潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS スイス、氷河特急で事故。日本人女性死亡。

<<   作成日時 : 2010/07/24 10:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 12

 
スイス、ツェルマットとサンモリッツを結ぶ氷河特急で、脱線転覆事故があり、64歳の日本人女性がお亡くなりになったようです。


画像


画像


画像


画像


画像

2007年夏、撮影。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。


実は、世界一遅い特急として知られるこの「特急」にも、3年ぶりに乗るツアーを、申し込んでいました。
5週間後の出発であったのですが。。。
旅行会社から今朝、催行の中止を連絡してきました。

残念ですが、またの機会に。
そして、この事故の列車にお乗りになっていて、ケガをされたりした3グループの日本人ツアー客の皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
これさえあれば大丈夫!高額損害賠償獲得用「究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル」
あなたはこんなことを言われたことはありませんか? ・弊社では、むち打ちでの3か月... ...続きを見る
教えてあげたい
2010/07/25 15:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
hiroshiさん こんにちは

スイスの中でもハイライトともいえるこの地で事故が起こってしまった事は、とても残念でなりません。
私も氷河特急には全線乗りました。
厳しい自然を身近に感じる事ができる路線であることが理解できましたが、それは同時に小さくはないリスクをも感じるものでもありました。
今回の事故の原因を究明し、十分な対策が取られる事をスイス政府には望みたいですし、多数の邦人が被害にあわれているわけですから、日本政府が時期を逸しない対応を取って欲しいものです。
(これは期待薄でしょうけれども・・)

楽しい思い出になるはずであった旅。
一瞬にして人生を変えられてしまったわけですから、大きな心の痛手を負われていらっしゃると思います。
事故にあわれた皆様にお見舞い申し上げます。
ぽんぽこりん
URL
2010/07/24 12:12
テレビ朝日「スーパーモーニング」の
奥山と申します。

日本でこちらの脱線事故の状況を
集めているのですが、
いかんせん情報が少なくて困っております。

過去に乗車されたことがあり、
再度5週間後に申し込んでいたということですが、

旅行会社からのキャンセル通知の内容、

以前の旅行で何か感じたことなどがあるか。
日本に比べて鉄道の性能はどうだったか?
日本に比べて線路などの整備はどうだった?

など覚えている範囲で教えていただけないでしょうか?

もちろん、まったくもってゆっくりで安全で
快適な鉄道だった。

というような話でもとても助かります。

こちらの鉄道に対する情報を少しでも
お持ちでしたらお手数ですが
okuyama@tv-asahi.co.jp
までメールで
ご連絡いただけないでしょうか?

何卒、宜しくお願いいたします。
テレビ朝日
2010/07/24 13:31
ぽんぽこりんさん、こんにちは。

>スイスの中でもハイライトともいえるこの地で事故が起こってしまった事は、とても残念でなりません。

おっしゃるとおりですね。
お亡くなりになった方は、ご夫婦おそろいでのご参加であった由。配偶者の方の哀しみはいかばかりかと、身につまされております。

こちらにいらっしゃったことは、以前、あの方の掲示板であったか、それともぽんぽこりんさんのブログであったか。確かに拝見しております。

>厳しい自然を身近に感じる事ができる路線であることが理解できましたが、それは同時に小さくはないリスクをも感じるものでもありました。

そうですか。
自分は、おっしゃる言葉のうち、前段のみにしか思い至りませんでした。

>今回の事故の原因を究明し、十分な対策が取られる事をスイス政府には望みたい

おっしゃるとおりですね。
ケガをされた日本人のうち重態の方もいらっしゃるようですね。ご家族は、さぞ、ご心痛のことと思います。ご同情申し上げます。

hiroshi
2010/07/24 14:45
テレビ朝日 さま。

お申し越しの件、失礼ですが、お断り申し上げます。

マスメディアの方にかく申し上げるのは何ですが、ネットの世界に飛び交う情報の信頼度はかなり低く、情報としての精度も劣るのではないでしょうか。自分で、旅のための情報収集をネットで手繰っていて、心底、そう思います。ましてや、こちらのサイトは、たかがお遊び、旅日記ブログの類です。

申し訳ありませんが、そちらがお名乗りになっている方かどうか、こちらには確認しようのないのと同様、そちらからご覧になっても、どこの馬の骨が書いているのかもわからない、こんなブログ程度などに情報をお求めにならず、マスメディアとしてもっと信頼度の高い、情報の精度の高いセクションなり組織なり人々から、情報収集されるのが筋ではないでしょうか。

申し訳ありません。
が、以上の理由で、お申し出の件、お断りいたします。
hiroshi
2010/07/24 14:59
大変お世話になっております。

当方の不躾な質問に対しまして
丁寧にコメントを頂き恐縮でございます。

参考にさせていただきます。
ありがとうございました。

          奥山
奥山
2010/07/24 17:46
奥山さん、

ご丁寧に、いたみいります。

お名乗りになっているお立場、間違いのないところなのでしょう。疑ったりして、申し訳ありません。

ならば、ということで、一つだけ、お話を。

>日本に比べて鉄道の性能はどうだったか?
>日本に比べて線路などの整備はどうだった?

このご質問は無意味かと思います。
氷河特急はご存知の通り、最高地点は標高2000メートル越えのポイントをも走る高山鉄道です。日本に、たとえられる路線などはありません。比較することは出来ませんし、無意味です。
私の記憶では、この特急ラインは、確か80年近い歴史を持っているはずです。原因は何であるのか、スイス側の調査を待つ以外に方法はないのではないでしょうか。
たかが乗客、それもたった1回乗った経験を持つ程度の人間が、感想程度とはいえ、お話できる知識はありません。

以上です。
hiroshi
2010/07/24 19:30
何度もコメントを本当にありがとうございます。

確かにおっしゃる通りで、
スイスと日本では国も違い法律も違い・・と
環境があまりにも違うことから
鉄道状況を比較することは難しいということが
わかってまいりました。

また原因の究明に関しましては
現場検証以外では
わかりようもありません。
想像をしても仕様のないことです。

私がこちらのブログを拝読をしまして
お伺いしたかったのは、
ツアー自体の良い面をあわせて
取材したいと考えたからです。

どれだけツアーに人気があり価値があるのか?
リピーターも多いという氷河特急の魅力はなんなのか?
を知りたいと考えました。

そこで体験談をお話いただける方を
探している過程でございました。

また来月(再来月?)5週間後出発で
申し込みをされていたと知り、
再度行かれるほどの強い魅力を
感じていらっしゃる方として
体験談を聞いてみたいと考えたのです。

もちろん、いちメディアのいち問い合わせ
に過ぎませんので、
協力いただけない可能性も十分にある
ことはわかった上での申し出でした。

ですので、何度もリプライをしていただき
大変恐縮しております。

本当にありがとうございました。

                 奥山
奥山
2010/07/24 20:04
奥山さん

わかりました。
ご苦労さまでした。
ありがとうございました。
hiroshi
2010/07/24 20:36
hiroshiさん、こんにちは!
本当に暑いですね〜
いかがお過ごしですか?

楽しみにしていた旅先での不幸な事故は、本当に心が痛みます。
楽しいはずの旅行が・・・・非常に残念です。

自分も旅行好きなので、旅先では細心の注意を払いますが、不可抗力の事故に関しては、防ぐすべも無く運命を感じます。

安全な国のスイスで、ましてや低速で走る列車でこんなことが起きるとは、旅行に参加した人たちは思いもしなかったでしょう。

hiroshiさんの画像を拝見させていただき、今でもその事故が信じられません。

nao
2010/07/25 13:44
naoさん、今晩は

暑いですねぇ〜〜。
日本は、ひょっとすると、地球温暖化で亜熱帯気候に変わっちゃったんではないんですかねぇ??

この事故、原因は何だったのでしょうね。
いずれ解明されるのでしょうが、残念なことです。

こちら、naoさんもお乗りになったのでしたっけ?
記憶がこんがらかっちゃって。。。

万が一、のハナシとモシ、のハナシで何ですが。。。
ただ、自分がもし、あの特急に乗っていたとしても、自分は事故の被害から免れたと思います。

あの事故のニュース映像を見ると、脱線車両は皆、1等車のようです。自分が乗ったのは、↑ごらんのごとく2等車でした。2等車は上部にアッパーウィンドーがありません。乗車料金も、130ユーロ対二百数十ユーロと違いがありました。
日本のツアー商品も、50万円越えのそれだと1等車を利用するようですが、自分が行ったツアー会社の上の写真は、一人40万円台のそれでした。

妙ですね。
亡くなった方やケガをなさった方がいっぱいいらっしゃるのに、お金の話など話題に出して不謹慎で申し訳ないことですが、多分今回のあの事故の特急も、お安い2等車の方々は無事で。。。人の命とお金と運命と。。。心にひっかかってなりません。
hroshi
2010/07/25 19:09
hiroshiさん。こんばんわ^^

久しぶりです

暫くTVも流れるだけ、ネット環境は携帯のみの実家の生活でした

なのでスイスの話も薄ぼんやりと・・

酷い事故が有ったのですね

hiroshiさん。マタマタお出かけの予定でしたか〜〜

キャンセルですか〜〜

友人もお盆にスイスに行くと言ってたのですが・・キャンセルかな

本当にお気の毒な方の記事で・・

こんな事を書いて・・不謹慎なら削除して下さい。

奥山さんとのコメのやり取りは・・

引きこまれました

そしてhiroshiさんが行かれたツアーの40万も非常にお高い

最近の私はいかに安く行くか・・毎日ネットを眺めてました

そして良いコースを見つけて、それを進めるかで、実家に行くことになりました

hiroshiさんのコメ。人の運命・・私も引っかかってる所です

実家からは無事に帰ってきました〜〜
mayumi
2010/07/26 00:21
mayumiさん、おっはよう、ございますぅ。

おっひさしぶりぃ〜〜
この暑さでしょ?
まさか、とは思いましたが、少々ご心配申し上げていました。↑ 絵文字をいっぱいにお使いのところを拝見すると、ご帰宅なさったようえすね。お父上のところから。

しかし、まぁ、ご心配でらっしゃったことでしょう。
この暑さですものね。
お帰りになった、ということは、いくらか良くなられた、ということでしょうね。良かったですね。

スイスからイタリアに回るツアー参加を申し込んでいたのですが、これを機会に取り止めてよかったです。向こうも暑さが厳しいようです。

>ツアーの40万も非常にお高い

そうそう。
おっしゃるとおりだと思います。
しかし、ご存知でしょうが、あちらを巡るツアーは、シーズンが限られているためか、ヨーロッパの他の国やエリアを訪ねるそれと比較すると、どれも非常に高いです。

シーズン・インしたあちらで40万円台というと、廉価ツアーの範疇に入るようです。

お!
いま、最下段まで拝見して。。。
というのは、いただいたコメントがうれしくて文章途中でお返事を書き始めたところですが。。。

書いてありました。

>実家からは無事に帰ってきました〜〜

良かったですね。

>そして良いコースを見つけて、それを進めるかで、実家に行くことになりました

それもまた、楽し、ですよね。
向こうで拝見しました。
暑さ、日本一をご体験だったのですね。
hiroshi
2010/07/26 10:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

スイス、氷河特急で事故。日本人女性死亡。 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる