潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都「菊乃井」。にっぽん丸で料理。ご馳走に。

<<   作成日時 : 2011/01/11 10:47   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

画像

今回のクルーズの“目玉”の一つが、昨夜夕食で供されました。
それは、ミシュランの三ツ星料亭 京都「菊乃井」の、お正月特別料理 。「菊乃井」と「にっぽん丸」、「あまから手帖」の三社提携による、“食のにっぽん丸”今回クルーズの最大のセールスポイントとなっていたお食事でした。

菊乃井のご当主、村田吉弘さんもご乗船されて、素材や仕立てについて いろいろご説明されました。
が。。。
戦後、食べ物のない時代育ち、味覚音痴族ゆえ、ふ〜ん、ほぉ〜?!?
客の多い船では、味はよくわかりませんでした。

料理写真は小さなコンデジでしか、撮りませんでした。で。携帯では載せられません。いずれ、PCで、こちらに「覚え書」するつもり、です。

ということで、今回載せた写真は、ある日ある時、船のメインラウンジでいただいたプチ・ケーキたち。「おいら、バリバリの甘党系左党派サ。甘いモノにも酒にも目がないのも、いたしかた御座らん」。こう口実に、こういうのを日に何個も美味しくたいらげちゃって。。。お〜神様、体重計が怖〜い。

お訪ねいただき、コメントをお寄せいただいた皆さん、ありがとうございます。お返事はいましばらく、ご猶予を。よろしくお願いいたします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
今回、菊乃井さんのお料理が頂けて、村田吉弘さんのお話も聞けるなんて、すばらしい!!
一生に一度で良いから菊乃井さんのお料理を頂いてみたいです。
お帰りになられましたら、お話を伺わせて頂けるのをお待ちしております。
美味しそうなケーキ達ですね。
hiroshiさんのお嬉しそうなお顔が浮かびますです。
murmur1
2011/01/11 22:31
hiroshiさん こんばんは
美味しいさを引き立たせてくれるものっては、料理そのものの味だけではなく、盛り付けや全体の雰囲気などが関係しますよね。
きっと素晴らしいお料理が並んだのでしょうね〜

お料理だけではなく、甘いものも、美味しいと感じながら何でも食べる事ができるということは最高に幸せだと思います。

ですから、クルーズ中は体重計の事を忘れて楽しんでくださいね〜
ぽんぽこりん
2011/01/14 00:05
murmur1さん、

こちらにもコメント、ありがとうございます。

村田さんは、テレビや雑誌でお馴染みの通り、歯に衣着せぬ語り口でお話され、なかなか感銘を受けました。
ご持論の、食事はアミューズメントパークのお言葉どおりの、目で楽しませていただける味わいでした。

ただ。。。
どうなんでしょうか。
船で和食、しかも料亭料理、というのは。

ご存知のとおり、こちらは味覚音痴ではありますが。。。
村田さんも以前からおっしゃっているとおり、日本料理は器と料理そのものの味、加えて、たとえば床柱に飾られた一輪とか、窓越しに見える庭と池の自然の佇まいも食事の「味」の一環だと思いますと、海しか見えないクルーズ船のダイニングというのは、果たして本格的な日本料理に馴染むものなのかどうか。。。

正直、ちょっと考えさえられました。
やっぱり、料亭とか温泉旅館とか割烹とか、自然豊かなホテルの中の食事処とか、緑が創る自然観が日本料理には不可欠のような気がします。

いえ、そこそこの程度の、いわゆる「和食」であれば結構毛だらけ、文句は言いませんが。。。

ケーキ、おいしかったです。
加えて、にっぽん丸は昨年3月の改装後、GODIVAと提携しているようなんですね。
こちら、乗るまで知りませんでした。
ショコリキサーが無料で食べ放題。これは、魅惑的ですぞぉ〜〜
hiroshi
2011/01/14 20:07
ぽんぽこりんさん、

こちらにもコメントいただき、誠に、まことに。。。

>美味しいさを引き立たせてくれるものってのは、料理そのものの味だけではなく、盛り付けや全体の雰囲気など

さすが。

おっしゃるとおりで、実は、少々違和感を持ちました。
料亭料理は、船ではどうなのか??

ご存知かもしれませんが、こちら、味覚音痴ですもので、ダイレクトの味はわかりません。
が。。。多分、美味しかったのだと思います。わが家の連れ合いは、そう申していました。。。

ただし、自分は、いささか情緒的ですが、食事を楽しむ、という、総合的な味わいにン、ん??という印象を持ちました。
所詮、素人のたわ言ではありまするが。。。

3〜4年ほど前に、にっぽん丸で京都のもう一つの老舗の食事とタイアップしたクルーズがありました。あのときにも乗ってみようかとも思ったのですが。。。有名日本料理屋さんの食事は、お店で味わう方が正解なのかも??
hiroshi
2011/01/14 20:12
hiroshiさん
こんにちは。本年もよろしくお願いいたします。
ってもう1月も半ばなんですね。
年始の関西〜関東日帰り1000kmドライブのデュ―ティこなした後は、挨拶回り等で半月が終わってしまいました。慌ただしい半月でありましたです。w
「にっぽん丸」に乗られてたんですね。
日本の客船らしい時間を楽しまれたのだろうなと想像いたします。
のんびりと船に乗れるのはまだ先なんだろうなと思いますが、hiroshi先生におかれましては、びしばしとご乗船されますこと、いろんな旅のこと、ご教授下さいますことお願い申し上げますです。
いやあ、hiroshiさんいい旅されるから、私も嬉しいです。
今年もよろしくお願い申し上げます。
舟しゅう
2011/01/15 00:35
舟しゅうさん、

こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。
また、いろいろと教えてくださいね。
>年始の関西〜関東日帰り1000kmドライブ
えぇ〜! と、驚きました。
遊び呆けてしばらく舟しゅうさんの日記へお邪魔していないのですが、お仕事でそんなに厳しい「掟」があるのですか? それはまた、大変ですね。ご挨拶回りで、ごゆっくり時間をかけて東西を移動なさるお時間もなかなか。。。という具合なのでしょうね。行動力抜群でらっしゃるからどうってことはないのでしょうが、hiroshiメならば卒倒しそうです。東名、名神を日帰り往復するなど。

そうなんです。「にっぽん丸」のショートと挨拶回りで、舟しゅうさんの本拠のお近くを、10日間ほど徘徊しておりました。
「にっぽん丸」は、舟しゅうさんが取材なさって載っけてらっしゃったでしょ? あれが強く印象に残っていまして。。。で、この目で確かめたい。ようやく念願かなって見てきました。といっても、スイート専用ダイニング「春日」とは縁のない、最下等から数えた方が早い、お安いキャビンですが。。。
教えていただいたとおり、6〜7階の変わりようが興味津々でした。なかなか良かったです。
正月飾りの衣装をつけたあの辺りを、近く載せますので、お暇な折にご覧いただければ嬉しいです。

先生などと言われると、尻がコソバユイです。船に関する知識は低いですから、こちらが教えていただく方。本年も、よろしくお願い申し上げます。
ことしは、HALの船に乗ってみたい、と思っているます。。。わがクルーズ・デビューの船です。。。落ち着いた雰囲気で大好きな船でした。最初に感動した体験は、二度目になると温泉でも恋でも味でもガッカリすることが多く、しばらく大事に追憶として心のうちに残してきたのですが。。。落胆してもいい、と、覚悟を決めました。
hiroshi
2011/01/15 11:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

京都「菊乃井」。にっぽん丸で料理。ご馳走に。 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる