まれました。ジェラートがとても美味しかったです。

その後、お元気ですか?

以前お書きになっていた百合の里、その後、いらっしゃいました?
機会があれば、また見せて欲しいと思っていますが。。。

まだ百合のシーズは続いていますよね。
あおちゃんのようなセンスの良い写真をとってみたいものです。
hiroshi
2010/06/27 20:07
murmur1さん、今晩は。

出かけていて、失礼しました。

>素敵な演出ですね、hiroshiさん。お見事です

おっほっほ。
左様でござったか。姫ぎみ。
爺メは、姫ぎみからそのようなお言葉をおかけいただくと、天にも上る心地でおじゃりまする

ただね〜〜。
ご承知のとおり、映画に登場した場面で行って来なかった場所が結構ありまして。。。

言い訳すれば、みーな丸さんもお書きになっているとおり、往復3時間の移動時間というのは、結構大きゅうございまして。。。
朝から夕刻までしかない船の上陸時間帯だけでの「お遊び」は、案外、使い勝手はないですね。やっぱり泊まらなくっちゃァ〜。

いつかお話しましたが、ほんとは、この1カ月余り前、そっくりそのまま、ロケ地を巡る計画をしていたのですが。。。

>この後、アマルフィですか。舞台は整った!って感じですね。

そうなんです。
しかし、こちらでもポジターノとラヴェッロは行きませんからね。

暑い夏は嫌ですから、いつかまた、2月から3月ごろに、出来るならばあちらのどこかの街で連泊してみたいです。

さて。
次はいよいよ。。。
今度は、ボケッとテレビ画面だけに夢中にならず、シャキンとして、murmur1さんのブログでライブで書き込んで見せまするぞ〜。姫ぎみ〜〜
hiroshi
2010/06/27 20:10
こんばんは〜〜
イタリア イタリア 
イイタリなア〜〜いくらいいいところ\(^o^)/
みどころ満載 観光名所一杯 卒業旅行の定番?アハ

お写真を拝見しただけで心うきうきです〜♪
きっとhiroshi監督の映画がみられるでしょう\(^o^)/
楽しみにしてま〜〜す

そうそう いつでも起こしてさしあげますョ
私は声だけはほめられるんです・・・おほほ
エルママ
2010/06/27 21:56
エルママさん、今晩は

おっほっほ。
お上手ですねぇ〜。
鐘、三つ

>イイタリなア〜〜いくらいいいところ

そして。
おっしゃるとおり。↑ こちらの街は、どこを切り取っても絵になるし、見ていて楽しいですよね。
hiroshiメのごとくの映画のめり込み派になると、加えて、あの映画、この映画と次々に昔見た映画を思い出します。「ローマの休日」「自転車泥棒」などなど。なかでも「ローマの休日」は、ロケ現場を追っかけましたからね〜〜。

いえいえ、もちろん、映画が製作されたころから見るとンン十年後に、ですが。。。
ヘプバーン、キレイで可愛かったです。

>そうそう いつでも起こしてさしあげますョ

ははは。
それは心強いお言葉。ありがとうございます。
エルくんにもお礼を言わなければいけませんね〜。

しかし、明後日は大丈夫。あの時間帯ならば、こちらは得意の時間帯です。午前1時から2時ごろまでならば、わが宵っ張り派得意の時間でして。温かいお言葉、感謝、でした。

紫陽花。
凄い種類、でしたね〜。
見たこともない花が。。。いま、賑やかでしょうね。エルママ邸は。羨ましい。
hiroshi
2010/06/27 22:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

意外に少ないショアエクスカーション。MSC。 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる