潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS 大西洋を東へ。終日航海日。デザート祭、開く。

<<   作成日時 : 2011/09/10 12:42   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 12


 
2011年5月19日。
我が家で言う「海の日」=終日航海日。

夕刻。
お決まりの食事とショー・タイム、そしてバー・タイム。

そして。
午後10時半。


画像


画像



待ちに待った「デザート・エクストラヴァガンザ(Dessert Extravaganza)」が、リド・デッキ、リド・プール周りで始まりました。

いや。
正確には、始まったハズ、でした。

ちょっと。。。別の場所で飲んでいて、気づくのに遅れ、開始時間に間に合わなかったのです。気が付いたら、もう11時近かった。

慌ててリド・デッキへ。
食べる方は何とか間に合いましたが、きらめくデザートたちはみな、すでに手が付けられて、ちょっと穢されて写真撮りは、とほほ、のほ、状態。
でした。。。


画像


画像


画像



この催し。
セレブリティ・クルーズでは「ミッドナイト・ブッフェ(Midnight Buffet)」。
カーニバル・クルーズでは「デザート・ディスプレイ(Dessert Display) 」と呼ぶなど、名前こそ違え、どの船でも、乗船中に最低1回は開かれますよね。

HALの船の、この“おいしい”イベントの名前「エクストラヴァガンザ」。

直訳すれば、喜歌劇、とも狂詩曲とも、狂気じみた、とも。
似た言葉の「エクストラヴァガンス(Extravagance)」では、贅沢、浪費、無駄遣い、となるようです。

お恥ずかしいハナシですが、7年前の、「ウエステルダム」での初クルーズ体験時まで、こんな英単語は知りませんでした。

前夜に配られた船内新聞で初めてその言葉を見て、持参していた英和をキャビンのベッドでひいてみて。。。

「そうか。そういう贅沢な習わしが、アメリカ社会では、そしてクルーズ世界では、惜しげもなく行われているのか」。
クルーズって、やっぱり、我々庶民階級は、混ぜてもらってはいけない、欧米セレブたちのお遊びなのではなかろうか。。。と。

見当違い、誤解、の渦中に飲み込まれて、しみじみ考え込んだことが、つい昨日のように想い出されます。


画像


画像


画像



甘いもの好きの子供や、甘さに弱いなど、いまだ幼稚(に違いない?)で、立派な成人男子になりきれない、吾輩のような大人を対象とした、たかが、お遊びに過ぎないのに。

多分。
クルーズ船について、マスコミの「豪華客船」の虚言に、心理的になお、踊らされていたのですね。

「豪華客船」は、ほんの一握りのホンモノの[豪華」客船を除いて、のこりは全部、我々夫婦レベルの一般大衆でも、さほど気後れすることなく乗れる、ちょっとおしゃれ、なだけの船。イメージだけを独り歩きさせたマスコミの宣伝文句とは大違い、なのに。。。


画像


画像


画像



画像ただ。。。
ちょっと残念に思っています。

何を、か?
それは、この、デザート祭に関わる印象。

7年前、初めてクルーズ船に乗ったころに比べて、この催しのスケールや、提供されるスィーツ類の質が、年々レベル・ダウンしてきているような、気がします。


画像ドル安、失業率アップなど、米国経済低迷の中で、各クルーズ船会社は必死の経営を続けているハズですから、仕方がないのかな、などとも思いますが。。。

やっぱり、夢の世界を楽しむ大きな素材の一つがこの催しなのだから、手抜きはしてほしくない。
ちと子供っぽい、ですが、こんな楽しい催しは、大切にしてほしい。そう思います。



画像


画像




画像前後したけれども。。。
もう一度。さかのぼって。

5月19日、朝からの記録。です。 

ビーゴを出港した「ユーロダム」は、大西洋を東へ。


画像ビスケーン湾沖を航行した今回もまた。
4年前の、「セレブリティ・センチュリー」での英国・アイルランド・クルーズで、ダブリンからチャネル諸島のガーンジー島、セントピーターポートへ向かった場合と同じように。
海は荒れていました。


画像その「センチュリー」乗船時に、かの船のスタッフから聞いたのですが、ビスケーン湾沖は、荒れることが多いのだとか。
加えて、前泊地のビーゴ出港時の前日夕に降り出した雨は終夜、横殴りの状態で降り続き、この日朝も船の窓ガラスを濡らしていました。


画像この日午前中、天気は徐々に回復していきましたが、海の荒れた状態はなお続き、プールの水は、イギリス海峡にはいるころまで、つまり、この日夕刻まで、船首方向へ、ふたたび船尾方向へと、繰り返し、波打ってしぶきをあげ続けていました。

で。
予約済みであった「カバナ」は、残念ながら、使用開始時間直前の、午前9時ちょっと前にキャンセル。
時間が時間だもので、恐る恐るキャンセルを申し出たら、スタッフたちは当然、当然、と、大きくうなづきながら、笑顔で応接してくれました。



画像



というわけで。
この日は、格別することはなし。相棒に引っ張られてショップをのぞいたり、スライディング・ドームのあるプール周りでお茶したり。キャビンとパブリック・スペースの間を何度も行き来して過ごしました。
夜のイベントを、ひたすら、待ち望みながら。。。


画像


画像



画像夕刻。ダイニングで。

この夜、テーブルを離れる前。コーヒータイムになったころ。

相棒が、通常のサーヴ以外で一つ、お世話をかけたお礼に。
担当のダイニング・スタッフに、「ありがとう」プラス、彼女の気持ちのひと言を書き添えて、折り紙の千羽鶴にチップをはさんで手渡したのです。

画像その続き、で。。。

テーブルを離れようとしたころ。
彼は、白頭鷲の折り紙にメッセージを書き込んで、彼女に手渡してきました。

初めて見ました。白頭鷲の折り紙。
どうやって折るのか、教えて欲しいと言ったら、近くの配膳台に再び戻って。。。

テーブルがないと折れない、らしいのです。。。

見る間にもう一つのそれを仕上げ、翳して見せてくれ、最後に、今度はこちらへプレゼントしてくれました。









タイタニックから飛鳥2へ?客船からクルーズ船への歴史 (交通ブックス)
交通研究協会
竹野 弘之

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by タイタニックから飛鳥2へ?客船からクルーズ船への歴史 (交通ブックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
良いお話です。奥様の折り鶴のお話。なんて、人と人の心の繋がる気持ち温まるお話でしょう!折り鶴を差し上げるお話されてましたよね、私もそんな風にに出来たら良いなと思いながら、千代紙を忘れてしまいます。
デザートの数々、目が奪われます!いいですねー!
これが、楽しみなのですよね。
眺めるだけでも幸せ気分。
楽しく、幸せ気分のお写真の数々ありがとうございました。
今日は、お休みなんです。朝から久しぶりに、のんびりです。
カフェフローリアンのカップ&ソーサーは、お店と同じ物と、
母が言っております。今回はカップ&ソーサーを店内で見ていないので、すみません、最新情報ではありません。hiroshiさんが行かれたら、教えて頂けたら幸いです。

地獄豆腐、美味しいのですかー!召し上がられてるのが、
さすが、つうでらっしゃいます。一度でなく。
最初TVで見た時の衝撃はかなりの物でした!
そっか。美味しいんだ!
今、カフェフローリアンで頂いたレーズンチョコを口に入れながら入力中です(笑)
murmur1
2011/09/10 16:09
murmur1さん、こんいんちは。

あはは。

>地獄豆腐、美味しいのですかー

murmur1さんも、あのお話を信じている方、でらっしゃるのですか? そうとは知らず、前のコメント欄で、ちょっとジョークを。。。

「泥鰌と豆腐を一緒に鍋に入れると、やがて、熱くなってきた泥鰌はお湯の中から豆腐に潜り込む。。。」

あれは、ウソではないでしょうかね〜。

駒形などの専門店に行くと、ドジョウと焼き豆腐を煮込んだ鍋物が、あります。
あれのことならば、おいしいですよ。鰻よりも比較的に淡白な味で、結構好きであったですね〜。

そうですか。お休みでったのですか。
それは良かった。偶には、週休二日制の味わいも楽しんでください。お忙しいお体だから、どうぞ、ごゆっくり骨休みを。

>カフェフローリアンのカップ&ソーサーは、お店と同じ物と、

早速のお返事。ありがとうございます。
そうなんですかぁ。そういうものがあるなど、まったく知りませんでした。今度、機会があれば、絶対に入手してきます。

ヴェネツィアの次の記事。
今度は何をお買いになったのか? どちらをお訪ねになったのか、興味津々です。
hiroshi
2011/09/10 16:36
〜上から続く〜

そして。
ちょっと遅ればせながら。例の、空港からの「足」の手配漏れ。あんなことがあると、ちょっと許せない、ですよね。大変だったでしょう、と、お慰めの言葉を今頃になっておかけするのも妙ですが。。。

>折り鶴のお話

おほめいただいて、ありがとうございます。
ダイニングでの記念写真のテーブルの前に、小さな角ケーキがありますでしょ?
あのケーキに文字がちらり、見えますが。。。この日は、そういいうことであったものですから。
hiroshi
2011/09/10 16:36
こんにちは!
お誕生日のお祝いも兼ねたクルーズだったのですねー。(ロマンティック〜!!)
私のやりたいことの一つなのですが、どうも4月頭にはいいクルーズがありません(涙)
地中海はシーズンじゃないし、バルト海にも早いし。カリブになってしまうのかと思うと、ワクワクしないんです(溜息)

ところで、デザートエクストラヴァガンザのレベルダウン、私もユーロダムで感じました。スタテンダムの時の方が豪華だった気がします。

今度乗るロイヤルカリビアンですが、クルーズクリティックのレビューによると、ミッドナイトブッフェはなくなり、7泊のクルーズに2回あるフォーマルの日にもロブスターはでないそうです。(みんな結構怒っていました)
景気が悪いからしょうがないのでしょうが、ちょっと寂しいですよね。景気が回復してもとに戻ってくれるならいいのですが。

折り紙、素敵な心の交流ですね。奥様のスマートさが光ります。私もチップをあげる機会があったらやってみたいです。
(しかも白頭鷲がかえってくるなんて〜!!素晴らしすぎです。)
みーな丸
2011/09/11 07:54
みーな丸さん、おはようございます。

いえいえ、ロマンチックなどと、誤解??いただくようなことではないんです。みーな丸さんご夫妻のようなお若いご夫妻ならば、映画のワンシーンのような、そういう光景ではありましょうが、ロートル世代夫婦、船でバースデー、では、絵になりませんねぇ〜。

5月にクルーズ旅に出ることは、多いんですよ。クルーズを知って以来、良くでかけています。
別に彼女のせい? おかげ??でもないんです。

ヨーロッパの5月って、良いことが多いではないですか。新緑燃え出すころで美しいし、お天気は良いし。。。一年のうち、ヨーロッパの各地とも、雨もあまり降らず、かといって暑すぎもせっず、一年で最高の季節のように思います。。。
加えて、現役世代の方々に申し訳ないですが、観光客が比較的に少なく、どちらを訪ねても混雑していません。さらには、クルーズ代金もホテル代金もお安い。

この季節にヨーロッパの街を巡れるのは、リタイア世代の特権化もしれませんね。

そうなんですか? みーな丸さんは4月ですか?
日本では、もっとも美しい季節のころなんですね。
言われてみれば、確かに、確かに。クルーズとしては、ちょっと端境期、ですね。カリブからクルーズ船が散っていくころで。。。大西洋横断プラス、ヨーロッパなどは、ちょっと長すぎるし。
hiroshi
2011/09/11 10:29
〜上から続く〜

もうすぐヴェローナ、ジュリエットの家、そしてヴェネツィア、ですね。確か、ヴェネツィアはもう何度も行ってらっしゃるのでしたね。ヴェローナも、でしたっけ?

けれども、ヨーロッパの街は、何度行っても、魅力満点ですよね。訪ねる季節、訪ねる時のこちらの気持ちの違いで、必ず違った表情を観せてくれますから。

10月のヴェネツィアは、ホテル代金がお安いから、hiroshiメは、陸旅では比較的に良く行っている季節なんですよ。
好きですね。10月のヴェネツィア。

RCIでも、なし、ですか?
なんか、寂しくなっていきますね。
アメリカ経済が回復してくれないと、日本もなかなか。そんな感じです。
hiroshi
2011/09/11 10:30
こんにちは。hirohsiさん!!
最初からとてもとてもすばらしい〜スウィーツのお写真!!とってもとっても凄いです〜。豪華に見えますよ!!hiroshiさんのおっしゃるように、質が下がっているのは残念ですが、私などには、最初を知らないのですご〜い!!って本当に思います。ひと時の楽しみですよね。目で見て、食べて楽しんで!!

また、スタッフからの可愛らしい鷲のお返しがすばらしい〜ですね。このようなやり取りに人の温かみを感じます。クルーズって本当に楽しそうです。
あおちゃん
2011/09/11 17:20
あおちゃん、こんばんは

たった今まで、ウォーキングに行ってきました。
↑ まぁ、この絵文字ほどは走っていません、けれども。。。
毎日、歩いていると、健康維持に絶好です。

>とてもとてもすばらしい〜スウィーツの

てへへ。
ピンポケ写真がいっぱいです。あおちゃんのように上手に撮れないです。小豆島のお料理、素晴らしい、ピントの冴えだったですよね〜。

外国船の催しは、なかなか楽しいです。
日本船よりも料金はお安いし、我々リタイア世代には絶好ですね。
外国では、若いかたたちも良く乗ってらっしゃいます。あおちゃんも、機会があればぜひぜひ

>このようなやり取りに人の温かみを感じます。

おっしゃるとおり。
こんな部分も、船の楽しさですね。
ほんとに、いつか機会をお作りになって、ぜひぜひ。なんなら、hiroshiメ夫婦であおちゃんご一家をご案内しても。。。
hiroshi
2011/09/11 20:00
hiroshiさん コンバンワ(^ヮ^) 

>HALの船の、この“おいしい”イベントの名前「エクストラヴァガンザ」。
その様な呼ばれ方なんですね?

私は勝手に「デザートの祭典」と呼んでいます。
始まる前に行きます。 何故ならば、寝る時間が過ぎてるんです。
早寝の夫に気兼ねで「そ〜つ」と抜け出だします。
あれを食べる欧米人は流石です。 
お腹に入る余地有りません。

食べきらなかったデザートたちは海の魚の餌になるそうですが〜 勿体無い〜〜 古い人間の独り言です。

奥様とスタッフのプレゼント交換ステキです!! 心つかいが素晴らしい!!

美しい奥様はモテモテですね!!

今度の旅では「アンとダイアナ」連れて行き、あのお家で記念撮影して来ようと密かに計画中です。とっても楽しみ!!
たえこ
2011/09/11 21:15
たえこさん、こんばんは。

またまた、勝ちました
なでしこジャパン

ご覧になっていました?
もうロンドン五輪決まっているから若手が中心であったけれども、対中国に1ー0で完勝。これで負けなしで五輪ですね〜。

>私は勝手に「デザートの祭典」と呼んでいます。


いいですね〜。
我が家でも、これからそう呼ばせていただきます。

そうなんですか。
たえこさんご夫妻は、早寝早起き派でrっしゃいますものね〜。
我が家は、まだ働いていたころの癖が、今だに抜けないですね。そろそろ早起き組に混ぜていただかなければいけないのに。二人そろって、宵っ張りの朝寝坊で困ります。
だから、この↑催しは、欧米人に負けていません。ぱくぱく、遠慮なく食べています。

アン&ダイアナがお供ですか?
グリーンゲーブルスの前で、一緒にお写真を、ぜひぜひ。いずれ、旅行記で拝見させてください。
楽しみです。
hiroshi
2011/09/11 22:03
レジェンドでの日本人エステシャンが、全く同じ意味合いで使ってた事を書きましたが、海の日はhiroshiさん発で、皆さんの共通語になってきてると思いました。

レジェンドのケーキは美味しくなかったです・・私はそんなに洋物スイーッが好きでは無いので、助かりますが(最近は、とみに和物好きになってます)・・どの船もサービスが悪くなってるとは、クルーズファンの同じ思いの様ですね
私はマダマダそうなんだ〜〜の人だから有る意味ラッキー?かな^^;

折り鶴に白頭鷲の素敵な交流ですねこういう小さな交流の積み重ねが、クルーズの良い所。ハマる所ですね

みーな丸さん。たえこさん。そしてhiroshiさんとクルーズラッシュですね良いな〜〜
ココン
2011/09/11 23:57
ココンさん、おはようございます。

あはは。
それは、うれしいお言葉を。

>海の日はhiroshiさん発で、皆さんの共通語に

だと、まことにうれしい現象ではありますが、多分、それは、ココンさんの買い被りでらっしゃいます。以前、あれをお書きになった時にも申しましたが、比較的に、終日航海日を⇒海の日、と、、、
ま、一日中海が見えているからでしょうが、、、
連想なさる方は多いのではないでしょうか。決してhiroshiメが発信元であるのではなく、単なる偶然で、我が家の連れ合いの方は、根が幼稚なもので、かく単純化して言い始めただけだと思います。

>レジェンドのケーキは美味しくなかったです

それは、いつかお書きになっていたことがありませんでしたか? つまり、欧米のケーキは甘すぎ、大きすぎ、だと。

それは、まったくの同感です。べたべたと甘すぎるのですね。欧米のケーキは。いかにもバターくさいでうし。
そういう意味では、HALもセレブリティも、やはりちょっと甘い。

和菓子は、hiroshiメも好きです。なかでも餡子系が。。。
洋菓子は、駄菓子系に、意外にうまいものが多いです。と、思います。

>こういう小さな交流の積み重ねが、クルーズの良い所。ハマる所ですね

ねぇ〜〜〜
これも、クルーズの面白さの、大きな要因ですよね。

>クルーズラッシュですね良いな〜〜

ココンさんも、もう既に、2つもご計画終了ではないですか。うらやましい
hiroshi
2011/09/12 11:09

コメントする help

ニックネーム
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

大西洋を東へ。終日航海日。デザート祭、開く。 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる