潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS 忙中閑。正月早々祖霊に御免。「にっぽん丸」。

<<   作成日時 : 2011/01/16 17:05   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 18

 
忙中、閑あり。
おやじ、御免。
盆と並ぶ、祖霊をお迎えする二大季節なのに。
のんびり、だらり。超忙しいご挨拶周りの真ん中部分を「中抜き」して、船に乗ってきました。


画像


画像


画像



画像昨年春に模様替えした、新生「にっぽん丸」。
mixiでご懇意いただく舟しゅうさんや、リンクいただくみなさんの情報を拝見して、乗ってみたくてうずうずしていた船に、ようやく乗れました。

「にっぽん丸」。
コースは「新春の瀬戸内海・宮崎クルーズ」(1月8日神戸発〜11日神戸着)と銘打ったショート・クルーズ。
挨拶回りや墓参で超多忙な合間を縫って、遅ればせながら、ようやく、ようやく。

6階、7階が、きっちり、見違えるほど変わっていました。
その変化の具合は、次回に回しますが。
以前に比べて、懐がちょい、深くなった、というか。船に奥行きが出てきた、というか。
教えていただいた方々。確かに、いい感じでした。

で。
今回は、正月に乗ったから、その雰囲気を「覚え書」に。
文字を省いて、写真を中心に。



画像


画像


画像


画像


画像


画像



京都、五花街のうち、粋な花街、宮川町の舞妓さんと芸妓さん、地方さんが船にお乗りになっていて、ステージを披露されました。

宮川町ですから、若柳流ですよね。
その最後の踊りで、下写真のように、「祇園小唄」を。
京都生まれの相棒によると、80年前に誕生したお馴染みの京舞、井上流の「祇園小唄」とは、ほんのわずか振りが違うそうです。
素人のこちらには、もちろん。。。胸を張って言うのも変ですが。。。いまだに違いはわかりません。

そしてまた、宮崎港では、大きな太鼓を置き並べて賑やかに太鼓演奏で歓迎していただきました。


画像


画像



画像先ほど、改装で様変わりした船内の様子は次回に、と「覚え書」しました。

が。
ほんのちょっぴり。外観だけ。
一番さま変わりしていた6階、7階部分の外側・代表的な部分と、船首から眺めた旧姿かたち、対、新装なった姿かたち、を。

右側に並ぶ小さな写真が旧い光景、です。



画像



画像以前は、ラウンジ「海」のあった6階後部はスポーツ・デッキと名付けられた広いオープンスペースで、構造物は何もなかったのです。

が、こちらには寿司バー「潮彩」とオーシャンダイニング「春日」=上から2番目の写真=と、その「春日」に接続するダイニングテラスが。

プールとフィットネスコーナー、スカイベランダしかなかった7階には、船首を臨むホライゾンラウンジをはじめスパ、ジム&スタジオ、GODIVAを満喫できるリドテラス、スポーツバーなど、新設備がなかなか魅力的でした。



画像


画像


画像


画像


画像




↑で。
「GODIVAを満喫できる」、などとアッケラカンと書いていますが。。。
恥ずかしいハナシ。
実は、乗船するまで、知りませんでした。「にっぽん丸」が改装と同時にGODIVAを導入していたなど。。。

で。
キャビンにゴディバ・チョコが並べられていることはもとより、7階、リドテラスでショコリキサーが、なんとまぁ、フリー。

お高いアレを何個もたいらげてきました。
ひょっとすると、根は卑しいのかなァ〜〜。タダだと聞くと、無性に喉が渇きました。
もちろん、もちろん。プチケーキもフリー。ホライゾンラウンジでも、ラウンジ「海」でも、リドテラスでも。。。
酒も、うまかった。おっほっほ。


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像




画像食事も、おいしかったです。

うち、今回のクルーズで“売り物”であった、ミシュラン三つ星の京都・老舗料亭「菊乃井」の、味なおもてなし。

わが相棒によれば、「おいしゅうございました」。だ、そうです。
そういえば、昔、「おいしゅうございます」の岸朝子さんとタイアップした「岸朝子さんのお題に、にっぽん丸のシェフたちが挑んだ」、をセールスポイントとした、岸さんのフード・トークと味満喫クルーズにも、乗船したことが。。。
あれは、おいしかったです。


画像それはともかく。
こちら、味覚音痴で、今回は、味、わかりませんでした。
いささか、異論、反論、もござりまするが。。。
たとえば。
「菊乃井」の本店の、風情あるあの玄関や畳、御膳など食事を取りまく味わい深い空間の情趣は、周りに海しかない、シー・リゾート空間、船の楽しさとは異次元世界であり、海の上では味わえない、異質世界だと思うのです。

ということで。
個人的なたわ言となりそうなもので、総合的な「味」の印象は、ここは「覚え書」にとどめない、ことに。

食事時。
「菊乃井」のご主人、村田さんは、ご挨拶とガイダンスで、「にっぽん丸と一緒にやりましたが、いやぁ、儲かりませんなぁ。わはは」。こう、お話開始されたのが印象的でした。

わがテーブル、しかも自分の真横でお話されたもので、写真は大量に撮らせていただいたのですが、ご本人からブログへの写真掲載のお許しをいただき忘れたもので、小さく後姿のみで。。。



画像


画像


画像


向付。
天然鯛、こしび、土佐醤油、大景、長芋、梅人参、松葉胡瓜、山葵。

先付
柚子釜豆腐、柚子味噌、あられ柚子。隠れ梅、ふくめ梅、白子。


画像


画像


画像


蓋物。
百合根饅頭(フォアグラ、鶉=うずら=ミンチ)、結青味大根、人参、トリュフあん。

焼物。
鰈奉書焼き、胡桃飴煮。=少々ピンポケ。


画像


画像


画像


強肴。
七宝蒸し(フカヒレ、すっぽん、干し貝柱、聖護院蕪、クコの実、松の実、焼白葱、生姜、だいだい)

御飯。
蒸し寿司(焼き穴子、錦糸、海苔、菜種、小梅大根、人参、柚子)。

後吸。
聖護院蕪のすり流し、桃色麩、せり、七味。

水物。
ビスタチオアイス、マンゴスープ、あられビスタチオ。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
hiroshiさん オバンデス!!

新年の雰囲気が満ちたにっぽん丸にご乗船が羨ましい事です。
お食事の画像は夕食後で良かったですわ〜〜
奴ダコも可愛いし、リンゴの文字入れはこの様な場所で使われるんですね?

青森の果樹園での放送で見ました。
食べたら終わりなのにって思って居ましたが〜
この様に使われて〜 納得しましたよ〜

>「にっぽん丸と一緒にやりましたが、いやぁ、儲かりませんなぁ。わはは」。
何でそんなこと言われるのかしら?
変な人って?? 思いませんか?

日本人ばかりですか? もしや? 外国人が居たりして〜
たえこ
2011/01/16 20:15
たえこさん、今晩は。

船内の飾り付けは、かわいく仕立ててあって好感が持てました。

リンゴ、そうなんですか?
テレビでやていましたか。それは残念。見逃しました。

食事は、たしかにおいしかったのだと思います。こちら、味覚音痴でよくわかりませんでした。ただ、料亭料理は、船ではいかがなものかな? と。
物理的なハナシをすれば、乗客が多いから、温かくいただかなければ美味しくないものは冷めちゃうし、今回は、その手の料理はなかったですけれども、冷たさを楽しむものはダメでしょうしね。
自分は、雰囲気が、これは違うぞ、と。船には、一般的な和食とか寿司で十分、高級な料理は洋食、フランス料理の方が合うのではないかと思いました。

村田さんのお話。
あれは、関西人特有の照れ、でしょうね。言葉だけを抜き出して↑のように書くと、ちょっと変かもしれませんね。しかし、現場に居た人たちは皆さん、キチンとそう受け取ってらっしゃったと思います。目いっぱい、原価を考えずに、客に喜んでもらえるように素材を吟味した、という意味で、むしろ好感が持てました。

あの方は、京都生まれ、老舗の名店の御曹司でありながらフランスへも修行にいらっしゃった実績主義の方のようですから、京都人のごとくのような、あの土地特有の「おぶづけでも。。。」のような、見え透いた歓待の言葉などは嫌いなのだと思います。
良い方だと思いますよ。
こちらの書き方が下手なんですね。
相すみませんでした。

外国人は、いらっしゃらなかったのではないでしょうか。乗船客はわずか280人と、大変少なかったです。
あれでは、にっぽん丸も儲からなかったでしょうね〜〜。
hiroshi
2011/01/16 20:59
こんばんは、hiroshiさん。
早速楽しませていただきました。
私は先週末にやっとお雑煮を頂いて、なんだかお正月を感ずる間のなく日常に戻っちゃいました。
なので、こんな風にお正月気分を楽しませていただけてとてもうれしいです。
このお写真を見せていただけただけで、十二分にお正月の気分を味わう事が出来明日。うれしいです。
このおリンゴ
こういう場にはなくてはならない物ですよね。今は、早めに注文をすると、デザインも自由にしてくださる農家さんも有るんですよす。記念日に、メッセージとか入れたり。

そ、それにしても、、ゴディバのあれが、、飲み放題ですと〜〜〜〜。すごいです。参りました。。。

お料理、特に料亭のお料理を船でっt、かなり難しいですよね。お料理自体はおいしいと思いますが、器や、廻りのしつらえが違いますものね。
和室で、お庭の緑が見えて、お料理に合った器が合って、タイミングを熟知した仲居の方がいらして、、ってなると、食のにっぽん丸とは言っても、かないません。でも、お料理、とってもおいしそう。hiroshiさんの腕が冴え渡ってらっしゃいます。
murmur1
2011/01/16 22:14
murmur1さん、今晩は。

いま、ちょうどmurmur1さん宅を、いえ、ブログを、お訪ねしていたところです。
ペニンシュラのガラディナーの、会場の準備風景を見せていただいてきました。たえこさんがお書きになっているとおり、素晴らしい写真ばかりで、見とれていました。
毎年拝見しているもので、想像はしていましたが、やはり、素敵ですね〜、あちら。murmur1さんがお好きなのも、なるほど、なるほど、という感じ。いつか行って見たいと思いますが。。。家庭の事情(どんな事情だ!? 懐具合??)で、師走と年初めはなかなか、家を空けるのは難しいです。4日くらいからならば何とかなるのですが、お写真のような光景は当然無理ですよね。

リンゴ。
そうなんですか。
知りませんでした。
面白い情報を、ありがとうございます。いつか試してみたいです。個人的な記念、節目などに。

料理は、おっしゃるとおりだと思いました。murmur1さんのご定宿ホテルでも、あの美しい器があってこそだと、写真を拝見していて思うんです。菊乃井さんは、にっぽん丸で昨年7月から器の下調べをお初めになったそうですが、やはり、大勢の方々に向けた器と、少数の方々に季節を盛り込む器とでは違いますしね。

ねぇ〜。ゴディバ、凄いでしょ。hiroshiメもびっくりでした。
写真。murmur1さんにそういう風に言っていただくと、ニタリ、頬が。。。あ、落ちそうです。落ちましたぁ
hiroshi
2011/01/16 22:43
hiroshiさん 

>原価を考えずに、客に喜んでもらえるように素材を吟味した
私もコメント送信してから、一寸まずい書き込みだなあ〜って思って気になって居ましたよ~

「ごめんなさい〜」

関西人の(京都人)のはんなりと言うか、奥ゆかしさだったんですね〜
テレですか? 大阪人は「儲かりまっか?」 は挨拶なんですものね〜 
関東の人間は 儲かるって挨拶は余り口にしないですから、何となく違和感を感じて〜スミマセン!

お返事に貴重なお時間戴いて恐縮です。

今日は真っ青な空ですが、とっても寒いです。
室内で足が冷たいですよ〜
たえこ
2011/01/17 09:26
こんにちはー。
奥様が京都出身だったとはしりませんでしたー。京言葉やアクセントは女性の憧れです。
hiroshiさん、毎日聞けてうらやましい♡

おいしそうなお料理の写真で、おなかが空いてきました〜。
柚子のが食べたいです!!
お酒の花札の柄もかわいくていいですねー。
花札、最後にやったのはいつでしょうか。。。我が家はお正月にお金をかけて花札をやる家族だったんです。お年玉を巻き上げられて泣いたこと、何度も(笑)

murmur1さんの香港も、hiroshiの日本船も、お正月に特別な事をして過ごしているっていうのがいいなーと思って読んでいます。
お正月も今週末もTVでフットボール観戦だった我が家とは大違いで......。
(でも、シカゴベアーズ、あと一勝すればスーパーボウル進出です♪)
みーな丸
2011/01/17 10:34
たえこさん、おはようございます。

再びのご来訪、コメント、まことにありがとうございます。

そして、あはは、です。←hiroshiメの照れ笑い、です。
どうぞ、お気にめさるな。というよりも、hiroshiメの書き方が悪い。
個人情報に属するものでこれまでお話したことはありませんが、当方、関東と関西の、日本列島のちょうど中間の土地生まれ。幼少期もそちらで過ごし、親戚は京都を中心に関東、関西ともに数多い(多すぎて付き合いが少々辛い。出来れば一族??から離脱したい)のと、関東で暮らしたもので、土地固有の気質が何となくわかるからでしょうか。「儲からない」とか「儲かる」とかを東京で語れば無作法ですが、関西では親しみを感じさせる言葉なんでしょうね。
京都では「ぶぶ漬けを馳走」というと、「早く帰れ」、東京近辺で箒を逆さに立てて手ぬぐいで頬っかぶりと同じなんですね。ご存知でしょうが、あちらで「ぶぶ漬けを」といわれたら腰を挙げなきゃならない。菊乃井のご当主は、そういう見かけの歓待がお嫌いな、純粋な方のように思います。
料亭は大人のアミューズメントパークというのがあの方のご持論だと思います。ホンモノ志向でらっしゃって、今回もおそらく本当に赤字、あるいは収支トントンでお引き受けになったのではないでしょうか。

こちら、雪がしんしんと降りしきっています。本格的な雪です。
来週あたまには、たえこさんお住まいの近辺へ数日出かけますので、その折は、寒いは寒いでしょうが、陽光を燦々と浴びてくる予定です。
hiroshi
2011/01/17 10:48
みーな丸さん、おはようございます。

おっほっほ〜
そうですかぁ
それはそれは、ご主人はお喜びでしょうね〜。
>シカゴベアーズ、あと一勝すればスーパーボウル進出です♪
日本でも、ライブを交えてBSで放映しているんですけれどもね〜。最近は見たことがありません。

>奥様が京都出身だったとはしりませんでしたー。
>hiroshiさん、毎日聞けてうらやましい♡
いえいえ、もう、半世紀近く前に離れていますからね〜。そして、彼女の京ことばはあまり聞きたくありまっしぇん。 こちらに腹が立ったり、怒ったりする時に、爆発させますから、京都弁を聞いたらゾ、ゾ〜。

みーな丸さん、さすが、お目が高い。
柚子がおいしかったです。

>花札、最後にやったのはいつでしょうか。。。我が家はお正月にお金をかけて花札をやる家族だったんです。お年玉を巻き上げられて泣いたこと、何度も(笑)

あはは。
わが親父も、花札が好きであったです。
お年玉は取られなかったですが、おはじきを何十枚も取られました。色ガラスを何色も溶かし込んだとてもキレイなおはじきを大事にしていたんですが、花札で取り上げられて一晩泣き明かしました。
いや、昔を思い出しました〜。

カウアイ島でコーヒー栽培農園があるなど、知りませんでした。うかがって、あちらのHPを探し当てました。いつか機会があったら、訪ねて買ってきます。ありがとうございました。
hiroshi
2011/01/17 11:15
こんばんは、hiroshiさん。
奥様、京都でらしたのですか。
はんなり、はんなり。みーな丸さんが仰られてますように
京美人の奥様いいなあ〜〜。
あのレストラン、残念な事でした。一ヶ月前の何時からか、予約開始なのですよね。ん、もう、って感じですよね。
でも、京都にはご縁が有るhiroshiさんでらっしゃるから、
必ず行けますね。私の時には、たまたま、京都の知り合いが、一ヶ月前に電話を掛けてくれて、でも15分は電話が話中だったそうです。やっぱり人気なのですね。
行かれるなら、丸の内よりやっぱり京都の方が良い感じでした。
おはじきですか〜〜。子供の頃にあれを取られちゃったら、やっぱり泣いちゃいますね。
リンゴ、記念日に是非ご用立てください。
楽しそうですよ。ちゃんと時間もかかる訳だから、思い出の物になりますよね。お腹に収まっても。

お陰様でPCはやはり新しい物はソフトも良いし、早いし、
仕事がさくさく進みます。ご機嫌です。私はWindowsは
使いこなせませんでした。。。。
以前に買った、あれは妹が書類や、診断書作りに使いたいからとあげる事にしました。特定疾患の診断書の雛形は、皆Windows、Macで作るとズレちゃうんです。
murmur1
2011/01/17 21:30
murmur1さん、オバンです。

相棒。そうでんねん。京で、おます。←大阪弁。

と冗談に紛らわせて書いていますが、人間、氏より育ち、って言いますでしょ? 生まれよりも育ち、それと、持って生まれた性格の方が、土地の特質などをはるかに凌駕しますね〜。京おんなのイメージとは縁遠い。おっかないです。でありながら、PCのウィルスは人間にも伝染する、などとつい先まで思っていたようですし、非常識でゴーイング・マイ・ウェイ派。旅先で買い物に沈没したら、もう、てこでも動かない。

あ、そうそう。↑書いていて思い出しました。
バルセロナではありがとうございました。お礼を孟子下手おくように、と彼女が言っていたのですが、いいましたっけ? 本当にありがとうございました。

そうですか。
Macでさくさく、ですか。
高校時代の後輩で、小さなデザイン・スタジオ(広告の)をやっているヤツがいまして。。。今では、こちら、田舎に本拠を引き移したものでほとんど会わなくなりましたが、Macはデザイナー向きの機種でもあるらしいですね。もう20年以上昔の話ですが、自慢していたのを思い出しました。また、ドクターの皆さんはmurmur1さん同様、Mac派ばかりのようですし。
hiroshiメには、難しいです。あちらは。やっぱり、慣れ親しんでいるこれがいいです。

おはじき。
花札のハナシで思い出しちゃいました。
すっかり忘却の彼方であったのに。

ところで、藤原さんの掲示板、ご覧になりました?
たえこさんが奮闘なさいました。
これからまた、クルーズ・ファンのご機嫌な交流の場になれば、と念じています。みえこさんも、また、時折、のぞいていただければ一層うれしいのですが。。。
hiroshi
2011/01/17 22:20
hiroshiさん
こんにちは。
やっぱり客船は動いてる時にお客さんとして乗るのが良いですね。
見学させてもらっただけじゃ、わからないところまでよくわかります。
ありがとうございます。

「儲かりまへんわ」ってことは、謙遜の意味なのでしょうね。土地柄で受け止め方も違うでしょうから、京都で言うのと違った意味で取られてしまうこともあるのでしょうね(笑)。
うちの奥さんは関東出身なんですけど、「全部を言わなくても理解しろよ」と思ったりしますが、「言わなきゃわからない」とか言いますね(笑)。

和食で量を出すっていうのも難しいものがあるのでしょうね。
でも、美味しそうだなと思いましたです。
「にっぽん丸」の様子を見させて頂きまして、ありがとうございます。
舟しゅう
2011/01/18 07:23
舟しゅうさん、おはようございます。

にっぽん丸。あの節は、まことに、まことに

>「儲かりまへんわ」ってことは、謙遜の意味なのでしょうね。
なるほど。わかります。関東では「忙しい」とか「ヒマだ」とかという、ビジネスマン同士の会話はあるようですね。「お忙しいですか?」「いえいえ、ヒマで時間を持て余しています」とか。あれが「儲かりまっか?」なのでしょうかね〜。

>うちの奥さんは関東出身なんですけど、「全部を言わなくても理解しろよ」と思ったりしますが、「言わなきゃわからない」とか言いますね(笑)。
これは、奥さまのおっしゃるとおり。自分も良くわかります。ましてや、女性の皆さんはより一層、こういうニュアンスは徹底しているのではないでしょうか。わが家の相棒などは、京生まれのくせに同じです。男にとって照れくさい例の感情伝達??(愛してるとか、好きだ、とかの、その手の場面でささやかれるあの気障な台詞!)の言葉などは「言わなきゃわからないよぉ」というところではないのですか? 男は辛い、ですよね。

。。。どうも、横道へ逸れたようです。
船で和食は、うれしいです。
が、自分の場合、それは味噌汁とか漬物とかお茶漬けとか冷奴に納豆とか。ありきたりのネタで結構、寿司の握りとか。そういう日常的な日本食が良いです。料亭料理はそれなりの環境の中で食したい。船は洋食中心、ときおりありふれた日本食が良いです。日本船でも外国船でも。だから高級なクリスタルよりも馴染み易いセレブリティの寿司が好み。
言わずもがな、個人的な思いです。食事の評価は誰が見てもクリスタルが上に決まっていますが。。。
hiroshi
2011/01/18 11:04
何回も現れてすみませんです。
hiroshiさんのコメントを読ませていただいて、すっ飛んでいって参りました。
ほとんど毎日チェックするようにしているのですが、気がつかなかった〜〜。
hiroshiさん、教えてくださってありがとうございました。
それに、香港でhiroshiさんのあの、ご挨拶を、お部屋のソファで読んでいて、もう居ても立っても居られずにコメントを入れさせていただいたのです。あちらに。もう、うれしかった〜〜。hiroshiさん、ばんざ〜〜い!よくぞ、あのスレッドを立ててくださったって、思いました。あ〜〜、うれしかったです。
バルセロナ、あれはたまたま、我が家の時はお休みで、お礼なんてそんなそんな。それに早々にhiroshiさんにご挨拶頂いていましたです。奥様からって。

あと、ウイルスの件、もうすみません。笑ってしまったのですが、でも感染って言葉を使うんだから、電磁波から感染とかそんな風に思っても仕方ないですよね。お買い物は、これはもうだめでございます。我が家も。てこでも動けなくなっちゃいます。奥様と同じです。うふふ。

hiroshiさんのご友人はディザイナーの方がいらっしゃるのですね。Macはグラフィックに強いので、必ずディザイナーの方は使われますよね。
シェアはもう少なくなっちゃいましたけど。私の廻りも、もう数えるほどしか居ません。画面が17インチだと見易くて、これも良いですね。hiroshiさんのお写真もすっごく綺麗に大きく見えてとても楽しくて美しくて、嬉しいです。
murmur1
2011/01/18 23:52
murmur1さん、今晩は。

外で呑んでいまして。。。いま少し前に帰宅して、PC前に座ったばかりでした。
コメント、またまた頂戴して、大変嬉しい。ありがとうございます。

今回の、お話した掲示板のハナシ、です。
実は、たえこさんからメールをいただきました。
「ナイショですから」の注釈付きのそれですが、murmur1さんだったら、きっと、たえこさんは、hiroshiメ以上にお話なさりたいハズです。たえこさんは多分、そちらのメールアドレスをご存じないからでしょう。たまたま、hiroshiメのメールアドレスをご存知であったから、こちらへお知らせいただいたのだと思います。
「ナイショ」にせよとのご指示ですので詳しいことは省きますが、要するに、たえこさんがいろいろとご努力なさったようです。頭が下がります。
で、murmur1さんにもお伝えしたわけです。

そうですね。
みえこさんが久々にお書き込みになった時、遠くあちらからコメントを寄せてらっしゃったですね。murmur1さんの温かい思いが、しっかり伝わってきたとても内容の濃い文章でした。みえこさんは、あちらを読みながら、涙を流してらっしゃったのではないでしょうか。hiroshiメも感動しました。

バルセロナ。
本当にありがとうございました。相棒は、とても喜んでいました。買ったあれを載っけるからと写真を撮ったら、彼女は、恥ずかしいからやめてくれぇ〜。 もっと幼く恥ずかしいものも良く買っているのに、今回は、やめて、やめて、ばかりでした。ということで、だいたい、何を買ったかご想像いただけると思います。
hiroshi
2011/01/19 00:30
〜上から続く〜

>電磁波から感染とかそんな風に思っても仕方ないですよね。

あはは。
そんな程度ならばまだマトモですけれどもね〜。
PCのキーボードを通じて接触感染するのだと、どうも、本気で信じていたらしいです。時折、キーボードを絞った雑巾で拭いていてくれる姿をみていたのですけれども。。。掃除をしてくれた、ばかりに思っていたら、実は、感染予防のため必死に防御措置を講じ、頑張っていたらしい。今となると、とぼけて本当のことは言わないですけれどもね。あはは、です。
そうですね〜
murmur1ご姉妹も、ブログを拝見していると、お買い物はわが家の相棒と似てらっしゃるようですね。失礼ながら、お母さま、清姫どの、も。女性の方はmurmur1さんご姉妹のように時代の先端を走るドクターでさえそうなんだと、少々安心いたしました。
うちのだけ、ああなのかと思った時期もあったのです。

そうですか?
hiroshiメ程度の写真もキレイに見えるとなると、Macさまさま、ですね〜〜。
hiroshi
2011/01/19 00:31
>hiroshiさん。皆さんこんばんわ〜〜

日本丸のTHE・正月良いですね

干支もウサギって可愛いですね・・猫が有れば

出遅れたおかげで、皆さんのコメを楽しく拝見してました。
京都の方におあがり下さい、と言われても4度は(3度だった?)断る様にと聞いた事が有りますが・・
学生にはとても暖かい土地だと言ってます。夫が・・

私も大阪に8年いたので関西は、馴染み深いです
舟しゅさんと同じです。震災を経験してます。

そのあと、すぐに東京に来ました
関西に友人が沢山います。

murmur1さんのマックですが、我が家でも、子供のパソコンの一台は、マックです。娘はデザインをするので(仕事にはしてません)・・
息子も何だか使ってて、マックは使いやすいと言ってますから、若者のファンもまだまだありますよ〜



mayumi
2011/01/19 00:51
mayumiさん、おはようございます。

あちらのサイト、プチ、無沙汰中です。
昨年末からまったく日記を書いていません。
ネタは、つまり失敗談は、アホバカhiroshiメですから、まだまだいっぱいあるのですが、あまりにブザマなものは恥ずかしいから、と選んでいる間に、ついつい、何も書かない状態が続いています。

mayumiさんは、ひょっとすると、もう、新しい「マンマ・ミーア」をおまとめになったのでしょうか?

あの船の道中記、載っていますかね〜。
しばらく行っていないので、早速、早速、のぞきにいかなくっちゃ

>干支もウサギって可愛いですね・・猫が有れば

ははは。
一説に寄ると、鼠に、召集日を一日ごまかされて翌日に行き、干支の12種に入れてあたらなかったのだとか。以来、猫は鼠を追っかけるようになった。。。って、子供のころ、聞きましたよね〜。
ご存知でしょうが、不思議なもので、ベトナムで猫年がありました。びっくり。卯年がなくて、かわりに猫年でした。で、今年は、猫年で〜す。ソラタローくんの年で〜〜す

そうだったんですか。
mayumiさんも震災を。
それはそれは、怖かったでしょうね。
hiroshi
2011/01/19 11:44
〜上から続く〜

京都は、ご主人のおっしゃるような土地ですね。確かに。人口当たりの学生数が多いですし、市民に溶け込んでいますものね。
我々が学生時代のころは、東京もそうでした。
しかし、60年安保のころから、市民と学生との間が乖離していったような気がします。ちょうどそのころ、間もなく訪れる団塊の世代向けに私立大学の数も定員数も激増したのが、市民と学生の間の心理的な位置関係を、現代のようにドライにしていった時代的背景であったような気がします。我々世代のころは、ほぼ最後、であったのでしょうが、東京の学生街では、学生はタダで呑ませてもらったり、酔っ払って前後不覚になり、翌日朝、気がついたらよその家の客間で寝ていたりと、そんな温かいもてなしを受けたことは忘れられません。

Mac、おっしゃるとおりらしいですね。
親しかったデザイン事務所をやっている後輩が自慢していました。長いことあっていないので、会って見たいです。
hiroshi
2011/01/19 11:46

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

忙中閑。正月早々祖霊に御免。「にっぽん丸」。 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる