潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS ローマ入り、バチカンへ。列聖の式場、残る。

<<   作成日時 : 2010/12/15 23:00   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8


10月17日、日曜日。
ローマに入ったその足で、夕刻、半年ぶりにヴァチカンへ行ってきました。


画像



サン・ピエトロ広場に入るまで知らなかったのですが。。。
この日午前、広場では、2010年に聖人に列せられた6人の方々の列聖式が開かれていたようでした。

キリストと使徒の像がならぶサン・ピエトロ大聖堂のファサードには、列聖された6人の肖像画と、参列した皆さんが腰かけた、おびただしい椅子が、まだ並んでいました。

教皇ベネディクト16世により新たに聖人の列に加えられたのは、オーストラリアでは初の聖人となったメアリー・オブ・ザ・クロス(メアリー・ヘレン)・マッキロップ(オーストラリア1842−1909)=聖心の聖ヨセフ修道女会創立者=修道女、ら、の皆さんでした。

そういえば、春のヴァチカン訪問も水曜日で、今年は、教皇のお出ましになる日ばかりのヴァチカン市国訪問でした。時間がずれているため、二度ともお目にはかかれませんでしたが。。。


画像


画像



それを記念したワケではありませんが。

今年、こちらを訪ねた分の写真だけを集めて、初めて、デジブックを作ってみました。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
hiroshiさん オバンデス!

引っ越しの手伝いで忙しい毎日でした。 やっと終りましたよ〜 ほっ です。

デジブック見せて頂きました。
素晴らしいです。
 ↓
フィレンツェの塔のお話し面白く読ませていただきました。
どちらの建築も長い歴史を物語るレンガの色に、又、メディチ家の繁栄の街! 趣が有って良い画像です。

お馴染のドゥオーモ・ウフィッツィ美術館の様子も〜

次回はローマですか? 

今頃 mayumiさんもローマですね〜
たえこ
2010/12/16 19:44
失礼しました〜〜〜

デジブックがローマでした。

お許しくだせえませ〜

たえこ
2010/12/16 19:46
たえこさん、今晩は。

出かけていて、お返事遅れ、失礼しました。
引っ越しのお手伝い、ですか? たえこさんもお忙しかったのですね。ご子息なのか、お友だちなのか。寒さの中、お疲れ様でした。

デジブックは、たえこさんが一番の先輩でらっしゃいますよね。mayumiさんよりも、murmur1先生よりも、確か、お早かったのではないですか? 
ひょぇ〜〜! こんな素晴らしいモノは、きっと造るのが難しいに違いない、とハナッから、恐れ入りやの鬼子母神で、知りたいとも思いませんでしたが。。。やってみると、案外、簡単でした。たえこさんがおやりにならなければ、そしてmurmur1さんやmayumiさんがおやりにならなければ、多分、近づかなかった、だろうと思います。たえこさんは進取の気性がおありだから。。。

いえいえ、そんな、頭を下げられるとびっくり。
失礼、などとおっしゃあるような不具合のコメントではないではない、ですか。
デジブックの先輩に見ていただいて、こちらこそありがとうございました。
hiroshi
2010/12/16 21:28
〜上から続く〜

それはそうと、コメント欄は、せめて、どちらか一つは空けていただけませんか?
お代官さまァ。写真の先生さまぁ〜。
hiroshi
2010/12/16 21:29
こんばんは、hiroshiさん。
すばらし〜〜〜〜〜〜い!!!!!!!!!!!!
荘厳な音楽と素晴らしい写真の数々。
感動的な番組を見て言う様でした。
あれ、プロが作られた番組の様に思えて見入ってしまいました。
そうです。たえこさんが一番乗りなのですよ。さくさく、さくさく作品をお作りになられ、それがまた全て魅力的なんです。
私は、春に一本、やっとこの季節になって再挑戦です。
hiroshiさん、また沢山見せて下さいね!!
murmur1
2010/12/17 23:20
murmur1さん、おはようございます。

コメント、ありがとうございます。
そして、お返事遅れ、申し訳ありません。
古くからの友人の引退送別会、いや、我々リタイア仲間からすれば歓迎会、と言っていいのでしょうか。そういうワケで、コメントを拝見するのが遅れました。

彼は高校、大学と同窓であったのです。大学仲間の呼びかけで開かれた会合で、近年、しばらく会っていなかった彼と20年ぶりほどで会ったので、とても懐かしかったです。
彼は終盤、上場はしているのですが一般の方々にはあまり馴染みのない、業界周辺では健全経営の鏡のごとく言われている企業の責任を負っていて、我々仲間は、さして苦労もせず経営者の地位にいるラッキーボーイのごとく影で揶揄し続けてきたのですが。。。久しぶりに逢って、従業員の生活を守る責任を双肩に担って彼なりに、眠れないほどの苦労をし続けていた最近の暮らしの片鱗を聞き、少々感動しました。リタイア後はゴルフ以外に格別することはない、というので、クルーズの面白さ、愉快さの宣伝を針小棒大?にしておきました。

彼の奥方は、最近こそ縁遠くなっていましたが、わが家の相棒とも昔、友人付き合いをしていた間柄で、彼女も必死ぶりに会いたいだろうと思い、我々夫婦が年明けに予定している日本船の新春クルーズに誘いました。今朝、旅行社に確認したら、キャンセルで空き室あり、とのことなので、早速彼に連絡。彼ら夫婦を「クルーズ病」に罹患させる手はずは整いました。おっほっほ。

デジブック。
murmur1先生からそんなにほめていただくと、大変にうれしいです。そうそう、先生とたえこさんのおかげです。また一つ、楽しみが増えました。
先生のクリスマスのデジブックに、非常に触発されました。ありがとうございました!!
hiroshi
2010/12/18 10:22
おはようございます、hiroshiさん。

>従業員の生活を守る責任を双肩に担って彼なりに、眠れないほどの苦労をし続けていた

上に立つ者の人に知られざる苦悩、って人には見えないですものね。それは従業員や部下には見えない部分なのですよね。
それを頑張らなかった会社はやがて消えて行く。
hiroshiさんのご友人のお話、私まで感動をして、ちょっと目頭が熱くなってしまいました。

わ〜〜、クルーズシンドロームに罹患させましたね!!hiroshiさん。この感染力は大きいですね。感染源がhiroshiさんと奥様ですもの。
最初の印象ってとても大切ですものね。
我が家でも言ってるんです。我が家の初クルーズがハワイだったら、多分クルーズの世界にどっぷり浸からなかったろうと。
あ〜、これでhiroshiさんのお友達ご夫婦も永久の病いですね。
でもこんな病いは大歓迎ですね、だって治す医者はいらないんですもん。
あ、折角だからブログの楽しさも罹患させちゃうって計画は如何でしょ。写真を撮るのも楽しくなりますし。
来年早々、ワクワクですね。ご友人とクルーズが有って。
murmur1
2010/12/19 11:05
murmur1さん、今晩は。

またまた、お返事遅れ、です。
すみません。
ほんの少し前、帰宅しました。

そうですね。知られざる苦悩談。
どちらの世界でもあることなのでしょうね。そういう意味では、さして珍しいことでもないのでしょうけれども。誰もが、己の人生を小説に書きとめれば、一編だけは傑作をモノ出来る、とか、言いますよね。フィクションではない、悩み苦しんだ自らの体験を語れるから、だそうですが。。。そういう意味で、彼の話に少々感動したのでしょうね。

>我が家でも言ってるんです。我が家の初クルーズがハワイだったら、多分クルーズの世界にどっぷり浸からなかったろうと。

そうですよね。
前にも、そういうお話をうかがいましたね。
残念でしたね。
自分も、そうだ、わかる、想像できる、だからあちらで船に乗ることに、どうしても身構えてしまう。先生からお伺いして以来、そんな状態です。で、近々、ワイキキへ陸旅で行って来ようや、と相棒と話しています。いえ、近々といっても、いつになることやら。ちょっとまだ、計画の俎上にはのっていませんが。
来年のクルーズや旅行は、前半分、半年分だけは手配や申し込みを終わりました。人生の先行きはもう長くないもので、友人や親戚の不幸とかアクシデントなどのない限り、出来るだけ手配どおりに行動するつもりです。
わが家はmurmur1家と違い、事前に話しても行けなくなるというジンクスはまだないものですから。。。
hroshi
2010/12/19 19:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

ローマ入り、バチカンへ。列聖の式場、残る。 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる