潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS 無知ゆえもう一度。バルセロナ聖家族教会。

<<   作成日時 : 2010/11/13 15:16   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 13

 
最近、ニュースに疎くなったような気がします。
新聞を読まなくなりました。

ネット社会の一つの弊害ではないでしょうか。
いや。
自己責任領域なのに。
ネット社会にかこつけた、言い訳です。


画像



関心のある分野の情報が無尽蔵ですから、その分野の話題ばかり読んでいて、日が過ぎていきます。
結果、さほど関心のない分野やそれに類する話題は、読まないし、知らなくなっちゃっています。

昔のように情報源は、専門分野の業界紙を含めた一般紙など、新聞や雑誌、テレビに限れられていれば、経済も政治も国際社会の問題も、切った張ったの社会ダネもスポーツの話題も家庭ダネも、はてはタレントの結婚談議などテレビ、ラジオ情報まで、情報量は少ないゆえ目通ししちゃって、浅く、ではありますが、結構幅広く、昨日、今日の出来事を把握できたのに。

ネットは、興味のある分野の情報量が無尽蔵であるために、それ以外の情報に目通しすることは自身にかなりの規制をかけないと、ついつい無頓着となっっちゃいます。
結果、ある意味では、情報音痴の世界に入る引き金になっちゃう。自己管理が大切。最近、しみじみ、そう感じています。

もって瞑すべし。

と。
自らの昨日午後から深夜までいっぱいの、お遊び情報検索ばかりにのめりこんでいる状態の言い訳を、ネットのせい、にしちゃっていますが。。。


画像

写真はいずれも、これまでに出逢ったカーニバル船でありますが、スプレンダーではありません。

メキシカン・リビエラ・クルーズで火災を起こしたカーニバル・スプレンダー。
さすが、クルーズの本場、アメリカでの、クルーズ業界を牽引する巨大クルーズ会社お膝元の海域でのクルーズ・ラインの思わぬ事故とあって、ニュースは無尽蔵。取り上げたCNNをはじめ、情報はあまた、乱れ飛んでいますね。

というわけで、昨日は昼過ぎから夜遅くまで、ネット三昧で、遊んでいました。

カーニバル・スプレンダー。
113,300トン、スプレンダー・クラス。
たえこさんが地中海でお乗りになったカーニバル・リバティ、みーな丸さんが同じ地中海でお乗りになったカーニバル・フリーダムなど、リンクしていただいているクルーズ好きな皆さんの、さらには、こちらが東カリブ海で乗ったカーニバル・ヴァラーなどのコンクエスト・クラス、110,000トンよりもホンのわずか大きいクラス。

昨日、牽引されてサンティアゴに入港したようですが、乗船客の皆さん、ご苦労なさったようです。
プールは禁止。お湯は出ない。温かな食事はない。歯磨きはペットボトルから。暗闇の中でシャワー。そのシャワーも出なくなった部屋も。
。。。などと、情報を読み耽っていて、ほぼ半日が過ぎていきました。


画像



しかし。
さすが、カーニバル。

乗船客へのサービス、フォローは、素晴らしいですね。
つい先、ヴィルフランシュ沖で動かなくなった、こちらの乗っていたセレブリティ以上の、素晴らしいフォローがついて回って、羨ましいくらいです。

以下、カーニバル社のHPに載った、ゲーリー・カヒル社長兼CEOの「お詫び」文を。

(と書いたのですが。。。ただ今、日本時間13日午後3時35分、またまた、コンタクトしたら、もう、情報は切り替わっていました。昨夜は下記の内容でした)。

フロリダ州マイアミ - 2010年11月11日(東部標準時間午前11時45分)

機関室の火災で自力航行できなくなった「カーニバル・スプレンダー」は、西部標準時間で11日午前8時30分、サンディエゴに到着しました。

カーニバル社は、本日中にご自宅へ向けて出発されるお客さまや今夜一晩、エリアのホテルに宿泊されるお客さまなど、乗船客すべての方にそれぞれご希望の手配を承る大きなチームをサンディエゴ在住の従業員たちにより編成しました。

乗船客の皆さんは、この後、乗船代金の払い戻し及び交通費の全額償還と、今回のクルーズに対してお支払いいただいた代金相当の新たなクルーズを将来、無料でお申し込みいただけます。

「この非常に難しい状況の中で、辛抱強くご協力をいただいたご乗船客の皆さんに、我々は心から感謝し、お詫び申し上げます」= Gerry Cahill, Carnival's president and CEO.



画像



ニュースに無知、と感じた、つい最近の出来事を、もう一つ。

イタリアにお住まいの、同じくリンクしていただいているshinkaiさんから教えていただいて、初めて知りました。

バルセロナのサグラダ・ファミリア。
6日前の11月7日、ローマ法皇ベネディクト16世によってついにカトリックのバシリカ教会へ聖別された、つまり、認定された、そうです。着工から128年目。ガウディで有名な世界遺産の「工事現場」はついに、上位の教会へと、特権が与えられたのでした。
↑ で紹介したホームページでも、その喜びで溢れているようです。

画像振り返ってみれば。
サグラダ・ファミリアを訪ねた時には、しっかり、その案内がデカデカと飾られていたのです。
shinkaiさんからお話を聞くまで、あの大きな垂れ幕の文字を、まったく見ていなかったのです。

で。
ネット上で、そのニュースが溢れていますが、そのうちの一つを紹介


画像というワケで。
一度、サグラダ・ファミリアの写真は載っけているのですが。。。
その話題を契機に、もう一度。

あはは。
実は、かなり大量の写真を撮ってきたもので。
これはナイス、もう一度、写真を載っける口実が出来た。



画像



画像まず、第一は、生誕の門。
ご存知、あちらの主任彫刻師、日本人の外尾悦郎さんの15体の天使像の乗る門の上部。
素晴らしいですよね。
個人的に、サグラダ・ファミリアを初めて見たのは、思い出のわが家族旅行よりもさかのぼる2年前、1985年ですが、その時の門の上部は、左写真のような状態でした。
門上部左上の、ハープを弾く天使像が、外尾さんの初めての作品だそうです。そして、最後の天使像が完成したのは、今から10年前。実に長い時間をかけての力作たち、なのですよね。



画像



塔の中段に浮き彫り風に繰り返し刻まれているのは、三位一体を表す、とされる「Sanctus,Sanctus,Sanctus」〜「聖なるかな、父と子と精霊」。
サンクトゥス (Sanctus) は、訳して「聖なるかな」。「Sanctus,Sanctus,Sanctus」と綴って、感謝の賛歌、三聖唱、とも言われている、そうです。

4本の塔は、十二使徒たちを表し、塔自体には初期の弟子のビリポ、トーマス、バルトロマイ、小ヤコブが刻まれているそうです。


画像


画像



続いて、受難の門。

門に描かれたキリスト受難の物語は、「S」の文字を逆に遡るように置かれており、最後の晩餐から埋葬、昇天まで、彫刻群像は続きます。

最後の晩餐の、イスカリオテのユダの足下。
ヨハネの福音書の13章27節、「EL QUE ESTAS FENT FES-HO DE PRESSA」= 「汝、なすべき事を速やかに為せ!」。新改訳版聖書では「あなたがしようとしていることを、今すぐしなさい」。


画像



処刑の前夜、イエスが十二使徒にパンや葡萄酒を分け与えた席で、「あなたがたの一人が私を裏切ろうとしている」と告げたという最後の晩餐の場面で。
テーブルの下に犬の彫刻。犬は本来、忠誠のシンボルですが、こちらに犬が置かれているのは、その使徒たちの無関心を象徴的に表しているのだ、そうです。


画像



キリストへ接吻するユダ。
銀貨30枚でイエスを裏切り、イエスに接吻する事で、誰が師であるかを伝えた、と聖書では書いています。 背後には、悪魔の使いである、ヘビが刻まれています。
数字の升目はクリプトグラム。
イエス・キリストが処刑された年齢を表す、とされる秘数字で、升目の数字を足すと、縦、横、斜めとも33になります。


画像



正面の柱に彫られているのは、荒縄に縛られたイエス・キリストのむち打ちシーン。 隠れているように、柱の影に像はあります。


画像



聖書に書かれている、ペトロの否定の場面です。
イエスの予言通り、雄鶏が一日の始まりを告げるまでの間に、ペテロは三回否定しました。
師を否定したペテロは、恥じ入るように俯いて丸くなっています。


画像



ゴルゴダの丘。イエスに変わって十字架を担ぐ、田舎から出てきたクレネ人、シモンの姿。
その横に立つのは聖母マリアやマグダラのマリアなど三人のマリア。泣いています。


画像



そして。
お馴染みの物語は、まだまだ続くのですが、長くなるので、こちらまで、で。。。


画像


画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
hiroshiさん  オバンデス!!

同じですね〜 ネットどっぷりの毎日です。
私もこれは、如何なものか?って思って居ます。
私など認知症予防に〜と言い訳してますが〜

お若い方が私の様だったら困るかな? と思いますねエ〜
労働すべしかな? ハハハ~~~

クルーズの落とし穴は有るものですね〜 少し怖い様な気に成ります。 新造船で火災! 古いお船も多いのですから〜 しかし、 船の方が自動車事故に比べたら全く少ないんでしょう?

さてさて 下の方の10点の、サグラダ・ファミリアの像をアップで見せて頂き有難うございました。
角ばって居るのに何と素晴らしい彫像でしょう〜〜
悲しみに溢れています。
私が良く見て居なかった物ばかりです。こうして見せて頂いて驚いた私が恥ずかしいです。

 

とにかく凄いです。
たえこ
2010/11/13 18:35
たえこさん、今晩は。

いやいや、たえこさんはキチンとしっかりしたネット生活を送ってらっしゃるでしょうが、hiroshiメはダメですねぇ〜〜。
昨日は、次々に新しく塗り替わっていくカーニバルの帰還の情報を読み耽って過ごしました。どんどん、退化していっているのが良くわかります。

現役時代は、もっと真面目なタイプの人間だった、と思っているのですがね〜〜。
どうも、本質はダメ人間であるようです。

カーニバル、またまた乗ってみたいと思っています。日本人にはあまり人気のない、いわゆる大衆船でしょうが、こちらも一般大衆なもので、あまり違和感はありません。それどころか、自分には、あれこそ我がレベルの船なのか、と思っています。まだまだ乗船予定がないのが残念ですけれども。

サグラダ・ファミリア、写真は、実は、まだまだ「無数」と言ってもいいほど、あります。ちょっと撮り過ぎたかな?というくらい。
またまた写真を載せていいものか、かなり迷ったのですが、清水の舞台で、やっちゃいました。
hiroshi
2010/11/13 19:23
こんにちは! サグラダ・ファミーリア教会のあれこれ、拝見させて頂きました。 日本人の方の彫刻がある、というのはどこかで知っていたのですが、これは素晴らしい作品ですねぇ。 本体にぴったりと合っていますね。 
いやぁ、こちらは法皇様の本拠地なので、毎日ニュースに出ない日がない程に、あれこれ知らされる訳ですが、それはともかく、まさに毎日PCに遊んで貰っていますねぇ! これが無くなったらどうするんだろ?! と言うほどの位置にいますね。 もう必需品!!
呆け防止に効き目があるように、願います。 ははは。
shinkai
URL
2010/11/14 09:15
shinkaiさん、こんにちは。

教えていただいて、ありがとうございました。

PC、おっしゃるとおりです。こちらも。
先般、キーボードのうちの一部キーが動かなくなって、これはもう、大切な我が子をにわかに失ったほどの悲嘆、苦悩(? トホホ)に苛まされました。無くなったら、どころか、ちょっと調子が悪くなっただけでショックまたショック。無くなったら生きていけませんねぇ〜。お互いに。

おかげで新聞を読まなくなりました。小説も読まない。もともとレベルと容量の少なかった知能が、どんどん磨り減っていっているのが、残念にも、しっかりわかります。(涙

↑ 教えていただいたのを背景に、大量に残っていたサグラダ・ファミリアの写真の一部を、載っけちゃいました。まだ100枚くらい残っているのですが、いつか、機会があったらまた載っけちゃおう、と思っています。
本当にありがとうございました。
hroshi
2010/11/14 12:18
待っておりました〜!
hiroshiさんのサグラダフアミリアのお写真達。
きっと沢山勉強が出来る事間違いないと待っていたんです。
「この間行ったばかりだろ、お前!!」2度も。。。
って言われそうですが。
向学心がないと言いますか、出掛ける前は、本当に行けるか、行けないか、嵐の様な戦場の様な時間を乗り越え、飛行機が飛ぶまでスリリングです。さすがに飛んじゃったら、すぐには帰れませんから。乗った途端、脳みそが惚けてしまって、飛行機の中で妹と二人でガイドブックを目の前に、「そろそろ勉強する?」「読んでみる?」ってお互いに言いながら、脳みそが溶け出して勉強が出来ません。
今回、hiroshiさんがお帰りになられたら、きっとサグラダファミリアのお勉強が、よ〜〜く出来るに違いないって思っておりました。こう言うのを、他力本願。他人の褌で相撲を取るって感じでお恥ずかしい限りな訳ですが、hiroshiさん。私の性格、よ〜〜くご存じだから、ゲしちゃっとこ。
いつかと言わずに、どうぞ、また、近いうちに沢山お勉強をさせて頂けたら幸いです。
待ってます、ずっと。

あ、ミキモトのツリーに拍手コメント有り難うございました、hiroshiさん。「h」ってhiroshiさんでらっしゃいますでしょ?有り難うございました。
murmur1 
2010/11/14 17:36
murmur1さん、今晩は。

あっはっは。←恥ずかしい! 照れ笑い、デス。
ミキモトのツリーの点灯式、間違って、送る、をポチっとやっちゃって。まだ名前を書き終わっていないのに。すみません、でした。選挙戦の候補者じゃァあるまいし、「先に送った拍手コメント、hiroshiメです」などと、またまたコメントをお送りするのは、いかにも売り込み合戦みたいで妙ですし。わかっていただいてよかったです。

そうですよね。
先生にしても妹さんにしても、出発ぎりぎりまでご多忙で、パッキングだけで精一杯、でしょうね。旅のガイド本を開くなどのゆとりは、事実上ないのでしょうね。いつか、おっしゃっていましたよね。旅のスケジュールを事前に明かすといけなくなっちゃうことがある、と。そんなご日常ですから、大変だと思います。

しかし。
こちらの書いていること、少々うるさくしつっこい文章が続くだけで、おっしゃるお言葉は、少々身分不相応、ですね。おっしゃっていただくのは嬉しいことながら、それほどの内容でないのがチト残念です。

たえこさんがmurmur1さんのコメント欄でお書きになっていましたが、昨日土曜日、ご実家にお帰りにならなかったのですか? そろそろご多忙になってきたのでしょうね。忘年会も、そろそろスタートでしょ?
お体に、お気をおつけになられますよう。

あ。↑ この台詞、逆ですね。
すみません。出過ぎた言動を。。。
hiroshi
2010/11/14 19:03
ガウディって写真で見てる時には良さが分からない・・美術おんち常識知らずの私でしたが・・

実際目にして

コスタマジカの寄港地の一つです

hiroshiさんのブログ。murmur1さんのブログを参考にしますね。

オーバシーズトラベルと言うところに頼んだんですが(担当者がとても良い人で)担当者が出張で・・

今回は、何だか勝手にどうぞって感じの人で・・この段階で私の旅は始まってるんですが・・

担当者によりますね・・

murmur1さんの所にもお邪魔してじっくり読ませて頂いて、参考にしますね

hiroshiさんは、去年チュニスにも行かれたんですよね〜〜

ブログを探してますが

バルセロナは自力観光でしたか〜〜

などと・・

たhiroshiさんのブログを私物化してます

色々教えて下さい(*^^)v

話は違いますが、デジブックにソラタローを載せました。

下手くそですが「僕ソラタローです」で出るはずです。良ければ

BGMでTVを付けるようにして・・俗世間から取り残されないようにしてます・・なんてTVも好きなだけ・・

BGMにラジオは如何ですか余計なお世話ですね
mayumi
2010/11/15 12:09
mayumiさん、今晩は。

ごめんなさいね。ご返事、遅れました。
出かけていて、たった今、帰宅しました。

そうですね。いよいよ、近づいてきましたよね。9日、ありは16日、チビタヴェッキアでご乗船、と勝手に想像しています。
そうそう、コースは、今夏、murmur1さんがコンコルディアをご利用になった時とほとんどご一緒ですよね。ナポリが違うだけで。お船も同じコスタ
乗ってみたいです。コスタ。

バルセロナは、今度で2度目ですか? 3度目かな?
もう、ほとんどご存知でしょう。主要な観光ポイントは。こちらは、もう、ネット情報をご参考になさることはないと思いますが。。。

hiroshiメは、今回、タクシーを使いました。ホテルからおよそ3時間、借り上げ状態で。ご存知の通り、バルセロナはタクシーがお安い街ですよね。加えて、ヨーロッパの他都市に比べて流しが比較的に捉まえられますし、観光地にはたいがい、あの黄色と黒のツートンのタクシーがタムロしています。比較的に安全なのも、この街のタクシーの良さ、ですか。
もうお調べ終えられていたり、前回の旅行で路線図を手に入れてらっしゃるかも知れませんが、地下鉄の路線図を下に。

http://www.tmb.cat/img/genplano.pdf

こちらの街の地下鉄も、港と名所と旧市街を中心に巡るのならば、使いようがあるのではないでしょうか。
チケットを通す時、自分はいつも、日本式でついつい右の差し込みへ入れちゃうミスを犯しますが。。。こちらは左であることと、車内でのスリ被害さえ気をつけていれば、港からサグラダ・ファミリア、2番線は便利ですよね。
hiroshi
2010/11/15 20:14
〜上から続く〜

チュニス、今年の4月、MSCの船で行きました。
ラ・グレットから、こちらでもタクシー借り上げで。
ラ・グレットでは、白タクがほとんど警察も黙認するくらいに横行しています。公認済みのタクシーでさえ、この街ではぼったくり、が少なくありませんから、用心、ご用心。白タクは、避けた方がいいかもしれません。

そうですか?
ソラタローくん、デジブックに。後ほど、早速、拝見させていただきます。楽しい情報、ありがとう、でした。
hiroshi
2010/11/15 20:15
〜上から続く〜

拝見してきましたヨ〜。
ソラタローくん。
可愛いですね〜。やっぱり。

デジブックもナイス。音楽もナイス。
メンバーでないので、コメントを残せませんでした。残念。
hiroshi
2010/11/15 20:44
デジブック見て頂いてサンキュ〜〜です。

hiroshiさんも会員になりませんか〜〜

たえこさんの素敵なデジブックも有りますし

murmur1さんも会員では〜〜

クルーズは16日発ですが・・まだ気持ちは

どっぷり非日常に浸りたいです

バルセロナの地下鉄のURLも有難うございます

海外初心者です。バルセロナは、2度目です。

チュニスは春でしたか

またブログを拝見に行きます

プロフェッショナルをつけて(TV)こんなことをしてる時が楽しいです
mayumi
2010/11/15 22:41
mayumiさん、おはようございます。

デジブック、魅力的ではありますが写真に自信がありません。
写真に自信がつくまで入会は我慢しておきます。
海外初心者、だなどと。
大ベテランではないですか。ナポリ行きの日記。まだ記憶に鮮明ですぞぉ〜。
hiroshi
2010/11/16 11:06
〜上から続く〜

英語版で、バルセロナの素晴らしいガイドがあるのですが。。。港の案内も観光地の案内もすべて網羅されているのです。例によって変な日本語ですが、上が港の、下が、全体のURLです。面倒でわからなかったら、英語版に戻してどうぞ。

http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=http://www.barcelona-tourist-guide.com/en/transport/barcelona-cruise-port.html&ei=5uLhTO7zFYWucN6dyJcM&sa=X&oi=translate&ct=result&resnum=1&ved=0CCEQ7gEwAA&prev=/search%3Fq%3Dbarcelona-tourist-guide%25E3%2580%2580cruise%26hl%3Dja%26rlz%3D1T4ADBR_jaJP210JP214

http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=http://www.barcelona-tourist-guide.com/&ei=5d7hTPvlOceXcc7juZMM&sa=X&oi=translate&ct=result&resnum=1&ved=0CC4Q7gEwAA&prev=/search%3Fq%3Dbarcelona-tourist-guide%26hl%3Dja%26rlz%3D1T4ADBR_jaJP210JP214
hiroshi
2010/11/16 11:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

無知ゆえもう一度。バルセロナ聖家族教会。 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる