潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS 一路NYへ波乱航海終盤。船長は舵故障時の人だった!

<<   作成日時 : 2011/10/08 00:52   >>

驚いた ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

10月7日、金曜日。
「セレブリティ・サミット」は昨日夕午、ザクネイ・フィヨルド沿いの小さな街、 バェィを出港し、現在セントローレンス湾を大西洋に向かって航海中です。
PEIのシャーロットタウンに続きノバスコシア、シドニーも、北上したハリケーンの残骸による波浪で港が閉鎖されたために抜港。急遽ザクネイ川に入ったのでした。

人口2万人足らずの小さな町であったために町の名も知らず、前回はスピーカーから流れる声を聞き違えて、違った名を書き間違い。とほほ、でした。
小さなこの街は、かつては毛皮交易で宗主国フランスに莫大な利益をもたらした植民地であったそうで、今は、フィヨルドの景観と大自然に惹かれて夏に訪れる人が多いリゾート・タウン。

夏はとっくに過ぎた今ごろになってやってきたクルーズ船に、街の人々は往時の服装で港に繰り出し、街特産の自然採集ブルーベリーを使った手作りパイやワインなどでもてなしてくれ、大歓迎されました。
フィヨルドの景観も素晴らしく、青い流れに黄葉の木々と常緑の森とが、美しくコントラストを描いていました。
白鯨やオットセイ、ビーバーなども名物だそうでしたが、残念ながら出逢えませんでした。

話は変わって。
リピーターズパーティーで、43歳になったばかりの若き船長を中に記念写真を撮らせてもらいました。
なんとこの船長、昨秋、ブィルフランシュ・シュール・メールで、舵故障でクルーズ旅転じてヴェネツィア行き陸旅となったあのセンチュリーにも、当時、乗船していたのでした。びっくり!

今日は「海の日」。
写真の場所でまたまた疑似、露天風呂体験中です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

一路NYへ波乱航海終盤。船長は舵故障時の人だった! 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる