潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS ラ・グレットで、駱駝とチュニジア音楽出迎え。

<<   作成日時 : 2010/07/19 10:24   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12

 
一年半ぶりのチュニジアでした。
しかし今回は、わずか数時間の滞在。船では初めて、のチュニス、ラ・グレット入りでした。


画像

ピュルサの丘から古代カルタゴの港やカルタゴ遺跡、地中海を臨む。


ところで。
今日は、「海の日」です。ね。

クルーズ船に乗るようになってから、わが家では、「終日航海日」を、「海の日」と呼び倣わしています。
「しゅうじつこうかいび」と話すと、言葉が長すぎて、面倒であるから。相棒が言いだしっぺ、です。

一時期、英語のそれ。「At Sea」を倣って「アットゥシー」と言っていたこともあるのですが。
なんだか、誰か人を呼んでいるか、梅雨明けした一昨日以降の、この暑さにへばっている弱音の言葉にも似て見えまして。。。「敦」とか「暑し」とか、と。。。


画像

4月上旬の地中海にしては、この日も波は穏やか。

7泊8日間の乗船期間中、この日、つまり4月9日の午後から、10日早朝まで、たった一度だけ雨に降られ、海は霧に包まれたが、それ以外は天気も良く、海も湖のような穏やかさであった。



「我が家流」は、この季節、ほかにもあるのです。

60歳を過ぎれば、誕生日など、うれしくもない墓場への一里塚、です。
が、その一里塚到来を機に、7月入りして以降、一応、それを口実にして、慌しく、車で遊びに出かけています。「誕生日を記念して、何か旨いものを食べに行こうヤ」、などという具合。

もう、とっくに一里塚の日は過ぎたのです。
けれども、それを記念したかのごとく、お遊びに出かけるもっけの口実がしばらく使えるのを幸いとして。要するに、遊び好きの不良老人たちです。。。


画像



画像で。
温泉に浸かりに行ったり、人気の観光地へぶらぶら出かけて、まだ梅雨明け前であったため、股のぞきの名所で豪雨に見舞われたり。
今年に入って初めて、占い魚を食べて、あと何年ほど生きられそうか、クルーズ船には何回ほど乗れそうか占ってみたり。。。

あ、占い魚、って、「サカナ」偏に旁が「ウラナう」の、あのサカナのこと、です。


画像捕れ立てを料理してくれるのですが、今年はやや小型、とかということでしたけれども、なかなかおいしかったです。

というわけで、この10日間ほど、宿泊がてら、あるいは、早朝に出かけて夕刻に帰る、など、短期間のそれを何度も繰り返して、ほぼ毎日、出ずっぱり、遊びっぱなし。


画像おかげで、ご懇意いただく皆さんのブログやわがブログへの接続を、操作板が超ミニ・サイズで指操作が超面倒な「携帯」の扱いに、かなり習熟いたしました。

そして同時に。
海外へ、クルーズに行けなくなったら、こういう過ごし方もあるノカなァ。と。


画像相棒と二人して、走る車の運転席と助手席で、ま、こういう遊びで我慢も、何とかできるんじゃなぁ〜い? などと。老後のことを

。。。もう、とっくに老後、なのですが、本人たちは、ほとんどその認識がない、か、はなはだ薄い、のです。。。

考えるのでした。




画像



と。。。
ハナシは横道に逸れました。

チュニスのラ・グレット。

港は、初体験でした。

しかし、この街、海と漁港を抱えているだけにシーフード・レストランの名所。
で、港にこそ来たことはなかったですが、1年半前、この港からほんのわずか離れたラ・グレットの中心街に近いレストラン街、フランクリン・ルーズベルト通りには、2回ほど、夜になってからタクシーで、チュニスの街中から訪ねました。

それにしても。
フランクリン・ルーズベルト通りとは、なんとまた豪勢な。
超大国アメリカの、史上ただ一人の四選大統領の名をそのまま拝借するなど、この街と、かの大統領との間で、何か特別な謂れなどでもあるのでしょうか? 残念ながら知りません。


画像

↑ ピュルサの丘から地中海を臨む。ピュルサの丘は、ローマ人によって滅ぼされたフェニキア人の街、カルタゴの中心部があった場所。 ↓ ピュルサの丘の上に建つ礼拝堂サン・ルイ教会。

画像



ラ・グレットの港に着くと。。。
この国の名物? 駱駝のお出迎え。


画像


画像







駱駝って、案外、怖いですよね。
危うく下敷きになりそうになった経験があります。

そして。
彼が座っているところって、後ろ足は、胡坐をかいているように見えません?
時折、足首で、右足と左足を交差させている駱駝を見かけるのですよ。

彼らが座る時の光景。ご覧になったことは、あります?
なかなかユニークですよね。


画像


画像


画像


画像



下船したあと、まず、カルタゴへ。
ピュルサの丘は、野の花のシーズンでした。
その花に囲まれて。
1年半前は港のコスタを眺めたように、今度はわが船、MSCを遠望したのでした。


画像

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
あ、あ、鮎〜。hiroshiさーん。炙りたて、少し送って下さい(笑)

お誕生日にお出かけ、いいですね。
老後は自分で「老後だ」と思った時から始まると思います。なので、そう思わないうちはまだまだ老後ではないのです!
クルーズのバルコニーで潮風に吹かれたり、街角のスイーツ屋さんを覗きに行ったりするのが、いつまでも若くいられる秘訣でしょうか? きっと素敵な奥様の存在も大きいんだろうなと思います。

ラクダってほのぼのしてかわいいけど、とっても大きいですよねー。hiroshiさんてば、下敷きになりそうな経験がおありなんですか〜?!
ラクダさん達、布が敷いてあるとはいえコンクリートに座っていたのでは、あのごつごつした膝が痛くならないのかなぁと余計な心配をする私です。
みーな丸
2010/07/20 13:26
hiroshiさん あじ〜〜い毎日ですネ
ぁあゆういいまわしは 頭の回転のあゆみが遅い私には大変 ああゆえばこういうの今回でした・・・おそまつ

お誕生日に美味しい鮎を\(^o^)/
最近は携帯映像も技術があがっていて感激ですよね
今も海外から友のメールで届いたところです

らくださんは酷使されているイメージがあったのですが・・・以外につよ〜いのですね(笑)
ここでは駄洒落をとばしません〜〜うひひ

最後のお花の1枚 青紫が涼やか〜〜
名前はたえこさんにおまかせします(^_-)-☆

こちらの「海の日」・・・砂浜で宝さがしなどのイベントがあります もちろん神主さんが(かしこみかしこみ〜)と海の安全を祈る光景も定番です
最近は海もご無沙汰です 以外に近いとでかけないものですョ
エルママ
2010/07/20 15:16
みーな丸さん、こちらにも、ダブルでコメント、ありがとうございます。

そうかぁ。
鮎は、やっぱり、そちらにはないですよね〜。
これぞ、日本の味の一つ、なのでしょうかね。最近では豆腐も味噌も納豆も、昔ほどの貴重品ではなく、そちらでも入手出来るようですから、こういうものは、お食べになりたいかも。
残念ながら、今年は型が小さめなのだそうです。冷凍でお送りするほどおいしくはない年であるようです。しかし、次年度以降、乞う、ご期待。その時はブログのコメント欄で、お送り先をお伺いします。

>老後は自分で「老後だ」と思った時から始まると思います。なので、そう思わないうちはまだまだ老後ではないのです!

おっほっほ
ありがとうございます。
それでは、まだまだ大丈夫です。

>駱駝の下敷きに

以前、一度、ブログで書いた記憶があるのですが。。。

http://ya170519su.at.webry.info/200902/article_9.html

こちらでもチラリと触れているとおり、チュニジアの砂漠で、夕日見物に行ったときに、危うく。。。
睫毛がものすごく長くて、目だけ見ているとフランス人形ンのように可愛いですが、結構獰猛です。乗り手が甘く見られると。
hiroshi
2010/07/20 18:21
hiroshiさん 皆さん コンバンワ~~
 
敷物に座ったラクダの様子が面白いです。
このラクダさんもイスラム教徒? モスクの敷物見たいなのに座って〜〜 

陸旅で周遊しました。イスラムの厳格さの無いガイドさんでした。旅仲間唯一の若い女性とラブラブだったの急に思いだしたんです。ハッハハハ~~

動画に驚きました。 素晴らしい演奏がバッチリです。
聞いた事の無いメロディーが流石です。
それから、「踊る文字」が〜〜 面白過ぎ! リズムと同じ動きに思えますが〜 楽しい動画に仕上がってます。

>名前はディオニッソス。豊饒と葡萄、陶酔の神だそうです。
教えて頂き感謝です。 期待通りのhiroshiさんでした!! うふふ〜

たえこ
2010/07/20 19:25
エルママさん、今晩は

暑いですねぇ。毎日。
海の日です。毎日。
At Sea です。アツト・シー。暑し。ウッヒッヒ

>今も海外から友のメールで届いたところです


ひょっとすると、この前のクルーズの?
そうかぁ。エルママさんたちのご年代になると、絵葉書ではないんですね。画像つきの携帯メールですか? さ〜〜すが

>らくださんは酷使されているイメージがあったのですが・・・以外につよ〜いのですね(笑)
ここでは駄洒落をとばしません〜〜うひひ

あはは。
では、駄洒落クラブ、駱駝い生、いや、落第生のhiroshiメからひと言。。。
彼は、「強い」と言うか、なかなかたくましい生き方をしている動物のようです。意気の高い若い駱駝は、砂漠のツアーに参加すると、背中に乗っているオトコは甘ちゃんか、それともシブトイ男か、値踏みするんですね。甘ちゃんならば振り落としてやろう、という感じで、最初のうちは何度も何度も振り返って、こちらの顔色をうかがいます。
で。弱いと見ると、仕掛けてくるんですね。落第生のレッテルを彼から張られると、座ったときに、横から降りたこちらを下敷きにするがごとく、突然ごろりとひっくり返ってきます。怖い〜〜

最後のお花の1枚 青紫が涼やか〜〜
名前はたえこさんにおまかせします(^_-)-☆

野の花と思っていましたが、やっぱり、ご存知の花だったのですか? びっくりです。

>最近は海もご無沙汰です 以外に近いとでかけないものですョ

うん、そうでしょうね。
これは、良くわかります。
自分も似たような体験があるもので。。。
hiroshi
2010/07/20 19:31
たえこさん、今晩は

たえこさんの写真は、やはり秀逸ですね。
調べるのにあちらのサイトをいくつか巡ってみましたが、結局は、たえこさんの写真の素晴らしさを確認してきたネットサーフィンでした。

>このラクダさんもイスラム教徒? モスクの敷物見たいなのに座って〜〜 

あっはっは。
なるほど。よくよく見てみると、まさに、おっしゃるとおり。目を半眼にして座っているところなど、かなり悟りの境地にある風情ですよね〜〜。
いや、面白い。

>陸旅で周遊しました。イスラムの厳格さの無いガイドさんでした。旅仲間唯一の若い女性とラブラブだったの急に思いだしたんです。ハッハハハ~~

おっほっほ。
そういう羨ましい、ア、イヤ、無節操なガイドさんがいらっしゃるのですか?
そして、今ごろは国際結婚??
かもしれないですね〜〜。

動画、お褒め頂、ありがとうございます。

ただ、ちょっと長過ぎたですね。もっと編集しなければ、と思いました。

hiroshi
2010/07/20 19:42
hiroshiさん、こんばんは!

ユニークですね〜
At Seaを「あつし」とは
あつしと言う、「渡辺篤」とロンドンブーツ2号のあつしが浮かびました

終日航海日いや、海の日はいいですね〜

今回のコスタクルーズでは、2回の海の日がありました。
その海の日、1日は、普段はなかなかしないこと、妻と2人の撮影会をしました。船内のあちらこちらで、持参した三脚をフルに使いの撮影会でした。
思い出に残る写真が撮れたかな〜
たまには良いものですね〜
nao
2010/07/20 21:16
やぁやぁ、naoさん、お帰りなさい

ご乗船のご感想の第一報、拝見しました。
やっぱり、という感じで、コメントを拝見しました。

>あつしと言う、「渡辺篤」とロンドンブーツ2号のあつしが浮かびました

あはは。

自分は、悪友の一人の敦。← これ、彼の本名です。時折、このブログを読んでの感想、それも悪評極まれり、ボロクソにののしったようなコメントを、メールで送ってくるヤツの名前です。

そうですね。今回のnaoさんのクルーズでは2日、海の日であったですよね。

>その海の日、1日は、普段はなかなかしないこと、妻と2人の撮影会をしました。船内のあちらこちらで、持参した三脚をフルに使いの撮影会でした。

それはいいアイデアですね。船の写真は結構お値段が高い上、腕を組ませたり、背中に手を回させたり日本人としては少々恥ずかしい格好をさせますからね。我流でお撮りになるのは、グッド・アイデアです。

拝見したいくらいですね〜〜。
hiroshi
2010/07/20 21:51
hiroshiさん  おはようございます〜。今日は夜勤で午後からの勤務なんですよ。

hiroshiさんと奥様仲むつまじくいいですね〜私も結婚したらいつまでも仲良しの夫婦でいたいです うらないさかな。。。鮎かあ!!面白いです!!

駱駝の座り方初めて拝見しました〜ほんと後ろ足は正座みたいですね!!面白い〜 駱駝っての〜んびりのんきそうな顔してますよね(笑)
鳥取砂丘に旅行に行った友達から、意外に駱駝って独特の臭いがあるって聞きました そうなんですかね。。(;^0^;)

今日も猛暑となりそうですね。
よい1日を〜
あおちゃん
2010/07/23 08:48
あおちゃん、こんばんは

返事が遅くなってゴメンね。
朝から出かけていて、いま戻りました。

夜勤なのだって?
もうお仕事、お出かけですね。
いまごろは、お仕事、大忙しなのでしょうね。

>駱駝の座り方初めて拝見しました〜ほんと後ろ足は正座みたいですね!!

ねぇ
あの姿をそのまま縦に置けば、胡坐で座っている姿になるのではなかろうかと、写真を縦置きにしてでイタズラしてみました。しかし、残念ながら、足よりも腰のほうが大き過ぎて、人間の胡坐のような姿にはなりませんでした。ブログに載せようかとも思ったのですが、あまりにもグロテスクなもので、やめました。

>駱駝って独特の臭いがあるって聞きました

手入れをしないと、そうなるらしいですね。
けれど、砂漠のツアーに出る、観光客を乗せる駱駝は、それほどニオイはしませんでした。良く身体をあらってあるのでしょうね。そして、睫毛が長いですよ。10センチくらいはありそうな感じです。

あおちゃんこそ、暑さに負けず、元気にお仕事、頑張ってくださいね。
hiroshi
2010/07/23 19:55
こんばんは、hiroshiさん。
お誕生日に鮎。
お誕生日、おめでとうございます、hiroshiさん。

鮎は良いですね〜〜。稚鮎の天ぷらもおいしいですし、炭火でだ〜っと焼いて行って端から何匹も頂くのも楽しいです。
hiroshiさんの様に車でお出掛けになられる方はi-Padお使いになりやすいのではないでしょうか?なんて思っちゃいました。
使い方はiphoneととっても似てる訳ですし画像も綺麗だし。
私も欲しかったのですが、ドコモの携帯にiphoneに加えてi-Padだと通信料も馬鹿にならないのでちょっと様子を見る事にしました。
駱駝に乗ってhiroshiさん、酔わなかったですか?
象は酔うそうですね〜。
チュニジアは、物凄く暑くて、絨毯屋さんにエクスカーションで連れて行かれたのと、トイレの便器に便座がなくて、???だったのが思い出です。本当はこんなに見るべき所が有ったのですね。
murmur1
2010/07/23 20:08
murmur1さん、今晩は

おや?
まぁあ
すれ違いでしたね。
たった今まで、murmur1さんのブログをお訪ねして、おいしいお写真のかずかずをご馳走になってきたばかりです。旨かったぁ

鮎は、あの苦味もまた、おいしいですよね。
ただ、こちらの訪ねる店だけのことなのか、あるいは水系の違いなど無関係に全般的な特徴なのか、型が例年に比べて小さいそうです。
で、食べ応えはあまりなかったですね。十匹くらいはあっと言う間でした。

>通信料も馬鹿にならないのでちょっと様子を見る事にしました。

そうそう。
そうですよね。
自分も今、しまったと反省しながら使っています。新機種は一段性能がアップしていますし、画面サイズも大きくなっています。しばらくはまだ、待って正解なのでしょうね。

駱駝は、大丈夫でした。
乗馬をなさる方ならば、大丈夫だと思いますよ。
murmur1さんは、確か、ホース・ライディングのハナシをお書きになっていましたよね。

そうですね。
絨毯屋さんの話です。
お買い求めになったオハナシ、いつかなさっていましたよね。
今もお使いですか?
素朴な味わいも、良いのではないですか?
hiroshi
2010/07/23 21:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

ラ・グレットで、駱駝とチュニジア音楽出迎え。 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる