潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS カディス。3,100年の歴史が、街の自慢。

<<   作成日時 : 2011/07/14 23:05   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12


画像つい先ほど、本日夕刻に収穫した、わが家の家庭菜園、というか、鉢植えのトマトたち、の一部です。

あしかけ3日、外出していた間、朝の水遣りはご近所の家庭菜園愛好家のお一人にお願いしていたので、どの鉢も枯れることなく元気、元気。色づいたトマトも随分増えて、もう夜、でしたが、久しぶりにトマトたちとご対面、夜の散水をして、一部、収穫しました。

写真は、その、ことし挑んだ、いくつかの品種の、トマトやミニトマトの収穫の一部です。
クレヨン箱をひっくり返したような。。。
そういう表現の「覚え書」を書き残したい、と楽しみにしていたのですが。。。
思っていたよりも、色の種類は目立ちません。
「クレヨン箱をひっくり返した」という表現は、もう少し多彩でないと、似合わないですね。

トマトの色は、ピンク、オレンジ、朱、赤、黄色、山吹色。種類は、その程度でしょうか。

白色や黒色、緑色のトマトもあるそうです。
来年は、挑んでみたいです。


画像一方、本日夕刻、帰宅直後に気づいたのですが、わが家の藤棚の一部、ほんの一枝か二枝ですが、暑い季節の今ごろになって、ことし2度目の花をつけています。

狂い咲きの藤の花。
わが家の車庫の隣にある、樹齢100年ほどの藤です。
帰宅して車庫に車を止めたら、こんな光景でした。

画像こんなことは初めて。死んだ父からも聞いたことはなかったですから、多分、初めての現象。
あまりに暑くて藤の木の脳味噌がとろけて、咲く季節を忘れちゃったのか。

「くたびれて 宿かるころや 藤の花」(芭蕉)
ならば、風薫る季節の花の風情もありますが、真夏に藤は。。。???





画像


画像

観光の“目玉”の一つ、カテドラル。訪ねたのが日曜日の昼過ぎであったため、ミサでまだ、観光客は入れていなかった。代わりに、塔上へ登る。


本題の、クルーズ船乗船記の「覚え書」です。

アンダルシア、カディス。

「ユーロダム」の船内新聞によると、街の誕生以来現在まで人が住み続けた街、としては、カディスは、イベリア半島ではもちろん、西ヨーロッパでも最古の歴史を誇る街なのだそうです。

誕生は、今からおよそ3,100年前、紀元前1100年。フェニキア人が住み始めた、大西洋に浮かんだ小島、であったのだとか。やがて砂が堆積して大陸とつながり、港として立地がよかったこともあって、以降、ギリシャ、カルタゴ、ローマ、西ゴート族、モーロ人と次々に支配者が変わっていき、やがてカスティーリャ王国に。そして、コロンブスの2回目と4回目の新大陸遠征の基地として、さらにはこれを契機としたスペインの新大陸植民地経営の本部として、繁栄してきたのだそうです。

というわけで、その歴史を今に伝える博物館とか、スペイン初の憲法が発布された国会開催の礼拝堂とか、鏡とレンズを利用した外界の景観を眺められる仕掛けの塔の家とか、いくつか見どころはあるのですが、今回は、行きませんでした。

行ったのは、18世紀から19世紀にかけて造られたカテドラルと隣接する司祭の家と街の表玄関、サン・ファン・デ・ディオス広場、くらい。


画像


画像


画像


画像

金色に輝く黄金のドーム。

画像


画像

正面が、大西洋、真直ぐ進むとやがて北米大陸に出会う、ハズ、の方向。


司祭の家。家自体はたいしたことはないのですが、歴史のある街ですから、地下に、昔のフェニキア時代、ギリシャ時代、ローマ時代の遺跡が層になって残っているのが観られます。つまり、カテドラルの司祭の家は、歴史をさかのぼると何代にもわたって、以前の遺跡の上に次々と新しい建物が造られたいった。そんな遺産が残っている建物だということです。


画像


画像


画像



画像

↑ サン・ファン・デ・ディオス広場。↓ サン・フランシスコ教会。

画像


船へ戻る途中。

カモメと猫のバトルを見ました。
カモメ、およそ20匹前後の集団。眼下へ、次々に低空飛行で突っ込んでいきます。
その眼下、海際にいるのが、猫の集団。この時に目に付いたのは10匹前後。猫はしかし、カモメを相手にしている風情はなし。余裕綽々。
猫の餌をカモメが掠め取れないかと必死になっている、そんな具合でした。

こちらでは、野生の猫が結構、大切にされている風情で、えさ箱が常設されており、動物愛護団体でしょう、多分。毎日、エサが与えられる仕組みになっているようでした。


画像


画像


画像


画像



船に戻って。
夕刻、出港。
いよいよ本格的に、地中海から大西洋へ乗り出した影響でしょう。
この夜、夕焼けを見るころから、海は少々、波が高くなってきました。


画像


画像



そしてその夜。
今夜のタオル・クリエーションは、こんな、でした。
アヒルでしょうか? ドナルド・ダック風。
が、見ようによっては孔雀かな? という感じも。まさか、七面鳥ではないですよね。
 

画像

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
トマトにナス。美味しそうですね時期の物を食べる。そんな事も忘れる、物が溢れてる贅沢な日本。
発展途上の亜細亜の国々のパワーに頑張れるの・・日本・・帰国後心身ともにダウンしてました

>塔上へ登る。

頑張れるのも体力有っての事ですね。

暑かった様ですがカラッとした暑さですよね。

カモメと猫のバトルの写真。良いです

機敏な猫ちゃんは皆スマートでしょうか・・

羽をひろげた孔雀の顔は、ドナルドダックでしょうかチョコ付きが良いわ〜

ココン
2011/07/15 14:50
ココンさん、

お帰りなさ〜〜い

いつ、お帰りになりました?
香港では、下船後、どちらをお回りになってらっしゃった? ショッピング? 大分おいしいものやファッションの先端をいく品々をお買い求めになってらっしゃったのでしょうねぇ〜。
そして。
いかがでした?
船の方は? お天気は?? エクスカーションは??
もう、おまとめになったんですかね。一回目の記事。拝見するのが楽しみです。

>発展途上の亜細亜の国々のパワーに頑張れるの・・日本・・帰国後心身ともにダウンしてました

そうですよね。アジアの人々は、極東の片隅の島国に住む我々よりもバイタリティーに溢れている感じですものね。「心身ともに」がちょっと気がかりですが、大丈夫ですか?

>カモメと猫のバトル

ありがとうございます。ココンさんからお褒め戴くとうれしい。
ただ、残念ながら、ち、ピントハズレですね。オートで撮っていて、空飛ぶきやつの動きが早いもので、付いてイケマセンでした。
hiroshi
2011/07/15 19:25
hiroshiさん こんばんわ〜 ココンさん お帰りなさい!

夏野菜の収穫流石!! 
取れたての野菜の最高の味はよろしいんでしょうね〜〜
ゴーヤは如何ですか?
我が家のはまだ小さいんです。

カディスの様子に魅入ます。 
>誕生は、今からおよそ3,100年前、紀元前1100年
その頃の日本人は居たのか? アイヌ・沖縄人は?
歴史も無いのかなあ?

イベリア半島は、スゴイ世界なんですね〜〜
こちらの覚書で知ったんです。 無知なワタシ〜〜

たえこ
2011/07/15 20:33
たえこさん、今晩は。

今少し前、会合が一つありまして、そちらから車で帰ってくる車中のラジオで、お住まいの近くを震源とした地震があったらしいですね。

そちらでは震度4と言っていましたが。。。大丈夫でしたでしょうか?
まだまだ、地震は続きますね。原発もなんですが、余震も早く収まって欲しいところですね。

>ゴーヤは如何ですか?
>我が家のはまだ小さいんです。

わが家では、本日、食べました。
なかなか美味かったです。初収穫に続いて、2〜3日後にまた1本、収穫できそうです。

韓国の旅、なかなか面白そうですね。
アジアもいいのかなぁ。
たえこさんのブログを拝見して、最近、そう思っています。
今年中に、アジアのどこかへ行って着たいですね〜。
hiroshi
2011/07/15 22:23
こんばんは。hiroshiさん!!
とってもとっても美味しそうな夏野菜!!私の大好きなトマトがとっても美味しそうですね〜。きっとたっぷりの愛情のおかげですね
ナスもとってもいい色ですね。
また、藤もほんとにビックリ!!ですね。植物もビックリの暑さですね。

アンダルシアの風景も海もどれもきれいなお写真ですね。すばらしい〜です。カモメとねこのバトルも面白いんですね。
最後のタオルのアヒル??かな。。。かわいいですね。
このような楽しみが私はいいなあって思います。クルーズにhiroshiさんのようにいろいろ乗ってみたいです。いつか。。。
あおちゃん
2011/07/16 23:17
こんにちは!

猫とカモメの戦いですか!
私がそこにいたら、カモメも好きですが、迷わず猫に加勢です。そして近くのスーパーへ走って行って、エサを買い足す...といったところでしょうか(笑)

サン・ファン・デ・ディオス広場の光に溢れた感じが、私の中の南スペインのイメージにぴったりです。
でも螺旋の階段とベルは、ピサの斜塔を思い起こさせました。

ところで樹齢100年の藤があるおうちってすごいですね。代々受け継いで住まわれているのでしょうか。
トマトもいっぱいで嬉しくなります。黒いトマトなんてあるんですね。来年は是非栽培なさってみてくださーい!
みーな丸
2011/07/17 08:44
あおちゃん、おはようございます。

お返事、遅れてごめんなさいね。

只今、旅の途中で、携帯から書いています。

トマト、ほめてもらって、トマトは喜んでいるかも♪ 育て主のこちらは、たいへんに嬉しいです。

携帯での文字書きが苦手で、帰宅したらまた、あおちゃんのブログを訪ねさせてもらいますね〜。
hiroshi
2011/07/19 08:01
みーな丸さん、おはようございます。

只今、旅の途中でして。。。お返事遅れ、申し訳ありません。

ガラパゴス旅行記、楽しみにしているに、、、帰宅したらゆっくり拝見させていただきますね。

猫とカモメのバトル、そうでしょうね。みーな丸さんとココンさんならば、多分そうなさるだろうな、と現場でそう思いながらひとりニタつきながらカメラのシャッターボタンを押しました。♪
hiroshi
2011/07/19 08:18
大漁豊作ですね!
すばらしいトマト達。それになすも見事。
お肉なんて、いらないから、このトマトと、なすだけで
私、喜んで生きて行けると思います!!

カモメ。凄いです。こんなに躍動感のある写真。
私、絶対に取れません!!!
murmur1
2011/07/20 22:00
murmur1さん、今晩は。

ほんの少し、ですが、ご無沙汰しておりました。

先ほど、久々、留守にしていた間の先生のブログ記事すべてを、じっくりと拝見させていただきました。

やっぱり、美味しい画像が素晴らしい。
先生のような、味までしっかり伝わってくる写真を撮ってみたいです。

思わず、大笑いしちゃいました。

>私、喜んで生きて行けると思います!!

murmur1さんのお言葉も、愉しいですね〜。ひょっとしたら、大阪漫才の突っ込み役の合い方の方、○ケ役の、「天然」系の味わいもお持ちなのでは??

と。
お気に触ったらお許しを。
わが家の連れ合いが、まさにそれでして。。。「天然」系の方のお話は、大好きです。

hiroshi
2011/07/20 22:58
何度もすみませんです。
自分では至って真面目に、言葉を発しているのですが、
友人達に言わせると、私が発したセリフが、どーも、
変な事が時に有るらしくて、数年経っても、『迷言』として、語り継がれて、飲み会の度に、笑われます。先週も10年前に私が発したセリフで、ひとしきり笑われました。はて、、。
私は至って真面目なんですけど(汗)horoshiさん、お会いして無くてもなんだか、ちゃんと分かってらっしゃるみたい。私は、シャキーンってしてるつもりなんですけど、時に
ダメーだそうです(涙)
murmur1
2011/07/20 23:36
murmur1さん、

やっぱり、そうでらっしゃったですか。

初めてブログを拝見した時から、ひょっとすると、そうでらっしゃるのではなかろうか??

などと思っていたのですが、まさか、沈着冷静にメスを握るほどの方が、そういうことはないだろう などと、自分で自分に言い聞かせてきたのです。

そして。
そういう方は、個人的なハナシで何ですが、わが人生の体験だと、比較的に頭脳明晰な方に多い。

頭脳明晰ゆえに、きっと、他愛もない分野では冷静な判断力とか常識とかを放棄されて、豊かな発想力で独自のファンタジーというか、夢物語をお育てになって、空想世界か異次元世界へ、悠々、飛翔、飛躍なさるのでしょうね。

これもわが体験からの推測ですが、概して、お姫さま、タイプの方に多いような気がします。

(涙、などと。
もったいない、お言葉。

一般人には発想もできない素晴らしい感性、感受性を存分に発揮されて、これからも愉しいブログをお続けくださいますよう。

いや、先生は、素晴らしいご仁です。
hiroshi
2011/07/21 00:10

コメントする help

ニックネーム
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

カディス。3,100年の歴史が、街の自慢。 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる