潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS 再びのジェノヴァ、そして下船。MSC最終回。

<<   作成日時 : 2010/08/12 20:00   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 10

 
MSCリリカ。乗船「覚え書」、最終回です。

4月11日夜。
MSCリリカは、午後8時にトゥーロン港を出港しました。


画像



最後の夕食で、ようやく、クルーズ船、ほぼ恒例のベイクド・アラスカ。

どの港で乗って、下りてもいい、という弊害でしょうか。
ドレスコード、フォーマルの夜でしたが、キチンと装っている方は少なかったです。
下船組が最も多いジェノヴァを翌朝にしてのフォーマル。荷造りの都合もありますから、こちらも衣装は、スーツケースに仕舞っちゃった後です。

着替えてあらためてスーツケースに梱包して、荷物出し。
ぎりぎり、間に合わないワケではないけれども、慌しくて面倒です。
というわけで、心なし、ダイニングもほどほどの賑やかさ。
ベイクド・アラスカはやっぱり、もう少し賑やかな方が似合っている。
そう思うほどの、寂しい印象でした。



画像


画像


画像


画像


画像




翌日12日。月曜日。

トゥーロンから168海里、およそ310キロ。
地中海沿いを走る電車ならば、ゆっくり走る、日本で言えば「快速」程度の電車でも6時間から7時間で走りきる距離ですが、船はほぼ12時間をかけて、ゆっくりと航海。午前8時過ぎにジェノヴァ湾に入り、間もなく着岸しました。

1週間ぶりのジェノヴァ、ポルト・アンティーコ。
平日だからでしょう。出発時のような賑やかさは偲ぶよすがもないほど。人々の姿も船の数も、びっくりするほど少なめでした。


画像


画像


画像


画像


画像


画像



以上。

MSCの船、初体験の「覚え書」でした。
遅れても7月いっぱいまでに終えたい、と思っていたのですが、2週間近く、遅れてしまいました。
それでも、あぁあ〜〜。
旧盆前に、何とか終われて、よかったぁ。


画像


画像



画像「リリカ」乗船中を除く、今回の旅の期間。

複写した左写真のエリアや周辺の街をぶらぶらと。巡ってきました。

陸旅の記録はいずれ、「覚え書」にメモしたい、と思っています。
長々とお付き合い、ありがとうございました。



画像画像

画像


画像

 
画像


画像画像


画像


画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
hiroshiさん こんばんは

今回の覚書は、いつも以上に素晴らしい写真で楽しませていただきまして、本当にありがとうございました。
素敵な色あいに包まれた街が多くて、毎回更新されるのを楽しみにしていました。
何かコメントを・・・
でも何だか艶消しになりそうで、いつも見てるだけ〜でした。
次の記事がたのしみです(とpush push).
ぽんぽこりん
URL
2010/08/12 22:35
ぽんぽこりんさん、オバンです。

いやいや、ヘタクソな写真を。写真のお上手なぽんぽこりんさんからそのようにおっしゃっていただくと、天にも昇る心地です。ありがとうございます。

もうすぐですね。
メキシカン・リビエラ・クルーズ。
お帰りになってから後の、お写真が楽しみです。

自分も、以前から、あちらへ行って見たいと思い続けているのですが。。。ハワイと同じで、ヨーロッパへ行くほど時間はかからないもので、いつでも行けるという感覚でいるところが、逆の目、行けない原因になっているような気がします。
出来れば、今冬くらいに行ってみたいですね〜。

その時には、いろいろと教えてください。
よろしくお願いします。
hiroshi
2010/08/12 23:32
こんばんは〜〜。
もう終わっちゃうのが残念、悲しい。もっと続けてくださ〜〜い、って思っちゃいます。
初めての乗船の朝。ジェノバの街を歩いて、クルーズなんて初めてでもう未知との遭遇状態ですから、かなり浮かれてハイテンションになって、なんだか円盤状の上の方まで上がって行く乗り物に乗ったんです。あれは何だったのだろうと、今でも妹と言っているのです。私達と数人しか乗ってなくて、円盤状の物が上の方に上がって行くんです。で、自分達が乗る船が見えて来て、いや〜〜、あんな感動も初めてでした。
下船前の哀愁の籠ったお写真達が、また表情が有って良いですね〜〜。
甲板のガラスにに反射した太陽が、何ともいいですね〜〜。
hiroshiさんの次の日記楽しみにさせて頂いてますね。
楽しかった〜〜、hiroshiさんの日記!!こんなに沢山楽しませて頂いてありがとうございました。
murmur1
2010/08/12 23:35
murmur1さん、今晩は。

今週は、驚きました。

宵闇のカナル・グランデの写真のことです。
ご自身でお書きになっている通り、あれはまだ、写真に感心をお持ちでなかったころの写真ですようね?

hiroshiメの、同じ、写真無関心時代のそれは、見るに耐えられない汚さ??です。
なのに。。。
murmur1さんは、やはり、本能的な「美」に対する鋭い感性をお持ちなのだと、今週は確信しました。
なんとまた、素晴らしい写真であったことか。

ありがとうございます。
地中海、終了にあたってそのように言っていただいて。
murmur1さんの後を追いかけているようで何ですが、今度はバルト海です。帰ってからもう2カ月余り経っているのに、早くとっかからないと。。。
というワケです。

>なんだか円盤状の上の方まで上がって行く乗り物

ビーゴ(Bigo)ではないですか?
ビーゴとはパノラマ・エレベーターで、ジェノヴァのシンボルのひとつですね。大回転しながら、エレベーターは40メートルの高さまでのぼり、旧市街や港が一望ですよね。

ハナシは元に戻りますが。。。
今度行く、サルーテ教会をお撮りになったあの街で、murmur1先生に負けないような写真を何とか狙ってみたいと、早くも張り切っています。
hiroshi
2010/08/13 00:06
hiroshiさん   オバンデス〜〜☆゛★♪

ジェノヴァでまず思い出すのは「母をたずねて三千里」
マルコ少年は海を渡って〜 
「ジェノヴァ」は懐かしい響きです。

終わるんですか? 何方かが言って居られましたが、次の旅の予定がお有りなんですよね? ベネチュア? はてさて??
旅は何時出発でしょうか?
大忙しですね〜〜

素晴らしい街歩き楽しく見せて頂きました。
行けないから、行った気分が嬉しいです。

ナイルもまだ有りますが、何と言っても北欧が有るんですもの〜 
私はブログネタ切れです。
何とかせんとイカンバイです。
たえこ
2010/08/13 18:48
たえこさん、今晩は

今日は、いくらか涼しかったです。こちらは。
たえこさんのお住まいの地域ではいかがでした?

>ジェノヴァでまず思い出すのは「母をたずねて三千里」
マルコ少年は海を渡って〜

そうですね。
フジテレビのアニメーションですよね。
「フランダースの犬」に続いて放映されましたか?
多分、たえこさん宅でも、ご子息たちが子供のころ、よくご覧になっていて、ご一緒に見てらっしゃった?

わが家でもそうです。
ちょうど食事時と重なって、当時、わが家では、食事時は一家団欒で楽しく食事を、テレビは見ちゃいけません、などと、相棒が教育方針を立てていた? 若い理想主義者時代で、子供たちから反発されていましたよ。

で。「母を。。。」のタイトルを聞くと、アニメの方を思い出して、原作の、自分が子供であったころの「クオレ」よりもよほど印象は強烈です。

次の旅。
クルーズは、今度は、航海途中で向こうへ立ち寄る船を選びました。たえこさんご夫妻がカーニバルでおやりになった手法です。今秋に行きます。乗船13日間のコースです。

そうですね。
バルト海クルーズを放りっ放しなもので、気になっております。早く載っけないと忘れちゃいそうです。

たえこさんは、写真の先生ですから、何をお載せになっても、読者の皆さん、興味津々ですよ。ネタは無尽蔵ですよ。旅の記録としての価値もさることながら、写真の美しさ、素晴らしさが魅力ですから。第一、一番弟子のhiroshiメが、そうですから。
hiroshi
2010/08/13 20:02
MSC乗船記、楽しませていただきました〜!!!

蛇口なんかもいろいろこだわりがあるのがヨーロッパの楽しいところですよね。田舎風の風景の写真も素敵です。

次回からはバルト海ですかー!?
タリンが楽しみ〜♪
みーな丸
2010/08/14 02:53
みーな丸さん、おはようございます。

ヘタクソな乗船記にお付き合いいただき、ありがとうございました。
自分には、みーな丸さんのマウイ島滞在記の方が、とても気になっています。そして楽しませていただいています。

>蛇口なんかもいろいろこだわりがあるのがヨーロッパの楽しいところですよね。

ねぇ。
歴史の所産なのでしょうね。
ヨーロッパでは、文化の違いなのでしょうね。街中の小さな小物に、とても面白いものが多いですね。

自分は最近、ドアに凝っています。
次回に載せるバルト海クルーズ記でも、撮ったうちのほんの一部を載せるつもりでいますが、とても味わいがあります。

タリンは、残念ながら雨に降られました。
あまり綺麗な写真を撮れなかったのが残念です。
いえ、天気が良かったとしても、腕が腕ですから、たいした写真は撮れなかったでしょうけれども。
hiroshi
2010/08/14 10:57
こんばんは! アマルフィの続きでずっと拝見していたら、ベイクド・アラスカ、ジェノヴァと来て、あれ? アーゾロの写真が3枚もあるではないですかぁ?! お出でになられたのですかぁ?! なんとまぁ、まぁ。

ええ、やはりジェノヴァ、アマルフィは行ってみたいですねぇ!
shinkai
URL
2010/09/12 07:49
shinkaiさん、おはようございます。

あはは。
イタリアで、初めて車を借りました。
こちらを追い越したあと、ドライバーの方
3人に1人は、左手から自分の顔を覗き込んできました。そして、なんど、東洋のジジイか、運転の下手なのも仕方がないな。そんな感じで追い越して。。。とほほ、でした。

shinkaiさんの縄張りへ、無断侵入させていただきました。初めは、アレッサンドリアからピアチェンツア、クレモナへと行くつもりでいたのですが、連れ合いが、shinkaiさんの素晴らしい写真を拝見して、こちらだと。というワケで、あちらを最東端に、ミラノへ引き返しました。

イタリア住まいでご存知なのかどうか。
昨年、日本で同名の映画が制作、公開されて、ちょっとしたブームでした。アマルフィは。ということもありまして。。。

3〜4週間後に、またまたshinkaiさんのお国へ行く予定です。ただし、今回もまた船なので、滞在はほんの数時間ほどだけですが。バルセロナを発着港に、イタリアではリヴォルノ、チヴィタヴェッキア、サレルノ、ヴェネツィアに立ち寄るコースです。アドリア海を隔てたお向かいの国のスプリトへ立ち寄るのを楽しみにしています。

アマルフィもジェノヴァも、おもしろかったです。ジェノヴァは、絵になるのは狭い、ほんのわずかのエリアだけだと思いましたが。。。shinkaiさんがご覧になるといかがになるのか? 拝見したいです。
hiroshi
2010/09/12 10:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

再びのジェノヴァ、そして下船。MSC最終回。 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる