潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS 夜も明るい終日航海日。北海、白夜の季節へ。

<<   作成日時 : 2010/08/31 23:03   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 21

 
5月17日。
セレブリティ・コンステレーションは北海へ、ゆったりと。


画像



潮騒に似た、「ザヴァーン」とも「ザブゥーン」とも表現できそうな独特の波音を残しながら、船首で波を蹴立てて。
船尾で白い航跡を引きずり。。。

この日は、終日航海日でした。
セレブリティの船で、久々、わが家で言う「海の日」です。
「海の日」体験は、昨年5月20日、シトカからビクトリアへ向かった、アラスカ・クルーズ以来、ほぼ1年ぶり。
で、楽しみにしていました。
そして。朝から夜まで、愉しみ続けました。


画像



先立って、アムステルダム港を出発した16日。

北海のさらに北部、ノルウェー海と接するスカンジナヴィア半島一帯。
北の国の、ベルゲンあたりでは通夜薄明が続き、トロムソあたりではもう日が沈まなくなった、と、白夜の季節の到来を、キャビンのTVニュースは告げていました。

まだ残る時差ボケと乗船初日の緊張感でやや疲れ、深酒を避けて早めに眠ることに決めて、ベッドにもぐりこもうとしていたひと時。
外をのぞくと。
はるか遠くで、ユラユラとゆれながらまたたく灯火が見えました。

北海油田の、プラットフォームの一つです。
時間は、午後10時15分過ぎ。船の周りは、まだ十分、読書できるほどの明るさでした。


画像



そういえば。
ディナータイムの料理写真は、滅多に撮らないのですが。。。

油田の光景を遠くに見たころからさかのぼる、3時間ほど前の16日夜。
乗船初日から、料理の皿を、撮ることが出来ました。

とくに今回は、ツアーです。
テーブルを囲む方々は皆さん、初対面の人たち。
無作法な、と、顰蹙を買いたくないので、テーブルについてしばらく我慢していたのですが。

同じテーブルの、仲間の皆さんが次々にカメラをポケットから取り出して、料理にレンズをお向けになります。

そうか。
ならば、こちらも、撮らせていただくか、と。
各、1品にわずか1枚だけですが、フラッシュなしで、撮影させていただきました。1枚だけなもので、ボケボケ、手ぶれ、焦点合わず、の写真ばかりですが。。。


画像



画像以下、乗船初日夜、こちらのお願いした、ディナータイムのコース料理です。

前菜は、メニューの名が「トロピカル・フルーツ・メロディ」。
中味は、パイナップルをメインにメロン、ライチ、マラスキーノ・チェリー。ほとんど目立たぬくらいの蟹の爪肉がを混ぜ込んだ、フルーツ&クラブ・サラダでした。


画像スープは。。。

これは、手ぶれ、ボケ大、で何が何だかわかりませんね。

一応、メニューの名は「ズッキーニと人参とヌードルのスープ」。
浮いているのはズッキーニです。おいしかったです。


画像口直しは、赤ワインのグラニテであったのですが。

グラニテ、というよりも、ソルベに近い舌触り。
口に入れるともう蕩けている状態。
でも。
甘く冷たく、これも旨かった。



画像



メインは、「ロブスター&ミックス・シーフード」。
ロブスターにホタテ、タイガー・シュリンプなどなど。日本人向けで気遣いしていただいたのか。。。
塩味も柔かく、素材の味をそのまま生かした日本料理にも通じるような繊細な仕立てで、大満足でした。

画像最後、デザートは、「ベリーのソルベ」とあるのを選んだのです。

詳しくは、読み忘れちゃったのです。
多分、ジュンベリーではなく、ラズベリーではなかろうか。
味はそんな感じだったですが、シャーベットの赤色を見ると、もう少し淡いですよね。何だったのだろう??



画像



そして。
我々のテーブル担当のウェイターはインド人。
バスボーイは、何とマケドニア人。エジプト、プトレマイオス朝を開いたアレキサンダー大王を生んだバルカン半島の人。初めて、マケドニアの国の人に会いました。

そして。
多分、世界のクルーズ・ファンの人々が、彼、バスボーイ、くんの母国を知ると、皆、アレキサンダー大王の名を出すからでしょう。
こちらも同じ名前を出したら、「お〜、わが尊敬する母国の大先輩」と冗談を。

以来、食事時を迎えると、テーブル周りで、二人で大王の話題で盛り上がりました。

もちろん、専門的、考古学的な史実は、こちらは知るワケもなく、ハリウッド仕立ての映画に基づく程度の軽薄浮薄な、クレオパトラ女王やアレキサンダー大王の、ホントかウソかわからない逸話を引っ張り出しての、冗談話ばかり。

が。
さすが、大王を生んだ国の人となり、のよう、でした。
冗談話で客のレベルローの知識に合わせていますが。。。
彼は、学術的な逸話や史実も、かなり深く知っている風情でした。


画像


画像



こうして、翌17日。「海の日」。

北海からスカラゲラク海峡を経てカテガット海峡へと、ユラン半島、デンマーク沖をぐるり。バルト海入りして、最初の寄港地、ヴァルネミュンデを翌18日午前9時着を目指し、航海が続きました。天気晴朗、波穏やかでした。17日夜半、少々荒れ始めるまでは。

その間。
フィットネス・センターからアクア・スパへ。温水プールで「♪ここは北海、セレブリティの湯。あ、良い湯だな♪」を久々に楽しみ、エスプレッソを愉しみ。。。


画像



画像そうそう。

そしてここで、
「驚愕。セレブリティ名物カフェ、消える」、とライブでわが「覚え書」に書き送ったワケですが。。。

「COVA Cafe(コヴァ・カフェ)」。
創業1817年。ご存知の方、そしてファンの方は多いと思います。


画像イタリア、ミラノのスカラ座の傍らにオープンした、ミラノの名物店。
セレブリティ・クルーズと提携し、この船会社の名物店でもあります。

ミラノ本店と同じく、船でも、創業当初のころの、スカラ座の横に構えた初代店舗の油絵を、店の中央に掲げていました。



画像


画像



なのに。
乗船した「コンステレーション」では、書き送ったとおり「コヴァ・カフェ」はなくなり、新たに「al Bachio(アル・バッチォ)」が登場。

そして、なのに。

船でくれた、我らのキャビンナンバーを記したリファレンス・ガイドでは、そちら、メイン・カフェは「COVA Cafe」のまま。
かてて加えて。スタッフの一人は「オール・シップ、チェンジしたんだよ」と。

帰国して、2010年4月から2011年3月までのパンフレットに載っている、セレブリティ全船のデッキプランでも、またホームページ上のデッキプランでも、「コヴァ・カフェ」となっていたのですが。。。

つい最近、ネット上、セレブリティのHPを紐解き、コンステレーションのデッキ・プランをチェックすると、コヴァ・カフェは消えちゃいました。

しかし、「ミレニアム・クラスの残るミレニアムやインフィニティなど3船をはじめ、センチュリーなどのデッキ・プランでは、「COVA Cafe」は、現在ただ今も、残っているのですね。
ちなみに、縁遠い思い、つまり、それほど乗りたいとは思わない船であったため、これまでチェックしてこなかったソルスティス・クラスのデッキ・プランを見ると、2009年版パンフレットでもう「コヴァ・カフェ」ではなく、「アル・バッチォ」がメイン・カフェなのですね。


画像


画像


画像

 


というワケで。
ミレニアム・クラスの1船、コンステレーションだけ、今年度、模様替えしたのが、どうも、真相のようです。

念のため。
近く、もう一度、デッキプランでは「コヴァ・カフェ」が存在することになっている船に乗って、ほんとに「ある」のか、それともデッキ図上だけなのか。確認してくるつもりです。

と。。。
しゃちほこばった固いハナシをしていますが。。。
北海からバルト海へ行く船上では、エスプレッソはやはり、「コヴァ・カフェ」の方が、たまらなくおいしいに違いないような気がして。。。
「アル・バッチォ」は、「コヴァ」の場合の半分も行かず。数種類のチョコの中から好みのそれを一枚、添えてくれるのが。まぁ、嬉しかったですけれども。

この一角に腰かける回数は、コヴァよりもぐ、ぐ〜んと減って。
1日あたり1〜2杯しか、こちらでは飲みませんでした。
残念。
 

 


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(21件)

内 容 ニックネーム/日時
(* ^-^)ノこんにちわぁ〜  hiroshiさん  

懐かしい船内ですよ〜 見慣れた上品な船内の様子が嬉しいです。
「コヴァ・カフェ」は何で?無くなったのでしょう?
hiroshiさんが、とても残念なのが良く伝わりますデス。

あらためて見せて頂いて、船体の美しさも、内部もやはり、このお船が一番かなあ〜って思います。

インフィニテイと似てますが、こちら(コンステレーション)の方が少し綺麗と思います。

>近く、もう一度、デッキプランでは「コヴァ・カフェ」が存在することになっている船に乗って、ほんとに「ある」のか、それともデッキ図上だけなのか。確認してくるつもりです。

オオッ セレブリテイのお船ですか!!
いいなあ〜 詳しく教えて下さいナ〜  
たえこ
2010/09/01 16:17
たえこさん、今晩は

出かけていて、お返事遅れ、申し訳ありません。

>懐かしい船内ですよ〜 見慣れた上品な船内の様子が嬉しいです。

ねぇ。
お懐かしいでしょう。
そうですよね。
自分も、「インフィニティの内装よりも、コンステレーションの内装の方が好きです。

コヴァ・カフェ。なぜなのかわかりません。
スタッフの一人は、全船、チェンジした、と言っていたのですが、セレブリティのホームページで、各船のデッキプランを見ると、そうではありません。

コンステレーションも、つい先まではコヴァのままだったのですが、先日、この「覚え書」を書くために、あらためてチェックしてみたらば、今度は変わっていました。

コヴァ・カフェのミラノの本店のホームページを見ると、いまも、セレブリティのメイン・カフェとしてコヴァ・カフェを出していると書いてあります。

今度は、一度乗ったことのあるセンチュリーです。
やっぱり5万トンから8万トンくらいの船が、一番居心地がいいです。
巡るのは、バルセロナ発着で、ヴィルフランシュ、リヴォルノ、 チヴィタベッキア、ドヴロブニク、ヴェネツィア、スプリット、サレルノ、バルセロナ。途中、終日航海日が4日間。ヴェネツィアは、オーバーナイトです。

以前、たえこさんご夫妻がいらっしゃった、カーニバルのコースと、比較的に似ていますよね。
hroshi
2010/09/01 20:39
hiroshiさん 

コースは、そうですね〜 あの時に近いですが〜
ヴィルフランシュ、スプリット、サレルノは行って無いんです。
素晴らしいコースです。

センチュリークラスのお船はどんな感じかとても楽しみです。

そう〜そう〜、前回の歓送放水で盛り上げて頂いて〜
良い感じ〜〜  
たえこ
2010/09/01 20:59
たえこさん、

ね?
良く似ているでしょ?

hiroshiメも、サレルノをのぞく、お挙げになった2つの港は、初めてです。ヴィルフランシュ・シュル・メールはエズの街からはるか、見下ろした経験はありますが、訪ねるのは初めてです。スプリットは、丸々初訪問。テンダー上陸した場所から街一帯がそのまま世界遺産ですから、楽しみにしています。
ヴェネツィアでも、久々、ちょっと知り合いのレストランへ行ってきたいと思っています。
hiroshi
2010/09/01 21:25
こんばんは、hiroshiさん。
初めてのクルーズの時にコンステレーションのお姿をジェノバで見ました。
落ち着きのある上品なお船ですね。
お料理、凄く美味しそうですね。
お船によって全くちがう〜〜。メインのロブスターとか
一回もコスタでは見ませんでした〜。それにグラニテまでちゃんと出るのですね。素晴らしい。
それにシュガーが置いてあるって事はコーヒーもでるのですか?コスタではコーヒーは食後に自分でバーやラウンジで飲む様になってました。他の船のお食事を見せて頂くのはとても楽しいです。有り難うございました。
ツアーですと回りに気を使いますものね。でも皆さんが撮られるのなら、安心でしたね。貴重なお写真を有り難うございます。
コヴァ・カフェ
本当に残念ですね。ミラノに行った時に宿泊したFS から近かったのですが、お休みでした。8月後半だったから仕方ないけれど、hiroshiさんのお話を伺いますと一度イタリアンカフェを頂いてみたい思いが募ります。ペニンシュラの前にも有るのですが、いつか本場、もしくはお船で頂きたいとまだ入った事が有りません。

>5万トンから8万トンくらいの船が一番居心地がいいです
本当ですね。動きやすいですものね。中が把握出来なくて、最初戸惑いました。大きすぎるのは大変です。

バルセロナ発ですか。良いですね。バルセロナはガウディも良いけれどお皿とか、壷(花瓶)とか、お土産もとっても楽しいです〜。入れて下さる外側の放送の箱も素敵だし。奥様、大変かも。
カカオサンパカのチョコレート、バルセロナで召し上がって来て下さいね〜。是非〜。素敵なコースですね。
いいな〜〜。お話を伺えるのがまた楽しいみです。

油田!!初めて見ました。海の真ん中に。
すごい。

murmur1
2010/09/01 21:25
hiroshiさん こんばんは

一枚目の写真から釘付けです!
二枚目はその場にいるような光の加減に感動しました。
船内の様子やお料理の様子も、船の旅を知る人ならではの
素晴らしいものですね。

北海油田は飛行機からしか見た事がありません。
一度はやっぱり海から見てみたいです!


ぽんぽこりん
URL
2010/09/01 21:52
murmur1さん、オバンです

気持ち玉、いつもいつも、お心遣いいただいて、ありがとうございます。
ジェノヴァでコンステレーションを?
たえこさんもお好きなようですが、hiroshiメも比較的に好きな一隻です。と言いながら、今はコスタに乗ってみたくて。。。murmur1さんのブログの影響を受けまして。。。ネット上ですが、サルーテ教会写真記事以来、先生の「追っかけ」をやった影響もあるのだと思います。コスタ病です。
とはいえ、センチュリーはそのずっと前に予約しちゃったもので、これはこれで楽しみですが。。。

そうそう。
今度は、バルセロナ発着です。murmur1さん危うし、の、あの手を入れてきた「きれいな」カップルのいる街。何度か行っていますが陸旅で、船では初めてです。気をつけようと思っています。

>奥様、大変かも。
>カカオサンパカのチョコレート、バルセロナで

おっほっほ。
相棒には、ショッピング時間は切り詰めさせなければいけないですね。チョコは知りませんでした。お教え、ありがとうございます。

コヴァ、やはり、エスプレッソは、美味しいです。多分気持ちの部分もあるのでしょうけれども。先だって、MSCを下船した後も、ミラノに立ち寄った折は行ってきました。やはり、「うまい!」、という感じです。

murmur1さんのコスタ乗船記、毎回楽しみです。
ひょっとすると、もう、また新しい記事がのっているのでしょうか?
ちょっと前に帰宅したばかりで、まだお邪魔していません。いってみなくっちゃ!
hiroshi
2010/09/01 21:56
ぽんぽこりんさん、オバンです。

おっほっほ
ぽんぽこりんさんに写真をおほめいただくと、背中に羽根がはえて、うれしくてどこかに舞い上がっていきそうです。

北海油田。
遠くからですから、ブレブレ写真です。250ミリに×2のテレコンバーターをつけて、手すりにカメラを乗っけて撮った10枚ほどのうちの1枚です。これでせいいっぱい。やっぱり、初めてまだ3年の素人です。

ぽんぽこりんさん、いよいよですね。
あと2週間後ですか?
ご出発は、前泊入れての土曜日でらっしゃいましょうね?
早くも、期待に胸膨らませています。
メキシカン・リビエラ、一度行ってみたいと思い続けているんです。
楽しみですね。
ぽんぽこりんさんの乗船記。今回もまた、おじょうさんもご一緒でしょうね?

hiroshi
2010/09/01 22:06
hiroshiさん、こんにちは〜。アムステルダムの出港風景とコンステレーションの船内楽しませていただきましたー。

ほんと、コヴァカフェがなくなったと聞いた時は私もとってもショックでした。
センチュリーには残っているといいですね!

次回はバルセロナ発なんですね。ターミナルが新しくていいですよー。
カーニバルのコースに似てます♪(たえこさんの行かれた次の年にいった同じコースが私の初クルーズでした)
あ、そのカーニバルですが、今年はヨーロッパにはいないんですよー。アメリカの経済が打撃を受けてから今ひとつ採算がとれなかったようで。2008年にはバルト海クルーズまで広げていたのに…。(乗客のほとんどがアメリカ人だったからでしょうか)
来年からまた戻るようですが地中海のみのようです。
でも、初クルーズで乗ったやつがなくなっちゃうと寂しいので、船は違ってもカーニバルが地中海に戻ってくれて嬉しいです。

スピリットにはとっても興味があるので、今から写真を拝見させていただくのがとっても楽しみです!ドブロブニクへ何も調べず期待もせず行ったら、私好みの素敵な街でびっくり&感動し、その後クロアチアにはいい印象が……(笑)
みーな丸
2010/09/01 23:52
hiroshiさん。みなさん。こんばんわ

いいな〜〜
船いいな〜

そして、もうすぐ再び。。何旅ですか^^

クルーズで海の日が4日と言うと・・かなり長いコースですね

こうして見てるだけで我慢かしら

今日職場で、mayumiさんは今年は行かないの〜〜と聞かれて、代わって同僚がmayumiさんは行けないわよ〜と

そうですね。他人にはそう映る状況でしょうね

murmur1さんのコスタの乗船気を楽しみに拝見してます。murmur1さん。読み逃げですみません

hiroshiさん。こちらで、ごめんなさい

hiroshiさんのこれからの乗船記と、この次のクルーズも楽しみ

私はどうなるか

明日は、実家です




海を見ながら食事したりコーヒーを飲んだりプールに浸かったり・・至福の時です
mayumi
2010/09/01 23:55
みーな丸さん、おはようございます。

お返事が遅れています。ごめんなさいね。
忙しいと愚痴を言っていた夏休みが終わってホッとしたのもつかの間、朝からご町内の秋行事が次々
今朝は早く起きたのに、今ごろになってようやくPCの前に座れました。
>コヴァカフェがなくなったと聞いた時は私もとってもショックでした。
そうでしょう、そうでしょう
自分も、しばらく唖然、呆然、でした。おっしゃるとおり。センチュリーにはぜひ、残っていてほしいと願っています。
>次回はバルセロナ発なんですね。ターミナルが新しくていいですよー。
そうなんですか?
まだ、あちらで、船で寄港したこともないんですよ。港界隈では、コロンブスの柱を見に行ったり港内遊覧船に乗ったりしたこことはあるんですが、多分様子は変わっているのでしょうね。

>カーニバルのコースに似てます♪(たえこさんの行かれた次の年にいった同じコースが私の初クルーズでした)

そうですよね。掲示板で、だったでしょうか。お聞きしたことがあります。
カーニバル、業績不調なんですか?
おっしゃるとおり、いませんよね。もう一度、たえこさんやみーな丸さんと同じように、今度は地中海であの楽しいカーニバルに乗ってみたい、というのも夢の一つなんですが。

>来年からまた戻るようですが地中海のみのようです。
でも、初クルーズで乗ったやつがなくなっちゃうと寂しいので、船は違ってもカーニバルが地中海に戻ってくれて嬉しいです。

そうなんですか? こちらも同じ、ウレシイです。

スプリット、自分も期待しています。
どんな街なのか、写真をいっぱい撮ってきますね〜。
hiroshi
2010/09/02 10:58
mayumiさん、おはようございます。

ただいま、ご実家に向けて西進中でらっしゃいましょうね〜〜。車? 新幹線?
しかし、えらい! mayumiさんはご立派
尊敬していますよ〜〜。

>海いいな〜〜
>船いいな〜

良いですよね〜。海は。
後3カ月後を目指して。無事、元気に3カ月後に、目標にたどり着けますように。応援しています。

今度行くコース。チビタも立ち寄りますよ。
電車かユア・オウンのショア・エクスカーションでローマへ入って、モザイクのある、あまり有名でない教会を二つほど巡ってこようかと計画しています。

>murmur1さんのコスタの乗船気を楽しみに拝見してます。murmur1さん。読み逃げですみません

そうですよね。
mayumiさんも、今度はコスタ族ですものね〜。しかも、あちらの乗船記で今、お載せになったばかりのソレントは、女3人旅を決行された思い出の土地。楽しく日記を拝見させていただいたもので、murmur1さんの乗船記を拝見しながら、mayumiさんの旅行記を思い出させていただいていました。
ご主人とご一緒の次の旅。ほんとに羨ましい。乗ってみたいです。

>私はどうなるか

そうそう。気になさっているだろうと思います。
が。
↑ でも書いたとおり。
きっときっと、実現しますよ
hiroshi
2010/09/02 11:17
murmur1さん、

↑ ご質問にお答えしていませんでした。

>グラニテまでちゃんと出るのですね。

そうなんです。
毎日、違った味のグラニテが、キチンと出てきました。
この船の前のMSCでは、おっしゃられるのト同じ、出てきませんでした。

>それにシュガーが置いてあるって事はコーヒーもでるのですか?

そうなんです。
最後は、コーヒーか紅茶からだけの選択ですが。一応。

そして、面白かったです。こちら、アレキサンダー大王の後輩?のマケドニア出身のバスボーイくんの担当なのですが。。。
何しろ、ウェイターとのペアで6〜8人のテーブル3つ担当しているのですね。で、ただ聞いて回っては、どちらを注文したか忘れてしまうのか、「奥の手」というか「マジック」というか、独特の方法を使っていました。

それは、テーブル周りの客が紅茶注文組かコーヒー注文組みか区別するのに、カップの持ち手の部分を、注文した本人と並行に置けばコーヒー、斜め手前に置けば紅茶、という風に分けて憶えていたのです。

3テーブル(うち2テーブルは我々のグループ、残る1テーブルはドイツ人グループ)あわせて20人ほどもの客の注文を良くまァ、憶えて折れると、初めは不思議だったんですが、乗船半ばでタネと仕掛けがわかりました。
それから、コーヒーを注文しているのにあたかも紅茶を注文したかのごとく持ち手を回しておいたら、コーヒーを持ってきた時に一瞬、怪訝な顔をしましたが、その時には、こちらを含めてほぼ全員、客の好みを会得し終わっていて、にやり、と笑いながらコーヒーを注いでいきました。
hiroshi
2010/09/02 18:07
〜上から続く〜

翌日、また持ち手を回転しておいたら、今度は冗談で逆をとって、紅茶を注いでにやり。そしてその直後、別のカップでコーヒーを注いで、すぐ、目の前に置いてみせる、手品のような手をつかってまたにやり。
面白かったです。
hiroshi
2010/09/02 18:08
拍手コメントの方にお知らせを頂きまして、参りました。
楽しくて、もう二回ほど日記の最初から読ませて頂いちゃいました。
グラニテも出ますとお食事がよりアップした感が致しますね。
それにコーヒーか紅茶まで出るのはやはり嬉しいです。
MSCやコスタが出さないのは、イタリアの方はあたり前の様に何杯も飲むから好な時間に何杯でもって言う感じなのでしょうか。お夕食のお隣の席だったご家族と最後の晩お食事の後、あのアトリウムで食後のコーヒーを頂いたのです。聞いてみたら、毎日数えられないほど飲むってやっぱり仰ってました。だから、イタリア船だとご随意にって感じなのかも知れませんね。バスボーイさんやるなあ〜〜。
ってhiroshiさんの茶目っ気もすっごく楽しいです。
たくさんの席を持ってらっしゃいますものね。分からなくなっちゃって当然ですよね。そっか、大王様さすがな手を使いましたな。こう言うやり取りとか、コミュニケーションが有るからこそ、クルーズはやめられないのですよね〜〜〜。
hiroshiさんだからこその、ユーモアあるやり取り、聞いてるだけで楽しくなっちゃいます。
こんな楽しいお話まで聞かせて頂いちゃって、有り難うございました。カカオサンパカは丸の内に出店しているのです。でも、やはり出来立ては絶対にお味が違うのですよね。私達ガ行ったのが20日、お休みが22日までだったのです。お店には行ったのですががっかりでした。もし宜しかったらチェックされてみて下さいませ。前にブログにチョコレートのソフトクリームを乗せたあのお店です。
murmur1
2010/09/02 21:24
続き

mayumiさん、読んで下さってらっしゃるのですね。
感謝です。
有り難うございます。
そして、どうもmayumiさんにもコスタの香りが。。ってhiroshiさんのお言葉から(笑)
お忙しい日々でらっしゃいますね。どうぞお体に気を付けられてご実家でのお時間をお過ごし下さいませ。
また遊びにいらして下さいね。

hiroshi さん、場所をお借りして申訳ございませんでした。
有り難うございました。
murmur1
2010/09/02 21:25
あらら、murmur1さん、

コメントまでまたまた頂戴して、お忙しいのに申し訳ありません。

ご質問にお答え忘れのアホバカぶり、大変失礼な行為であったもので、気づいてあわててお知らせしたまでなのに、かえってご迷惑を。申し訳ありません。

行き違いで、murmur1さんのブログをお訪ねしていました。

「真夜中のコアントローの掛かったクレープにアイスクリームにチョコレートソース。
おいしかったです〜〜」

クリックして拡大して、隅々まで味わい尽くしてきました。
真夜中なのに、ブレもボケもない、見事なお写真。いますぐにでも、コスタにはせ参じたい、と思うほどの写真でした。

そして、ご丁寧に、ありがとうございます。

>あの店です。

はい。すぐにわかりました。
ぜひ、ぜひ、行ってきたいです。

mayumiさん。
hiroshiメがお話しすると、ちょこざいな、そこになおれ! と、打ち首にされても文句は言えない立場であるもので。。。ご本人に関わるお話は、いずれご本人からなさることもあるのではないでしょうか。

murmur1さん、次回はパレルモ、とお書きになっていました。またまた、可愛い陶器をお求めになってきました? 

もしそうならば、ぜひぜひ、拝見したいものです
hiroshi
2010/09/02 21:45
こんばんは。hiroshiさん 
いあや〜素晴らしい優雅な海の日ですね〜。海もきれだし夕焼けもきれだし、ご飯やデザートもとっても美味しそうですね
オーストラリアまでもうちょっとです!!
明日も頑張ってきます
あおちゃん
2010/09/02 22:37
あおちゃん、おはようございます。

もう、とっくにお仕事へ、ご出勤ですね。時間を見ると。

>オーストラリアまでもうちょっとです!!

ほんとに〜〜。
今ごろ、この時間帯は、休暇前、最後の仕事の追い込みに、テキパキと動き回ってらっしゃるころでしょうね。
あおちゃんお凛々しい姿が見えるようです。

ブリスベーン入りかシドニー入りかケアンズ入りか? はたまたシンガポール経由か? どちらの便でいらっしゃるのか、興味津々ですが、いずれにしろ、明日、またはあさっての夜発でしょうか?

搭乗時間、ハワイに比べれば結構長いですものね。お疲れにならないように、お気をつけて。
向こうは、いまは春ですか? サツキの花盛りははじまっているのかなぁ。
キレイな花の季節のあちらを、あおちゃんの見事な構図の写真で見せてもらえるのを楽しみにしています。

船は、この終日航海日が、結構好きなのです。朝、目覚めて「ア、今日は海の日だ」と思うと、子供のころに遠足に行ったあの日の朝のような気持ちになります。ウキウキ、ウシシ

hiroshi
2010/09/03 10:59
hiroshiさん、こんにちは〜

暑いですね〜
暦は9月だというのに真夏の暑さですが、お変わりありませんか

「海の日」いいですね〜
終日何をしようかな?と前日の夜から考えてしまいますが、結局のところ何もしないで、カフェで美味しいコーヒーを頂き、行き交う船や航跡をぼ〜と見ていたりしているのが1番だったりして!
やはり、船と海が好きなんですよね〜hiroshiさんも

北海油田の撮影は勿論、望遠だと思いますが高さどのくらいあるのか気になります。
海面から40〜50mはあるのでしょうか?

あちらのお方も、料理の写真を撮るんですね!
日本人だけかと思いましたが・・・・{%顔モジヘェー
(シェイク)hdeco%}
美味しそうな料理の数々です




nao
2010/09/03 14:21
やぁやぁ、naoさん、今晩は

出かけていて、お返事遅れ、失礼しました。
お久しぶりです。お元気ですか?
お忙しそうですね。何よりです。

お書き込みいただいた時間を拝見すると、本日はお休みだったんですね。そうそう。たまにはごゆっくりご休養なさらないと。

>終日何をしようかな?と前日の夜から考えてしまいますが、結局のところ何もしないで、カフェで美味しいコーヒーを頂き、行き交う船や航跡をぼ〜と見ていたりしているのが1番だったりして!

あはは。
お見通しですね。ということは、皆さん、似たり寄ったりの過ごし方をなさっているのでしょうか?

北海油田、知らないのですよ。
しかし、望遠、プラス、テレコンバーターをつけてのぞいてみていた限りでは、かなりの高さに見えました。水面上に出ている部分だけで。おっしゃるくらいか、それ以上にも見えました。

>あちらのお方も、料理の写真を撮るんですね!
日本人だけかと思いましたが・・・

いえいえ。
同じテーブル仲間は、皆さん日本人です。
今回はツアーで行きましたので、お仲間2テーブル分、全員、しっかり日本語だけで通用しました。
ラッキー

そうですよね。
外国の方で、料理写真をお撮りになっている方は見たことがありませんよね。

なるほど。
それでわかりました。
hiroshiメが、料理写真を撮ることに言われようのない羞恥心を感じるのは、そのせいなのですね〜。
テーブル仲間が日本人ばかりだったら、そんなに恥ずかしくない理由が、いま、わかりました。
おかげさまで。。。
hiroshi
2010/09/03 20:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

夜も明るい終日航海日。北海、白夜の季節へ。 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる